FC2ブログ

記事一覧

#205 カルナック神殿&ルクソール神殿 inエジプト(10) 2018.7.6


エジ下痢リスト、私です。


幸い胃痛や腹痛はないのでただただトイレとのフレンドシップを温めるだけで済んでおるのでメンタル面は今のところオッケーです。


懸案事項は尻の拭きすぎによる痔の悪化です。


胃に優しく尻に優しく今日も張り切って参りたいと思いますどうぞ宜しくお願い申し上げです。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:アスワン→ルクソール
・手段:列車
・料金:57ポンド≒342円
・時間:3時間    7:30発、10:45


↓移動図

2018070708314177f.jpeg 



↓ルクソール東側地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)

201807070832070e7.jpeg 


・オレンジ:Gobusオフィス

・ピンが無いがそのすぐ下にルクソール列車駅

・青:宿  oasishotel

・左の赤:ルクソール神殿

      Luxor Temple

・右上の赤:カルナック神殿

      Karnak Temple


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
現在15-20位あたり。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――


昨日のうちに駅で列車の時刻をヒアリング。


窓口はエジプト人共でぐっちゃぐちゃだったので、セキュリティチェックしてる兵士に聞いてみました。カタコト英語は出来るようです。


モーニングのトレインを聞いたところ、スリー、フォー、ファイブ、とのこと。

これ多分午後ですね。


もっかいモーニング!と申すと、セブン!

とのことでした。


なるほど。。
やはり以下の

201807071323456dc.jpeg 

この見方がよく分からない時刻表がなんとなく正しそうです。

上なのか下なのかはやっぱりよくわかりませんが。


とある最近のブログで「1時間に一本はある」と書かれていたので、
当初は「適当な時間に駅に行こう」と舐めてたのですが、これは慎重に6:30に駅に行くことにしました。


なおヨーロッパで散々列車批判をしてきた私がバスではなく列車に甘んじるのは、
・アスワンは長距離バスターミナルが遠い
・長距離バスターミナル内はどこになんのバスがあるか謎だった
・アスワン列車駅は始発っぽいので遅延が無さそう
という理由からです。


ということで6:30に駅に来ましたよ。



2018070705580950a.jpeg 

すでにチケット窓口はエジプト人共でぐっちゃぐちゃです。
チケット買うだけなのになぜ揉めている。

そしてなぜ行列ではなく人だかりみたいになっている。


固まっていた私を察したのか、セキュリティチェックしてた兵士にチケットは列車内で買えるぞ、と進言いただきました。

お気遣いありがとうございます。さては貴方、エジプト人ではありませんね。


入場ゲート。

20180707055813e1e.jpeg 


自由にホームへ行けます。
小銃引っさげてる兵士に写真OK?と確認しての撮影です。
(駅って写真NGなとこ多いようなので)


もうすでに列車が止まってます。
このⅡがきっと二等車です。

2018070705580313c.jpeg 


この二等車がずーーっと続き、

右奥二車両が一等車でした。


一等車も二等車も値段は大して変わらないとか聞いた気がするのですが、ひとまず二等車を見学。


写真忘れましたが、
二等車なりのまあまあオンボロな感じです。



そして一等車。


2018070705580517a.jpeg


 201807070555106c2.jpeg 



ちょっと広いです。

あとエアコンが極寒で効いてます。

そして二等車はすでにエジプト人がわんさかいたので、今の私の精神衛生上は一等車で即決です。


列車は7:30に出発しました。
これが定刻のようです。
ビバ始発駅。

201807070554551fb.jpeg 



列車が走り出して結構なスピードになっている中でかけ乗ってくる若者たち。

20180707055500861.jpeg 


出発してまもなく、車掌っぽい人がやってきて、その場でチケットを買えました。


20180707055530b54.jpeg 


57ポンド≒342円。安い!!
比較対象はないですが、列車にして良かったです。

列車はアスワンの街を抜けていき、

20180707055528987.jpeg 


ナイルの賜物な穀倉地帯を横目に

20180707055536d12.jpeg 


ナイル川沿いを北上していきます。
ナイル川の東側を列車は通るのでナイル川が朝日を浴びてます。

20180707055546773.jpeg


 20180707055554be3.jpeg 



20180707055554f84.jpeg


 20180707055556512.jpeg 



20180707055611779.jpeg 


ルクソールが近づいてきました。
緑に赤い花が混じり始めています。

2018070705561131c.jpeg 



到着!

