記事一覧

【2018/3/19】#97 フィンランド(2) ロバニエミ① まずは情報収集


パソコンの充電ケーブル紛失によりもうパソコンが使えないので、日記更新も携帯からとなっているのですが、ぶらりマップで使用しているGoogle my mapがスマホ対応してなくて使えません。
なのでmaps meのキャプチャに変更します。

Google my mapは自分で地図をグリグリいじれるので好きだったのですが。

――――――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ヘルシンキ→ロバニエミ
・手段:長距離バス(Matkahuolto社)
・料金:45.5€≒5915円
・時間:13時間(01:30発、14:30

▼移動図
20180322004916890.png ――――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひ1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
――――――――――――――――――――――


本日は深夜1:30にヘルシンキから夜行バスに乗り、北へ800km。
ロバニエミという北極圏ギリギリの街に向かってます。

実に13時間の工程。
普通は飛行機や夜行列車で向かうようです。

飛行機だと1.5時間ですって。
色々ブログ見ましたが夜行バス使ってる人1人もいませんでした。


本日のバス
20180321043238322.jpeg 


201803210432334e0.jpeg 


ヘルシンキからロバニエミまで行く人は他に誰もいないようで、最初三人しかいなかった乗客が1人ずつ減り、途中立ち寄ったヘルシンキ空港?で人が増え、また減って行き、、を繰り返し、最終的には私含め3人しかロバニエミには来ませんでした。


途中の景色。
20180321043248ae5.jpeg 

フィンランドは森の国、と誰かが言ってましたが、ほんとにずっと森です。
加えていうと、山が見当たりません。
ずーっと向こうまで森、という感じです。



ロバニエミバスターミナル。
20180321043353a7c.jpeg 


えっと、思ってた以上に街がしっかりしてます。

2018032104334432f.jpeg 


2018032104334538d.jpeg 

ロバニエミの街中では
街が明るすぎてオーロラは見えない
というのは本当のようです。



宿着。
Wherever hostelというBooking.com上は最安宿なのですが、日本人が多数でした。
ただ皆さん私と同様、とりあえずこの街にきてみた、という感じのようで情報手探り。



ひとまずこの街で有名な日本語オーロラツアーのモイモイ号というツアーを催行しているツムラーレというツアー会社へ行ってみます。


ホームページによるとこの建物にあるそうですが、、

20180321043351e10.jpeg 

ありました。
わかりやすい。

20180321043404508.jpeg 


建物内至る所にモイモイ号の張り紙があり、誘導してくれます。


201803210434072ce.jpeg 


悪しからずですがモイモイモイモイふざけてるわけではないです。
=バイバイという意味です。

なんでバイバイなのか聞かれても分かりません。




カウンター外に毎日のツアー結果が張り出されていました。
みれる確率は半々、なのでしょうね。

201803210434297c9.jpeg 


カウンターデスクの方も日本人なので気軽に相談できます。


聞くに、
本日のオーロラは光度が低く、ツアーは開催だけど見れるかどうかは微妙、とのこと。
(もちろん天気はすぐ変わるから行ってみないとわからないよ!という希望的観測での話し方です

ちなみに天気はぼちぼち吹雪いてます。

まあ今日は無理でしょうと判断し、申し込みはやめておきました。



なおこの先の天気は曇天続き、
明々後日がオーロラ光度高いのですが天気悪い。

というちょっとタイミングは悪そうです。

うーむ。。。
なかなか難しいものですね。



ちょっと街中ぶらり。

元・世界最北端のマック。

20180321043442760.jpeg 



今はロシアのムルムンスクという街にマックができ世界最北では無くなったようです。

↓ムルムンスク
20180321043446b05.jpeg 


こんな場所に文明が存在することに驚きです。パティはトナカイなのでしょうか。



元・世界最北端マックのご料金。
ヘルシンキとさほど変わらず。

2018032104343645c.jpeg 



ストロベリースムージー。

20180321043444634.jpeg 

のつもりがバナナとのミックスでした。



ここで情報収集開始。
ロバニエミでオーロラをみるには町外れに行くか、ツアーに参加せねばなのだそうです。

一方で、さらに北に行くと、もっとオーロラ見やすい街があるそうです。

街はいろいろあるのですが、一番情報が多いのはサーリセルカというところ。

試しにバスを調べてみると、
おぉおぉ、ありますね。
3.4時間で50€高!!!

