FC2ブログ

記事一覧

【2018/3/31】#108 ロシア(3) エカテリーナ宮殿へローカルバスで。


ロシアも今日で最後です。

結局ロシア語はスパシーバ(ありがとう)しか使いませんでした。。。
観光地は英語がちょっとだけ通じるのと、以外はボディランゲージや身振り手振りでなんとかなっちゃうからです。

ATMや施設入場時などはこれまでのKKD(勘と緊張感と度胸)でなんとかなっちゃいます。ああ今人数聞かれてるんだろうな、とか、小銭持ってるか聞かれてるな、とか、袋はいるかと言われてるな、とかとか。

キリル文字もちょっとだけ読めるようになりました。

(ノД`) とか書かれたらうっかり読んじゃいますよ。



すみません、嘘です。


―――――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:エカテリーナ宮殿
・手段:地下鉄+路線バス
・料金:地下鉄45RUB
              バス40RUB
・時間:地下鉄20分、バス30分

地下鉄:
宿最寄りのAdmiralteyskaya駅(露:Адмиралтейская駅)乗車→Sadovaya駅(露:
Садовая駅)でブルーラインに乗り換え、終点Kupchino駅(露:Kупчино駅)下車

バス:
Kupchino駅前のバス停(駅出口がある側とは反対車線側)からK286番のバスに乗車。以下地図の黄色ピンのバス停で下車
※K287、186、187でも大丈夫そうです。バス乗車時に運転手に「プーシキン?」と聞くのがベストかと。
※私の場合はバスが来ましたが他ブログ見ていると大抵はバスではなく乗合バンのようです。
※下車時は降りたい旨を伝えないと止めてくれません。ロシア語でなくとも運転手の肩をトントン叩けば良いかと。
※地球の歩き方にはMoskovskaya駅(露:Московская駅)からバス、と紹介されてるようですがこの駅前はとても広くバス停の場所が大変わかりづらいらしいのでやめました。

※個人客の入場時間はとてもややこしいので公式HPご参照を→http://eng.tzar.ru/info/price#catherinepalace


▼移動図
上のオレンジがクプチノ駅。
黒線がバスが走る道順です。右の線はうっかりタップしてしまって消せなくなったやつです。無視してください。
20180402050955cec.jpeg 

バスはプーシキン地域に入ると左折し、鉄道プーシキン駅に立ち寄ります。
その後、ちょっと道を引き返してエカテリーナ宮殿近くのバス停(黄色ピ)に向かいます
逆方面はこの逆ルートです。


▼エカテリーナ宮殿周辺図
赤字矢印が緑の敷地に入るあたりがゲートです。
夏期はここがゲートっぽいですが私の時は冬季だからかここは素通りで、緑ピンの入場口への入場後にチケット購入でした。
※事前のオンライン予約はしていません。

20180402050957c84.jpeg 



―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――



本日はちょっと冒険です。

サンクトペテルブルク郊外にあるエカテリーナ宮殿へ行ってみます。

英語の通じない国でローカルバスを使うというなかなかな冒険です。

本当は2日目にいきたかったのですが初日の下船大幅ディレイにて旅程を変更せざるを得ず、ロシア出国日である本日になってしまいました。

19:00出航の船に乗るべく、チェックイン時間は前回の反省踏まえて16:00には港に着きたいです。

行けるでしょうか。頑張ります。




7:00起床し、荷物をまとめて部屋の隅に置いておき、12:00(チェックイン)には帰ってくるよ!の置き書きをして宿を出発。

確実に12:00には間に合わないのですが、何も書かないとチェックアウトせずにいなくなった!と追加料金請求されてもやだしと思い。


英語通じないですが、良い人たちなのでなんとかなるでしょう。
てか8:00なのになぜスタッフが誰もいないのだこの宿は。



ロシア初メトロです。

20180402055112f3d.jpeg 



券売機でトークンを購入。券売機は英語表示ができました。トークンはコインのことです。
最初の画面で何を買うかの画面が出るのですが、一番上にカードとあり(おそらくスイカ的な)、いくつかよくわからんのが並んでトークンは一番下にありました。