201807070558548ac.jpeg 



2018070705584629c.jpeg 



20180707055847682.jpeg 


ルクソール駅を出たその瞬間からエジプト人共によるタクシータクシー祭りが始まると聞いていましたが、

もはや列車を降りた瞬間からそれが始まりました
奴らホームにまで溢れてます。動画撮ってやろうと思ってたのに先制されました。


駅構内。アスワン駅と同じ感じ。

2018070705591358f.jpeg 



さあいざ駅を出ましょう。
タクシータクシーどんな感じでしょうか。




思ったほどタクシーコールを浴びれませんでした。

もっと激しいのを想像していたのですが。


耳をすますとフレームの外でおっさんが「タクシー?イエス?オッケーカムヒア!」と自主提案&空受注しています。これは斬新です。

「空受注」とか新卒時代の私の同期を思い出します


ルクソールの街。
アスワンより街の密度が高いようには思いますが、まだなんとも。

201807070559273ad.jpeg 



宿はoasis hotelという日本人評判の良いところにしてみたのですが、

2018070705591934e.jpeg 


Maps.meの場所より手前にoasis hotelと書かれた場所が。

謎の男に手招きされて今ここに座ってますが、ほんとにここoasis hotel?

と訝しんでいると、男が台帳を見せてきて「イッツユー?」と、そこに私の名前がありました。
※Booking.comで予約してた。


どうやらここで正解のようです。

男の名はHassan。
ここのオーナーのようです。


Hassan氏がルクソールの見どころや宿が提供できるツアーについて色々説明してくれます。


Hassanは大事な日本語がちょっとだけ分かるようで、


しんでん

やすい
たかい
(エジプト人は)うるさい
わかる?
とおい


という単語だけ日本語でした。
うん、悪い人ではなさそう。


その後まだチェックインタイムではないですが部屋に通してくれました。

201807070559285bf.jpeg 


エジプト流に担がれる荷物。
この後この人に「何かプレゼントをくれ」と言われ固まる。



さて。
ルクソールの街は、ナイル川を挟んで東西に分けられます。


西が死のエリアと言われ、王家の墓があり、

東が生のエリアと言われ、神殿があります。駅や宿もこっち側です。

今日は東エリアをチャリでのんびり行ってみようと思います。
というのがHassanのオススメだったので。


「ウォークイズトゥーファー、、ホースとタクシーはエジプト人がうるさい&トリッキーだからバイシクルがマイリコメンデーション。わかる?」

そんなようなことを言ってました。
いやマジで。


本日の相棒。40ポンド≒240円。ダハブでは200ポンドだったので安いもんです。サドルのカバーがエジプトらしい。

201807070559555a1.jpeg 


まずはカイロに戻るチケットを探しに。

鉄道駅。

20180707060200df6.jpeg 


ではなく


20180707060202cad.jpeg


 20180707060212277.jpeg 

バス会社に来ました。駅のすぐ近くです。


列車のルクソール駅は始発ではないので遅延が凄いらしいのとやっぱりバスで行けるならバスで行きたいなと。



三社の窓口がありました。
BEST BUS 21時&23時など  150ポンド
GO BUS 21時&23時45分など  220ポンド前後
GOLDEN BUS 20時&23時など 195ポンド一律


