記事一覧

#123後編 小便小僧 魅惑のワードローブと謎の小便少女 inベルギー(1) 2018.4.15


本日後編です。

なんか汚ったないタイトルで申し訳ないですが、字面ほど汚くないブリュッセルです。

―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ベルギー・アントワープ
                  英表記Antwerp
                  オランダ語表記Antwerpen
                     →ベルギー・ブリュッセル
                         英表記Brussel
                         オランダ語表記Bruxelles
・手段:列車
・料金:7.7€≒1016円
・時間:約50分  14:09発/15:00頃着
※バスはあるにはあるのですが、朝と夜しかなかったので列車にしました。列車は1時間に1,2本はありそうです。

―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――



さてもうアントワープを出発して次の街に行きますよ。せかせか参ります。

次はベルギーの首都、ブリュッセルですが、アントワープからすんごい距離近いのにFLIXBUSは朝と夜しか無いので列車で行くことにしました。

列車は1時間に1,2本出てそうな感じです。


券売機は英語表示あり、分かりやすい設計でした。
途中で1st klassと2nd klassを選ぶ画面がありました。おそらくklass=class=等級だろうと思い、最初に選択されていた2ndのまま進めました。

20180415233300342.jpeg 


電光掲示板でプラットホーム確認。
20180416072141fad.jpeg 

Brussel Charleroi-Zuid というのが14:09発です。
これかな。


ひとまず24という数字がホームだと思い、表示に従って行ってみます。

ホームにあった表示。
20180416072143b7f.jpeg 


Brusselは良いのだが、Charleroi-zoidって何だろう。zoidが南という意味なので、Charleroiは地名だと思うのですが、、


ひとまず乗ってみました。

ディスプレイ発見。

201804160721523bb.jpeg 

そこに停車駅が出てました。
どうやらこの列車で良さそうです。

Brussel centralを通り、終点Chaleroi-zoidまで行くみたいです。


あ、よく見たら画面の右下に1st klasと書いてます。

私のチケットは最安の2ndクラスなのでここではなさそうです。


2ndクラス。
20180416072145899.jpeg 


ちなみに奥のやや高くなってるとこが1stクラスです。



、、、1stクラスのメリットなさ過ぎじゃないですか。


あのちょっと座席の位置が高いだけで(いくらか知りませんが)値段が上がるのか、、と考えるとあの1stの席にいる人たちのご身分を妄想してしまいます。




途中、切符チェックがありました。
ホームに至るまで改札が無かったですが、車内で確認なのですね。

201804160721464c2.jpeg 




電車は1時間弱でBrusselの街に到着。

ただ私の宿は次のBrussel zuid駅のすぐ近くなので、そっちまで行きます。

といっても東京-有楽町くらい近い距離なのですが。



ブリュッセル、どんな街なのでしょうか。
事前メモの通り、移民受け入れが増え過ぎ+南北の確執などなどちょっと気になるまして。

まあでもさすがに南米とかよりは大丈夫でしょう、

と思っていると、
車窓から見えたBrussel zuid駅前はゴミだらけでいきなり不安になります。


駅。
20180416072147975.jpeg 


ゴミだらけの街。
2018041607215166b.jpeg 


20180416072156c64.jpeg 


20180416072200d2d.jpeg 



鞄を前に持ち、警戒を怠らず急ぎ足で宿へ。

20180416072201554.jpeg 


2018041607215844a.jpeg 


この辺りは治安が悪いのですか?
と宿の人に聞くと
ノーノー!トゥデイワズマーケット
ということでした。


成る程ね。でもにしても散らかし過ぎではなかろうか。




一旦宿にてWi-Fiつないで行きたいところの営業時間を調べ、道順を策定。

ということで時刻15:30。
宿に荷物を放り、本日後半戦のブリュッセルぶらり開始です。


まっすぐ旧市街に進み、ブリュッセルよりもその知名度は高いであろうあやつと対面。

20180416072207edc.jpeg 

すんごい人です。

この人だかりの先に、

20180416072210af9.jpeg 

