FC2ブログ

記事一覧

#146 天空の城ラピュタがここに。チヴィタ inイタリア(9) 2018.5.8



本日はローマから日帰りで、2500年前にエトルリア人が作り上げた街、「死に行く街」と言われる秘境「チヴィタ・ディ・バーニョレージョ」へ向かいます。


『ラピュタ城のモデル』らしいです。ラピュタのモデルと名高い場所も世の中に沢山ありますが、ラピュタかどうかはさておき楽しみです。


―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ローマ→チヴィタ
・手段:鉄道+公共バス
・料金:鉄道7.7€+バス2.2€
・時間:2時間弱


※詳細  
・バス逃すと4時間待ちとかになるので注意。
・以下は平日の場合。土日祝日は異なります。


①ローマ→オリヴィエート鉄道時刻表

20180509122643037.jpeg 


20180509122617909.jpeg 


この7:28に乗車しないとバス4時間待ちを喰らいます。


②オリヴィエート→バーニョレージョ バス時刻表

2018050920163883b.jpeg 


・オリヴィエート駅内の売店(タバコ屋)で購入。
・必ず往復分購入(復路時は切符売店無し)
・時刻表が複数貼られているので上記の写真1.2双方を参照
・乗車場所は噴水広場。小さいので噴水付近にいれば確実です。ベンチあり。
・9:10発のバスは9:20に来ました。



↓移動図

201805092031550d9.jpeg



↓バーニョレージョ〜チヴィタ

・黄色:バス停(往路復路とも同じ)

・緑色:橋の入り口

・赤達:チヴィタ域内

201805100442066e2.jpeg 



※バス停の場所を拡大

2018051004420772f.jpeg 



―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――


本日は久々に難易度高めの日帰りエクスカーションです。

エクスカーションだなんて洒落乙ぶりましたが、結構旅先で使うのですよねこの言葉。TOEIC単語勉強してる時にこんなん使わねーだろと思って逆に印象に残ってたのですがまさかこんなに使うとは。


意味は「遠足」です。わーい!

難易度が高い理由はアクセス方法が不明瞭なこと。


冒頭で一旦全てメモに残しましたが、「現地に着いてからバス」「本数少ない」「天候次第」「言葉通じない」といった点が冒険感を高めてくれます。


先人ブロガーさんが朝7:28の電車で向かっていたので、ひとまずそれに乗ります。
始発はもう1時間早いのがあるのですが、そうなると私四時起きなので。


ローマ駅にて切符ゲt。
ローマは朝イチも物乞いは少なくフィレンツェより安全感あります

20180509201610b35.jpeg 




プラットフォームは1EST。



、、、EST!?


いきなりテンパらせてくれますが、大丈夫です。こういう時のためにわざわざ30分前行動しておるのです。


ESTホームへは標識があり、迷うことはないのですが歩いて5分以上はかかります。急いでる時はこの五分は命取りですね。


本日の列車

20180509201614960.jpeg 



遠足ですからね。
早速おやつを。


パン
蜂蜜
ゆで卵



ちょっといつもよりオシャンティです。
今日は鞄の中に塩まで忍ばせてます。

充実したおやつだと思っています。
3€以内です。


さて列車は8:40頃にオリヴィエート着。

20180509201619f39.jpeg 


改札出て外に出ずに右側に進むとBarという駅によくある売店があります。

20180509201616a27.jpeg 


20180509201625f97.jpeg 



ここでバスの乗車券を買います。


イタリアはこの手の売店で路線バスチケットを買うのが普通のようです。
先人ブロガーの指示通り、往復乗車券を購入。復路に売店は無くはないですが、バス停からちょっと遠いです。


売店カウンターの奥にちょっとしたイートインスペースがあり、そこに時刻表が貼ってあります。

20180509201624722.jpeg 



チヴィタを目指す人が増えているのでしょう、日本語でも案内がありました。


が、結局分かりづらいです。

201805092016288a4.jpeg 



20180509201628b6f.jpeg 



2018050920163883b.jpeg 


20180509201631f84.jpeg 



三種類の時刻表があるのです。

私が思うにですが、
一つ目はBUSITALIANO社、
二つ目はCOTRAL社、
三つ目はそれを要約したこの店の方のオリジナル?
ではないかと。


そしてそのオリジナル版に穴ありです。


最初オリジナル版を見たのですが(左が往路)、8:00の次が12:55です。震えます。


今9:00ですからあと4時間待ち!?


