FC2ブログ

記事一覧

#145 ローマを1日にして歩く inバチカン市国(1) 2018.5.7


宿周辺は物価安めなのですが、パニーニ相場5€のローマにて2.5€で提供する小さな店があり、今朝早速行ってみました。


イケメン兄さんがサササッと作り、I love your morning♪と言って手渡してくれました。


やめて下さい、片想いで定住してしまうではないですか。



―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ローマ市内
・手段:地下鉄&徒歩
・料金:地下鉄24時間券 7€
・時間:ー


 ↓ローマぶらりマップ

・青:宿 ホステルローマ  平日一泊17€

・オレンジ:ローマ・テルミ二駅 Roma Termini

・紫の右:サン・ピエトロ広場

・紫の左:サン・ピエトロ大聖堂

・紫の上:バチカン美術館

・上のピンク:スペイン広場

・下のピンク:真実の口

・茶色の右:コロッセオ

・茶色の左:フォロ・ロマーノ

・茶色の下:パラティーノの丘

・上の黄色:トレビの泉

・下の黄色:チェスティアのピラミッド

・一番左の赤:サンアンジェロ城

・その右の赤:ナヴォーナ広場

・その右の赤:パンテオン

・右下の赤:カラカラ浴場


20180507070700dbb.png 


―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――


本日は1日ローマを徘徊します。

朝から冒頭の通り心躍る出来事に気持ちは高まり、ローマ・テルミニ駅地下鉄の混雑ぶりと皆一様にスリ対策で鞄を前に持ち歩く姿に昂ぶり、バチカン美術館の大行列に荒ぶるなうです。

2018050904390840b.jpeg 


開館時間9:00。
現在8:30。


舐めてました。
これまで朝イチは結構行けてたのですが、世界の観光地は違いますね。



201805090439327b3.jpeg 


1時間後、きっともう間もなくです。


そしてイタリア入って以来どこもそうなのですが、この手の大行列に対して、ツアーに参加したら入場列をスキップ出来るよ!という勧誘が凄い。
お金持ちはホイホイついて行けば良いと思うのですが、そうでない私のような人間には大変迷惑です。


ガイドなのでそれっぽい格好をしているので当日券の列はどこかと聞くと聞いてもないツアーの説明をされ、ツアー待機列に誘導され、金を要求されるのです。


こにちはーありがとーと適当な日本語から入ってくるのも腹立たしい。





そして行列はその後もう間も無くでした。
入ってすぐの手荷物検査、これが渋滞の原因でした。写真右。

 20180509043925493.jpeg 



で、予約してる人は写真左のカウンターでチケット引き換え、してない人は正面階段上がって二階でチケット購入です。

最初どこ行ったら良いかわからず左のカウンターに並んだら、後ろの人に違うわよ、と冷たくシッシされ、訪ね歩いて二階ということを知り、行ったらチケット売り場はガラガラでした。


