FC2ブログ

記事一覧

#170 カッパドキア(2) 気球・地下都市・奇岩谷歩き inトルコ(7) 2018.6.1


本日はカッパドキアの奇跡、朝焼けと一面の気球たちをこの眼に焼き付けるべく、朝4:30に起きて宿の裏の高台=Sunrise pointへ向かいます。


風が強いと気球は飛ばず、
雨が降っても当然飛ばず、となかなか難儀な事案ですが、こればっかりはなかなかどうして。



さあ、刻は朝4:30、参りましょう。


―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:カッパドキア周辺


【1】ギョレメ⇆デリンクユ地下都市
・手段:路線バス  ※ネヴシェヒルで乗り換え
・料金:ギョレメ⇆ネヴシェヒル 3リラ≒69円
              ネヴシェヒル⇆デリンクユ 7リラ≒161円
・時間:ギョレメ⇆ネヴシェヒル 約15分
              ネヴシェヒル⇆デリンクユ 約30分


↓ネヴシェヒル ローカルバス停
(バスは左から来ます。フロントガラスにDERINKUYUの札があります。)

20180602144959c11.jpeg 


↓ネヴシェヒル→デリンクユ 時刻表

20180602041824aa1.jpeg 



↓デリンクユ→ネヴシェヒル 時刻表

20180602042128417.jpeg 



【2】トレッキング ホワイトバレー&ラブバレー&ちょっとローズバレー
・手段:徒歩
・料金:ー
・時間:4時間弱


↓地図  ホワイトバレー&ラブバレー&ローズバレー

青矢印がギョレメの街。
20180602145811a83.jpeg 



―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――


「さあ、刻は朝4:30、参りましょう。」


って昨夜そこまで書いておいて起きたの5:30ですMaedakです本日もどうぞ宜しくお願い申し上げー!


さあ急いでSunrise pointへむkおおおおおおおおおおおお
もう宿出た瞬間から気球が見えてますよっ。


20180602150648a06.jpeg 



高まるテンションに追いつかない私の体力。勾配がキツすぎる。






さあ、Sunrise pointからのカッパドキアの気球群、とくとご覧あれー!!!




