FC2ブログ

記事一覧

#149 観バス地獄アマルフィ inイタリア(12) 2018.5.11


今更ですが、非アジア人はもの食べるときにクッチャクッチャうっさいのですがこれなんなんですかね。


宿や電車の中では必ずどっかからクッチャクッチャ聞こえてきます。
どうしたら黙らせられますかね。


一度どっかの宿で凄ぇやついたので録音して耳元で爆音でかまそうかと本気で思いましたがクッチャクッチャさせるのがオシャレという文化だとしたら耳元でかましても恍惚しちゃうかなと思い辞めました。


あーーーー忌々しいこの列車の前に座ってる女。


改めまして、本日はアマルフィです。

美しい心持ちで参ります。


BGMとしてこちらのアマルフィのテーマソング?をどうぞ。





―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ナポリ→アマルフィ
・手段:列車&バス
・料金:列車3.9€+バス10€
・時間:3時間強


アマルフィへの行き方は複数あり。


上記は①の場合の片道。
①チルクムヴェスヴィアーナ鉄道でナポリ中央駅→ソレント(Sorrento)へ行き、そこからバス
②旧国鉄トレニイタリアーノでナポリ中央駅からサレルノ(Salerno)へ行き、そこからバス。


②の方が遠回りだが時間は早い。さらにバスの道が緩やか。①は時間がかかるが海×崖感が強い。バス酔い注意。


↓移動図

・左上のNaplesがナポリ

・右下の青色がサレルモ

・その左の青がソレント

・その間の黄色の右がアマルフィ

・その間の黄色の左がポジターノ

・茶色:ヴェスビオ火山

・その右下のピン達:ポンペイ

201805120553270db.jpeg 


―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――



昨夜は宿のおばちゃんが唐突に夕食を作り出し、みんなに振舞ってくれました。


とてもエネルギッシュで優しいおばちゃんです。
ただ私は巨大なピザいやピッツァを頂いたばかりなので遠慮しました。今夜は(おばちゃんの気分次第ですが)是非。



さて本日はアマルフィに行ってみます。


元々は旅程になかったのですが、日程を切り詰めてきた結果、1日分の余裕があったので、入れ込みました。
天気も良さそう。


宿前のヌコたそ。


20180512054636885.jpeg 



宿は近くにメトロがあるので使ってみました。
乗車賃1.1€!いまのとこブダペストと並んでヨーロッパ最安級です。

20180512054637b69.jpeg 



ナポリは地下鉄アートに力を入れているようです。このUniversiti駅もちょっとだけオブジェ。

20180512054639bca.jpeg


 20180512054640a99.jpeg 



地下鉄。
かなり綺麗です。

20180512054643796.jpeg 



20180512054643ed5.jpeg 



Galibardi駅に到着。
こちらの駅もなかなか綺麗です。


20180512054647d01.jpeg 



20180512054647421.jpeg  


そして昨日と同様、ぜんぜん綺麗ではないチルクムヴェスヴィアーナ鉄道へ。

20180512054650ab4.jpeg 



20180512054653d20.jpeg 



20180512054653825.jpeg 



1時間30分で終点のソレント駅到着です。

20180512054656836.jpeg 


途中、Piano di sorrentoという駅があり焦りました。



荷物預かり所もありました。

20180512054657e0a.jpeg 


さて、ここからがちょっと不安であります。


バスがどこから出るか不明なのです。

どのサイトもそれは書いてなく。


が、駅を出ると階段降りたらすぐにバス待ち大行列があったので分かりました。
バスチケットもその場にインスタントなカウンターがあり売られてます。
バスチケットは24時間券10€で販売。


バスはポジターノ(Positano)行きとアマルフィ(Amalfi)行きとがあります。

※ポジターノはアマルフィまでの道中の途中の街です。


ちょうどバスが来てました。

20180512054658386.jpeg 



が、このバスには乗り切れず、次のアマルフィ行きに乗車。

20180512054700df7.jpeg 


バス内は大混雑。崖沿いのくねくね道をグイグイ進むと聞いていたので、無事座れてよかった。。。あと3人分後ろだったら立ちでした。

20180512054702f2d.jpeg 



そして気がつけば爆睡し、ふと目が覚めるともう絶景でした。

20180512054703312.jpeg 



20180512054741585.jpeg


 20180512054743943.jpeg 



20180512054743f22.jpeg 



20180512054743393.jpeg 




ナポリはド快晴でしたが、アマルフィはちょっと曇天なのですよねー。


昨日ポンペイからこのアマルフィ方面を見た時も、この半島の山エリアだけ雲が掛かっていたのです。


本日も同様のようです。





バスに揺られること3時間。
ようやくアマルフィ着です。


当初1.5時間と聞いてましたが、マジで狭い道を観光バスが行き来するもので大渋滞なのです。


20180512054749586.jpeg 



20180512054745742.jpeg 



2018051205474729a.jpeg



 20180512054748c1c.jpeg



 2018051205475298b.jpeg


 20180512054752731.jpeg 


崖にへばりついたような街です。

そして思っていた通りそんなに大きくないように思います。


一時期はヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサ、と並んでの地中海四大海洋都市だったとはあまり思えません。