みんな予約するのでしょうが、予約しないほうが並ばないのかな。


にしても日本人に厳しい人が多いな。



いざ入場。

20180509043936755.jpeg 


三階へ上がります。

20180509043915958.jpeg 


今回は手元の携帯に先人たちの訪問レビューブログ達をオフライン保存してきました。


有料のオーディオガイドよりもこっちの方がいい気がしてきてます。私にとっては。




ということで、どの作品が有名か、はOKなのですが、それがどこにあるかはわからず、引き続き訪ね歩きです。
※館内マップもらいそびれた。



バチカン美術館、中々の自由設計で、行きたいところに各自行く感じです。
これ事前知識なく行くともれなく迷子でござい。


まずは絵画が多く展示されているピナコテカ(PINACOTECA)へ向かいます。

20180509043926df2.jpeg 


入ってすぐ右手に
▪️ミケランジェロ「ピエタ」

20180509043948181.jpeg 



これがフィレンツェのアカデミア美術館にあった同氏の同作品の完成版ですね。
※フィレンツェのアカデミア美術館のピエタ

20180504060434be3.jpeg 


、、、未完成品の方がなんというか躍動感を感じてしまう私。なんというか、現在進行形な感じがする。そしてデザインも結構違いますね。




やはりローマ帝国の中心地だったバチカンなだけあって、全体的に歴史ありそうな絵画が多いです。あのキンキラキン額縁に入ってるやつ。
こういうの。

20180509044009463.jpeg 

そうでない絵画ももちろん。

2018050904394755e.jpeg 



2018050904394971e.jpeg 


そしてこちらへやってきました。


20180509044125923.jpeg 



▪️ラファエロ「キリスト変容」


20180509044126ecf.jpeg 

キリストが神の子であると告げられ、三人の弟子がおののいている様子と、その下に悪魔に取り憑かれた少年に奇跡を起こす場面だそうです。


▪️ラファエロ「聖母の戴冠」。

201805091952587e2.jpeg 


聖母マリアに冠を授けるキリストと、それを見守る聖人たち。


▪️ラファエロ「フォリーニョの聖母」

201805090441240b3.jpeg 



貴族のシジモンド・デ・コンティが火の玉に襲われても無事だったことを神に感謝するためにラファエロに制作を依頼したそうです。



続いての部屋、
▪️レオナルド・ダ・ヴィンチ「聖ヒエロムニス」

2018050904413108c.jpeg 



20180509044138d5b.jpeg 



20180509044140cbf.jpeg 

荒野での苦行に耐えるヒエロムニスとそれを見守るライオン。顔や胸以外は未完成なんだそうです。

ダ・ヴィンチの現存する作品って確か15とかだった気がしますが、そのうち7つをこれでみたことになる、、、はず。多分。


ピナコテカ続き。

201805090441452bd.jpeg 



201805090441563cf.jpeg 



20180509044206fdd.jpeg 



20180509044227cf9.jpeg



201805090442370be.jpeg 




さて続いてエジプト館に行くべし、と手元のメモは仰ってるのですが、その場所がわからず。


難易度高いですバチカン美術館。




201805090442165dd.jpeg 


彫刻だらけの場所に来ましたが、ここで目当ての作品の写真を係員に見せると全然違ったようで失笑。

最初の階段上がって右手がピナコテカ、左がシスティーナ礼拝堂とあり、礼拝堂は最後に見るつもりだったのですが、左が正解でした。エジプト館から礼拝堂まではほぼ順路は一本道のようです。

道中の中庭

20180509044254f13.jpeg 

とサン・ピエトロ大聖堂の後ろ姿。

20180509044308409.jpeg 



エジプト館らしきところに来ました。

20180509044252d9c.jpeg 



2018050904425400a.jpeg 


201805090443080e8.jpeg 



メトロポリタン美術館、ルーブル美術館、大英博物館、エミルタージュ美術館、とこれまでエジプトエリアを持つ場所を巡って来ましたが、いまいちまだ楽しめない。。知識不足です。