と思いきや、二つ目のCOTRAL社のを見ると、9:10にVITERBO行きがあり、右のTRNSITOにバーニョレージョ(BAGNOREGIO)があります。


これが正解です。


最初窓口のお姉さんにバスの時間聞いたら彼女も三つ目の時刻表を見て、「次は12:55ね。残念だけど。」

みたいなことを言い、私が二つ目の9:10を指して、これは?と問うと

「次は9:10ね。乗り場はそこよ」

と全く同じテンションで返して来ました。

この国の人はこんなんです。




ということで、
ローマ7:28発、オリヴィエート9:10発、が一番美しい交通手段だと思われます。※平日

なおこの売店では手荷物預かりもしてくれるっぽいですよ。

201805100442084d1.jpeg 




乗り場。

20180509201641369.jpeg 



201805092016382c7.jpeg 



この噴水広場のどっかに止まるようです。
停車場所は適当らしい。

このFUNICOLAREと書かれているのはケーブルカー乗り場。

これは無視です。


どうやらオリヴィエートも崖の上の街らしく、この上に街が広がっているんだとか。





9:10。バスがいきなり大量に来て噴水広場前が沸きました。

201805092016434bb.jpeg 



が、どれもバーニョレージョには行かないとのこと。



不安になりながら待ち続けます。


周囲には私と同じくバーニョレージョ行きを狙う観光客が二組おり、互いにまだバス来てないよねということと、9:10だよねという点を確認。


最悪バス来なかったらタクシーだとするとこの5人は同時には乗れないなぁさあどうする、あ、私が取り残されるパターンのやつかなktkrどうしようなどと妄想しているうちに

20180509201748a7d.jpeg 


来ました。


10分遅延です。


多分この程度はザラだと思うので焦らぬよう。



最悪タクシーでどうぞ。念のためそこにいたタクシーの運転手に聞いたら50€と言われました。



バスのルート。
いざという時は歩く!という選択肢が許されない18kmです。

20180509201754983.jpeg 



バス車窓。
バスはオリヴィエートの山?の向かいの山をぐんぐん上がっていきます。
全然良い写真が撮れませんでしたが、オリヴィエート、凄く良さそうな街です。サンマリノのようです。

201805092018027e5.jpeg 




道中は葡萄畑が続きます。
あ、オリーブかな。木レベルでは違いがわかりません。

2018050920180845c.jpeg 


バスは30分ほどでバーニョレージョ着。
運転手さん着いても教えてくれなかったです。MapsmeでGPS見てなかったら危うかったです。

201805092018010f7.jpeg 



着いたらバス停右手後方(南)に上の道路に上がる階段があるので上がり、
その道を左(東)にまっすぐです。

地図
201805100442066e2.jpeg 



静かなTHEヨーロッパの旧市街な感じの道です。

20180509201812d25.jpeg 



20180509201818c25.jpeg  



20180509201832a92.jpeg 


チヴィタの案内が登場して来たら一安心。

20180509201827c5c.jpeg 


結構車が通りますこの道。

20180509201824a6b.jpeg 


道は住宅街を抜け、

201805092018333d3.jpeg 



増えてくるチヴィタ関連の看板

20180509201839872.jpeg 



そして向こうの方になんとなく広がりを感じて来ます。

20180509201850d0f.jpeg 


それっぽくなって来ました。。!!

20180509201849c3f.jpeg 


お待たせしました!
朝霧のチヴィタですーー!!!

20180509201852c4c.jpeg 



2018050920185047a.jpeg 



201805092018541de.jpeg 



20180509201855da3.jpeg 






朝霧が動くちょっとだけ幻想的な動画





にしても霧が強い。

肝心のチヴィタが見れません。。。



ただ、今めっちゃ日が出て来てるので、復路ではその雄姿、見れることでしょう。
 

この展望エリアから一旦階段を降りていき、
 201805092019027ca.jpeg 



チヴィタに向かう通りに出ます

201805092019012f0.jpeg 



201805092019403bb.jpeg 



橋の入り口。
チヴィタにはこの橋からしかアクセス出来ません。

20180509201942a87.jpeg 



ここで通行料を支払うと聞いていたのですが、誰も人がいないので一旦素通り。
※帰りに支払えました。



いざ。


20180509201951552.jpeg 



201805092019475ae.jpeg 



チヴィタには通常期は十数名しか居住してなく、約100名近い方がレストランやお土産屋のスタッフが毎日外から働きに来るのだそうです。
このトラクターは物資を運んでいる模様。