小便小僧です。


世界三大ガッカリスポットとして名高い彼ですが、とんでもない人気ぶりでした。

201804160722162b3.jpeg 


ちょっとおめかししてますね。
何でしょうかこのお召し物。

20180416072212763.jpeg 



ちょっと人が多過ぎてカオスなのでその場を離れ、ちょっとマニアックなミュージアムへ。


「小便小僧衣裳ミュージアム」です。



違うんです。

別に小便小僧に興味があったわけではなく、道順上この前を通りかかっただけなのですが、入り口のこの客引きが私にぶっ刺さってしまったのです。

2018041607232645a.jpeg 


201804160730179f6.jpeg 

小僧がこんな攻めてくるだなんて。



入り口付近の、中の様子を覗いて苦笑いして立ち去る欧米人達を尻目に中へ。




お客様が一人もおりません。。



受付のスタッフも談笑中。



え、営業してますか?
と聞くと、
あ、ああ、4€です、
とぎこちない感じ。


そんなにお客さん少ないのでしょうか。


ミュージアムは一人暮らしのワンルームばりの狭さですが、所狭しと小僧の衣裳が展示されており、そのラインナップたるやちょっとしたコレクションが開けそうです。

20180416072327410.jpeg 


201804160723403d6.jpeg 


2018041607235825b.jpeg 


ヤバくないですかこの量。
どんだけワードローブ充実してんだって。


そしてよく見ると国ごとの衣装になってます。。!


メキシコ

201804160723311e9.jpeg 


ブラジル

201804160723306e6.jpeg 


ボリビア

20180416073011bc3.jpeg 


ボリビアとか、もう反則でしょ。




アメリカ

2018041607233298f.jpeg 


ルワンダ(右下)
20180416072415352.jpeg 


だんだん民族衣装鑑賞のようになっております。


ポーランド
2018041607241775b.jpeg 



これとかぱっと見よくわからないから国旗持たせちゃった感じでしょうか。



そして我らがJAPAN!

2018041607240440f.jpeg 


着物!
いや、被り物してるな、こりゃ一体、、


!!

20180416072418aa7.jpeg 

平安貴族でした。。。

なんと渋い。。。
サムライ・ニンジャ・マイコ・タコヤキ等々、他にもあったろうに。


小僧のくせに、上流階級の衣裳を選択したのですね。



なおベルギーはさすがご当地ということもあり大変にバランス感覚の良いご衣裳をお召しになったようです。
※各国の国旗を纏う。帽子の紋章はブリュッセル市章。
201804160724286a9.jpeg 


国別ではないテーマ別の衣裳もありました。

201804160724292cc.jpeg 



ちょw 
20180416072445dce.jpeg 

これ権利関係大丈夫でしょうか。

相手はかなり手強いですよ。



20180416072613ad2.jpeg 

右のモーツァルトはまだわかる。

だが左隣、ネルソンマンデラて。
メッセージ性が強すぎる。




フィルム資料にて、
衣裳の設計から公開までを紹介する映像があり、
なんとブリュッセル市章デザインの製作過程だけでなく、
日本の平安貴族デザインのお披露目までが紹介されてました。


ベルギー市章デザイン設計・製作
20180416072621a94.jpeg 


2018041607262748c.jpeg 



20180416072618034.jpeg 


20180416072636350.jpeg 


20180416072639396.jpeg 



日本版製作お披露目記念顔見せ?的な。
20180416072657e45.jpeg 


鎧も登場。
20180416072657f8f.jpeg 


お披露目。
201804160727244af.jpeg 


20180416072736d96.jpeg 



20180416072716377.jpeg 


この平安貴族お披露目時の写真のこの垂れ幕(小僧の左側)、
スタッフさんに聞いたらブリュッセル市章だそうです。




まだ展示は続いちゃいまして。


ドラキュラ
20180416072818e94.jpeg 


これもはや武器ですね、、、
金田一の事件簿とかで活用されるやつです。
201804160730066f6.jpeg 



なんということでしょう。
201804160730098e8.jpeg 


着せ替えコーナーがありました。


もう私もこの時完全振り切れちゃってますんで、やってみた次第です。


これ着せてみます。
201804160730097c6.jpeg 




どうでしょうか!