彫刻エリアに来ました。

20180509044316899.jpeg


 201805090443585c2.jpeg 



201805090444471c3.jpeg 



この辺りに次のお目当てがあるはず、、、


ありました。


▪️作者不詳「ラオコーン像」


20180509044509887.jpeg 


ミケランジェロにも大きな影響を与えたというこの像。確かにこの力強さ半端無いですね。

20180509044509266.jpeg 



20180509044502181.jpeg 



20180509044520113.jpeg 



20180509044522539.jpeg 



20180509044526e83.jpeg 




この像はトロイア戦争という戦争で神官ラオコーンが女神アテナの怒りを買い、女神が放った二匹の蛇がラオコーンとその息子二人を絞め殺すという場面なんだそうです。


神官こんな筋骨隆々なのですか。

クリフトはこんなじゃ



その先にはミューズの間。
天井画が彩色豊か。

20180509044546046.jpeg 



20180509044602ee7.jpeg 



続いて円形の間。

2018050904461894e.jpeg 



20180509044609644.jpeg 

赤大理石の一枚岩で出来た巨大な杯です。
床はモザイク画。



続いてギリシャ十字の間。
床のモザイク画と、

20180509044643ede.jpeg



20180509044936492.jpeg 


 
コンスタンティヌス帝の娘コンスタンティアの赤大理石製の石棺、

201805090446260ac.jpeg 



コンスタンティヌス帝の母ヘレナの石棺、

20180509044646264.jpeg 



がありました。


階段を上っていきます。

201805090449224ac.jpeg 


その先には、燭台のギャラリー

201805090449307fa.jpeg 



2018050904492906b.jpeg 



そしてタペストリーのギャラリー

2018050904494740d.jpeg 



20180509044954222.jpeg 

20180509045006cf3.jpeg 


からのキンキラキンの地図のギャラリー。


これずっと同じ廊下です。凄い長い!


201805090450016ec.jpeg 



201805090450242c8.jpeg 



2018050904504521a.jpeg 



20180509045030fd3.jpeg 



20180509045047551.jpeg



 
イタリアの地図もありました。


2018050919551706c.jpeg 



20180509195510d6d.jpeg 


昨日までいたサンマリノもありました。が、山にはなっていません。。

2018050919551901e.jpeg 



次に行く街。

201805091955194b9.jpeg 


回廊の出口も煌びやかでした。
バチカン市章だそうです。

201805090451316f0.jpeg 




この次にラファエロの間が続きます。


第1室、コンスタンティヌスの間は改装中で半分が覆われれしまってました。。


201805090452134ce.jpeg 


第2室、ヘリオドロスの間。

201805090452281ec.jpeg



 201805090452370be.jpeg 



20180509045255f6e.jpeg 



201805090452371cb.jpeg 


4つ目の写真が「大教皇レオとアッティラの会談」。
教皇レオ1世とフン族の王アッティラが停戦交渉してる様子だそうです。
フン族ってハンガリーの歴史に出てきた、マジャール人登場前にハンガリーの土地を牛耳ってた人たち、、、だったような。


第3室、署名の間。
ラファエロの間で最も有名な間です。

▪️ラファエロ「聖体の論議」

20180509045325b15.jpeg


 20180509045316564.jpeg 


天上界にいる聖人たち、地上界にいる神学者たち、その中心にいる精霊の鳩との三位一体を表現した作品だそうな。


▪️ラファエロ「アテネの学堂」

20180509045334e92.jpeg 



ラファエロの最高傑作と言われるそう。
50人以上のギリシャの賢人が集まって議論し合う様子。登場人物として、中央左の赤い服を着た人が哲学者プラトン(モデルはレオナルド・ダ・ヴィンチだそう)、右隣の青い服が弟子のアリストテレスだそうです。
そして中央下段で頬杖をついているのがヘラクレイトス(モデルはミケランジェロ)だそうです。


プラトンとアリストテレス。

20180509045327048.jpeg 



隣では韓国ツアーのガイドさんがレオナルド・ダ・ヴィンチの肖像をiPadで見せてたのでパシャり。

20180509045335c05.jpeg 


、、、確かに。

ミケランジェロモデルのヘラクレイトスも拡大。

201805090455381c4.jpeg 


他にも壁画。四面+天井画なのでめまぐるしいです。


第4室、ボルゴ火災の間。

2018050904554960f.jpeg



 20180509045624b51.jpeg 



20180509045627158.jpeg 



20180509045603ce4.jpeg 

部屋の名前の由来は不明です。



そしてそこからちょっと進んだ先に、システィーナ礼拝堂。。!!
ここにはミケランジェロの「最後の審判」と巨大な天井画の中の一つ、「アダムの創造」が観れる場所です、が、写真NG。


※以下は借り物画像です。



ここほんとに凄かったです。



天井画は長さ40mあるかつ騙し絵が効いててそこに描かれてる人たちが今にも飛び出してきそうな躍動感。


アダムの創造よりもそちらの方が刺さりました。天井見上げすぎて首が痛いです。



▪️ミケランジェロ「アダムの創造」


この天井画の中の真ん中やや右。


20180509195647886.jpeg 


ここ。


20180509195641a85.jpeg 



あのE.T.のワンシーンのモデルとなったそうです。




そして

▪️ミケランジェロ「最後の審判」

は横壁面を一面覆い尽くす巨大画。


 2018050919563945e.jpeg あ


画像の横に「あ」と入れました。

これがざっくりな人間のサイズです。

巨大さ、伝わります?


