FC2ブログ

記事一覧

#186 最高絶景ジュタバレー inジョージア(7) 2018.6.17



本日はトビリシに戻りそのまま明朝のフライトでコーカサスエリアをアウトです。


その前にせっかくなのでカズベキ村近くの別の絶景スポット行ってみますよー。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ

・行き先:カズベキ村→ジュタバレー
・手段:ツアーバス
・料金:30ラリ≒1.320円
・時間:30分くらい


↓場所

・左上のピン多数がカズベギ村

・右下のがジュタバレー

2018061803273898e.jpeg 


↓ジュタバレー周辺地図

・Jutaと書いてあるあたりでバス発着

・真ん中の青がカフェFifth season

・右下の青が池とコーヒーがある小屋 名前不明

20180618032737f98.jpeg 




・行き先:カズベキ村→トビリシ
・手段:シェアタクシー
・料金:20ラリ≒880円
・時間:2.5時間   17:30発、20:00



――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
現在15-20位あたり。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

とは言ったものの、
やはり丘の上のカズベギ教会の絶景がワンチャンス見れないかなと、朝5時に起きて外に出て見たところ、

20180618031843564.jpeg



 20180618031847d8a.jpeg

 

良い絵が撮れました。


ただ雲は左から右に流れているのでいまから激しい急勾配をひいこら登ってもクリアスカイは望めないだろうと思い二度寝。




ということで9:00、チェックアウトです。


支払いの時に
「You are no dinner and no breakfasr, so 25ラリね」とのことでした。
やはり別途申請すればご飯食べれたのですね。無念。



さて、ジュタバレー行きのバスが出る観光案内所へ。


そしてそこでまさかの昨日アルメニア→トビリシまでのタクシーで一緒だったUSガールと再会。目的地も同じジュタバレーとのこと。



ということで本日は二人旅です。
といっても私は彼女のネイティブ英語を3割くらいしか理解できませんが。


本日のツアーバス。

20180618031902ab4.jpeg 



ジュタバレーは冒頭地図の通り、カズベギ村から近く、30分で着くそうです。が、その30分もお約束の悪路です。

201806180318496fd.jpeg


 20180618031856ece.jpeg 



悪路は右側通行という社会通念をも破壊する。

2018061803190169d.jpeg 



ということで着きましたはジュタバレー、の麓の集落。

20180618031859dd3.jpeg

 

ここで10:00過ぎに解散となり、16:00にピックアップだそうです。


結構時間あります。




降りたところにカフェレストランが数件あります。

20180618031906d6d.jpeg 



ちょっと朝ごはん。
ミルフィーユみたいのしかなかったがこれが激ウマ。

20180618031921380.jpeg 



ミルフィーユには興味がないらしい本日の野犬。

2018061803191665d.jpeg 



さて、以下地図の通り、
ジュタバレー周辺は二方向のトレッキングルートがあるのですが、USガールが「Chaukhi」という山の方へ行こうということでそっちへ。

20180618032737f98.jpeg 




そうじゃない方に何があるかは知りませんが、Chaukhi方面が結果的に正解というか王道コースのようです。



最初のうちは急勾配かつ地元民専用的な道無き道。

201806180610046ff.jpeg 




鶏ご家族御一行が道を占拠しており我らが通ることで大騒ぎです。

20180618031926b60.jpeg


 20180618031934172.jpeg 


あのロッジが最初の休憩ポイント。

20180618031934b1b.jpeg 



すでに良い景色、頂けてます。

2018061803193223a.jpeg 


こういう電線とか平気でぶら下がってます。

2018061803195900b.jpeg 


足元は楽園。

20180618031954998.jpeg 


寝ている。

20180618031949892.jpeg 




最初の休憩ポイントはキャンピングエリアを備えたカフェでした。まだ30分くらいしか歩いてないのでひとまず通過。

2018061803195762a.jpeg 



そしてだいぶ上がって来ました。


ここからは傾斜がなだらかになり、

谷間をゆったり進んで行く感じです。


その谷間こそが、ジュタバレーでございます。


20180618032016bf5.jpeg


 20180618032043f4f.jpeg 



201806180320514db.jpeg 



20180618032100378.jpeg 





素晴らしい。
とても素晴らしいですね。


そして絶景が私の調子を狂わせます。


Facebookで迂闊にもUSガールが私をタグ付けし私の坊主姿が世に出てしまうという大事故が起こりましたが、引き続きここでは非公開運用とさせていただいております。


