記事一覧

#162 ブルガリアの田舎町 ヴェリコ・タルノヴォ inブリガリア(2) 2018.5.24


ベリショ2日目。
当然なのですが、ベリショは寝癖が立たないのですね。なんというか、朝の行動習慣まで変わるのですね。


うーん、、トップ、もうちょっと残しても良かったかな。。※今1cm。

―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ソフィア→ヴェリコ・タルノヴォ
・手段:長距離バス(Grup plus社)
・料金:19BGL≒1254円
・時間:3.5時間    11:30発、15:00着


↓移動図

20180525132048b4c.jpeg 


↓ヴェリコ・タルノヴォ地図マップ

・オレンジ:長距離バスターミナル

・青:宿 Hotel Mostel  平日一泊約1300円 ささやかな夕食付き

・右の赤:城塞と丘の上の教会

・左の赤:谷間のモニュメントと美術館

・左の茶色:この辺りが市街地

20180525132046323.jpeg 



―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――


本日はブルガリアの北東の街、ヴェリコ・タルノヴォという街に行ってみます。


見れるかどうかわかりませんがちょっと面白いものをみれるかもなので。


バスターミナル。

20180525045710d0a.jpeg 


ソフィアは駅前の左と右に二つのバスターミナルがあるようです。
ひとまず右側のこのセントラルバスステーションに来てみました。

201805250457162c7.jpeg 

こ、、、このバス会社のカウンターがズラッとしてる感じ。。! 久々です。 たぶんスペイン・マドリード以来。


そしてめっちゃ不便。


ヴェリコタルノヴォのキリル文字表記を事前確認しておいて良かったです。


※GoogleMapのキャプチャ。

20180525133158fb1.jpeg 


人がいる窓口かつヴェリコ行きを扱っているバス会社は3つありました。

7番窓口 BIOMET
7:30, 8:30, 9:45, 11:00, 13:00, 14:00, 16:00, 16:30, 17:30, 22:30, 0:00

20180525045716962.jpeg 



6番窓口 UNION IVKONI
6:30, 8:30, 10:30, 14:30, 15:00, 23:30

201805250457134b9.jpeg 



2番窓口 Grup plus
5:30, 9:00, 11:30, 12:30, 13:30, 15:00, 16:00, 16:30, 17:00, 18:30, 19:30, 21:30, 24:30