この絵は中央のキリストが、死者を右の地獄と左の天国に分ける裁きを行なっている場面です。


この絵の真下に磔にされたキリスト像がちょうど重なり、大変に象徴的な雰囲気を醸してました。



その後もシスティーナ礼拝堂なのか美術館なのかわかりませんが順路は続き、

20180509045933129.jpeg 



20180509045935fff.jpeg



 20180509050011420.jpeg



 20180509050022841.jpeg 





二重らせん階段を下って退館です。

2018050905001012a.jpeg 



20180509050001574.jpeg 



20180509050047858.jpeg 




20180509050028ece.jpeg 

※天井



時刻12:30です。
結構な時間を費やしました。


道迷ったり、ツアー団体が道を塞ぐので鈍行になったりを繰り返してると自ずと時間が過ぎていきます。



外は引き続き長蛇の列でした。

201805090501016ea.jpeg 


城壁の角を曲がってもこんな感じで行列は続いてます。

20180509050044663.jpeg 


にしても立派な城壁

20180509050058edf.jpeg



 20180509050112351.jpeg 


ということでこのままサン・ピエトロ大聖堂に向かいます。

20180509050107d48.jpeg 



2018050905013766e.jpeg 






もちろんサン・ピエトロ大聖堂も大行列ですよ。みてくださいこれ。

20180509050204ce7.jpeg 

大聖堂の円状に設置された柱に沿って大行列発生中です。



ただ進みは早く、そんなに待たずに行けました。


ただこの手荷物検査の検知が非常に厳しく、先ほど美術館でOKだったものもここではNGでした。流石はキリスト教総本山。


20180509050153b6f.jpeg 


衛兵発見。
スイス衛兵だそうです。

20180509050228cbb.jpeg 



さあいよいよです。

201805090503016d8.jpeg 




、、、と入る前に、入り口から広場を振り返るとこんな感じ。
物凄い数の椅子がこちらを向いています。


ここで教皇が演説なさるんですね。


20180509050309176.jpeg 


いざ

20180509050325e63.jpeg 



20180509050343fb1.jpeg 



 2018050905035513e.jpeg 



中へ。



201805090504442ba.jpeg  



で、でかい、、、!!!





入って右手に、
▪️ミケランジェロ「ピエタ」
がありました。
先ほどのバチカン美術館のはレプリカだそうです。


201805090504373d9.jpeg 



201805090504577c0.jpeg 



なんでしょう、すごく温もりを感じるのは私だけでしょうか。光の加減もあると思いますが。


先ほどのバチカン美術館のもの


20180509043948181.jpeg 


比べてみると、本物の方がよりリアルにマリアの悲しみが伝わってきます。手の中のいるキリストのぐったり感もひとしおです。


奥まで歩いてみましょう。
とにかく奥行きが凄いのです。





20180509050533843.jpeg 



20180509050521646.jpeg 



20180509050725152.jpeg


 

床の下に空間が見えます。


20180509050725337.jpeg 

地下にも色々あるのでしょうね。
聖ペテロもこの地下に眠っているのだそうです。※聖ペテロを埋葬した場所にこのサン・ピエトロ大聖堂を建立した。


最奥の祭壇。

2018050905073900c.jpeg  





20180509050816a7e.jpeg 


堂内は巨大で精巧な彫刻と絵画で埋め尽くされております。

20180509050421ac2.jpeg 


20180509050823262.jpeg 



201805090508365f1.jpeg 



20180509050837ea3.jpeg 





いやーーーー凄かったです。


流石世界最大級の大聖堂です。



サクラダファミリアよりも内部の広さは大きいですよねこれ。ケルンもフィレンツェもミラノも相当大きかったですが、その上をいく、キリスト教総本山の大聖堂でした。





衛兵さんご苦労さまです。

2018050905090281c.jpeg 




さて。時刻13:45
急いで地下鉄に乗って移動です。


ランチ狙ってる店があるのですが絶対午後はシエスタしてると思われるのです。



20180509050946471.jpeg 



OUT、、、。
La carbonaraというもはやカルボナーラのためのレストランと思われるレストランだったのですが、14:30にてランチ終了でした。
※到着時刻14:15