20180416073008bf7.jpeg 


穴の位置が不自然だなと思ったら恥部に添える左手でした。
こりゃなかなか設計が難しそうです。






いやー。楽しかった。

まさかこんな形で小便小僧にハマるとは。
我ながらわからないもんです。


あ、ちなみに入場料は8€かもです。
出るときに見たこの案内。4€は学生料金かもです。
学生証提示してませんが、見た目が学生ということでしょうか。
ブリュッセル学生諸君に失礼ですよ。

20180416073015e5b.jpeg 





さて、気を取り直して旧市街を進みます。

20180416073018700.jpeg 



Dandoy。

2018041607302014d.jpeg 

ここのワッフルが絶品らしいのです。

ベルギーワッフルは、ナイフとフォークで食べる「ブリュッセル風ワッフル(Brussels Waffle)」と、食べ歩きでそのまま食らいつく「リエージュ風ワッフル(Liège Waffle)」とがあるそうです。

※サイトによって定義がバラつくので上記が正解ではないかも。



折角なので前者の方をやらせていただきたい次第です。


店内
20180416073718ff9.jpeg 


20180416073720c1d.jpeg 



メニュー
20180416073716a4b.jpeg 


縦横反転すみません。
201804160730217d0.jpeg

メニューに日本語が、、。
やはり日本人多いのですね。


一番上に伝統的なベルギーワッフル、とあったのでそれにしました。


2018041607372100f.jpeg 


、、、クリーム無しでした。。
周りのお客さんはボリューミーなクリームと真っ赤なジャムを添えて召し上がってます。

どうやら私は一番オーソドックスなのを注文したようです。


日本語メニューあるお店についていつも思うのは、日本語よりも料理写真の方が有難いということです。


とはいえクラシカルなベルギーワッフルを頂けて満足ですよ。私は。

4.5€でした。

、、、もう一個くらいクリーム付きの
ダメです。
お財布的にはなんとかなってもDBまっしぐらなのでやめておきます。


2018041607372125f.jpeg 




なんたらの像。

20180416073726c66.jpeg 

触ると福があるということですが、次から次へと写真撮りたい人が入れ替わり立ち変わるので、隙を見てタッチだけしてきました。

なんか、タッチだけしてその場を去るって、嫌な感じ。



グランプラスです。

201804160737261d6.jpeg 


20180416073729d39.jpeg 


201804160737295ec.jpeg 


2018041607373076b.jpeg 


ブリュッセル旧市街の中央広場。
世界で一番美しい広場と言われています。

美しいですね。




ただ世界一美しい広場が多すぎるのでちゃんと公式に誰か決めてあげてください。
国連あたりとか。いかがですか中の人。




ブリュッセルは美食の街なんですって。

まだあまりそのイメージがないですが、いくつかレストランをピックしてあるので夜にまたここにきます。



GODIVA。
ここブリュッセルが本場なのでしょうか。

2018041607373211a.jpeg 


201804160737342d6.jpeg 


調べたらここブリュッセルが創業地でのグランプラスのまさにこのお店が旗艦店なのだそうです。

美味そうないちごディップ。
1000円近く値札を見てのですぐにその場を離れました。

2018041607374252a.jpeg 




芸術の丘。

201804160737413ce.jpeg 


ややオーバーな名前ですが、旧市街の景色と相見えるとなかなかな景色。

20180418133803ec2.jpeg 


丘の上では青空ダンス開催中。

201804160738540cd.jpeg 






マグリッド美術館。
(写真うっかり消去)