まあ良しとして、じゃあ宿はというと、、、一泊100€高過ぎるでしょう!!!


リオカーニバル時のリオより高い。
どうやらサーリセルカはスノーリゾート特化型の街なようで、ドミトリーとか無さそうです。


うーむ。
ひとまず私は次の舟券の都合で3/28までにヘルシンキに帰って来ればいいので時間は沢山あります。
そしてこのロバニエミは一泊4000円でオーロラツアーが10000円で、サーリセルカは一泊10000円だがツアーに参加せずともオーロラ見やすいと考えると、、、結局変わらないかも。


ので、ひとまずせっかくなので、3/24,25,26,27の3泊4日をサーリセルカで過ごすことにしました。


たぶんこれで今後行きたい国2,3諦める必要が出てくるでしょう。
が、せっかくですし。



なお色々調べましたが、iPhoneでオーロラ撮るのはかなり難しそうです。なので写真は期待しないでくださいね。
長時間露光みたいのはできるのですが、寒さでバッテリーが落ちるのは避けられ無さそうです。
三脚は先代から引き継いだおもちゃみたいのがあるのでたぶん大丈夫です。



引き続き色々調べ、
スーパーで食材を買い足し宿で日本人多数いる中で劣悪な料理スキルを披露し、日記更新してるのが今です。


と、ここでふと外を見ると、吹雪が止み、晴れてきました。

そしてオーロラ予報は、、、なんと光度6!
(4を超えるとかなり期待できるらしい)


これは行かなくちゃですね。


ということで、今から行ってきます。
気温はー14度。
行きて帰ってこれますように。



中略



行ってきましたー!



出発直前に中国人の子がチェックインしにきてて、右も左も分からなそうだったので、一緒に行く?とお声がけ。

是非にーということで外に出たのですが、彼が寒すぎるのか英語が苦手なのかカミカミ過ぎて申し訳ないことに何を言っているのかあまりよく分からず、終始チグハグでした。
ただ良い子なのは間違いないです。

W君。ヨーロッパ周遊中。福建省出身。聞き取れたのはそのぐらいです。。


道中、彼は一生懸命にスマホで地図見せながら福建省の場所について説明してくれるのですが、いかんせんー17度(さらに下がってた)。
彼のスマホはすぐさまバッテリー落ちました。言わんこっちゃないって。


ロバニエミの街の中でも明かりが少ない博物館裏手の川沿いへ向かいたいのですが、最寄りの道路からなかなか川沿いに出る道が見当たりません。


そこで、地図見ながら、この辺から行けたらショートカットじゃね、と足を踏み入れてみるとズガンと一気に腰まで雪にハマる2人。

2人して何してるんでしょ。

てかこれ本当危ないですね。

↓死にかけた現場
20180321043454a19.jpeg 



ちょっと戻ったところにちゃんと川沿いに出れる道がありました。

そこから川に出てみると、、、


20180321043458067.jpeg 


見えませんね。

周りに結構人がいるのですが、見えません。


場所はここで間違いなさそうなのですが。。。だとするとここ明るすぎます。

橋の明かりが眩しいです。



ちょっと先日仕入れた浅はかな知識でiPhoneで長時間露光してみたのですが

20180321043557088.jpeg 

こうなります。
これはシャッタースピード短くすればよかったでしょうか。撮ったのは8秒です。
もうカメラ全然分からないものでして。

ただ、iPhoneを入れているケースのおかげか思ったよりも屋外でiPhoneのバッテリーが持つということがわかったのは収穫でした。

あと宿にライト忘れてきました。父より授かってから一度も使わずNYのロストバゲッジも奇跡的に回避しているライト。これがあればもうちょい暗いところも行けそうです。

などあれこれ考えながらカメラかしゃかしゃしているとW君が鼻水凍らせてたので今日はここまでにしたいと思います。



途中、W君が24時間営業のレストランは無いか、わて腹ペコリーヌなりよ、と仰るのでマックが24時間営業だ、と受け売りの知識で答えると、ユーアーフレンドだから一緒に食べよう、おごるぜよ!とのことなので遠慮なくゴチに預かることに。