恐らく14:00でオーダーストップなのでしょうね。無念。

メニューだけ。
20180509050959a7b.jpeg 



ただこうなることは結構想定できたので、たまたますぐ近くにある、イタリアガイドサイト「アーモイタリア」さんお勧めのこちらのお店へ。

20180509050946862.jpeg 

Ristorante temaというお店です。

アーモイタリアさんのご紹介以降、日本人客が増え、オーナーが逆に日本に興味を持ち、日本語勉強中だとかなんとか。


20180509050952bb9.jpeg 



20180509051043cb5.jpeg 



時間が時間ということもあってか客は私のみ。入店早々に「アーモイタリア?」と聞かれ、イエースと答えると日本語メニューが来ました。


20180509051019d25.jpeg 


201805090510428f2.jpeg 


20180509051127a2c.jpeg 


アーモさん一押しはムール貝とリゾットなのですが、予算問題でリゾットのみ注文。

それがこちらの手長海老のクリームリゾット。

20180509051228702.jpeg 

ありがとうございます。

もう見た目からしてサンクチュアリです。
私のEDENがここにあります。



いざ。。。


2018050905160913e.jpeg 


あ、うま!!

え?あ、うっま!!!

わわわうっっっm!!!!


なんかもう美味いものをどう美味いか伝える努力に疲れたのでひとまずこんな感じで。
私旅史上美味いものランキングtop5に入りました。
今のとこ、バルセロナのイカ墨パエリアとフランスのパテ・コン・クルートとハンガリーのトカイワインとロシアのビーツのボルシチです。
思いつきチョイスなので多分次回は違う銘柄を答えると思います。


引き続き地下鉄B線を下っていきます。
※本日は地下鉄24時間券を活用中。

Circo Massimoという駅でおりました。
目の前に遺跡がドン。
 20180509051330b94.jpeg


 20180509051303f08.jpeg


 

確かにローマはちょっと歩けば世界遺産、ってやつですね。


で、来たのはここ。
来るかどうか迷ったのですが、折角ですからね。


サンタ・マリア・イン・コスメディン教会です。改修中です。


201805090513070da.jpeg 



20180509051341b28.jpeg 


でもただの教会ではないのです。

これ

20180509051341095.jpeg 

この先に控えるは

201805090513553c6.jpeg 



20180509051407c07.jpeg


 
かの有名な真実の御口様であられます。

20180509051407e34.jpeg 


10分ほど順番待ちして、いざ私の番。
一人できてる人とか私だけなんですけど。

201805090514430cb.jpeg 



201805090514432e3.jpeg 

挙動不審な写真だけ撮ってその場を逃げるように去りました。



もっと色んなこと出来たな、と今後悔してます。


ちなみに真実の口って古代ローマ時代に使われていたマンホールの蓋らしいです。

偉い出世です。


順路はそのまま教会内へ。

201805090514241b0.jpeg 



ローマの休日のポスターも。

20180509051448493.jpeg 




教会周辺は先ほどの遺跡の関係か神殿みたいのがゴロゴロしてます。

20180509051507ddf.jpeg 



そしてここから本日後半戦のハイライト、ローマ遺跡巡りを開始します。


が、この真実の口の教会から地図的には近いのですが、見る限り道中に丘がそびえてます。


20180509051529878.jpeg 


ここ上がって行けばいいのかな。




お、それっぽくなって来た


2018050905152036c.jpeg 



をーーーーー!!!