証憑。


20180707060203d1a.jpeg 



20180707060216eb9.jpeg 


BEST BUSが最安のようです。

が、スタッフがいつまでも電話やめないのでブチ切れてGobusにしてしまいました。
早く誰か私に清潔な牛乳を。

ゲット。

2018070706022032d.jpeg 


ルクソール神殿に来ましたよ。

20180707060227b60.jpeg 



201807070602448f6.jpeg


 20180707060237716.jpeg 



ただなんだか神殿前の広場で大勢の男が集まり、屋外放送?では爆音で激しめの講演がぶっ放されているので今は入るのやめておきました。

よく考えたら今日は金曜日。
イスラム教の礼拝日でした。


どおりでそこらじゅうのお店が閉まってると思った。

先ほどの講演もコーランの読み上げだったかもしれません。


灼熱のアスファルトを走り抜け、

201807070602492bc.jpeg 



ナイル川に出ました。

201807070602531b6.jpeg


向こうの丘が王家の墓のはず。
明日行きますよ。



今目指しているのはカルナック神殿
ルクソールの街の北にあります。


ただ、場所は分かるのですが、入口がよくわからないのですよね。巨大な古代遺跡あるあるです。



到着。
ここでしたよ。

20180707080919f4c.jpeg 



敷地の入り口にカルナック神殿と書いてないので分かりづらい。
まあこんな自力で来るやつなんざ少ないんでしょうけど。


ビジターセンター。この奥でチケット買います。

20180707060313a15.jpeg 



カルナック神殿の模型。
デカイです。

20180707060308f3f.jpeg 



20180707060322ad3.jpeg 

一般公開されているのはこの一部だそうです。


→訂正:この模型が一般公開されている部分であり、この模型の外側には一般公開されていない神域がまだあるそうです。




チケット売場。
120ポンド。

20180707060341f48.jpeg 


↑100枚分までの料金が張り出されてるんですが、従量割引なさそうです。わざわざ張り出さんでも。


チケット。

2018070706033518a.jpeg 



いざ参りましょう、カルナック神殿。

2018070706032850f.jpeg  



カルナック神殿。
もともとこの地域は古代エジプト時代に首都テーベとして栄えた地域で、カルナック神殿は最初はこの地域の地方神を祀る小さな祠だったそうですが歴代の王=ファラオたちがどんどん改築を続けて大神殿になっちゃったという成り立ちです。


一般に公開されているのはアメン大神殿というごく一部の箇所(先ほどの模型の部分)で、他のムトの神域やモンチュの神域はMaps.meにはありますが中には入れません。



厨二病患者的には火のクリスタルですね。
大丈夫でしょうか、クリスタルが暴走して神殿が爆発したりしませんでしょうか。脱出前にデスクローとか出てこられてもこちとらエジ下痢中につき即LRですよ。



とりま参りましょう。

201807070758060f0.jpeg 

全体マップ発見。


最初の第一塔門の手前、
出だしからこのスフィンクスたちがお出迎えです。

201807070603484be.jpeg

 


頭は雄羊です。

20180707075748b88.jpeg 



20180707075753683.jpeg 



201807070757450b4.jpeg 



第一塔門を抜けると大きな前庭。

20180707075802ae8.jpeg 



前庭のマップ。これ分かりやすい。

2018070707582970a.jpeg 



セティ二世の建物(正式な訳は不明)

2018070707580267f.jpeg 



20180707075825773.jpeg


 201807070758279b2.jpeg


 

これツタンカーメンのスフィンクスですって。実際の王がスフィンクスになっちゃうのって、プラスの意図なんでしょうか。


20180707075845644.jpeg 



201807070758440ba.jpeg


 20180707075844611.jpeg 



ラムセス三世神殿。

20180707075900123.jpeg 

これ全部ラムセス三世様です。


アブシンベル神殿ではラムセス二世様祭りでしたが、ラムセス三世もこじんまりながら「俺祭り」したかったんでしょうね。


2018070707590938a.jpeg 




奥の部屋には当時の色合いをかすかに感じられる壁画が残っています。

201807070759203e6.jpeg 




前庭に戻りまして、第二塔門を仰ぎみます。

20180707075934bd3.jpeg


 20180707075933367.jpeg 


この巨像、綺麗に残されている数少ない像です。



門の両脇にもしっかりとレリーフ。


20180707080105d76.jpeg 



20180707080054e4d.jpeg 



20180707080059863.jpeg 

この3人いるうちの真ん中がアメン神だそうです。



さて第二塔門を超えると、、

20180707080111f5e.jpeg 



20180707080153b22.jpeg 



20180707080133705.jpeg 



20180707080212799.jpeg 



20180707080218031.jpeg 



201807070802343fb.jpeg 



20180707080237a40.jpeg 



2018070708024856c.jpeg 



大列柱室。
134本の巨大な柱が立ち並ぶ場所です。


こりゃすごい。。。

上記写真でその大きさを人間と比べてもらえればと。

歩いてみるとこんな感じ。




こんなんを今から3000年以上も前に作っちゃってるんだから大変なことですよこれは。


最初セティ1世が着手し、その後息子のラムセス二世が完成させたそうです。
セティ1世様、貴方なんですね。息子さんをオレオレに育てたのは。


第三塔門を抜け次の間へ。


201807070803086c0.jpeg 



20180707080249d39.jpeg 

オベリスクが二本見えてますが、左は次の間のが見えてるだけでここでの主役は右のオベリスク、トトメス1世のオベリスク。


下の方が崩れてしまっております。


201807070802568c7.jpeg 

高さ19.5m、重さ150トンですって。


続いて第四塔門を抜けると、


20180707080312dae.jpeg 

20180707080303a39.jpeg 

先ほど左側に見えていたオベリスク、ハトシェプスト女王のオベリスクです。
ヒエログリフがかなりくっきりと残されてます。
こちらは高さ29.56m、重さ323トンですって。


途中見かけたレリーフ。
兵士?敵の捕虜?すんごいたくさんいる。

2018070708033659d.jpeg 




祠。
ここがカルナック神殿の一番最初の地方神を祀った場所だそうです。カルナック神殿全体の1/10000くらいしかないのでは。

20180707080322d8c.jpeg


 20180707080329291.jpeg 

奥でエジプト人寝てますけど。



ここの壁画が保存状態良いです。

20180707080346725.jpeg 


なんらかの表もあります。
記号の意味の説明書きかな?

