FC2ブログ

記事一覧

#148 ポンペイ 一瞬で火砕流に埋もれた街 inイタリア(11) 2018.5.10


とうとうやってしまいました。
自炊であまり余らせた食材、卵殿がカバンの中で炸裂し白Tが卵掛けになりました。


ZARAはどこ?


―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ナポリ→ポンペイ Pompei
・手段:鉄道 
・料金:片道2.4€
・時間:45分ちょっと


ポンペイへの行き方は複数あります。


①旧国鉄トレニイタリア(Trenitalia)でナポリ中央駅からポンペイ駅(Pompei)へ向かうパターン
②チルクムヴェスヴィアーナ鉄道、通称ヴェスビオ周遊鉄道(Circumvesuviana)でナポリ中央駅からソレント行き(Sorrento)に乗りポンペイ・スカビ駅(Pompei Scavi)へ向かうパターン

③チルクムヴェスヴィアーナ鉄道、通称ヴェスビオ周遊鉄道(Circumvesuviana)でナポリ中央駅からポッジオマリーノ(Poggiomarino)行きに乗りポンペイ駅へ向かうパターン


とがあります。


②のポンペイ・スカビ駅の方がポンペイ遺跡への入り口が近い一方で、

①③の方がポンペイの遺跡じゃない部分を見ながら遺跡へ行けるとのこと。

値段と料金は一緒だそうです。

なお①③のポンペイ駅は離れてます。以下地図参照。

そしてチルクムヴェスヴィアーナ鉄道のポンペイ駅とポンペイスカビ駅は隣り合っていません。別路線です。ポンペイの手前でチルクムヴェスヴィアーナ鉄道は二つに分岐するのです。