壁一面が青空のアートになっていると思っていたのですが、それは中かな?
見つけられませんでした。



王宮。の横側。

20180416073857e91.jpeg 



その脇道の見事なウォールアート。

201804160738578b3.jpeg 


ベルギー王立美術館

20180416073858350.jpeg 


いくら日本人が多いからといってそこに日本語書かれると罪悪感。^_^

2018041607390071c.jpeg 



謎の庭園と謎の彫像。
20180416073940a32.jpeg 


20180416074010e16.jpeg 



道の向こう側にデカいモスクみたいのあるなーと思っていたら、後ほど調べで最高裁判所だったようです。

20180416074012a59.jpeg 


201804160740148eb.jpeg 


計画では、王宮の正面の公園に行き、王宮を真正面から拝みたいと思っていたら、表と裏を間違っていたようで、裏庭の塀に阻まれ王宮のカケラすら見れず。


メインではなかろう門の前にレオポルト2世が。
この人がコンゴを植民地化した人ですか。

201804160740145ef.jpeg 



このINGという企業、なんでしょうか。
結構主要都市至る所で見ます。
相当大きい企業だと思われますが。
ライオンが厳つくて記憶に残ります。

2018041607401811f.jpeg 


そこから20分くらい歩いたでしょうか。
目指していたのは、EU本部です。

ただ地図上で「欧州議会」と書かれている場所には建物がありすぎて、いまいちその中のどれがそれなのか分かりません。



ひとまず近くまで来ました。

20180416074018c3b.jpeg 


201804160740202f2.jpeg 


なんかそれっぽい雰囲気ではあるのですが、日曜は議会もお休みなんですかね、誰もいません。


ユーロを掲げる人と、
そこに手を差し伸べる人々。

201804160740216ad.jpeg 


「そのユーロを俺にくれ!!」
にも見えます。



これは、、、

201804160740236ec.jpeg 

足元のプレートを見ると、

2018041607402408e.jpeg 

やはりベルリンの壁の一部でした。
ヨーロッパの平和の象徴なんだそうで。



20180416074026f55.jpeg 

、、、、建物の裏側に来てしまいました。



あれ、どこだろう。

私のイメージはこれです。

20180418133744bf0.jpeg 


でっかい建物に欧州各国の旗がはためいている絵を期待していたのですが、、。


ウロウロしていたところ見つけたのがこちら。

201804160740262de.jpeg 

これでしょうか。

私ここ一度素通りしているのです。
先ほどの「そのユーロを俺にくれ!」の場所です。


ここが正解だとしたらちょっと拍子抜けです。
建物と建物の間で薄暗く、風も弱くて各国の旗が元気ないのです。


多分違うことを願いつつ、
ひとまず人影のない欧州本部でございました。

私の願いはただ一つ。

「ユーロ安」です。



※実際違いました。ここでは無かったようです。



まだ時間があるので、ちょっと遠いところにある構造物を見学しに行こうと思います。

距離があるので躊躇していたのですが、ここはブリュッセル。地下鉄くらいあるんじゃないの、と閉店中のファーストフード屋のWi-Fiを拝借し調べたところ、ありました。

往路はメトロ。
復路はグランプラスに戻りたいのですがどうやらトラムになるようです。

この冒険感、、!


メトロ

201804160740343dd.jpeg 



階段を降りていくと、いきなりホームでした。

、、、券売機が無い。
車内で買う、、?いやそんなはずはなかろうかと、ホームを端まで歩き反対側の階段を上がるとそちらには券売機ありました。

無賃乗車しやすい設計です。


20180416074109f9e.jpeg 

無事購入。
券売機の操作ボタンがなかなか斬新でした。

初乗り2.5€。
おお、ちょっと安めいやいやバカバカ高いわアホか。325円て。

やっぱ感覚が麻痺してますね。
思えばマドリードの1.9€は安い方でした。
ロンドン750円とかやはり基地外です。

路線図
トラムもセットなのは有難いが、見づらいです。。
20180416074036f21.jpeg 


無事乗車。

2018041607411095b.jpeg 


20180416074112ee2.jpeg 




あっという間に目的物近くの駅に到着。


そして目的物はこちら。

20180416074118eee.jpeg 



、、、!?

思ったのより100倍くらいデカイんですけど。。。!