201805092019450a7.jpeg 



橋を進みます。




橋の外も良い絵です。

20180509201957658.jpeg 



20180509202003212.jpeg 



後ろの景色。

20180509201955d12.jpeg 


急に勾配がキツくなります。

20180509201955942.jpeg 



201805092020069f8.jpeg 



そしてようやくの門

20180509202007deb.jpeg  


入っていきます。

20180509202006a89.jpeg 




城壁の向こう側は、陸の孤島とは思わせない、昔ながらの街がありました。


2018050920201560d.jpeg 



201805092020201f9.jpeg 



20180509202125ece.jpeg 



2018050920212635f.jpeg 



2018050920213235c.jpeg 



トイレも水洗でした。どうやって水確保しているんだろう。

20180509202021f2b.jpeg 


街の中心にある教会。

201805092020156b6.jpeg 



20180509202025f82.jpeg 



201805092021062f0.jpeg 



20180509202026cbe.jpeg 


チヴィタの丘は侵食で今現在も徐々に崖が削られているそうです。このため「死にゆく街」と言われています。


チヴィタの人々はこの教会で何を願うのでしょうか。。


チヴィタ街並み。

 20180509202112527.jpeg 



20180509202132042.jpeg 



201805092021499d5.jpeg 




落石注意の看板。

20180509202148bcf.jpeg 



ガイドマップによるとここにトンネルがありそうなのですが、閉鎖中のようです。



地図上の行き止まりまで来ました。

20180509202201d8b.jpeg 



まだ行けそうですが、辞めておきます。いきなり崖がありそうで。
天空の城から墜落だなんてちょっとしたバルスです。



 陽射しが出ると花の色が強くなる。

20180509202214dd4.jpeg 



20180509202216849.jpeg 


この辺りから東方を臨む景色。

 20180509202227e8f.jpeg 



201805092022271d6.jpeg 



201805092022346ad.jpeg 


なんかもうグランドキャニオンのような。
昔はここも谷がない台地だったのでしょうか。


謎のお店?発見。

201805092022466f6.jpeg 



20180509202246452.jpeg 



どうやらこのチヴィタも日本人が多いようですね。ラピュタを自ら打ち出して来てます。そして良心価格。


チヴィタの歴史写真がありました。

20180509202245494.jpeg 



1865年
 

201805092023287c5.jpeg 



1922年

201805092023293d5.jpeg 



1955年

201805092023224e1.jpeg 

ちょっとずついまの形に近づいています。

イタリアがナチスドイツに占領されている間、ここはどうだったのでしょうか。



なお、この洞窟住居から外が見渡せました。
風が心地よい。

20180509202326c4e.jpeg 



やはりこの崖が気になる

20180509202325f97.jpeg 



洞窟住居内

20180509202341bff.jpeg 



20180509202341e04.jpeg 



ワイン貯蔵樽

20180509202343c47.jpeg 


201805092023341fb.jpeg 



色々

20180509202359e0d.jpeg 


20180509202342be7.jpeg 



チヴィタ散歩続行。

20180509202405131.jpeg 



20180509202406352.jpeg 



20180509202433b24.jpeg 



20180509202417eff.jpeg 



20180509202408a02.jpeg 



ふとした瞬間にここが崖の上であることを思い出す。


ヌコたそ!!!