201806180320535a9.jpeg 



ここからちょっと上がったところにFifth seasonというカフェがあり、ここがもう最高。

2018061803211728f.jpeg


 2018061803211893a.jpeg 



この景色の写真を見て、ここに来てみたいと思ったのですよね。


、、、大曇天ですがね。




足元は引き続き楽園。

2018061803214011e.jpeg 



牛たちものんびり。

20180618032143344.jpeg 




当然足元は牛糞だらけです。
花と糞の楽園です。


この楽園でまったりする前にまずは前へ進もう!というUSガールのテンションに負け、前進再開。

201806180321242de.jpeg 



本日の野犬②③が加盟。

20180618032146b62.jpeg


 20180618032149094.jpeg 



2018061803215721a.jpeg


 20180618032200e86.jpeg



奔放に奔走して我らを翻弄します。



馬①②が加盟。

201806180322042da.jpeg


 

ちょっと光が飛びましたが、分かりますかこの感じ。景色もわんこもたまらんらん。

2018061803215928a.jpeg 



USガールのシャッターも止まりません。

201806180322460f8.jpeg 



小腹を埋めようとした途端に奔放な奔走を辞めて舞い戻る本日の野犬②。

201806180322536e0.jpeg 


そしてすぐに奔放に奔走。

20180618032240daa.jpeg 

あゝ平和。



雪です。
雪の下を川が流れてます。
雪解け水だからでしょうかね、ジョージアにしては珍しく川が透き通ってます。

201806180323012a0.jpeg 





201806180323056d3.jpeg

 
馬。

20180618032252b68.jpeg 


例の棘草をもしゃもしゃ食べております。


逞しい。





引き続き絶景に揉まれながら、次のキャンピングサイトを目指します。

2018061803230514c.jpeg 



20180618032315782.jpeg




 


20180618032321a15.jpeg


 201806180323236b5.jpeg


 20180618032324213.jpeg 



20180618032324093.jpeg 



20180618032334ac1.jpeg 



お、多分あれです。
あれなんですが、間に激流があって行けません。

201806180323444cc.jpeg 




と思いきや

20180618032343cd9.jpeg


 20180618032348738.jpeg 



行けました。



そして
ちっちゃいけど綺麗な池と茶屋!


201806180324303f5.jpeg


 20180618032528d36.jpeg


 

大正解です。

茶屋にて本日の野犬②か③いずれかが待ってました。

20180618032357a6d.jpeg 



そしてこの茶屋には水とコーラと茶のみでした。

201806180325232eb.jpeg 





そして一旦休憩した途端に

20180618032526580.jpeg 

大雨。


なかなかなナイスタイミングです。




5分ほどで雨が上がったのでUSガールの撮影大会開始。

あ、もちろん私がお嬢の写真を撮って差し上げるという大会です。


そこにやってくる本日の野犬②か③よーしよしよしわしゃしゃしゃしゃ。




2018061803252315a.jpeg 



20180618032552d07.jpeg 



20180618032613632.jpeg 



201806180325512b5.jpeg 



20180618032613701.jpeg 




しばしUSガール放ったらかしてわしゃわしゃしてました。
※最後の写真の水色のちっちゃいのがUSガール。



とはいえせっかくの絶景なので私めも撮ってもらいました。
私もお嬢と同じようにあちらの岩によじ登るとついてくる本日の野犬②か③!!


なんていい子!!!