すみませんね、北欧物価高いのに。
すみませんね。一度くらい遠慮すべきでしたが即決でThank you言ってました。

20180321043622449.jpeg 
一番高そうな期間限定のなんたらかんたらバーベキューでした。
謝々。




ちょっと私も先程腰まで埋没した件が今になって足裏を凍てつかせ始めてきたので、宿へ戻ります。



ということで帰ってきたのが今です。

足先は無事でした。

凍傷について色々と調べていた際に、一度凍傷に蝕まれた部分が再度凍結すると細胞が破壊されて云々でという一文を見てしまっているため、ちょっと私も神経質です。



さてここでオーロラ予報サイトを見てみると、今日は「6」なのですが明日は「2」、その後「3」「4」でした。



もしかして今日見とかないとダメなんじゃ無いの説。



行きましょう。

靴下を2枚重ねから3枚重ねにアップグレードし、モバイルライトを持って、いざ。





片道15分かけてやってきましたよ再度の博物館裏手。
あ、呼び名がちゃんとあるらしいです。
Arboretum公園。



夜空は、、、うーん。どうだろう、オーロラのような、そうでも無いような。

もうちょっと川沿いを歩いて橋の光から離れてみます。

というか、川も凍って一面雪景色なのでどこからが川なのか分からず結構恐怖です。


なお気温は−17度だそうです。
すっごいですね。
今日鼻水出まくりだったのでティッシュで鼻かみまくったのですが鼻がめっちゃ痛みます。
髪もびっくりするぐらい凍ってます。




だいぶ歩いたところで、夜空を見上げると、、、
緑かどうかなんとも言えない雲っぽいものが。

試しにiPhoneのslow shutter camでかしゃかしゃしてみます。

シャッタスピード4秒
20180321043623ed4.jpeg 


真っ白です。


シャッタースピード2秒
201803210436382b7.jpeg 


うーむ。



シャッタースピード1秒

20180322010609fd7.jpeg 


む!

なんとなく、撮れてませんか?


2018032201060445a.jpeg 


20180322010620a4d.jpeg 


ちょっと寒すぎてiPhoneのバッテリーがすぐ落ちそうなので写真とっては懐にしまい、を繰り返しているため三脚を使っていません。
写真下部にあるのは街灯りなのですがここがボヤけてるのでこの写真は手振れしてると思われます。
三脚使ってちゃんと撮ればたぶんもっといい写真は取れるはずです。

あとものすごくノイズが入ってしまうのですが、ノイズ除去を最大設定にして撮影しているので、それについてはこれがひとまず限界かと。


一眼レフだったらどのくらい綺麗に撮れるのだろう。



なんてど素人が何を言っとるのか。




これ以上ここにいると髪が氷柱となりパキパキ砕けるだろうと判断し、本日は退散。
なお宿に戻るとこの日ツアーに参加した人がいたので感想を聞いてみると「めちゃめちゃ見えましたよもう最高で」


寝ます。




――――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひ1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
――――――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#187 伝家の宝刀、二度の火を噴く inギリシャ(5) 2018.6.18 2018/06/20
#186 最高絶景ジュタバレー inジョージア(7) 2018.6.17 2018/06/19
#185 絶景のカズベギ村へ。inジョージア(6) 2018.6.16 2018/06/18
#184 2本目のロンギヌスの槍 inアルメニア(3) 2018.6.15 2018/06/17
#183 ロンギヌスの槍を求めてロマン衝動買い inアルメニア(2) 2018.6.14 2018/06/16