201807070807017f6.jpeg 




またまた見つけた面白いレリーフ。
最初シーシャ吸ってんのかと。

201807070805144e2.jpeg 


トトメス三世祝祭殿。

201807070804557b5.jpeg 



ここの壁画は色味が残ってました。


20180707080507d16.jpeg 



2018070708052199d.jpeg 



201807070805242ba.jpeg 



20180707080529eca.jpeg 


当時はどのような色調だったのでしょう。
現時点でも青・赤・黄の三原色が残ってるくらいなので極彩色だったのかしら。。。



エジプト人が教えてくれた聖母マリア。

20180707080505eb1.jpeg 



なんと聖母マリアです。
この地がローマ帝国の支配下となりローマ帝王コンスタンティヌス1世がキリスト教の信仰を認めた際、この神殿は異教とみなされて放棄され、この場所にキリスト教会が設けられたそうで、その際の名残のようです。


わ、笑い男。。。

20180707080539fc5.jpeg 



ドラえもん恐竜編でこんなんあったよね。


201807070805510ad.jpeg 


これ自販機に入れると食材が手に入ったような。あ、すみません嘘ですファラオ様。




神殿最奥部は緑と巨石の残骸。
この3000年前の遺構が緑に侵食されている雰囲気もちょっとロマン度ヤバし。

20180707080544f5c.jpeg 



20180707080600a0b.jpeg 



20180707080603035.jpeg 



20180707080611672.jpeg 



20180707080625291.jpeg 



20180707080632749.jpeg 



20180707080644257.jpeg


 20180707080616b4e.jpeg 


油断してました。

201807070807030f1.jpeg 



足を負傷しました。

201807070808197f9.jpeg 



トルコにはいなかった新手です。
ざっくりいきまっせ。


聖池。
雰囲気ある緑色を湛えています。


神官が神殿で儀式を行う前に身を清めたのだそうです。


20180707080751896.jpeg 



20180707080758721.jpeg


 
魚いる。

20180707080800635.jpeg 


最奥まで来ましたが、冒頭マップの通りここまで西→東にひたすら来ました。
南北の軸もあるのでそちら方面へ行くべくちょっと戻ります。


トトメス三世祝祭殿からアメン大神殿方面を臨む。

20180707080817b5d.jpeg 


聖池の西側に出ました。

201807070808295ee.jpeg 



これはハトシェプスト女王のオベリスクの折れてしまったものの先端だそうです。一番先っちょのレリーフで座っているのがアメン神、その前にいるのがハトシェプスト女王だそうな。


20180707080819936.jpeg 



スカラベの像。
つまりはフンコロガシさんです。


2018070708081807d.jpeg


 201807070808392fe.jpeg 



なんでフンコロガシなんでしょう。


Wiki先生にご教示頂きました。


古代エジプトでは糞塊を転がして大きな球体を作るスカラベの習性を神秘的なものと考え、その球体を太陽に見立て、スカラベを太陽の運行を司る神である太陽神ケプリと同一視した[1]。太陽は再生や復活の象徴でもあり、スカラベは聖なる甲虫として崇拝され、スカラベをかたどった石や印章なども作られている。また、スカラベはオスしか存在しない昆虫で、自分の精液を糞の玉の中へ注ぎスカラベが繁殖すると解釈していた。


。。。お、おす!
幾何学から天文学までを嗜んだ古代エジプト人が、フンコロガシを見て「か、、神ってる!!」と発狂する様子、想像出来ませんね。
なお最後の一文が過去形なのはなんなんでしょうか。実際はどうなんでしょうか。投げっぱなしなんじゃないですかWiki先生。


近くには復元中?の神殿。
こうしてみると本当にブロック一つ一つの積み上げなんですね。。。

20180707080833658.jpeg 



もうここが何神殿なんだかわかりませんが、遺構を歩いてます。

20180707080841a7b.jpeg 



201807070808546f0.jpeg 



20180707080850978.jpeg 



南北の軸は立ち入ることができない場所が多く、これにて見学終了です。


ここ、終始屋外なので日差しヤバイです。

柱や壁が高い場所が多く日陰があるにはあるので、休み休み行かないとガチで熱中症になるでしょう。


私も下痢止め飲んであるので容赦なく水をガバガバ飲んでます。そしてそろそろ下痢止めも限界っぽいので茶屋を探したい。



帰りのお土産屋。

20180707080906c81.jpeg 



20180707080910a03.jpeg 



ほんと心苦しいのですがウルトラマンの敵に



あ、スカラベ様。

20180707080909517.jpeg 




※スッキリ後。@茶屋

20180707080907193.jpeg

 