2018050905161163c.jpeg 



20180509051617ca0.jpeg 



20180509052034491.jpeg 


古代ローマ帝国の残骸がゴロンゴロンしておりますw

もっと近づいてみる道中も雰囲気抜群。

201805090519583b3.jpeg 



20180509052016324.jpeg 



201805090520176d4.jpeg



 20180509052051df0.jpeg 




遺跡の近くまで来ました。

20180509052052f93.jpeg 



20180509052054cfc.jpeg 




昔はこんなだったようです

20180509052108605.jpeg 





20180509052202efb.jpeg 

うーん、わからん。


そしてこの遺跡ゴロンゴロンエリアはRoman Forumと言う有料エリアです。


近くにチケットカウンターがあったので購入。

18€とお高いですが、このチケットはここにあるもう一つの古代ローマ帝国の遺跡を見学できます。


はい、御察しの通りこちらです。

20180509052106864.jpeg 

コロッセオー!
201805090522370ae.jpeg 



20180509052227a36.jpeg 


でけぇ!



紀元後70年、今から約2000年も前の古代ローマ時代に皇帝ヴェシパシアヌスが作らせた円形闘技場です。
よくもまあこんなでかいものをこの時代まで残せてたなと。

なんてったってすぐ横で地下鉄新設工事してますからね。ドガガガガガとか言って。

2018050905212963c.jpeg 


ちょっとでも掘ったら遺跡とか出て来ちゃうと思うんですけど。




ということで早速入場です。
雨も降って来たので早いとこ中へ。

20180509052820608.jpeg



 20180509052815f16.jpeg 



2018050905232576a.jpeg 




階段が結構キツい。。

20180509052350457.jpeg 


お待たせしましたコロッセオの闘技場ですー。

2018050905230431f.jpeg 



2018050905450549f.jpeg 



8万人が収容できるんですって。



このコロッセオが作られた背景、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、ローマ市民に「流血や死という斬新な娯楽を提供することで市民の反乱を抑えるのが目的だったとか。


午前中は猛獣と剣闘士が闘い、昼は罪人の処刑が行われ、午後は剣闘士同士の闘いだったそうで、年間数千人もの剣闘士がここで命を落としたそうです。




写真に戻りますが、地上の床は無くなっていて、見えているのは地下です。


ここに猛獣やら剣闘士やらがスタンバイして、出番になると紅白歌合戦みたいなせり上がり装置でズドンと登場するわけです。


ちなみに雨だからと急いで入りましたが屋根ないんでした。
ただ昔は天井幕を張っていたそうです。



4階部分の高さが半端ない。
下の方でゴミのように見える人間と比べて見ていただけると。
2018050905451541c.jpeg 


コロッセオ二階を歩きます。

201805090547097be.jpeg


 20180509054717a24.jpeg 






闘技場の反対側に来ました。

20180509054658c77.jpeg 



20180509054716076.jpeg 


写真では見えないですが↑この地下の暗いとこでツアー団体が何やら見学しているのですよね。
そういうガイドツアーもあるのだと思います。


地上階に来ました。

2018050905475828a.jpeg 


剣闘士の目線。

20180509054827e60.jpeg 


ここで皆、生か死かの時を待っていたのですね。。

201805090549216ef.jpeg



 20180509054953450.jpeg 



20180509055035ab4.jpeg 



今では花が咲いてます。

20180509055005310.jpeg 



あの4階部分にたまに人が出て来るので、警備員にあそこに行けるのか聞いたところ、あそこは特別だ、と言われました(直訳)。
恐らくあちらもガイドツアー専用なのではないかと思います

20180509055113209.jpeg 



20180509055147767.jpeg 


観客席は、一階が貴族階級、二階が騎士、三階が一般市民、四階は市民権を持たない人の席だったそうです。最上階の階段はわざと狭く作られていて、身分が低い人の退場を遅らせたのだとか。


、、、ネット受け売りの情報をずらずら書きすぎましたねすみません。
雨が強くなって来たので出ます。



出たとこに凱旋門。
パリの凱旋門のモデルになっているのだそうです。

20180509052802a78.jpeg 



このコロッセオの隣、先ほどまで私が高いところから見下ろしていた遺跡ゴロンゴロンエリアに行ってみます。


Roma Forumというれっきとした有料エリアです。



入場


2018050905521789d.jpeg 



凄いですよ、そこら中に遺跡の残骸ゴロンゴロンです。

20180509060151fc3.jpeg 



20180509055225d89.jpeg 



201805090602531d5.jpeg 



20180509060304244.jpeg 



古代ローマ遺跡の一部に腰掛ける爺さん

20180509060135657.jpeg 



古代ローマ遺跡の一部によじ登りはしゃぐ子供

20180509060452daa.jpeg 


以下にて遺跡メドレー、始めます。

20180509060407370.jpeg 



20180509060451c58.jpeg 



20180509060638f7a.jpeg 


(これがメインっぽい)