↓移動図

201805111426453e5.jpeg 


↓ポンペイ遺跡周辺図
・左のオレンジ:チルクムヴェスヴィアーナ鉄道のポンペイ・スカビ駅

・右のオレンジ:チルクムヴェスヴィアーナ鉄道のポンペイ駅

・右の緑:旧国鉄トレニイタリアーナのポンペイ駅

・左のピンク:ポンペイ遺跡 西の入り口

・右のピンク:ポンペイ遺跡 東の入り口

・赤各種:遺跡の見どころ 詳細は現地ガイドマップ参照


2018051114263739d.jpeg 



―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――


すみません、
石原さとみ気取っただけで、ZARAなんて高くて無理です。
正しくはH&Mはどこ?です。



そんな私は本日ポンペイへ向かいます。


2000年前に、ヴェスビオ火山の噴火で一瞬にして埋もれてしまったローマ帝国の大都市です。


ナポリから列車で30分ちょいとのことなので日帰りします。


朝、ナポリには数少ないマックが悪名高い駅前のガリバルディ地区にあったので朝イチはそこで情報収集&日記更新してました。


代わる代わる物乞いがにじり寄って来ては私のコーラに手を伸ばしてきます。
治安が悪いというか、気分が悪い。


すっかり時は10:00です。


そろそろ向かいます。
ポンペイへの行き方は複数あり、冒頭の通りです。
折角なので往路②、復路①にしてみたいと思います。

ナポリ中央駅入ってすぐに地下に降りる階段があり、チルクムヴェスヴィアーナ鉄道の案内が。


20180511005834510.jpeg 

切符売り場は窓口でした。


2018051100583765f.jpeg 



いざ。


20180511005839a6b.jpeg 


3番線。SORRENTO行きに乗ります。
※SORRENTOは明日行きます。
20180511005842c0b.jpeg 


雰囲気悪いという前評判でしたが、こういうことですね。


20180511005840f29.jpeg 


とはいえホームは旅行客で大混雑。
列車内は満員御礼。スリ注意。


20180511005844ee6.jpeg 


道中の駅は駅名の看板引っくるめてメッタメタに落書きされてるので今なに駅にいるのか全くわかりましぇん。


そんなジャンクな列車ですが、結論、賑やかです。




着きました。
ポンペイ・スカビ駅です。


2018051100584580e.jpeg 


駅の出口に早速チケットカウンターが、と思いきやこれはおそらくガイドツアーですね。


20180511005846397.jpeg 

そこら中でガイドが勧誘しています。
私はガイドツアーは基本参加しないのですが、ガイドツアーでないと入れない場所もありそうなので、検討の価値はあるかもと。



20180511005848961.jpeg 

入り口までの道中。みんな日本語達者に勧誘して来ます。


「こにちはー」「ありがとー」はまあ良いとして

「おいしいよー」「ちょとまってー」あたりはなかなか高レベルです。



入り口。
20180511005849a16.jpeg


 
荷物預かり所がありました。


201805110058517ad.jpeg 



11:00。
チケットカウンターはぼちぼちの行列。


20180511005854c86.jpeg 



10分くらい並びました。


入場料17€、

オーディオガイド日本語あり8€。


20180511005852b70.jpeg 



オーディオガイド、日本語あるの!?と舞い上がりましたが、チケットカウンターすぐ右のINFO POINTという建物内に


201805110059120ad.jpeg 


めっちゃ分厚いしっかりした日本語パンフレットが無料配布されてました。


これがあればオーディオガイド要らないどころかこれの方がきっと良いです。


後々振り返ると、オーディオガイド対応箇所は意外と少なかった気がするのです。


ということで最強の相棒(パンフレット)を手に、入場です。


2018051100591414f.jpeg 


さてこのポンペイ遺跡。
元々はいわゆる一都市だったわけでして、、


20180511010707a73.jpeg 


ひーろいんですよ滅茶苦茶。


まずは自分がどこにいるか分からんし。


エリアは9に分けられ、各エリアに最大20近い見所があります。
とんでもない広さです。



ひとまず進みます。

20180511005914a87.jpeg 


この辺りは浴場。温水プールまであったそうです。


道のいたるところに盛り石?があります。

馬車がスピード出しすぎないようにする工夫だとか。


201805110059160be.jpeg 




以下、パンフレットに記載されているナンバリングを振りながら記していきます。

7-2)マリーナ門と城壁 Porta Marina e cinta muratia
20180511005917b18.jpeg 

※門を抜けた後に振り返っての一枚。



当時は都市の西にあったこの門を抜けた先が海だったようで、この名前が付けられたそうです。


抜けるとずーーーっと向こうまで街が続いてます。


20180511005918c0a.jpeg 


唐突に
8-2)聖堂 Basilica
がありました。
2018051100592077f.jpeg 

201805110059218f4.jpeg


 20180511005923125.jpeg 



20180511005925e02.jpeg


 201805110059263e3.jpeg



2000年前から残存してるって凄いです。

火山灰の賜物というか、なんというか。


 


7-5)アポロの聖域 Santuario de Apollo
ギリシャ神話の太陽神アポロン。ここになぜアポロンが、と思いましたが、ポンペイはギリシャ人とエルトリア人の多民族国家だったんですって。

2018051100594902e.jpeg 



2018051100595143a.jpeg 




7-6)フォルムの広場 Foro
に出ました。


ここが都市ポンペイの中心になるそうです。

2018051100595196f.jpeg 


ポンペイの起源について、確かな記録は存在しないものの、誕生は紀元前6世紀と言われています。そしてヴェスビオ火山の噴火が79年。約700年弱も繁栄していたんですね。※数え方正しい?




フォルム広場の北には

7-8)ユピテル神殿 Tempio di Giove。


mapsmeはjupiter templeと記載していたが英語だとジュピター神殿になるのかな。


2018051100595482d.jpeg



20180511005956909.jpeg 


 

そしてその裏に
7-10)フォルム浴場 Terme del Foro
があるはず、、、



20180511005957a42.jpeg



 
!?