201804020551241c8.jpeg 

エスカレーターに地下奥深くまで連れて行かれます。

20180402055213cb6.jpeg 


ロシアの地下鉄は非常時のシェルターとしても代用するため、ここまで深いのだそうです。
途中、いくつかの駅はホームが完全にシェルターのようになっており、ホームドア以外は密閉空間になってました。
そこまでしますかね。
水攻めor毒ガス対策でしょうか



地下鉄イン。

20180401195016429.jpeg 


車内は普通です。
空いてます。東京と大差ありません。



Kupchino駅着。

20180401195009627.jpeg 


出口がいくつあるか知りませんが、駅の西側に大通りが走っています。
通りの駅側は北方面なので、反対車線の南方面へ渡ります。
地下歩道があります。



5,6台のバスが溜まってます。
結構な種類のバスが停まるのでその中から目当てのバスを探します。
バス番号はフロントにわかりやすく貼ってあるので見つけるのは簡単です。

バス停の近くにカフェスタンドがあったのでパン食べながら待ちます。

20180401195037c9c.jpeg 


2018040119504003f.jpeg 



20180401195154929.jpeg K286が来ました。
写真撮り忘れましたが、乗合バンではなく普通の小型バスでした。




バスルートは冒頭地図ご参照ください。

私の時は途中の乗降がほぼなく、25分くらいでプーシキンエリアまで来ました。
バスがGoogleMap検索時とはやや違う道順で進んだので少々ヒヤリしましたが、無事目当てのバス停に着きました。

20180401195154929.jpeg 


目の前がただの森ですが、実は宮殿の庭園です。
そこを右折すると、

20180401195153b13.jpeg 

こんな感じで宮殿の一部が見えて来ました。



入り口。
今は冬だからか、ここは素通り。
守衛さん曰く、チケットオフィスは中だそうです。


嫌なものを見つけてしまいました。

2018040119574772f.jpeg 

どうやら入場は12:00からのようです。
公式サイトではハイシーズン(5-9月)ツアー客は10:00から&個人客は12:00からで、オフシーズンは基本10:00からだが祝祭日はハイシーズンと同様に個人客は12:00からと書いてました。

今日が土曜日だなんてすっかり忘れていたのです。

   ※個人客の入場時間はとてもややこしいので公式HPご参照を→http://eng.tzar.ru/info/price#catherinepalace


ただ今10:00。
、、、ひとまず庭園を散歩するとしましょう。


ひとまず、エカテリーナ宮殿です!

20180401195249495.jpeg 


20180401195420711.jpeg 



20180401195217782.jpeg


 
20180401195155ace.jpeg 



中国人団体が写真撮り終わるのを待っていたのですが、それだけで15分くらい潰せました。

集合写真を撮る→一旦解散して個別に撮る→「貴方も入りなさいよ!」と個別撮影が徐々に人数増えていく→結局集合写真になる→とツアー会社のガイドさんも一緒になってもっかい撮るいい加減にしろっ!