海はやはり青く澄んでます。

2018051205475451e.jpeg


 201805120547553eb.jpeg 






2018051205475692e.jpeg 



201805120547589de.jpeg 



ちょっと街のほうも歩いてみます。

20180512054759dc3.jpeg 



20180512054801a57.jpeg 



201805120548030e5.jpeg 



20180512054805800.jpeg 



201805120548061f5.jpeg 



20180512054807972.jpeg 



20180512054826b2b.jpeg 


御察しの通りいきなり迷子になっていますが、

唐突に大聖堂の広場に出ました。


201805120548282bc.jpeg 


大聖堂、不思議な模様をしています。


中へ。
入場料3€。

201805120548280ca.jpeg 


ここは天国の回廊と言われるアマルフィ貴族たちの墓所のようです。

2018051216162343d.jpeg 



庭を白い回廊が取り囲んでいます。
壁にはモザイク画とフレスコ画が多数。

20180512054832ecd.jpeg


 20180512054835416.jpeg 



20180512054835f73.jpeg 



20180512054837d34.jpeg 



2018051205483951a.jpeg 


フレスコ画修復作業中。

20180512054830c92.jpeg 



回廊の柱が綺麗です。

20180512054838ae4.jpeg


 20180512054841a63.jpeg 



聖堂内。

20180512054842534.jpeg 




地下堂。
この聖堂は聖アンドレが捧げられており、この地下道には聖遺物が奉納されているそうです。骨だったかな。


201805120548452f2.jpeg 



20180512054847552.jpeg 



20180512054844e29.jpeg 



カテドラル。

20180512161948994.jpeg 



20180512054850b82.jpeg 



2018051205485155e.jpeg 


大聖堂から広場を臨む。

20180512054853f7a.jpeg 



この辺りはレモンが採れるようで、レモングッズ屋が多数。

20180512054916eca.jpeg


 201805120549173d8.jpeg



201805120549198e6.jpeg 



アマルフィ街のメイン通り。

20180512054919067.jpeg 



街中にレモンがある風景。

20180512054920683.jpeg


 201805120549213bd.jpeg 



せっかくなのでレモンジェラートにトライ。


アマルフィ(レモンクリーム)、レモン、レモンリキュール、とレモンだけで3種類もあります。


2018051205492363e.jpeg 



ということでアマルフィにトライ。



そしてやはり盛りすぎ。


20180512054924541.jpeg 




タイル屋さん。
アマルフィはタイルも綺麗です。

201805120549269aa.jpeg


 20180512054929a99.jpeg 



本日は日帰りなのですが到着がかなり遅れたので、もうアマルフィを離れてもう一つの街に行きます。


バスはどこで乗るのだろう。なんとなくこの辺りのはず。


2018051205492951e.jpeg 



一旦「アマルフィのテラスレストランでビールで乾杯」、という言ってみたいだけのイベントを開催。

乾杯相手はこのボトルです。


201805120549316b0.jpeg 


するとすぐバスが来たので急ぎ会計してバスへ走る。

201805120549321dd.jpeg 




次に向かうはポジターノ。
往路で通過した街です。こちらのポジターノも相当見応えあるらしい。

ひとまずバスが窓際を確保できたので、写真バシバシ。

2018051205493408d.jpeg 



20180512054935a91.jpeg 



2018051205493749d.jpeg 



20180512054938bfb.jpeg 


そして道中の渋滞が凄い。


原因はバスのすれ違いが困難を極めることによるのですが、もう数センチレベルですれ違います。


201805120549401b3.jpeg


 20180512054941b77.jpeg 


すれ違いが無事完了すると車内は拍手喝采。なんてったって10分以上掛けてすれ違ってますからね。

2018051205502199c.jpeg 



とはいえゆっくり走行なので、景色ご馳走様です。


2018051205494341d.jpeg 



201805120550082bd.jpeg 



2018051205501062e.jpeg 



20180512055010a86.jpeg


 2018051205501129a.jpeg 



20180512055013498.jpeg



 201805120550156cb.jpeg 



201805120550166bd.jpeg 



20180512055018abd.jpeg 



20180512055021908.jpeg 



201805120550228a7.jpeg 




ようやくポジターノの街が見えてきました。

2018051205502383b.jpeg 


着。

20180512055025fa1.jpeg 




この路線バス、結構停車場所が多く、ポジターノエリアにも多数のバス停があるのですが、たくさん人が降りたここで降りました。
※黄色い道路がバスが走る道。


201805120553307c0.jpeg 



バスが通る通りはかなり高いところにあるのでここから歩いて海を目指します。

201805120550269fb.jpeg


 2018051205502830f.jpeg 



20180512055029879.jpeg 



201805120550319aa.jpeg


 20180512055032ad5.jpeg 



201805120550349f2.jpeg 



20180512055035b9f.jpeg


 20180512055133cbc.jpeg 



20180512055137184.jpeg 



2018051205514014e.jpeg 




海が見えてきましたよ。

20180512055137f69.jpeg 



ぬこタソ!!!