2018060215045455e.jpeg 





。。。すみません。





なんか、地味ですね。






そうなんです、


今日は大曇天でして、


なんというか、


どよーんとしているんです。



今日のバルーンツアー申し込まなくて良かった。。


と同時に日曜朝のバルーンツアーの天気は渾身の祈願をせねば
と決意。



なのでまたきっと別日にもっと色鮮やかなめくるめく気球たちを目の当たりに出来ることを期待して、今日のところは雰囲気を掴むことをゴールにしましょう。


ということで改めまして曇天残念バージョンをご覧あそばせ。


20180602150459528.jpeg


 20180602150506860.jpeg 



20180602150502ec6.jpeg 



20180602150505995.jpeg


 20180602150505f57.jpeg 



2018060215051356d.jpeg 



20180602150520e84.jpeg 



20180602150524a9f.jpeg 



20180602150525d0d.jpeg 



20180602150527835.jpeg 



20180602150541ed9.jpeg 




奇岩に向けてアタックする気球。
腕の良いパイロットの必殺技らしい。

あ、字面が良くない。




我々の頭上を越えていく気球。




ちなみに朝陽なんてものは当然拝めておりません。



6:30頃には気球たちがちょっとずつ丘の向こうへ移動していきます。着陸なんだと思います。



そのために同じ方向に密集する気球群が

ようやく良い景色でした。

20180602150545d1d.jpeg 



20180602150605cd4.jpeg 



201806021506069c9.jpeg 



201806021506293c5.jpeg 



20180602150636a30.jpeg 




ちなみにこの子、私がここに着いた時からもう完全にしなびてたのですが、急遽飛ばなかったんでしょうか。そんなリスクもあるんですね。

201806021515059fd.jpeg 




かたや目指すは大気圏でしょうか。

オーキードーキッ(`・ω・´)ゞ


20180602151727d96.jpeg 


ウチヒサル城もやや霞。

20180602150650570.jpeg 


人が集まると本日の野犬も集まる。①②③。


20180602150637ede.jpeg 



20180602150652fcf.jpeg 


本日の野犬④は好意で与えられた飯を持て余しております。犬はパンを食わんのです。

20180602152408a29.jpeg 


なぜ知ってるかって?
私いまマケドニアで買って1週間経過したカビルンルン寸前のパンを先ほどの野犬①②③に与えてみたからです。



無視されました。トルコ犬め。






なお気球が上がるエリアはこの辺りでした。

日によるかもしれませんが。


ひとまず今日見た感じでは、


2018060204225132e.jpeg 


こんな印象です。



さて、本日も昼までダラダラし、午後から出掛けます。


これくらいの方が1日のイベント量として丁度良い気がしており。

どうせ今日は雨ですし。



20180602041746911.jpeg 


晴れでした。



本日はどうせ雨だと思っていたので、
ギョレメからはちょっと遠いカッパドキアの地下都市に行こうと思っていましたが、このまま敢行します。


カイマクリという街とデリンクユという街にそれはあります。


どちらも同じ方面なのですが、カイマクリは浅く広く、デリンクユは狭く深い、と聞き、後者にします。


深いって、ロマンじゃないですか。




そうですか。




地下都市は文字通りの地下都市で、地下に構築されたかなり大きな洞窟住居だそうです。


始まりは4世紀、この地がまだキリスト教を国教としていない頃のローマ帝国の支配下になった時代に、この地のキリスト教徒がローマ帝国のキリスト教徒迫害から逃れるために地下に街を作ったのが始まりだそうです。


その後は8世紀にイスラム教徒の迫害から逃れたキリスト教徒が住んでいたとか。


数万人が生活できるキャパシティがあるそうですよ。



そんなデリンクユ地下都市。
大体の方がツアーで行くみたいですが(グリーンツアー)、ツアーはうちの宿価格では33ユーロ≒4,356円なんですよね。


個人で行くと交通費往復20リラ+入場料25リラ≒1,000円ちょっとです。
もちろんツアーは地下都市以外に色々盛りだくさんですしランチ込みですし色々楽ですから。一長一短です。



ネヴシェヒル路線バス停。
長距離バスターミナルとは別でした。

201806020417444a9.jpeg 


ここ。

20180602144959c11.jpeg 



そしてこの場所で、デリンクユ行きを待つそうです。


ここまでくるバスの隣のトルコ人が日本大好きらしく、何を聞いても
「なんでやねん」「ほんまかいな」と言うし名前を聞いても「高田純次」としか言わないので困りましたが、そのトルコ人にバスの乗り換えの仕方を教えてもらいました。いい奴。


