記事一覧

#147 ナポリにナポリタンは無い inイタリア(10) 2018.5.9


本日は朝イチから列車です。


先日のI love your morning事件で片想いしかけているパニーニ屋のおっさん。

20180510144128641.jpeg 



今日はFacbookやってるかい?

是非この店のページにいいね!してね!
と言われついつい即答でYes!言いましたがもう店の名前を忘れているなうです。


まあそんなもんでしょう。


本日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ローマ→ナポリ Napoli ※英Naples
・手段:列車
・料金:12.8€
・時間:3時間  7:35頃発、10:30頃着


↓移動図
20180510145451a74.jpeg 


↓ナポリぶらりマップ  
全体図

・右の黄色:ナポリ中央駅

・左下黄色:ポジッリポエリア Posillipo

2018051014544880a.jpeg 

↓歴史地区詳細図

・青:宿 Pizza hostel 平日一泊18€

・左上の赤:ナポリ考古学博物館

・その右の赤:サン・パオロ・マッジョーレ聖堂

・その下の赤:ヌオーヴォ城

・その左下赤:王宮

・一番下の赤:卵城

・中央上部の紫:サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂

・その左下の紫:サン・セヴェーロ礼拝堂

・その左下の紫:サンタ・キアラ教会

・その左下の紫:サン・フランチェスコ・ディ・パオラ大聖堂

・ピンク右:地下鉄ガリバルディ駅

・ピンク左:地下鉄ダンテ駅

・中央上部の緑:ピッツェリア ダ・ミケーレ

・左下の緑:ピッツェリア ブランディ


201805101454494c4.jpeg 



―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――


昨夜は同室の中国人、リュウ君に絡まれ、からのチェックインしてきた大柄のアメリカ人二人組が合流し、イングリッシュ大カンバセーションになり、私のATフィールドはぐいぐい侵食されExhaustedです。


リュウ君は中国とはいえウルムチだそうです。タクラマカン砂漠のエリアですよね(違ったら恥)。良いですね、行ってみたいところの一つです。多分行けないけど。


リュウ君からの贈り物。謝々。

20180509202736119.jpeg


 2018050920272943b.jpeg 



彼はスラムダンク大好きということなので、私からは安西神の御言霊を日本語と英語でしたためて差し入れました。

When you give up, that's when the game is over.


この英語表現、良いですね。


ということでいざナポリ。


「ナポリを見て死ね」という名言でも有名な美しい街です。


ところでこれ誰が日本語訳したのでしょうか。

ちょっと棘がありませんか。
ナポリ見たら死んじゃいそうじゃ無いですか。
子供の喧嘩にて、「お前なんてナポリを見て死ね!」→通じますよねこれ。
※そんな子供の喧嘩があったら色んな意味でちょっと胸騒ぎがします。


ということで、ローマにお別れ。

20180510144035d89.jpeg 



ナポリに連れてってもらう列車

2018051014403607a.jpeg 



列車は7:35ローマ発、ナポリ着。

20180510144039dc1.jpeg 



20180510144107f89.jpeg 


思ったよりも駅綺麗だぞ。。


ナポリは美しい街並みで有名ですが、一方でゴミだらけ問題や、駅前マフィア問題などもあり、リオデジャネイロ的な雰囲気を想定していたのですが、駅はとても綺麗でした。


駅前はでっかい工事をしているようですが人通りは多く、昼間は大丈夫そうです。
夜は知りません。



ただ石畳がすっごいですね。コロコロバッガーには辛いところです。

なので道中の写真は無いのですが、Mapsmeが誘導する宿までの道がめっちゃ陰湿な路地でした。薄暗く狭い道なのに車はわんさか行き来し、家の窓からは煙草か酒かを手にしたおっさんおばさんがぼんやり通りを眺めていてジロジロと私を上から下まで見てきます。
嫌な通りです。


ようやく宿着。


裏路地街にありました。
と言いながら旧市街エリアにあり、観光地へのアクセスは◎です。

20180510144043a16.jpeg 



が、何と本日WiFi故障中とのこと!
致命的。。!!