20180401195304f77.jpeg 

赤とピンクのダウンだらけで目が痛いわ。



庭園はヴェルサイユ宮殿並みに果てしなく広いです。
地図アプリなければ遭難です。

20180401200033254.jpeg 


201804012001452f5.jpeg 


20180401200206250.jpeg 



開始30分でもう力尽きました。

至る所に立ち入り禁止の柵があり思ったほど出歩けません。
そして一面雪景色で代わり映えがないのです。


夏は大変に美しいであろう湖のほとりで昼寝してました。
ベンチの背もたれがちょうど私の首にあたるので寝心地抜群でした。

20180401200450436.jpeg 


2018040120044893f.jpeg 


20180401200451433.jpeg  


2018040120062147b.jpeg 


12:00。
の前から列ができ始めたので並びます。

20180401200808e25.jpeg 


20180401200810061.jpeg 


※入場場所は上記地図緑色のピンです。


入場すると左にチケット売り場があります。
大人一枚700RUB。

20180401201256c22.jpeg 


2018040120125870b.jpeg 

EXHIBISIONと書いてある方向にしばらく進んだらおっさんに反対側!と指図されました。

チケット買った人はもれなくこの罠に掛かっているのですが、ならばどうか早々に改善いただけませんでしょうか。



反対側にはこじんまりと列が。

宮殿に入るには靴の上からカバーを履く必要があるようで、ここで着。

2018040120125900a.jpeg 


201804012013063b3.jpeg 



いざ宮殿です。

20180401201304884.jpeg 


20180401201304b21.jpeg 


201804012013129f7.jpeg 



赤と白が美しい階段がお出迎え。

からの


20180401201314599.jpeg 


20180401201316803.jpeg 


2018040120131766b.jpeg 


20180401201318dd3.jpeg 


20180401201315a9a.jpeg 


201804012013121b2.jpeg 


金ピカ絢爛な宮殿内部です。


随所に食卓の再現がありました。

20180402043412f39.jpeg 


20180402043412e42.jpeg 



20180402043609b8f.jpeg 


20180402043810597.jpeg 



2018040120131927d.jpeg 



絵画で埋め尽くされた間

201804020438154cb.jpeg 


201804020438206ba.jpeg 



エカテリーナ2世でしょうか。

20180402043915fd8.jpeg 



どちら様でしょうか。

20180402043841094.jpeg 




卓上のちょっと可愛らしい世界

2018040204385125e.jpeg 




なんかがありつつの、琥珀の間です。

「琥珀の間が凄い」
「琥珀の間が出来てからオンシーズンはオンライン予約しないと入れなくなった」
と琥珀伝説を多々聞いていたのですが、


確かに凄いです。
何がどう琥珀琥珀してるのかまでは知らずに赴いたのですが、壁を構成するパーツが全て琥珀で埋め尽くされているのです。


あの黄金とはまた違う大地の色。
一枚板の琥珀ではなく琥珀の欠片で埋め尽くされているので光が乱反射して壁一面凄く輝いてます。

なのですが、写真撮影NGのためその様子がお伝えできません。

そして中国人ツアー客の勢いがすごすぎて見れたもんじゃありません。

10-12時がツアー客優先時間なんだからその間に行っとけっての。


サンクトペテルブルクは日本人がほとんどいませんが中国人が凄いです。
中国で人気なのでしょうか。



そして身もふたもないのですが、エミルタージュ美術館の豪華絢爛さに麻痺してしまうと、エカテリーナ宮殿の内装が普通に見えます。

なので琥珀の間を過ぎたら途端に私の気持ちがロシアを出て行ってしまったのです。



ゲンキンですね。困ったものです。


そんなさっぱりな感想ですみませんが、夏場は庭園散歩も素敵でしょうし、きっと行くに損はないですよ!
ただエミルタージュより先にエカテリーナ宮殿に行くことをお勧めします。




帰り。
バス停は来た時のバス停よりワンブロック北にあります。結構離れてます。

来たバス停
2018040204391790d.jpeg 

のもう1ブロック北にある帰るバス停
201804020439157ee.jpeg 


そして今回はバス停着いて一息ついたらすぐにK286番が来たのですぐに乗り込めました。
ラッキーです。


クプチノ駅のバス停
20180402044058af7.jpeg 




さて、時刻14:30
ぜんぜん時間に余裕が出来てしまいました。

なので、毎日恒例のシュトーレで、今回はビーフストロガノフを頂きます。
こちらのお店はピローグ、ボルシチだけでなくストロガノフもあるんですよ。300RUBくらいだったかな。激安です。

20180402043946a5e.jpeg 


美味。
ちょっと味は濃い目ですが、むしろ好きです。
なんなら昨日の文学カフェの1800円のビーフストロガノフよりも好きです。



まだロシア・ルーブルが余っていたので、ピローグのフルーツパイを頂きました。こちらなんたらベリーです。

20180402043944ad0.jpeg 

アップルパイのようで美味しいのですが、なんたらベリーがなんなのかさっぱりわかりませんでした。マスカットのような色合いではあるのですが。


まだ残金があったので、今日の晩ご飯としてサーモン・ブロッコリーのピローグをテイクアウトしました。



その後、宿に戻り、荷物を拾い、宿最寄りのバス停からトラムに乗り、港着です。

サンクトペテルブルクはGoogle Ma pでバス路線検索できるので超便利です。

トラムは乗車後におばちゃんが集金しに来ました。うっかりキセルできちゃうのではとハラハラ&ちょっとワクワクしました。

201804020440208d3.jpeg 


私を見張るおばちゃん。




港!