今度日本に行くんですって。どこ行くの?と聞いたら
「サイタマ」ですって。うーん。Have a nice trip。



ここにも有りました。
パンチングマシン。

201806020417409e7.jpeg 



そしてデリンクユ行きのバス。

20180602041749569.jpeg 

途中カイマクリを通過して(言えばそこで降ろしてもらえる)、30分ほどでデリンクユに到着。


ちょっとしたバスターミナルのようになってます。

帰りもここに来れば良さそうです。


地図。


20180602145004929.jpeg 





実は今日、トルコに来て初の金曜です。


イスラム教では金曜は祝日。

礼拝の日です。


なのでライフライン大丈夫かなと心配していましたが、


20180602041755b7f.jpeg 


売店やお土産屋は開いてます。


普段日よりは閉店してる店はあるのでしょうけれども、日曜のヨーロッパのようにゴーストタウンになるわけでは無さそうです。少なくともトルコの観光地は。



地下都市までは看板が多数出てるので分かりやすいです。この辺は地下都市しか無いのでしょう、道行く人が「あっちあっち」と指差してくれます。

2018060204181981f.jpeg 


本日の野犬⑤⑥⑦は起こしたらウルトラライトダウンを食おうとして来ました。食感的にはね、うんわかる。

20180602041756d87.jpeg 


地下都市。
バスターミナルから徒歩五分。

20180602041754a87.jpeg 



2018060204180002f.jpeg 



入場料25リラ≒575円。

2018060204181342c.jpeg 



いざ

201806020418108e2.jpeg 



物置きみたいのが入り口です。
つまりはこの真下がそうなのか。。

2018060204180725d.jpeg 


早速どんどん下へ。

20180602041811610.jpeg 



赤い矢印が順路のようです。

20180602041815c31.jpeg 



中は結構広いです。
ただ基本的には概ね順路があるので何とかなります。

201806020418189c8.jpeg 



閉所恐怖症の人は厳しいかと。

20180602041824a4d.jpeg 



20180602041825f61.jpeg

 


食料貯蔵室。

20180602041822826.jpeg 


途中縦穴も多数。

20180602041853301.jpeg 



こ、これ!