ナポリには3泊する予定なのですが、予約は今日一日しか入れてなかったので助かりました。


今日夜の復興状況を見て連泊するかどうかを判断です。
ここから旅の難易度が上がっていくので色々準備したいのです。
WiFiは死活問題。



ひとまずこれで荷物を放れたので、出掛けようと思います。


時は11:30
ピッツァタイムです。


このナポリはマルゲリータ発祥の地ということで、もうマルゲリータ以外の選択肢がありません。

が、地図を見ると道中に色々と教会がありそうなのでぶらぶらしながらやってこうと思います。ナポリの旧市街街並みと合わせてどうぞ。


肌感、南米です。

201805101440467b7.jpeg 



20180510144048ee0.jpeg



 20180510144122397.jpeg



 2018051014412615c.jpeg 



20180510144149a95.jpeg 



20180510144426a70.jpeg



2018051014433021c.jpeg 

 


2018051014443788d.jpeg 


もうそこら中がピッツァ屋です。

値段は1€からあり、物価の安さを感じます。

また港町でもあるので魚介も普通に並んでます。


ゴミだらけの雑踏で人々は大声で笑い、騒ぎ、車はひっきりなしに通り、そこを人が強引に渡り、そこら中に車が路駐し、クラクションがパーパー鳴り止まない。



えっと、ここはヨーロッパでしょうか。。




途中立ち寄った教会。

サン・パオロ・マッジョーレ聖堂。


201805101442403dc.jpeg



 20180510144243eca.jpeg 



20180510144246609.jpeg 



20180510144251b27.jpeg 


天井のフレスコ画が朽ちかけていて、なんというか、味があります。



この教会前にいた人。

階段に鞄を置いて、地図を広げる。

何気無い光景ですが、あ、この人も旅をしているんだな、と親近感を感じた一枚。


20180510144253735.jpeg 



カテドラルに着きました。
狭い道にドカンと登場するのでフレームに収まりません。

20180510144252e74.jpeg



20180510144330081.jpeg



20180510144304aa8.jpeg 



20180510144400fa0.jpeg 



20180510144310722.jpeg 



洗礼堂


20180510144259fbf.jpeg 



礼拝堂はステンドグラスで黄色く輝いていました。


2018051014434158a.jpeg 



2018051014430595d.jpeg

  



着きました、L'Antica Pizzeria da Micheleです。

20180510144334ec9.jpeg 


ナポリで最初にピッツェリアを始めたお店です。

マリゲリータとマリナーラしか提供しない硬派なお店。

日本は恵比寿にも出店してるらしいです。

ここ。

日本のマップ久々に見たらちょっと楽しかったのでつい。


2018051016394670b.png 


店内

20180510144418fcd.jpeg 



ナポリの窯!

20180510144336c81.jpeg 


メニュー

201805101443409a7.jpeg 


マルゲリータはノーマルが4€、

チーズ二倍のドッピアが5€。

やばく無いですかこのロープライス。


何てったって、

20180510144428de4.jpeg 



20180510144439afb.jpeg 


こんなんが来ますからね!!
すげぇ!これ一人で食べるの!?


隣の女性はぐいぐい食べてます。
あ、ナイフとフォークを使うのね。



周囲を見様見真似で食べ始め、あっという間に完食です。


とはいえこれピザーラで言うたらLサイズですからね。めっちゃ腹一杯です。


すぐ近くに別の名店があるのでワンチャンス梯子しようと思っていましたがこれは不可能です。
味はですね、普通に美味いです。
感動レベルでは無いですが、この味でこの量で5€だったらナポリに沈没しても良いです。