20180512055147d7b.jpeg


 20180512055147e87.jpeg 



20180512055157d72.jpeg 





久々にぬこタソ様とお近づきになれ申した。

201805120552008b8.jpeg 


ということで、ビーチから見上げるポジターノの街です。

201805120551576e6.jpeg 



20180512055158473.jpeg 



201805120551597a4.jpeg 



20180512055201949.jpeg 


2018051205520273f.jpeg 



大きな船も。
アマルフィにから青の洞窟で有名なカプリ島へも行けるようです。
行きませんけどね、貧乏人が近づく島ではないです。きっと上陸後3秒で破産します。


20180512055159a92.jpeg 


20180512055201fd9.jpeg 



20180512055247cc8.jpeg 






せっかくなのでここでもビーチレストランにイン。

20180512055202462.jpeg 



201805120552036da.jpeg 



20180512055202216.jpeg 



とはいえお金ないのでカットピッツァ(これで5€)と、レモンリキュールにトライしてみました。


20180512055203616.jpeg 



20180512055250024.jpeg 

レモンリキュールめっちゃ美味いです。
レモンの香りが半端ない。


ほろ酔い気分は良い気分ですが、時刻17:00。バスの時刻が心配なので、これにてアマルフィ海岸遠足を終了とします。
Time to say good-byeです。



帰りのバス。バス停着いたらちょうどバスが来たのでトントン拍子。

20180512055250f10.jpeg 


そんなこんなでナポリまで無事帰って来ました。


はい、御察しの通り、冒頭のBGMのような優雅な気分までは高まりきらず、淡々ととした気分のアマルフィでした。


天気が良ければなー!!

そしてもっと朝イチに行き渋滞を回避できてたらなー!



ちょっともったいなかったです。


時間があればチャリンコレンタルしてアマルフィ海岸沿いで風になるのも一興かと。

バスのすれ違いに挟み込まれる危険はありますが。



そしてこれだけでは終わりませんよ。

ここはナポリ 。ピザを食べないわけがない。



Pizzeria Brandi

マルゲリータ発祥のお店です。


201805120552493c8.jpeg 



20180512055250178.jpeg 



2018051205531280d.jpeg 



20180512055312b46.jpeg 



19:30。だいぶ賑わってます。



店内


20180512055308443.jpeg



201805120553094f5.jpeg



20180512055311351.jpeg



色々な著名人の方が来店したのであろう写真が多数。

その中で見覚えある文字が。


20180512055311c01.jpeg



伊勢丹の社長から感謝状。

なんだろう。デパ地下に出店でもしたのかな。



着丼!!


2018051205530949a.jpeg 


デカいやないかー!

いえですね、ここのピッツァはクラシカルでそんなに大きくないから日本人の胃にはちょうどいいですね、という口コミがあって。

昨夜宿のおばちゃんの手料理を満腹で遠慮してしまったので今夜こそと思い、やや小さめを期待していたのです。



とはいえ恍惚!

ダイブ・トゥ・ユーーー!!


201805120553114ed.jpeg




うん。

美味い。

美味いですが、普通な美味さですね。




私ナポリに3日滞在して4.5枚のピザを食いましたが(日記に記載してないとこでも食べてます)、マルゲリータはなんというかオーソドックス過ぎて感動の一線を超えないのかもしれません。


すみませんねここまで食べ散らかしておいて。



やはり日本人の私には代々木上原エンボカを超えるピザはイタリアには無いのかも。


エンボカはコペルニクスも失神するほどの天上天下唯我独尊な崇高明媚っぷりなので是非一度ご体験くださいませ。



ということで、観光バスが凄かったなぁ、なアマルフィでした。



明日はナポリに別れを告げ、イタリア東へ向かいます!

ちょっとマイナーな街、マテーラです。



明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
 
―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#334 軋むベッドの上で優しさ持ち寄る覚悟はありますか。inオマーン(1) 2018.11.12 2018/11/16
#333 ネパール発セレブ行き。inネパール(10)2018.11.11 2018/11/15
#332 俺的バイブス超ピース。inネパール(9) 2018.11.10 2018/11/14
朝陽輝くヒマラヤとシャトーブリアン。inネパール(8) 2018.11.9 2018/11/13
#330 いざエベレストォ!!inネパール(7) 2018.11.8 2018/11/12