201806020419068b8.jpeg 



20180602041920384.jpeg 

もはやインディ・ジョーンズの世界じゃないですか。
これで敵の侵入を防ぐんですね。



。。。閉めた後はどうやって出るんでしょうか。。




どんどん地下に誘われます。

20180602041920b9c.jpeg 



なんと地下12階まであるそうですが、全てが全て解明されてるわけではないそうで今でも発掘継続中なんだそうです。

そしてこの地下都市は隣町のカイマクリ地下都市と繋がっているのですって。


いまMaps.meで調べたら10kmはありました。

アンビリーバボ。




これ

2018060204191826e.jpeg


 201806020419258aa.jpeg


 201806020419290c2.jpeg 


通気孔でしょうか。
底が見えません。地下12階まで一気通貫なのかな。


そこら中に小部屋が。
人の住居としてはもちろん、家畜も飼っていたそうです。

20180602041926683.jpeg 



201806020419387ac.jpeg 




さらに地下へ。

20180602041933366.jpeg 



ここにも石の扉が。

20180602041933673.jpeg 

この壁の向こう側が先ほどの階段通路になっており、

ここから押して閉め込むようです。




・・・




閉めれませんでした。


てか閉めれたら私の旅はここで終わります。




階段が長すぎたので試しに動画を撮り始めたらすぐ階段が終わった。





ここが見学できる最下層=恐らく地下8階です。

201806020419378fe.jpeg 


魔物しか居なそうな闇。

20180602041940b38.jpeg 


通気孔。

201806020419431b9.jpeg 




20180602041944b3b.jpeg 



上  見上げると空


20180602041948547.jpeg 


これ上から毒ヘビ投げ込まれたらOUTだと思うのですが。



左と右は繋がってるはずと信じて入ってみたらやっぱり繋がってて安心した一方でなんかなにしてんだろう自分、と思った場所。

2018060204194942c.jpeg 



先ほどの動画リベンジでビデオスタートして階段降り始めたら灯りがなくて結構焦った件。




その先は特段何もなかったです。
※この人たちはたまたま居合わせただけ。


20180602041954909.jpeg 



ちょっと順路を戻ると今度は青色矢印が後半戦の順路案内となりました。
そしてこっから結構自由度アップ。

分岐

20180602042055afa.jpeg 


塞ぐ石扉

20180602042103ab7.jpeg 



進んでいいのか迷わせるゆるい扉

2018060204210481a.jpeg 



急に広い

201806020421002ba.jpeg 


急に狭い

201806020421054db.jpeg 



急に暗い

201806020421073a0.jpeg 


つまりは迷子です。



急に説明書きのある部屋を発見。


20180602042106c6b.jpeg 

出口じゃなかったです。

ここはMISSION SCHOOLだそうです。


子供達もここに居たのですね。

てかずうーーっとここに住んでたのかしら皆さん。




ふと見つけた出口。
一回通り過ぎてた。ここはちょっと大きめで行こうよ。

201806020421142a9.jpeg 


20180602042110638.jpeg 



そんな地下都市でした。
閉所恐怖症の人は後半でパニック起こすと思うので辞めたほうが良いです。



やはり私のパンを無視する本日の野犬⑧

201806020421233ff.jpeg 



同⑨

201806020421161af.jpeg 


地下都市の近くにはキリスト教教会もありました。

20180602042117e74.jpeg 



こ、、ここにも。。

20180602042130c0c.jpeg 


カッパドキアっ子はパンチ好きなんでしょうか。
将来立派なマイ洞窟住居を掘りあげるために腕力が



帰りのバス。
冒頭メモの通り30分に一本出てます。

イスズ。てか海外ではどこに行っても日本車大活躍です。凄い。


20180602042121589.jpeg 




ネヴシェヒル着。
ちょっとここで腹痛来たので公衆トイレへ。

想定してましたが洋式はなく、久々の和式です。いや、久々どころか本旅初かも。


そしてとうとう来ました手桶タイプ」

ご存知ですか手桶タイプ。

自分で水汲んでジャーって流すやつ。

手桶て!!


ってすみませんいけしゃあしゃあと厠の話をしてましたね。


お上品な当ブログには相応しくないでございますよ。


「タゥキーのパブリック・トワレットゥはちょっとオイニーバイヤーかつコンウー・スィッティング・スタイルなのでパンピー各位は気ぃつけなはれやっ」


そんなところでしょうか。
上品にまとめると。


公衆トイレの看板ぬこ。

20180602042126278.jpeg 


パンでもてなすが仲間含めて無視される。

(私のおもてなしが左下。皆食い付いてるのはおっさんが放り投げた肉。)
2018060204220711d.jpeg 



帰りのバスですが、ギョレメ行きを待って居たらウチヒサル行きが来ました。


ウチヒサルは昨日訪れた、ギョレメの手前の街です。


ただ今時刻15:30。


乗りました。

20180602042216943.jpeg 



と言うのが、天気が良さげなので今日これからトレッキングしようと思い立ったのです。


どうやらカッパドキアには色にちなんだ複数のトレッキングバレー(谷)があり、そのうち三つがウチヒサルから北に伸びているのです。
※その一つが昨日のピージョンハウスバレー。


という事で、

20180602042217c31.jpeg 


ウチヒサル着。

ネヴシェヒルからのバスはここに到着します。
赤いピンがウチヒサル城です。


20180602155713685.jpeg 




昨日もここ来たのでウチヒサル城は素通り。


20180602042213b46.jpeg 



やってきましたココ。

20180602042216d11.jpeg 



本日はホワイトバレー、そしてその隣のラブバレーとやらに行ってみます。

地図でいうとこのコースを行きます。
今この赤丸のとこ。

201806020422475b3.jpeg 



いざ。あーもう楽しい


地図見ながらこのくらい歩いたら分岐が来るからそこを左に、、とかうだうだやってるだけでもう楽しい。





道は広く、車も通れそうな道です。

20180602042317a80.jpeg 



201806020423298f0.jpeg 


右手前方・東側の景色。
ギョレメの街を通り越してテーブルマウンテン的なのがここからも見えてます。

20180602042321a7f.jpeg

 

振り返るとウチヒサル城。

201806020423204ed.jpeg 


ちょっとずつ谷っぽいの見えてきてます。
地図上はホワイトバレーはまだ先ですが、すでになんとなくホワイトバレーな雰囲気(ホワイトバレーがどんななのか私はまだ知りません)。

201806020423372f0.jpeg 



20180602042330e01.jpeg



201806020423419e9.jpeg 


道が二手に分かれます。


20180602042352eb0.jpeg 


ふふ、ここは左でしょう?

知ってますよ。



はぅあっつ!