レストラン。。



201805110059591f9.jpeg




古代ポンペイの遺跡に普通にフードコートが現れました。



20180511010000681.jpeg 


遺跡の中へゴミをしまうスタッフ。


まあ、観光地、ですからね。。。




結局フォルムの浴場は見つかりませんでした。


ここまでパンフレットの地図を見ながら来ていますが、著名な見どころでも普通に扉が閉まってて入れない、というのがザラにあります。きっとこの浴場もそうなのでしょう。




6-4)悲劇詩人の家 Casa del Poeta Tragico


2018051101001920f.jpeg 



20180511010020e0c.jpeg 

これ、犬に注意、の意味だそうです。


飲食店。


20180511010021ae8.jpeg

 
この穴に甕を入れてたそうな。




6-1)ファウヌスの家 Casa del Fauno。


ポンペイの中でも最大級の家の一つだそうです。ナポリ考古学博物館にもファウヌス家の財宝が展示されてました。


201805110100223dd.jpeg



20180511010024b0d.jpeg 



20180511010025d88.jpeg 



入り口の床は修復作業中でした。



201805110100273fe.jpeg 



ちなみに街の通りはこんな感じ。


20180511010028249.jpeg 


しかも石畳は


20180511010029a8b.jpeg 


20180511010031296.jpeg 


積極的に凹凸やってくれており、さらに馬車が通るためないしは通りまくったことによる轍が深く刻まれ、足を取られます。



6-2)錨の家 Casa dell' Ancora は閉鎖中。


20180512051554cfb.jpeg 



6-11)ウェッティウス兄弟の家 Casa dei vettii

に来ました。


ここもポンペイで最上級の贅沢ハウスらしいで、家の中は壁画だらけです。


20180511010053a3c.jpeg 



20180511010055f80.jpeg 



20180511010055b1c.jpeg



 201805110100560cf.jpeg 



20180511010058a05.jpeg


 20180511010059484.jpeg 



201805110101025f6.jpeg 



201805110101039ac.jpeg 



20180511010105908.jpeg 



20180511010106af9.jpeg 


2000年前の壁画がこうして残っている、それも火山灰で一瞬で埋もれてしまったことによるものです。


6-12)金色のキューピッドたちの家 Casa degli Amorini Dorati


20180511010109cf1.jpeg 


2018051101010736a.jpeg 



6-13)アラ・フクシマの家 Casa dell'Ara Massima
は閉鎖中。


201805110101100a3.jpeg 


6-14)水道の給水施設、カステルム・アクエ Castellum Aquae


20180511010111f20.jpeg 


ポンペイの都市全体に水を給水していたそうです。2000年も前に。



6-10)ディオスクロイの家 Casa dei Discuri

も閉鎖中。


201805110101134b2.jpeg 



2018051101011463e.jpeg 



6-9)傷ついたアドニスの家 Casa di Adone ferito
も閉鎖中。


20180511010116126.jpeg 


6-7)パン焼き竃の家 Casa del Forno


201805110102036c7.jpeg



20180511010119293.jpeg 



6-8)サルティウスの家 Casa di Salsl
は閉鎖中。


20180511010205f41.jpeg 


だんだん「閉鎖の定義」が分からなくなって来ました。
私は入り口の門が閉まってるのを閉鎖としていますが、その門越しに中を見るのが正なのかもとも思い始めてます。

ということで覗く。


201805110102053dd.jpeg 



20180511010206494.jpeg 




6-17)エルコラーノ門 Porta Ercolano

です。


20180511010208143.jpeg


 
6-19)秘儀荘 Villa dei mistri
があります。


20180511010213776.jpeg 



20180511010214859.jpeg


 2018051101021666e.jpeg 


この角度から見るともはや沖縄です。




内部は壁画がたくさん。


20180511010217763.jpeg 



あの石膏で形作られた埋もれた人々の一部もありました。


20180511010218851.jpeg 



2018051101022040f.jpeg 



ぬこ


20180511010221d56.jpeg

 
早々にいなくなってしまった。



フレスコ画の壁画の部屋に来ました。


20180511010226ec1.jpeg



20180511010227e44.jpeg 



201805110102291d9.jpeg 



201805110102301b0.jpeg 



20180511010257f4e.jpeg 



20180511010259b07.jpeg 



201805110102598c1.jpeg 



201805110103000f2.jpeg  


この赤は「ポンペイレッドとも呼ばれるそうな。

2000年も前の色がこんなに鮮やかに残っているって凄いです。。



遺跡エリアに戻ってきました。

※秘儀荘は遺跡エリアからちょっと離れてるのです。



7-22)マルクス・ファビウス・ルフスの家とインスラ・オッキデンタリス Casa di Marco Fabio Rufo e Insula Occidentalis。