そして結構みんな


201805101444223a5.jpeg 


真ん中だけ食べるのね。

これがオシャレなのでしょうか。


私は全部ペロリしましたが、オシャレではないのでしょうか。

花より団子です。



なおお店を出たのは12:00ですが、外はこの有様。大人気です。


20180510144447aa5.jpeg 



さて、ナポリ歩きを再開しますよ。

サン・セヴェーロ礼拝堂。

2018051014450470f.jpeg 

珍しい彫刻があると聞いてやって来たのですが、大行列だったので諦めます。


続いてサンタ・キアラ教会。

201805101444479db.jpeg 



2018051014444527d.jpeg 



20180510144625335.jpeg 



この教会は裏庭の庭園が素敵らしいのですが、

201805101444588d4.jpeg 



20180510144450836.jpeg 



20180510144453ef2.jpeg


 
6€だったので遠慮しました。
イメージこんな感じらしいです(教会内の展示より)

20180510144458061.jpeg 


なおこの教会の横の入り口。


20180510144451128.jpeg 


教会もナポリっ子のキャンバスになっております。




昼間は安全だろうとこんな道なんかをエイヤッと歩いてみたり。

一応、例のサインである「頭上にスニーカー」の確認はしてます。


20180510144500acc.jpeg 



ヌエヴォ城。

2018051014450130c.jpeg 

700年前に作られた、かつてのナポリ王家の城です。


そして隣に現王宮。

20180510144504e0d.jpeg 



その隣には歌劇場?がありました。

201805101445066af.jpeg 


20180510144507c79.jpeg 


サン・ピエトロ大聖堂を模したというサン・フランチェスコ・ディ・パオラ大聖堂。


20180510144613918.jpeg 



本日の野犬


20180510144611304.jpeg 


ナポリだけではないのですが、ヨーロッパはみんな犬をリード無しで散歩させるので野犬かどうかの区別が難しいです。


なりふり構わずそこら中の人にしっぽを振るコイツは野犬に認定です。

久々の野犬君。





さらに歩いていくとようやく、、、

20180510144608304.jpeg 



ナポリの海ですー!