2018040204402243a.jpeg 

前回は出港1時間前に行って痛い目にあったのですが、今回は結果的に3時間前着です。

超優秀。



チェックインカウンター。

201804020443543c0.jpeg 

3時間前だというのに大勢人がいます。
なのですが、列がスイスイ進む。


私の番もあっという間でした。
30秒くらい。
なんだったんだあのヘルシンキのチェックインは。

20180402044340851.jpeg 



近くの売店でルーブルを残り2RUBまで使い切るという過去最高少額残金記録を叩き出し、満悦で出国審査へ。

20180402044347baf.jpeg 



このお姉さんがずーーーーっとパスポートと私を見比べてます。
怖いんですけど。
そんな違わないつもりですけど。

色黒くなり、髭もボサボサですが、
まだ縮毛矯正効いてます。その辺はI‘m proudです。


それでいうと天パ全開になった時、ないしは思い切って短髪にした時、私はパスポートコントロール無事通過できるのでしょうか。

見た目ではなくハートで判断してもらいたいものです。

あでもそしたら逆にダメかも。




2分くらいジロジロ見られながらなんとかスタンプ頂き、乗船です。

201804020443487f6.jpeg 



、、、、暇です。

この船ネットが有料で1時間5ドルなんです。常軌を逸してます。



なので今この日記を書き、持ち込んだビールとピローグでロシアたけなわにしてもう寝ます。

ただきっと今日もあくびが震えるくらいに寝床が揺れていると思われるので、免税店に酒を買いに行きます。


その前に、、、


スヴィダーニャ、セントピーターバーグ!!

201804020501429d7.jpeg 




免税店にて。

このプーシキンという酒に惹かれたのですが、ガラス瓶でコロコロバッグをはち切りそうだったのでやめて、プラスチックボトルのにしました。

20180402055220011.jpeg 


写真忘れました。
うっかりロシアンではなくエストニアンです。
まあいいです。明日行くし。


と思ったらこれ度数80%でした。
これ法規制無いんですか、お陰で泥酔の予感です。

大丈夫です、私泥酔すると方々へメッセを飛ばす悪い癖があるのですが、WiFiないので、大人しく寝るでしょう。




明日はヘルシンキ港に戻ったらそのままエストニアへ船で向かいます。
うっかり17時で予約した船を11時発のに変更できないか交渉し、ダメだったらロシアで更新できなかった日記更新タイムですね。ロシアはラインもFC2管理画面も駄目でした。



ロシア、とても良い経験になりました。
思った以上にみんな優しいです。サンクトペテルブルクだからかもですが。それでも北欧よりは笑顔が少ないですけどね。

ひとまずもうお腹いっぱいであります。



明日から怒涛の勢いでヨーロッパを駆け抜けます。
目指せ5/15までにヨーロッパ制覇です。

どうぞ宜しくお願いし申し上げます。


―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます!

ムール貝、、!是非チャレンジしたいです。4月中旬はきっと春っぽくなっているはずかなと思い、今からもう楽しみです。貴重な情報ありがとうございました♪

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#334 軋むベッドの上で優しさ持ち寄る覚悟はありますか。inオマーン(1) 2018.11.12 2018/11/16
#333 ネパール発セレブ行き。inネパール(10)2018.11.11 2018/11/15
#332 俺的バイブス超ピース。inネパール(9) 2018.11.10 2018/11/14
朝陽輝くヒマラヤとシャトーブリアン。inネパール(8) 2018.11.9 2018/11/13
#330 いざエベレストォ!!inネパール(7) 2018.11.8 2018/11/12