パンフには外観についてあれこれ書かれていましたが、すっかり忘れて内部に見入ってしまいました。



その内部。


201805110103022c9.jpeg 



先ほど説明をスキップしましたが、これ模型とかじゃないのです。


火砕流に飲み込まれた人は長い時をかけてそのまま岩の中で朽ち果てます。そうするとそこには空洞ができます。


冷えて固まった岩の中に石膏を注入して出来上がったのがこの石膏像なのです。


ポンペイ調査隊の隊長が、岩に中に人の骨だけが残っている箇所が多数あることに違和感を持ち、石膏を流してみたら人型になって大騒ぎ、という話です。

子ども。表情まで読み取れます。


20180511010303dc1.jpeg 


犬。辛かったろうに。


20180511010305d50.jpeg 

なかなかショッキングな石膏像でした。


フォロ広場に戻ってきました。


今さらですがこの広場の


20180511010317b63.jpeg 


これ、

よく崩れないですよね。


風強い日とか怖くて近寄れないです。



7-12)マケルム Macellum


信仰の場所だったようです。


20180511010306d70.jpeg 



201805110103084ae.jpeg 




7-13)公共のラールの聖域 Santuario dei Lari Pubblici


こちらも同様に宗教施設だったようです。


20180511010309ff4.jpeg 



7-15)コンコルディア・アウグスタの柱廊 Portico della Concordia Augusta


こちらも宗教施設。多いな。


201805110103114f8.jpeg 


8-3)コミティウコミティウムと市政の建物群 Comitium ed Edifici Municipali

201805110103189f2.jpeg 

選挙関連施設だそうです。
2000年前から選挙してたのか。


8-4)シャンピオネの家
当時は4階建てだったらしい。

20180511010320ec2.jpeg 



201805110103210c6.jpeg


 20180511010323f01.jpeg


 


この更地はMapsmeによるとヴィーナス神殿と書いてありました。

20180511010312c14.jpeg 



これは謎。
存在感あるのに敷地の外を向いているので御尊顔を拝見出来ませぬ。
 

2018051101031424d.jpeg 



201805110103155a9.jpeg 




8-5)幾何学模様のモザイクの家 Casa dei Mosaici Geometrici

20180511010325ad8.jpeg 



201805110103509d1.jpeg 



20180511010352178.jpeg 



20180511010354ca7.jpeg 


当時は部屋数60、敷地面積3000平方mのポンペイ最大級の住宅だったそうです。



8-6)私設浴場
の入り口の床のモザイク画。

20180511010355b4e.jpeg


 201805110103563ee.jpeg 



8-7)赤い壁の家 Casa delle pareti rosse
は閉鎖中。こんな草ぼうぼうなので一時的とかではないものと思われます。

201805110103588bd.jpeg 



20180511010359bc7.jpeg 



8-10)大劇場 Teatro Grande

201805110104035bc.jpeg



201805110104016aa.jpeg 



20180511010404669.jpeg 



綺麗な円形劇場です。
現代でも全然通用しそう。



8-14)イシス神殿  Tempio di Iside
ここも中には入れないので外から撮影。


20180511010405d8b.jpeg 



20180511010407c63.jpeg 


エジプトのイシス信仰はこのポンペイにも持ち込まれたようです。

イシス信仰は死後に希望を託す信仰であり、下層階級の人々に特に支持されていたそうです。


なおモーツァルトはここで受けた印象を元に「魔笛」の舞台装飾を構想したそうです。



イシスだなんてもはやドラクエⅢ以来です。
実際、イシスはエジプトにあるのですが、行けるなら行きたいです。中東問題次第。



7-16)スタビアナ通りの浴場 Terme Stabiane
古代ローマ世界の中で最も古い浴場なんだとか。

2018051101040860b.jpeg 


写真は一見物静かですが複数のツアー団体とバッティングしひっちゃかちゃんな中でシャッターを切っているところ。


20180511010410d73.jpeg


 20180511010413989.jpeg

 
これが浴室かな?