20180602042338b21.jpeg 


たまにこういうのあります。
Maps.meさんもご存知ない道。


エイヤで右に行きましたが、正解は左でした。


あー楽しい。




そういえば私いま、右手に傘、左手にチョコパイです。

犬猫に不人気のパンはもう捨てました。

2018060204235799b.jpeg 


完全にトレッキングする格好じゃありません。ナメすぎですよね。すみません。ほんとはトレッキングするつもり無かったものですから。


それはさておき良いですねー。
雰囲気、出てきてますよー。

20180602042351f19.jpeg 



突如様相が一変。


20180602042356c54.jpeg


 2018060204240199a.jpeg 

これは道は言いません。
溝と言います。

ただMaps.meさんだけでなく現地の看板(一つ目の写真の右奥)がコッチ申してますからね。


信じて参りましょう。

むしろ行きたい。この溝を。

20180602042408425.jpeg 


やがて溝は無となり、滑り落ちるしかない雰囲気に(そもそも道あってるかな)。

201806020424009ac.jpeg 



そんな時でも写真を撮ることを忘れない読者様想いの旅人、私です。

2018060204240438e.jpeg 



2018060204240609a.jpeg 



20180602042407007.jpeg 



20180602042410d89.jpeg 



、、、!!!
っぶね。

20180602042502f31.jpeg 

崖でした。

死ぬところでした。

調子こいて写真なんか撮りまくってっからこうなるんですよこのど素人がっつ。



にしても良い景色。

20180602042507b0d.jpeg 


道が谷底に沈んできました。

20180602042508ccc.jpeg


 201806020425278ed.jpeg 



20180602042517b5a.jpeg 



20180602042532bd9.jpeg 



良いですね、谷に挟まれた緑の中を歩いているとマジで本当にFF10以降のフィールドです。リアルワールドな世界ですよ。





とはいえここは現実。


一歩一歩が泥にぬかり、花に近づけば蜂の羽音に背筋が凍り、樹の下潜ればトゲ刺さる。


20180602042606935.jpeg 



201806020425436fe.jpeg 


コレマジで危ない。殺人樹。
ウルトラライトダウン引き裂かれそう。


そしてまた今雨降ってきてますからね。
こんなですよ足元。

2018060204253733a.jpeg 


そんでもってこういうですね、

201806020425276a6.jpeg 

勢いで駆け下りてその勢いのまま向こう側の丘に駆け上がらねばならぬような、一人SASUKE状態です。


超楽しいですが、駆け上がる際に殺人樹が立ちはだかったりしてマジでトルコ人めっとか思ったりします。
いや、本件においては彼らにまったく罪はないのですが。


そもそも私、

20180602042533287.jpeg 


ハーフパンツですからね。
トレッキングコース来ちゃいかんです。
左手菓子パン右手iPhoneだし。
※傘は腰に刺してある。


、、、っと、
なんとなく、地図上でホワイトバレーと書かれた場所にきました。

20180602042545699.jpeg 






201806020425469c3.jpeg 



20180602042556182.jpeg 





やはりホワイトバレーだけあって、

白っぽい奇岩に囲まれた場所なのですね。


よく見るとあれ住居跡だな。

20180602042538591.jpeg 

彼らもその昔、殺人樹に苦しんだのでしょうか。



突如登場する立ち入り禁止。

201806020426042f0.jpeg 



無視。

20180602042615545.jpeg 


その先はなんか農地っぽい雰囲気。

20180602042612c32.jpeg 



私有地だったのかな。
Maps.meさん、不法侵入幇助罪ですよ。


住民からの吹き矢に怯えながらそそくさと歩みを早めます。



この辺りからまた谷の雰囲気が変わってきます。

20180602042855335.jpeg 



道が川になりました。
これ鉄砲水来たらOUTですね。

2018060204290986a.jpeg 



ドラクエ的にはHPが1ずつ削られるやつですね。トラマナ無いので諦めます。あ、ラーの鏡あるかも。

20180602042859250.jpeg 


岩にボコボコと穴が。
先ほどまでの岩と成り立ちや成分が違うのでしょうか。

201806020429121de.jpeg 



あの奥の岩、

20180602042908998.jpeg 


ガイドブックに載ってた三姉妹の岩とやらだろうか。

2018060204291484f.jpeg 


こんなマニアックな場所にあるとは。
(それかどうかは不明ですが)