20180416074118db2.jpeg 


20180416074126171.jpeg 


これはアトミウムといって、1958年のベルギー万博時に作られたものだそうです。
こう見えて50周年です。

もうちょっとこじんまりとしたものだとばかり思っていました。




いやー。堪らんですね。
どうやって支えてるんだろう。


201804160741224a5.jpeg 

!!
17:30までなら入れたっぽいです。
この斜めの鉄柱部分はエスカレーターになっているそうです。


麓にはbe.WELCOMEのモニュメント。

20180416074124fea.jpeg 




満足です。

ここからはトラムでグランプラスに戻ります。

この辺りはコンベンションセンターなのでしょうか。日曜夕方のこの時間は誰一人いません。



2018041607413027c.jpeg 

なんですか唐突にアダムとかやめてください。



トラム

20180416074134190.jpeg 


乗客は私だけです。

運転手から直接切符を買えました。
2.5€。切符がメトロと一緒です。
メトロと共通っぽい気がします。

20180416074133845.jpeg 


途中壁の落書きがもはやアートレベルなガラの悪いエリアを抜けると一気に乗客が増え、その後トラムはまさかの地下に入り、そのまま旧市街を突き進んでグランプラス近くまで来ました。

201804160742184e3.jpeg 

トラムが地下にあるって、なんだか夢があります。ワタシ的に。




時刻20時。
外は全然明るいです。

駅周辺もまだ元気です。

ブレブレですみません。
★動画



そういえば物価チェックがまだだったのですが、なかなか庶民的なスーパーが見つからず。スーパーとコンビニの間的な立ち位置だと思うのですがカルフール24で見てきました。

水500ml   59円
201804160742233f9.jpeg 


ジュース1リットル   343円
20180416074224ffa.jpeg 

パン1斤   249円
20180416074221dee.jpeg 

パスタ500g    151円
20180416074227eb0.jpeg 


卵は見つかりませんでした。

パンとジュースが高すぎですが、安いのが売り切れてたか、やはりカルフール24が高いだけではと。
感覚値としてはオランダより安め、ドイツとほぼ同じ、フランスよりやや高めな印象です。



さあ、いきなりですが美食タイムを始めます。

ベルギーは美食の街なんですって。
もはやヨーロッパ全土が美食の大陸のようにも思いますが、
その中でも「我らは美食」の主張が強いようです。


そして思ったよりもブリュッセルをズカズカと歩ききったので、明日には次の街に行こうと思います(バス空席あれば)。

なので今夜の私は美食に忙しいのです。


まずはこちら。
「NÜET NIGENOUGH」

201804160744579f9.jpeg 

予約不可で行列必須とのことですが、私が訪れた時はちょうど回転どきだったようで15分で座れました。

後から来た人たちは45分待ちと言われてました。ラッキーラッキー!

20180416074232dab.jpeg 


20180416074430424.jpeg 


ベルギービアを頂こうかとメニューを見るも、どれがビールかわかりません。
店員さんに尋ねると全部ビールでした。


ひとまず一番先頭のビールにて、

201804160742303d8.jpeg 

ありがとうございます。



お料理はこちら。

20180416074455c28.jpeg 

牛肉のビール煮込み、、のはず。
見た目はビーフシチューです。

201804160744562e5.jpeg 


ああああああああっつ!!!









美味。。。。

美味すぎて写真が手ブレしました。
手ブレ補正効きませんでした。


イカ墨パエリア級の衝撃再来です。
これ、美味いですよ。
カルボネード・なんたら・フラマンド、です。

ビール込みでだいたい22€です。


次です。

「Chez Léon (シェ レオン)」

20180416074459340.jpeg 


20180416074458a09.jpeg 

1893年にこの場所で創業してからずっとこの場所で営業している老舗です。
ガイドブックでは定番中の定番として必ず紹介されているそうです。

20180416074503a8e.jpeg 



2018041607450125d.jpeg 


20180416074502f75.jpeg 


毎度メニューが縦横転じてしまいすみません。

ここではムールを頂きます。


ベルギーはムール貝が美味、と聞いていましたが、このブログをご覧いただいている方にもお勧め頂いていたのでこれは是非に、と願っておりました。

ということで、、、

20180416074506e46.jpeg 


まずはビール。
このビール、このレストランにために醸造されているんですって。

美味いです。

てか見ての通り雰囲気激ヤバです。


まさかのテラス席。


ほろ酔いの人たちが楽しそうでこっちまで楽しくなります。

20180416074513091.jpeg 


来ました!