床は二重構造になっていて、炉と移動式火鉢から送られる熱い空気が建物を循環するようになっていたらしいです。



7-18)ルパナール Lupanare
ここがいわゆる娼館です。


25平米もない小さな空間に部屋が五つ。


一室はこんな感じ。


20180511010416568.jpeg 



各部屋の入り口の上には壁画。
部屋の名前でしょうか。不躾な質問ですが、なんと呼ぶのでしょうか。

20180511010417eab.jpeg


 20180511010441250.jpeg


 201805110104425d9.jpeg


 20180511010443b15.jpeg

 

ポンペイにはこのような風俗店がたくさんあったようです。


お値段2〜8アス。

1アス=グラス一杯のお値段らしい。


一杯500円だとすると1000円〜4000円ですって。私よく分かりませんが、どうなのですか、世の中の御殿方。



にしても狭いな。声が筒抜けちゃいますね。




7-17)シリクスの家 Casa di Sirico


13:30にクローズするらしく13:25時点ではもう入れなかったのですが、欧米人のおっさんが頼み込んで5分だけ入れてもらいました。


ここにあるのは


201805110104447c9.jpeg 



20180511010445e52.jpeg 



20180511010447671.jpeg 


石膏像。

ただちょっと表情までは読み取れない。。


フレスコ画も。
パンフにはトロイア戦争を題材にした、とありましたが、これかな。違う気が。


20180511010448b62.jpeg 

 


201805110104504bb.jpeg 




7-19)傷を負った熊の家 Casa dell'Orso Ferito

20180511010451e3b.jpeg 



201805110104538f2.jpeg 


まあ一民家だから仕方ないのかもですが、名前をですね。



7-20)ポピディウス・プリスクスクのパン屋 Panificio di Popidio Prisco

20180511010454a9b.jpeg 


7-21)古代の狩猟の家 Casa della Caccia Antica
ここも閉鎖中なので外から写真だけ。

20180511010456bbb.jpeg 


5-4)カエキリウス・ユクンドゥスの家 Casa di Cecillio Giocondo
同上
この家は金融業だったそうです。

 201805110104574ed.jpeg 


なおこのエリア5には5-3)銀婚式の家というの見所があるのですが、エリア一帯が閉鎖されていて近づけませんでした。
修復、というよりは発掘してる感じです。



9-4)小人たちの家
閉鎖中。

20180511010459745.jpeg 



9-1)マルクス・ルクレティウス・フロントの家 Via Stabiana ※とパンフにありましたがこれきっと伊訳が違いますね。

20180511010500972.jpeg 



20180511010502a77.jpeg 



9-5)エピディウス家の家

201805110105036ec.jpeg 




1-2)カスカ・ロングスの家または「芝居絵パネル」の家 Casa di Casca Longus o dei Quadretti teatrali


この大理石の獅子はテーブルの脚だそうです。


20180511010505af7.jpeg 



2018051101050605a.jpeg 



201805110105085cb.jpeg 



1-3)ステファヌスのフロニカ Fullonica di Stephanus
閉鎖中。

20180511010527ddc.jpeg


 

1-4)アキレウスのララリウムの家 Casa del Larario di Achille
閉鎖中。

20180511010528aaa.jpeg 



1-8)パクイウス・プロクルスの家 Casa di Paquius Proculus 
閉鎖中。

20180511010530c21.jpeg 


 20180511010531764.jpeg 



20180511010532080.jpeg 




1-10)ファビウス・アマンディウスの家 Casa di Fabius Amandio
閉鎖中。

2018051101053360b.jpeg 



20180511010535b50.jpeg 



1-11)神官アマンドゥスの家
閉鎖中あーもう藻前らいい加減にしろ!!