20180602042916a46.jpeg 


この崖を手でよじ登りました。

Maps.meさんが示す道はどう考えてもここしかなかったので。




なのですが雨でぬかるんでかなり苦戦しました。

思わず右手のiPhoneを崖に突き刺しiPhoneとズボンが泥だらけです。キャッキャっつ。


ここで初めて人間と出くわしました。


向こうの方から来た欧米人カップルが私が崖から這い上がる姿を見て、引き返して行きました。何がご不満でしたかね。サッパリです。



三姉妹(仮)が順光にて天晴れ。

2018060204292393c.jpeg 



20180602042923198.jpeg 


むむ。
奇岩の形が変わってきましたよ。

201806020429158df.jpeg 



2018060204291308b.jpeg 



20180602042920c31.jpeg



これぞカッパドキアのイメージ写真でよく見るパターンのやーつじゃ無いですか?

極細タイプも。


201806020430245fe.jpeg 


なんて谷底でわきゃわきゃやっているとふと丘の上に車を発見。
ああ、賢者はああするんですね。
でも絶対こっちの方がエキサイティングだし。だし。

20180602042924637.jpeg 



ニョキニョキ。

2018060204292691a.jpeg 




にしても、なんかアレですね。


いえ、なんでもないです。

感じ方は人それぞれです。


20180602042925aac.jpeg 


感じ方は人それぞれ。
後光が差すとちょっとなんか、神々しくなりますね。



ちなみにここがラブバレーという場所でした。
名付けたトルコ人どいつだ!


あーもう。

201806020430051ef.jpeg 



なんてわちゃついていると突如私のチョコパイ目掛けて野犬が飛びつく。

叱責するトルコ人。
飼い犬だったようです。


20180602042931da4.jpeg 


凹んでいる。

201806020429303f5.jpeg 



その向こうに無数の。

201806020429573f6.jpeg 



さーあ、もうあとは流しです。
すぐそばに幹線道路があるはずです。

20180602043009ec4.jpeg 


到着。
ラブバレー入り口と書いてあります。

20180602043008cf9.jpeg 



これにてホワイトバレー&ラブバレーのトレッキングは終了。


ざっくり2時間コースでした。アップダウンはそこまでないですが、ちょっとしたアクション要素がちょいちょい挟まれるなかなか楽しげなコースでした。


時刻18:30。
眼前に見えるは

20180602043012bf1.jpeg 


テーブルマウンテン。


、、、行っちゃいましょう!
夕陽が見えたら良いなぁの一心です。



雄大。

201806020430219b1.jpeg 




いまこの野原の中でおっさんが屈んで姿が見えなくなりました。

20180602043016037.jpeg 


これはアレですね。
青空便所というやつですね。
トゥワレットゥ・アンダー・ザ・スカイですね。


20180602043014819.jpeg 

みんなで農作業中でした。
大変失礼致しました。


こちらも平坦な低地を行きます。

20180602043019218.jpeg 


を。

20180602043027b78.jpeg 


をを。

201806020430356a6.jpeg 



ををを。

201806020430294b7.jpeg 

ハイエナ一家かと思いました。



そして私とかなりの車間距離を取ってスタンドバイミーするあいつ。

201806020430349bc.jpeg 


遠くで待ってると思いきやすぐ行ってしまう。

20180602043037b83.jpeg 



チョコパイを放り与えたら逃げました。
馬糞じゃねぇし。あ、なんてこというんだ私。まだ五個あるのに。

20180602043037b0b.jpeg 




ローズバレーこちら。

20180602043039831.jpeg 


雰囲気出てきております。

20180602043107472.jpeg 



そしてまたこの感じ。

20180602043109350.jpeg 



ただこちらの方が足元は整備されてます。
石段があったり。
ただ馬糞率はやや高めです。


ちょっとこの道、ワクワク度凄いんですけど。この先に何があるんだろうってなります。

20180602043113fbe.jpeg 




期待、裏切りませんでした。

20180602043114cc2.jpeg 



一気に高いところまで来ましたよ。

あそこまで行ってみます。

20180602043126e39.jpeg 


わーーーー!!