20180416074514968.jpeg 


20180416074510027.jpeg 


201804160745123c5.jpeg 



あーーーーーっもーーーーーっ!!!






たまらん美味さでございます。


この幸せが45粒も続きました。

途中小雨がぱらつきテラス席の客は店内に避難してましたが、幸せが止まらない私はその場で毟り続けていました。


今思えば変態ですね。
老舗レストランのテラス席で一人だけ雨に打たれながらひたすらムール貝に喰いつくアジア人。

ありがとうございます。光栄です。


お会計25€くらいかな。

「ここだと日本と同じ値段で二倍の量が食べられる!」とありましたが私日本でムール貝の白ワイン蒸しって食べたことないのですがどうなんでしょうか。



この近くに謎の必見スポットがあるので行ってみます。

それが掲題に記載した「小便少女」です。

なんだか小便小僧だと可愛らしいですが、小便少女ってなんだかはしたない感じがしますね。



。。。!


20180416074514486.jpeg 


鉄格子で閉じられていました。。。

こうしてみるともはや監禁です。


そして街灯が当たりカメラではその全容が良い具合に映らず神々しさすら感じます。


ググッと近づけば全容は見えるのですが、ほんとはしたない絵なので割愛しておきます。このブログはクリーンが売りでございますので。

写真はあるので見たい方は個別にお知らせください。
なんだか機嫌悪そうな表情をしております。


なおそんな小便少女ですが、ポストカードの収益はガン患者の治療に使われているそうです。大義を抱える少女なのですね。

20180416074518f18.jpeg 



その後は血肉ソーセージを探して数件飲み屋を梯子して結局見つからず、
グランプラスの夜景にキャッキャし、深夜警戒MAXな気持ちとふらふらな千鳥足で闇夜の移民街を切り抜け宿に着き、そういや明日のバス取ってなかったなぁと思い予約しようと思ったら朝6:30しかなく(他は全て日中全て潰れるタイムスケジュール)、一気に酔いが覚めて大人しく2:30に就寝しました。


グランプラスの夜。
夜遅くまで結構人がいる。

20180416074555e32.jpeg 


201804160745574fd.jpeg 


201804160745589c6.jpeg 




なお夜中の小便小僧はご衣裳を脱ぎ捨ててました。

20180416074607cc2.jpeg 

日中に服を纏い、夜に服を脱ぎ捨てる。
粋な小僧です。

201804160746083ab.jpeg 




明日は4:30に起きて向かうはドイツ・ケルンです。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re:

ダンドアもシェレオンも正解だったのですね!入念に調べておいて良かったです。
ショコラショー?ワンチャン?ミニヨーロッパ?、、、なんとまだまだブリュッセルは奥深いですね。。
ワンチャンGoogle画像見ましたがもはや潔いですねw

ベルギー情報を沢山ご提供頂いてありがとうございました!ゆっくり出来ず心苦しい限りです、、> <
もっとオーロラがすぐに見れていたら日程の余裕もあったのですが。。。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

そう言っていただけると恐縮です。
ロヴァニエミで見るのは相当難しいらしいので最初から北極圏以上に行くべきだったのでしょうね。私もロヴァニエミで三日間腐ってました。

ジュリアンくん1日3回とかもはや紅白歌合戦より忙しいですね。生着替えタイム、いいじゃないですか!格好のネタになるかとw

アフリカは意外とお金かかるのと私実は予防接種周りが全然なので今回は(今のところ)エジプトのみです。中東情勢次第では要検討ではありますが。

ここから南へ進んでいくのでベルギーからは離れてしまいますが、またお時間許す際に当ブログのことを思い出していただけると幸いですっ!!

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#158 何もしない、をする日 inマケドニア(2) 2018/05/22
#157 マケドニアへ退散。in マケドニア(1) 2018/05/21
#156 天空の修道院メテオラやばし 後編 inギリシャ(4) 2018/05/20
#155 天空の修道院メテオラやばし 前編 inギリシャ(3) 2018/05/19
#154 アテネ 古代ギリシャの遺跡で身体中が痒い。inギリシャ(2) 2018.5.16 2018/05/19