取り乱しました。

もう鉄柵の隙間から以下に覗き込むかがこのポンペイ遺跡だと思って臨んでおります。



1-12)ヴェトゥティウス・プラキドゥスの家とテルモポリウム Casa e Thermopolim di Vetutius Placidus

201805110105368dd.jpeg

 

20180511010538a88.jpeg 


このお店の甕からは最後の日の売り上げと思われる3キロ近い重さの貨幣が見つかったそうです。だいぶ繁盛していたのですね。



1-14)ソテリクスのカウポーナ
閉鎖中。
カウポーナとは居酒屋のことだそうです。

20180511010539640.jpeg 



20180511010541e4d.jpeg 


1-16)逃げる人々の菜園 Orto dei Fuggiascho
名前はさておき。
ここはブドウ園です。

2018051101054253f.jpeg 

が、タイトル通り、ここからはこの菜園一家と思われる13体の遺体が出土しています。

20180511010544a70.jpeg 


20180511010545b02.jpeg 



20180511010547ae0.jpeg 



20180511010548551.jpeg


 2018051101055094e.jpeg 


201805110105536e3.jpeg 


これまでの石膏像よりリアリティがあります。。



途中の道の盛り石が度を越した件

20180511010553adb.jpeg 


これもはや通行止めだと思いましたが、見ると轍が残されてました。
こんなとこ馬車通ったら積荷はどんがらがっしゃんだと思うのですが。



2-1)オクタヴィウス・クアルティオの家 Casa di Octavius Quartio

20180511010556a1b.jpeg 



20180511010624700.jpeg 



201805110106258a9.jpeg 




2-2)貝殻のウェヌスの家 Casa della Venere in Conchiglia 
ここです。ここは各先人たちがイチオシしていた場所!※ウェヌス=おそらくヴィーナス

20180512051555d86.jpeg 


閉鎖中。



もうなんかあれですね。


ポンペイ遺跡はこの遺跡の雰囲気を楽しむものであって、個別の建物に期待しちゃいかんですね。



借り物画像ですが、ヴィーナスの壁画はこんな感じ。

2018051205314167e.jpeg 




2-5)円形競技場 Anfiteatro
ローマのコロッセオよりはだいぶ小さいですが、綺麗に残ってます。

201805110106258ca.jpeg 



20180511010627843.jpeg 



2018051101062831d.jpeg 



20180511010630c30.jpeg



20180511010631c72.jpeg 



201805110106338d4.jpeg 

 





2-6)大体育場 Palestra Grande
140平方mの体育場です。

20180511010634838.jpeg 



201805110107095ae.jpeg 


、、、、

お疲れ様でした。
だいぶ写真の羅列になりましたが、これにてポンペイ遺跡は終了です。


トータル4時間、ここにいました。
物思いに耽ることなくバシバシ写真撮りながら休憩無しでここまで来たので、普通の人は6時間くらいみたほうがよいと思います。
メインどころだけなら2時間程度かなと。

とにかく広い、ポンペイ遺跡でした。

出口にも石膏像がありました。
そしてここの石膏像が一番苦しそうでした。

2018051101063688a.jpeg 



20180511010637ea8.jpeg 



20180511010639819.jpeg 



2018051101064135d.jpeg 




もうだいぶ歩きましたからね、我が身に褒美。

20180511010702606.jpeg 


イタリアのリモーネシャーベットがマジで美味い。



ポンペイの街は普通です。


20180511010705080.jpeg 



普通に観光地という感じ。
すぐそこにあのポンペイ遺跡があるとは全く思えません。


普通にマックがあり、


201805110106455ba.jpeg 



普通にカテドラルがある。

20180511010642c01.jpeg 


そして駅着。

20180511010706949.jpeg 


。。。よく見たらチルクムヴェスヴィアーナと書いてます。


どうやらここはチルクムヴェスヴィアーナ鉄道のポンペイ駅のようです。


旧国鉄トレニイタリアーノのポンペイ駅に行きたかったのですが、方向が全然違いました。


※この時気づきました。ポンペイ駅はチルクムヴェスヴィアーナ鉄道のポンペイ駅と旧国鉄トレニイタリアーノのポンペイ駅があることを。




まあ良いです。
チルクムヴェスヴィアーナ鉄道ポンペイ駅はとても静かで、ゆったり座れて帰れました。


さて。
ナポリに戻って来た私は宿を引っ越しです。


現宿は歴史地区ど真ん中なのは有り難いのですが、石畳にもほどがありすぎ、かつ最寄りの地下鉄駅がなく、今はWiFiも工事中の今の宿は問題外なのです。



ということで宿へ。
今気づきましたが宿の入り口の真上にスニーカー吊るされてました。

20180511010713f8a.jpeg 


これって、あれでしょうか。


ただ干してるだけのような気がしますが、にしては吊るす場所がいささか不便な場所です。
ここはマフィアの雰囲気感じないのですけどね。昨夜も24時頃に喫茶店から帰って来ましたが、危険な感じはなかったです。