2018060204312251e.jpeg 



20180602043120d15.jpeg 



20180602043124c07.jpeg 


凄ぇですなー!
いとおかしでありまする。




ローズバレー(がどこを指してるか分かりませんが)もちょっと夕陽浴び始めてまっせ。


20180602043130217.jpeg 




20180602043140916.jpeg 






もうですね、この風を浴びるこの丘と草原の中のいると私はHello, AgainのPVなんじゃないかと思ってしまうわけです。※写真と動画は岩だらけですが、いま私がいるところは草原。



「こーの手伸ばしてー、空に進みー、風を受けてー」いかんいかん。いま空に進んだら死ぬ。すぐ死ぬ。



馬。


20180602043127faa.jpeg


 2018060204313076b.jpeg 

こんな高いところまで来れるんですね。

この後このひとたち私が上がって来た結構な急坂をパカランパカランと下って行きました。凄いな、馬。



向こうの丘にはバギー集団。

20180602043135b3e.jpeg 


カッパドキアではバイクやバギーやレンタサイクルもあり、こうしてツアーで近隣を周遊してこのローズバレー周辺でサンセットでフィニッシュというツアーが多数催されてます。



なんてやってるうちに雲に覆われた夕陽

20180602043135899.jpeg


 20180602043135752.jpeg


 
轟く雷鳴

201806020432189ee.jpeg 




、、、帰りましょう。
結局この日はサンセットは最後まで見れませんでした。

まあ元々雨予報でしたからね。

ここまで来れた今日は儲けものです。



ここからギョレメの街まで徒歩です。


ということで本日は正味11kmの道のりでした。


20180602141719ee2.jpeg 



そして本日は宿での簡単な朝食の後はチョコパイしか食べてなく、食費が100円だったので、そんなに腹は減っていないもののこの辺で有名な壺ケバブを食べに行って見ることにしました。


壺でケバブ(焼き肉)を煮込んで、

壺ごと破壊して中のケバブを頂くという

なんともトルコ人らしい発想の郷土料理です。



が、コスパの良さで評判の店が閉店してたので、近くの別の店へ。


20180602043230ccd.jpeg 



ロカンタ風

20180602043231e12.jpeg 


スープがまず微妙。トルコ料理で微妙と思ったのは初。

201806020432378a9.jpeg 


そして出てきた突っ込みどころ満載の壺ケバブ。
炎上中なのはもちろんですが、すでに壺に一直線のラインが入ってます。


201806020432364f5.jpeg 


そして店員さんが「今からこの壺を割るよ!」というので

笑いを堪えて首を縦にふる私。


そして。





ああダメですね。

笑っちゃってますね私。

ていうか店員も笑ってますから。

両者納得の上での苦笑です。



もうそっちに気を持ってかれてこの壺の下の液体も食い物かと勘違いして食べたら着火剤でした。





そんな2日目でした。

明日こそ朝気球が観れると良いですね!


私も貴方も。


明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

テシェッキュル エデリム!!


 
―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#243 北東インドの秘境を目指す。inインド(22) 2018.8.13 2018/08/15
ただの移動日に事件起こる。inインド(21) 2018.8.12 2018/08/14
#241 ダージリンを優雅に愉しむ。inインド(20) 2018.8.11 2018/08/13
#240 バングラ出国なるか。inバングラデシュ(7) 2018.8.10 2018/08/12
#239【悲報】iPhone盗難、後の電子戦。inバングラデシュ(6) 2018.8.9 2018/08/11