201805250457156d7.jpeg 


こんな感じで、本数はたくさんあります。


なのですが、

9:45時点で最初に訪れたBIOMETは11:00は売り切れで次は13:00よと言われ、

お隣UNION IVKONIは今日は売り切れと言われ、

Grup plusでようやく11:30のチケットをゲットしました。


なのでGrup plusが一番高いかもです。


19BGL≒1254円。

他2社は料金聞き忘れましたすみません。



チケット買うとき、次のバスの出発時間をブルガリア語で言われ、ポカンとしてたら窓口の人が次の客の応対をし始め焦りました。


隣にいたお兄さんが
11:30だよ、と教えてくれてことなきを得ました。
ブルガリア、依然として好印象です。



電光掲示板。

20180525045717ea4.jpeg 


11:30発の中にヴェリコタルノヴォ行きがありません。


各バスの行き先を見るとSHABLAという街が

ヴェリコタルノヴォの延長線上にあるのできっとこれでしょう。

プラットフォーム7。


こういう時、
Mapsmeはアルファベッド表記、
GoogleMapは現地文字表記なので、
双方の地図のキャプチャを取っておくと表記が確認できて安全です。



出発までバスターミナル二階で休憩。


小さなフードコート的な感じで座るとこあります。

wifiあり、電源なし(探せばあるかも)、トイレあり(有料)。

20180525045717ebc.jpeg 



20180525045715b51.jpeg 




ということで本日のバス。

201805250457181c0.jpeg 

やはり満席です。


そしてバスはいきなり山道突入。
あとで知ったのですが、ソフィアの街って結構な山間にあるのですね。



3時間半でヴェリコタルノヴォに到着。

山間の景色が急に街並みに変わります。



20180525045721e4e.jpeg 



ここから宿まで徒歩。



ここヴェリコタルノヴォは琴欧洲の出身地だそうです。




街並みは思ったほど田舎すぎず、ちょうど良い感じ。


20180525045722b15.jpeg 



徐々に道が田舎っぽくなってきました。


20180525045731855.jpeg 



20180525045732b8d.jpeg 



このヴェリコタルノヴォは丘と谷の合間に街がある、ヨーロッパではありそうでなかった街並みです。


20180525045729fc7.jpeg 



宿。

ヴェリコタルノヴォでは最安値の一泊10€。



20180525045803c11.jpeg 




ここで残念なお知らせ。


私がヴェリコタルノヴォに来た唯一の目的である、とある場所へのツアー。

この宿でツアーを開催していると言うことでしたが、現在ガイドがニュージーランドにいる(一時帰国?)ということでツアーは開催していないそうです。

そして現地に行ってもセキュリティが厳しくなっており中には入れないとのこと。



なんと。。。




目的を失ってしまいましたが、思っていたよりヴェリコタルノヴォが雰囲気良い街なので、このまま一泊して街ブラしてみます。



宿の脇の坂道を上るといきなり


201805250458040af.jpeg 



バーーーンっと視界が開けまして唐突に丘と教会。

これがヴェリコタルノヴォの街を見下ろす「ツァレベッツの丘」です。



行ってみます。


20180525045812ffb.jpeg 



開門時間。


201805250458105f2.jpeg 


当然ですが、結構な登り道。


20180525045813b83.jpeg 


道中にライトアップ装置を発見。

夜も期待できそう。

にしてもカラーリングが強くないか。。?


20180525045817826.jpeg 



丘の上の教会到着。


20180525135238286.jpeg 



振り返るとこの景色。


20180525045821055.jpeg 






いくつも丘があり、

そしてそこに要塞?教会?の跡が残されております。


20180525045913055.jpeg 



20180525045827ce2.jpeg 





いざ教会内部。


201805251352387ea.jpeg 



内部は教会というより美術館のようにウォールアートで埋め尽くされていました。


20180525045908d67.jpeg 



20180525045910241.jpeg


 20180525045911213.jpeg


 20180525045912d91.jpeg 




下山。



この辺りは旧市街のようで、工芸品のお店が軒を連ねてます。



謎の変圧器。

2018052504591656f.jpeg



丘の上にあるのでそこら中に良い景色。


2018052504591837a.jpeg 



最近よく見るテイストのウォールアート。


20180525045920ba5.jpeg 



良い景色。


20180525045922c35.jpeg 




20180525045923f71.jpeg 



の奥にも。


20180525045923af9.jpeg 



ホイッスルをヒューヒューしながら街中を走る風船付きの車。

狭い街中を何度も往復してました。


何者?


2018052504592614c.jpeg 



ブルガリアに来たのにヨーグルトを頂いてないなと思い、それっぽいアイス購入。

結果ヨーグルトではなかったですがマジうまでした。


201805250459279c1.jpeg 


公園


20180525045930eb1.jpeg 



ビール


20180525045931ba1.jpeg 



敵意むき出しのぬこ

20180525045934229.jpeg



謎のイベント

 20180525045944dd7.jpeg 



ここにも風船カー


20180525050014dfc.jpeg 




谷間にそびえるモニュメントのある場所に来ました。

こちらはそこにむかう橋。


2018052505001604f.jpeg 



ここから眺める街並み。

今左の方角からめっちゃ雷鳴。


20180525050016687.jpeg 



川は、、、そんなに綺麗ではない感じ。


20180525050016be5.jpeg 



モニュメント。

だいぶデカイ。


20180525050017351.jpeg 




201805250500202bd.jpeg 



押忍。


20180525050020ed7.jpeg 




川沿いの道を歩こうと思って川沿いにある道に来たら川沿いの景色ではありませんでした。


20180525050023d1d.jpeg 



20180525050023c13.jpeg 
 
 