201805101446216eb.jpeg 



20180510144630bb7.jpeg 



ちょうどいい。うん。
風がちょうどいい感じです。


鳩も日光浴。


2018051014462820b.jpeg 


そこら中で音楽。




この海沿いにあるのが、

20180510144722499.jpeg 




20180510144630f0c.jpeg 

卵城という、誰がつけたか不明の砦です。
昔この城は別荘だったようで、その後に要塞化されたそうです。

基礎には卵が埋め込まれており、この卵が割れるときには城だけではなくナポリの危機だ、とされたそうです。


すみませんが、もうその時点でナポリの危機ですね。




砦に登るのはフリーなようなので
登ってみます。

201805101446329f9.jpeg 



20180510144633c2c.jpeg 



20180510144636e6a.jpeg 



201805101446392f3.jpeg 



む。

2018051014464051e.jpeg 


アイツがエサを与えられています。
なかなか利口なやつではないか。



砦頂上からの景色。

20180510144642380.jpeg 



201805101446440ca.jpeg



 20180510144646e83.jpeg 



201805101447186d2.jpeg 



201805101446468fa.jpeg 






素敵な景色なのですが、逆光。



さてここから、上記の写真でも写っていた崖の上の住宅エリアに行ってみたいと思います。


そこからの景色が抜群らしいのです。


とはいえ歩くと1時間以上かかるので、バスです。



タバコ屋で切符を買い、

20180510144725ba2.jpeg 



20180510144739a0f.jpeg 



不安気なバス停でしばしバスを待っているとやってきましたバス。全てはGoogleMap経路検索おかげです。


ちなみにバスは乗車1.1€です。爆安です。



20180510144733cfc.jpeg 




ケーブルカー駅のMergellina駅まで来ました。

20180510144732640.jpeg 


ここからケーブルカーに乗ってみます。


ちなみに私、景色が良さそう、というだけでこのケーブルカーに乗ろうとしてます。


どこからの景色が良い、とかいった情報が見つけられなかったので、適当に行きます。



結果、ケーブルカーは地下を進んだため景色みれず。

201805101447440af.jpeg 


ただ終点駅からちょっと歩くと公園がありそこからナポリの街を見渡せました。

201805101447385dd.jpeg 



2018051014474229f.jpeg 



2018051014474541d.jpeg 



先ほどまでいた卵城。


20180510144746cac.jpeg 





良いですねー。



にしても晴れて良かったです。


列車がナポリ着いた時は軽く雨降ってましたからね。



ここからは景色を楽しみながら山を降りて行き、降りきったところにある地下鉄駅から次の目的地に移動する計画です。


景色が楽しめるかどうかは不明なのですが、このルート検索結果を見て、きっと景色が見えると私の勘が申した次第です。

20180510144748628.jpeg 





大正解。

理想の、丘×海の構図が現れました。

201805101447529fa.jpeg 



20180510144753d7a.jpeg 



2018051014480231e.jpeg 



201805101448353b0.jpeg 


しばししばしばばしばししゃしんをとりながら。
※暫し、しばしば、バシバシ写真を撮りながら。

20180510144844b14.jpeg 



20180510144837bd0.jpeg



 201805101448442b3.jpeg 



20180510144845d63.jpeg


 20180510144851f82.jpeg 



20180510144852744.jpeg 






20180510144901d9b.jpeg 



いやーこの道選んで良かった。



にしてもほんとナポリの街は汚いです。
ゴミもそうですが、犬の糞がそこら中。くっさいのなんの。みんな散歩中始末しないのかな。ハエが多いのも気分的に▲です。



下界に降り立ちました。


201805101448563ea.jpeg 




ケーブルカーではない方のMergellina駅到着。

2018051014485825f.jpeg 

駄菓子菓子。
変換し直すの面倒なのでこのまま行きます。


駄菓子菓子、ここは地下鉄と鉄道の双方の駅があるはずなのだが、鉄道の駅しかない。地下鉄の表示もあるのだが、そっちにいくと鉄道の駅。


鉄道のホームには当然鉄道しかこない。



ので鉄道に乗ってみました。
多少時間に余裕あるのでまあなんとかなるでしょう。

乗ってから路線図があったので見ていると、たまたま次の目的地の近くの駅があったのでそこで下車。



次の目的地はナポリ考古学博物館です。

20180510144905e4a.jpeg 



ここにはですね、

西暦79年のヴェスヴィオ火山の噴火で一瞬で埋もれてしまったポンペイから発掘された品が展示されているのです。

どうやらポンペイには博物館は無いんですって。



入場料12€。
ローマやフィレンツェ界隈よりも安いです。

いざ。

20180510144905ebb.jpeg 




一階は彫刻が中心。
ポンペイとは関係ない(と思う)ですが、せっかくなので収めておきます。

20180510144910322.jpeg 



20180510144910995.jpeg 



201805101449110ce.jpeg 





そして二階へ。


2018051014491341d.jpeg 


ここにポンペイからの出土(?)品があります。
出土という表現が正しいか不明ですが。



まずはモザイク画。


20180510144919266.jpeg 



20180510145039c78.jpeg 



2018051014504218a.jpeg 



2018051014504377a.jpeg 



201805101450455bd.jpeg



こちらはポンペイのファヌウス家から出土した、

アレキサンダー大王とペルシャのダリウス3世の戦いのモザイク画です。

 201805101450486f3.jpeg 



20180510145050fe1.jpeg 



20180510145052803.jpeg 



今から約2000年前ですよ。


そう考えると、この技術の高さもそうですし、

美しいものを愛でる感性の存在とか、