20180509202424ee8.jpeg 




一匹逃げる

201805092024365b5.jpeg  



もう一匹気づく


20180509202533db8.jpeg 


もう一匹逃げる


2018050920253455c.jpeg 



→見失う



私はヌコ界隈では不人気のようです。




チヴィタ入り口方面へ戻ってきました。

20180509202526bd9.jpeg 



折角なのでチヴィタ名産のワインを店員さんに教えて頂きました。Calanchi(カランキ)というそうです。

2018050920253001c.jpeg 



20180509202537afd.jpeg 



この辺りは典型的な地中海性気候と水はけの良い土地のおかげでワインとオリーブ生産が盛んだそうな。

この出費がちょっとでもチヴィタの街の保全につながればなと。



ここでトラクター登場。


写真では分かりづらいですが、ドラム式洗濯機を運んでました。お引越しでしょうか。

20180509202544c84.jpeg 


お店はお土産屋も兼ねており、小学生高学年と思われる集団で大賑わい。


20180509202548256.jpeg 



左の黒い服の彼は赤ワインをボトルで買おうとして先生に怒られてました。


お、お母さんへのお土産だよね多分。。



レモンやハーブ?を使った石鹸や香水が売られていました。

201805092025483a3.jpeg 



20180509202556c29.jpeg 



20180509202601658.jpeg 



2018050920260171d.jpeg 



2018050920260889d.jpeg 



さて、チヴィタをそろそろ出ます。


晴れているうちにもう一度、あの景色を見ておきたいのです。
最近夕立が多くて。





20180509202614139.jpeg 



20180509202616803.jpeg 






橋を渡るとこの時は通行料回収するおっちゃんがいて、3€を支払いとなりました。
安いもんです。
念のため、朝は何時から徴収しているの?と聞くと8時!とのこと。
こやつも南イタリアンだな。


支払所。

20180509202633fc2.jpeg 


ここのおっちゃんが強烈でした。

支払いをすませると、
Where are you from?
と来たので、
Japan
と申すと
Do you knou SOUKAGAKKAI?
と唐突なカミングアウト来ました。


おっさん何やらお祈りのポーズとってます。
Y,Yes...
とだけ答えてその場を去ろうとしたら次に並んでた韓国人にそのおっさん、
Do you know SOUKAGAKKAI?
韓国人
No, what's?
おっさん
Really??  SOUKAGAKKAI is,,,

と何やら紙に書き出して始めたのですぐさまその場を離れました。


韓国人くんもきっとチヴィタ入場に関するなんらかだと思ったのでしょう。残念ながら入る先が違います。


すごいなぁおっさん。
なりふり構わぬ布教マインドは鏡ですね。


日本語喋れてないけど。


ここから朝の展望エリアまではまだまだ登ります。

201805092027236da.jpeg 


着きました。



一旦自分への褒美を我が身に与えつつの、

2018050920271868a.jpeg 




天空の城、チヴィタ・ディ・バーニョレージョです(興奮)!!


20180509202737528.jpeg



 20180510044208254.jpeg 



20180510044202a31.jpeg 





すっごい。


すっごいですねこの景色。


私はいま、

猛烈に感動しています。



よくもまあこんなところに作りましたよね。


それだけヨーロッパは至る所で戦争が起きていたということなのだと思います。


このイタリア中部も何回も支配者変わるんだってくらい戦争の勝者は入れ替わり立ち替わりしていますからね。



帰り道のお土産屋にて。

20180510044401fa0.jpeg 


。。。残念!!
シータとパズーは神隠されておりませんので悪しからず。



帰りのバス。

20180510044515670.jpeg 



行きのバスと乗り場は同じですが、私の時は往路で止まった場所から10mほど進んだ場所に止まりました。


なおバス停の道は左から右への一方通行ですが、往路も復路もこの道にバスがきますのでご安心を。この道はちょっとしたロータリーのようになっているみたいです。


もうバスの車窓が素敵すぎて素敵すぎて。

20180510044525b75.jpeg 



201805100445237e7.jpeg 



2018051004452473c.jpeg 



20180510044521ce2.jpeg 




そしてバスの縦揺れが凄すぎて凄すぎて。
何度舌を噛んだか。


ということで無事ローマに16:30過ぎに到着です。


まだ時間はありますが、明日以降の旅程がまだ練りきれてないので今日は大人しく鉛筆舐めます。


ちなみに以下絵はがきの写真です。思わず買ってもうた。

本記事のサムネイルもこの絵はがきにしました。すんません。


20180509202736924.jpeg 



20180509202731700.jpeg 



201805092027276e2.jpeg 



明日はナポリに行きます!


いざナポリの窯!!!



―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#334 軋むベッドの上で優しさ持ち寄る覚悟はありますか。inオマーン(1) 2018.11.12 2018/11/16
#333 ネパール発セレブ行き。inネパール(10)2018.11.11 2018/11/15
#332 俺的バイブス超ピース。inネパール(9) 2018.11.10 2018/11/14
朝陽輝くヒマラヤとシャトーブリアン。inネパール(8) 2018.11.9 2018/11/13
#330 いざエベレストォ!!inネパール(7) 2018.11.8 2018/11/12