本日の野犬登場。


2018052505002638d.jpeg 



ついてくる。


201805250500283f1.jpeg


ついてくる。

 2018052505003070a.jpeg 


ついてくる。


201805250500314a1.jpeg 


カップ麺のゴミを見つけて私そっちのけでそっちに夢中。


201805250500330c3.jpeg 



ということで宿戻り。

途中のスーパーで買ったヨーグルトが明治ブルガリアヨーグルト(プレーン)の味まさにそのものです。


20180525050033397.jpeg 



そしてブルガリアはヨーグルトが有名ですが、ここだけが特別な産地なわけではなく、ヨーグルトの乳酸菌が体に良いことをヨーロッパ中に認知させた博士がかなんだかがブルガリアの人だったというだけらしい。



天使降臨。

私が提げたソーセージに付いて来ました。


20180525050035aa7.jpeg 



私を見る目は厳しいです。


20180525050037c38.jpeg 



こちらのお宿、なんと夕食を振舞ってくれます。

流石に盛りだくさんというわけではないですが、味は美味しかったです。

本日はレンズ豆。


20180525050038fd2.jpeg 



そしてなんと一杯のビール付き。

ブルガリアはビールの2リットルボトルが200円くらいで買えるのです。

ちょと味は苦め。

二つあるにはご一緒した日本人の方にお譲り頂きまして。


20180525050040046.jpeg 


となりにスススッと現れる天使。

私ではなく料理を見つめる。

よくできた子ですね。


20180525050107371.jpeg 



ヨイショしてみるも


20180525050107de4.jpeg 



目線は飯。


2018052505010896e.jpeg 




ところでこのスパイスがめっちゃ美味いです。

つまみ食いしたのですが。

これだけでパスタいけると思います。

なんだろうこれ。


201805250501118ac.jpeg 




21:30。

だいぶ日も暮れたので、ライトアップを見に行ってみようと思います。



ツァレベッツの丘の手前に来てみると、この人だかり。写真が暗くて分かりづらいですが、そこら中に人人人です。

みんなして教会の方を見ています。


20180525050113382.jpeg 



その教会は、ご覧の通り真っ暗。

こりゃなにかありますね。


20180525050114de7.jpeg 



21:45頃でしょうか。


唐突にBGMが流れ始め、それは始まりました。



20180525050116655.jpeg 



、、、え?


20180525050117bf6.jpeg 



201805250501199b6.jpeg 



201805250501210e4.jpeg 



2018052505012244e.jpeg 



201805250501248a9.jpeg 



ちょw


20180525050125ff2.jpeg


 201805250501280b5.jpeg 



20180525050129fa3.jpeg 



20180525050130a2c.jpeg


あのひっそりとしたヴェリコタルノヴォはどこにいったの。


201805250501313ac.jpeg


 20180525050226b79.jpeg


 2018052505022612a.jpeg


発光現象はじまる


20180525050229468.jpeg 



20180525050232cd4.jpeg 



20180525050232ed8.jpeg


 201805250502345e2.jpeg 


 

20180525050235c23.jpeg


 20180525050238666.jpeg 









そして最後。


20180525050244b35.jpeg 



トチ狂ったように色鮮やかなライトアップにて終了しました。



どうしちゃったのですかヴェリコタルノヴォさん。


ひっそりとした山奥の静かな丘の街でのんびりとした一日を過ごした私としてはなかなかな一幕でした。



ライトアップショー終了後、しばらくするとごくごく一般的なライトアップが開始されました。

これがいつもの夜の姿なのかな。



20180525050243263.jpeg


 20180525050244f05.jpeg 



逆方向側の丘は家々の光と要塞のライトアップが綺麗でした。

iPhoneだと上手く撮れないですが。


201805250502403f6.jpeg 



そんないきあたりばったりのヴェリコタルノヴォでした。



明日は久々に場当たりでカザンラク の街に行き、タイミング合えばそのままイスタンブール行きます!




―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#187 伝家の宝刀、二度の火を噴く inギリシャ(5) 2018.6.18 2018/06/20
#186 最高絶景ジュタバレー inジョージア(7) 2018.6.17 2018/06/19
#185 絶景のカズベギ村へ。inジョージア(6) 2018.6.16 2018/06/18
#184 2本目のロンギヌスの槍 inアルメニア(3) 2018.6.15 2018/06/17
#183 ロンギヌスの槍を求めてロマン衝動買い inアルメニア(2) 2018.6.14 2018/06/16