20180618032603328.jpeg 


わしゃわしゃしてたらお嬢がシビレ切らしてシャッター切り始めた。

※もはや私米粒以下です。




改めまして。


201806180326183e6.jpeg 


大変な自己満です。
ありがとうございます。
見えてないですよね、だから載せました。



池と野犬②か③。
もしかしたら④かも。

2018061803262201f.jpeg 




光差して来たジュタバレーに再びのシャッター。


20180618032625908.jpeg 



201806180326183e6.jpeg 



201806180326383e1.jpeg 





さて、そろそろ引き返します。



先ほどの雨で地面がしっかりと泥だか牛糞だかわからなくなっております。


20180618032640377.jpeg 



なおUSガールに、糞ってなんていうのか聞いたらピープと言うそうですね。
(カタカナだと発音を表現出来ぬのですが)。


泥かうんこか。

疑わしきはピープです。


と、細心の注意を払って進む私をよそに彼女はガンガン突き進みます。

泥もピープもあったもんじゃありません。


なるほど、これが世界ということですね。



Fifth seasonに着く頃にはまたも土砂降り。


ひとまず空腹極限につきお昼ご飯。

食べかけてますが。

201806180326324d5.jpeg 



土砂降りにより店内に押し寄せては注文せずに騒ぐ若者たちにオーナーの女性がブチ切れる直前の様子。

20180618052421866.jpeg 




ということで下山します。
さらば雷雨のジュタバレー。

 201806180326483ea.jpeg 


そしてこの最後の下山道のぬかるみがもう半端なく、泥だのうんこだの言ってらんないくらいズッカズッカ靴を沈ませ降りて来ました。

20180618032647c25.jpeg 

ここから二日間風呂なしなのに。。



ということで、
16:00にツアーバスにピックアップしてもらい、16:30にカズベギ村に着き、17:00のトビリシ行きの乗合バン10ラリが満席だったのでシェアタクシー20ラリで17:3020:00着にてトビリシへ。

本日のシェアタク。

20180618032715e0c.jpeg 



道中の羊の大群。

20180618032723433.jpeg


 201806180327288e8.jpeg 



20180618032723b31.jpeg 



気がつけば雲海の中。

20180618032722226.jpeg 


往路で立ち寄らずどこにあるんだろうと思ってた湧水スポットを発見。そして通過。無念。

20180618032735cc9.jpeg 



んでもってトビリシのDidube駅前着。

20180618032734134.jpeg 



ニーハオホステルに二日ぶりにニーハオです。一泊250円の衝撃宿。

20180618032742877.jpeg 



ここで23:00まで居座らさせてもらい、充電完了なだけでなくトイレを借りシャワーまで借り靴まで洗わせてもらい本当に感謝です。250円くらい払う覚悟でいましたが、「オッケー♪」の一言でした。
ありがとうございます。


空港へのアクセスは駅前から路線バス37番が出てるそうですが、こんな時間なのでもうバス無いだろう、法外な値段をふっかけてくるタクシー運ちゃんとまたバトるのか、と思っていたら、

20180618063440c73.jpeg 



終バスは午前3時近くまでありました。


30分間隔くらいで動いているようです。

路線バスなので0.5ラリです。
小銭もいけます。


ということでバス始発の地下鉄でステーションスクエア駅へ。トビリシ中央駅前にバスターミナルがあります。


20180618063441359.jpeg 


201806180637074c9.jpeg 



一番南側にあるバス停です。

2018061806344176c.jpeg 


他にも多数のバス停が並んでますが、ここだけバス番号の表示なし。
待ってる人にジェスチャーで飛行機?と聞いたらウンウンとのこと。


そしたらすぐ来ました。
嬉しすぎてブレました。土砂降りだったものでつい。


20180618063443307.jpeg 


このバスは駅を出て、トビリシ市内をぐるっと回って空港に向かうので、どう見てもあんた飛ぶ気ないでしょ、な人がわんさか乗ってはわんさか降りるを繰り返すのでめっちゃ時間かかります。


私の時はこんな遅い時間なのに
1時間15分くらいかかりました。



道中、これが最後のジョージアの母。

写り込んでいるのは母の念の具現化ではなくバス内の反射です。


2018061806344425a.jpeg 




ということで空港着。

20180618063446757.jpeg 



いきなり手荷物検査です。

2018061806344781a.jpeg 




そして私の飛行機は5:15発なのですが、当該航空会社のチェックインカウンターが見当たらない。。


インフォメのお姉さんに聞いてみると、どうやら
3:00にカウンターがオープン、そして何番窓口になるかはわからないとのこと。
そんなパターンもあるんですね。


ということで、
カフェ「カッパドキア」というそのネーミング誰得なカフェで最後のハチャプリ食べてます。


今日炭水化物しか食ってないです。


20180618064005b6e.jpeg 




一旦ここで今日の日記は区切ります。


この後は
朝7:00にアテネに着き、そこで16時間トランジットという実に退屈な予定なのですが、実はこの先一週間は中学時代の友人と合流することになっており、なんたる偶然かその子もアテネにいるということで、16時間トランジットの間だけ先行合流します。


彼女の方が一足先のフライトなので、次の国でまた合流というせわしない感じなのですが。



ということで、本日はここまでです。
明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


これが最後の「マドロプト」でしたー!



 
―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#282 四度目のデリーは博物館へ。inインド(51) 2018.9.21 2018/09/24
#281 ノイミカさんご出国。inインド(50) 2018.9.20 2018/09/23
#280後編 壮観の階段井戸。inインド(49) 2018.9.19② 2018/09/22
#280 白装束でタージマハる。inインド(49) 2018.9.19 2018/09/21
#279 列車が16時間遅延。inインド(48) 2018.9.18 2018/09/20