「美しいもの」の定義とか、思うところが止まりません。


2018051014505396f.jpeg 



201805101450581de.jpeg 



20180510145101d44.jpeg



 2018051014510173c.jpeg 



20180510145102480.jpeg



 20180510145103b5a.jpeg 



201805101451098dc.jpeg 



20180510145109f0e.jpeg 



20180510145114f77.jpeg 



20180510145117cf2.jpeg 



20180510145118afc.jpeg 



20180510145122a84.jpeg 





そして秘密の部屋という、R15らしい部屋があります。

審査員はいませんでしたが。

※以下、人によってはエグいと思うのでご注意を。


20180510145116880.jpeg 




20180510145148d74.jpeg 



ちゃんと学術品として紹介されてます。

秘宝館とは違いまっせ。


2018051014515479b.jpeg 



201805101451495a9.jpeg 



20180510145151cab.jpeg 



20180510145152b69.jpeg 



201805101451569c6.jpeg 



エロだけではなくグロもございます。


2018051014515943f.jpeg 



20180510145159dd6.jpeg 



2018051014520305a.jpeg 



これ、、、ヤギですね。


2018051014520463d.jpeg 



20180510145206b77.jpeg 



20180510145207fbd.jpeg 



201805101452121d6.jpeg 



もはや性別とか関係なさそうです。
20180510145146563.jpeg 



以上、ポンペイのエロ展示学術的な出土品でした。


当時のポンペイはローマの余暇地でもあり、なので娼館も多数だったそうです。「快楽の街」とも呼ばれるそうな。

日本の一部の温泉街と変わらんということでしょうか。




続いてポンペイ出土の品々。

フレスコ画が中心です。


201805101452124df.jpeg 



201805101452124d3.jpeg 



20180510145215ac1.jpeg 



2018051014521684f.jpeg 



20180510145217cc0.jpeg 



20180510145254e2a.jpeg 



2018051014525611f.jpeg 



20180510145259e49.jpeg 



20180510145302923.jpeg 



20180510145303376.jpeg 



20180510145304da5.jpeg 



20180510145306437.jpeg 



20180510145311a3c.jpeg 



20180510145312ed6.jpeg 



2018051014531280c.jpeg 



20180510145310149.jpeg 



20180510145314f81.jpeg 



20180510145315f3b.jpeg 



201805101453153dc.jpeg 



20180510145317ae3.jpeg



 2018051014531914d.jpeg 



20180510145319abc.jpeg 



2018051014532175c.jpeg 





ポンペイ出土品の生活用品たち


青地に白字をガラスを重ねて白字の部分を彫り込んだカメオ・ガラス。


201805101453222bf.jpeg 



20180510145430a4b.jpeg 



てかこの当時からガラスを扱っていたのか。。。!!



2018051014543244e.jpeg 



2018051014543205e.jpeg 



ガラスの作り方。


20180510145521197.jpeg 



たこ焼きでしょうか。


201805101454347fd.jpeg 




当時のポンペイをイメージ復元した映像。

こういうの好き。でももうちょっと復元感みせてほしかったな。。























こちらはポンペイではなく、エルコラーノというまた別のヴェスヴィオ火山によって埋もれた街からの出土品。


20180510145435c75.jpeg 



20180510145438ad4.jpeg 



2018051014543851d.jpeg 



20180510145438167.jpeg 




以下はファルネーゼ家のコレクションです。


ローマのカラカラ浴場(行きませんでした)から出土した、かの有名なヘラクレス氏です。

ギリシャ古典期の三大彫刻家の一人、リュシッポスの最高傑作だそうです。


20180510145440b33.jpeg 



同じくカラカラ浴場出土の、ファルネーゼの牡牛。


20180510145441023.jpeg 



暴君誅殺者


201805101454422df.jpeg 



アマゾネス


2018051014544449a.jpeg 



??

20180510145445065.jpeg 



そんな感じでございました。



まだそんな遅くないですが、宿にWi-Fi無いので、

宿で節約の自炊で大量のパスタを食べた後に

喫茶店でビールでも飲みながら日記更新して本日終了、


と行きたかったのですが、

つまみに頼んだ3.5€のピッツァがまさかのピザーラLサイズ登場し、腹がはちきれそうになった(つまりは完食した)苦行の夜でありました。


201805110522527ef.jpeg 




明日は日帰りでポンペイに行ってみます。
 今日予習できてよかったです。



明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


 
―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#214 世界一のスタバ。inアラブ首長国連邦(5) 2018.7.15 2018/07/17
#212 世界一のタワー!inアラブ首長国連邦(4) 2018.7.14 2018/07/16
#212 世界一の人工島。inアラブ首長国連邦(3) 2018.7.13 2018/07/15
#211 世界一の速度。inアラブ首長国連邦(2) 2018.7.12 2018/07/14
#210 世界一の総工費。inアラブ首長国連邦(1) 2018.7.11 2018/07/13