20180509060630501.jpeg 



20180509060552c58.jpeg 


 
小高いところまで参りました。




これまで見てきた遺跡の残骸たちを一目できます。


良いですね。
ローマ帝王の気分です。


ローマ帝王の心持ちで、カルボナーラを食べに行きたいと思います。
なぜならまだ今日はカルボナーラを食べていないからです。



時刻19:00


昼間入れなかった「La carbonara」へやってきました。
19:00開店なのですぐ入れるだろうと思い。

2018050906072975e.jpeg 



すでに並んでいる。。。
私も並びます。雨の中、行列に並ぶ。もはや帝王ではなく平民です。


そしてなかなか列が進まないなー。


と思っていたら、何と店内すでに満席でした。。!!!

凄ぇ。。。



そして19:30、席に案内されるも、現在オーダーが混み合っているためお食事は20:30からになるとのこと。。。凄い人気ぶりです。

201805091112368cc.jpeg 



20180509060822e53.jpeg 



201805091112506de.jpeg 



20:30だなんて夜景狩りするにはむしろ好都合です。喜んで待ちます。


そして結局20:00にオーダーを聞かれ、早々に着丼。

20180509111238943.jpeg 


絶対うまいでしょこれもう美味いもんすでに。

20180509111251f41.jpeg 


近づきすぎて鼻にクリームソース着いちゃいそうです。
いざっ、、

20180509111248188.jpeg 




うっまーーーーーー!

うっまーーーーーー!!
昨日のカルボナーラより好き!!
これうみゃあですよ。


、、、でもちょっと味薄めかな。
一気に作りすぎて大味になったかな。

すみませんきっと私の味覚の問題です。
きっと一般の方にとっては美味しいはずです。

お値段は10€。
これまでのイタリアのレストランと比べてもコスパは◎です。



時刻21:00


夜景の時間です。

出かけます。



話はそれますがローマの地下鉄これやばくないですか。


201805090608020d3.jpeg 






再び戻ってきました遺跡エリア。


2018050911130359e.jpeg 


20180509111303730.jpeg 



遺跡周辺はそんなにライトアップされてません。
巨大な建物は後ろ姿だけ見えていて、表側にはライトが当たっているのがわかるのですが、遺跡エリアは閉園していて表側には回れないのですよね。誰向けのライトアップ?


ただやっぱりこっちは裏切らない。


20180509122445507.jpeg 



201805091224483cd.jpeg 



孤高のコロッセオは夜景も勇ましいであります。

駅の上が高台のようになっており、あそこからだともっと綺麗に撮れそう、と道を探したら事件が起きそうな暗い細い道しか無く勇気を出して忍び足で歩き抜けやって来ました高台。

20180509122455396.jpeg 



20180509122504254.jpeg


 


そんな変わらなかった。



そして

2018050912250495f.jpeg 



普通に駅から階段上がったら来れました。


そんなローマ2日目でした。


もうちょっと細々と見ているところがあるのですが絵にならなかったので日記割愛します。



明日はローマから日帰りで、天空の城ラピュタのモデルとなったと言われる秘境へ行ってみます!

―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#282 四度目のデリーは博物館へ。inインド(51) 2018.9.21 2018/09/24
#281 ノイミカさんご出国。inインド(50) 2018.9.20 2018/09/23
#280後編 壮観の階段井戸。inインド(49) 2018.9.19② 2018/09/22
#280 白装束でタージマハる。inインド(49) 2018.9.19 2018/09/21
#279 列車が16時間遅延。inインド(48) 2018.9.18 2018/09/20