さて、ここから石畳をバガバガ言わせながら港エリアの宿まで移動。

新宿。しんやど。

20180511053915ceb.jpeg


 2018051105391378c.jpeg 



例によってマンション宿ですが、衝撃なのがエレベーター。

201805110107142d6.jpeg 



時間によっては有料です。5セント。


そして昼間は休止。

凄いですね、エレベータまでもがシエスタということですね。自由すぎる。


ただこの宿、おばちゃんが一人で切り盛りしてるのですがめっちゃ世話好きな人で居心地が良いです。


急に英語がイタリア語になったりして会話が成立しませんが、マシンガンのように喋り続けてます。

面白い。

それにつけてこの天使。

20180511053936b7c.jpeg 

ミラちゃん。年齢不詳。



20180511053938167.jpeg



2018051105395795e.jpeg 



201805110539588f3.jpeg 




20180511053959611.jpeg 



私のテクに掛かればあっという間に寝落ちです。


と思ったら寝ながら噛まれた。

201805110539596f8.jpeg 


さて、出掛けます。
ナポリに来て、ピザを食べないわけがない。


やって来たは初日にミケーレの後にワンチャンスハシゴしようと思ってたこちら。


Pizzeria Trianon。

20180511053918460.jpeg


 201805110539178be.jpeg 


勢い余って19:00開店のところ18:45に着いてしまい、しばし店前で様子見。店のスタッフが代わる代わるタバコを吸いに出て来ては大爆笑。うん、自由。


そして
19:00
入れるかどうか聞くと、二階へ、と指を刺され、テーブルへ誘導。


20180512051557a79.jpeg 



2018051105393105d.jpeg 



20180511053926446.jpeg 



さっそく注文をお願いすると、あと5分待って!って。

さっきあんだけ暇そうにタバコ吸ってたのに。これがイタリアはナポリなのであります。



二階のベランダから。


20180511053923f8d.jpeg


 20180511053925f65.jpeg 



メニューにL'Acryma christi(ラクリマクリスティ)とあったので思わず注文。

ヴィジュアル四天王。お元気でしょうか。

20180511053929b16.jpeg 



20180511053927df9.jpeg 


まさかのボトルきました。。。5.5€なのに。

ラクリマはコスパ抜群です。


ガッラッスの〜 めいろ〜のな〜か〜っでぇ〜


ピッツァです。

Pizza 7 Formaggi。

7種のチーズが打ち込まれた至高の一枚。


201805110539326a6.jpeg 



2018051105393386e.jpeg 



見てください、チーズが滝。


20180512051557d42.jpeg 


※思ったより滝感無くてすみません。

シャッター切る前は本当にチーズのナイアガラだったんです。



味はですね、ちょっとチーズがカオスでした。

私じつはそんなにブルーチーズが好きではないのを忘れてました。


チーズ好きには堪らん一枚だと思います。




そんなこんなでラクリマに程よい酔い心地にさせられ、


ガッラッスの〜 めいろ〜のな〜か〜っでぇ〜

そ〜よ〜ぐか〜ぜ〜にも〜たれ〜てる〜
 

を繰り返しながら宿に帰りました。

ここ以外忘れたのです。


IN FORESTと未來航路ですね。



なおすぐ近くのミケーレは大混雑でした。


20180512051558e3b.jpeg 


やはりミケーレ行くなら昼ですね。




押忍。


明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



あ、明日はオシャンにアマルフィかまします。
 

―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。

―――――――――――――――――――――










コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#282 四度目のデリーは博物館へ。inインド(51) 2018.9.21 2018/09/24
#281 ノイミカさんご出国。inインド(50) 2018.9.20 2018/09/23
#280後編 壮観の階段井戸。inインド(49) 2018.9.19② 2018/09/22
#280 白装束でタージマハる。inインド(49) 2018.9.19 2018/09/21
#279 列車が16時間遅延。inインド(48) 2018.9.18 2018/09/20