調子に乗ってパスタ頼みました。
ここは観光客向けのやや高レストランなので大丈夫だとは思いますが念のためエジプト油が少なそうなものをチョイス。

201807070809234a0.jpeg 


。。をしたのに優しいエジプト人がその辺のナツメヤシの木から採ったばかりのデーツをくれるじゃ無いですか。そんな嬉しそうにくれたら断れないじゃないですか。その洗った水は大丈夫な水ですか。


2018070708091793b.jpeg 


まあ食べましたけど。
私、初デーツでした。めっちゃくそ甘いですねその辺の木から採ってんのに。蒸してトロトロにしためっちゃ甘いサツマイモのような味でした。これオッケー?



もっかい最初のビジターセンターの模型に来ました。
というのも、最初の写真、あれ実際の見学ルートとは方向が違っていたことに途中で気づいたのです。


これが今回見学した方向です。
手前が西。奥が東。


2018070708140752b.jpeg 



これスフィンクス参道ですね。

2018070708134964e.jpeg 



目線を下げるとこんな感じ。

20180707081417556.jpeg 



大列柱室を北側から覗く。右の第二塔門凄いデカイです。

20180707081406e3f.jpeg 


3、4、5塔門とトトメス1世とハトシェプスト女王のオベリスクたち。

201807070814149d6.jpeg 


トトメス三世祝祭殿を北から覗く。

20180707081441ecc.jpeg 


良いですねー、実際に見学した後にこの模型見るのは構造物フェチ(私)には大変に堪まらんばい。



その後はナイル川沿いをサイクリング。

2018070708142401d.jpeg


 201807070814459ba.jpeg 



ルクソールにもキリスト教会がありました。

20180707081444f1b.jpeg 



ルクソール神殿まで戻ってきましたよ。

201807070814506f0.jpeg 



このルクソール神殿は先ほどのカルナック神殿内のアメン大神殿の付属神殿としてアメンホテプ三世が主に建立したそうです。



ふむふむ。

201807070815184fc.jpeg

 


えっと、

201807070815093b6.jpeg 



2018070708151797b.jpeg 



20180707081532e1a.jpeg 



20180707081540945.jpeg 

これ外から結構見えちゃいますね。


これで満足しちゃいました。
すません。


、、、で終わらないですよ!


この後は宿に戻り便器とのフレンドシップをしばし温めたのち、もっかいこのルクソール神殿に来ました。


ライトアップを見るためですー!



201807070815391de.jpeg



良さげです!

このまま中に入ってみますよ!


2018070708154968d.jpeg


 20180707081542f27.jpeg  



。。。入り口どこ。

神殿前は広場になっており、その奥に登り階段があるのですがどう見てもそれはモスクであり神殿では無いのです。


どこー。



ここでした。


20180707081841d3f.jpeg



 20180707081832d63.jpeg



なんと分かりづらい。。。



入場料100ポンド≒600円。


20180707081841d75.jpeg


 20180707081844db7.jpeg 




いざ参りましょう。

入るとすぐにルクソール神殿の素晴らしい門構えが見えているのですが、思い切って逆方面の写真から。


めーっちゃながいスフィンクス参道があるのです。


20180707081901ccc.jpeg


 201807070818594a5.jpeg 



これがここから数km離れたカルナック神殿まで繋がっていたそうです。

何体あったんだスフィンクス。。



そして改めまして背後を仰ぎ見ると、、


2018070708185437f.jpeg 



ルクソール神殿でございます。

ライトアップでだいぶ色気付いてますけども。


見えているオベリスク、


2018070708192324a.jpeg 



2018070708191871c.jpeg



もともと一対でもう一本あったのだそうです。

それはクレオパトラの針とも呼ばれていたもので、ナポレオンがフランスに持ち帰っちゃったんですって。


で今はパリのコンコルド広場にあるという。



。。。それって、

 20180707134543537.jpeg 



これのことですよね。

パリで夜な夜な極寒夜景狩りをした際に、五車線くらいあるラウンドアバウトの中心にこのでっかいオベリスクがあり命がけで接近したのを覚えてます。



さて、巨像たちに見守れながらいざ中へ。


2018070708191766e.jpeg


 20180707081928c43.jpeg 



20180707081929a2c.jpeg


 20180707081941d9f.jpeg 



最初の中庭がラムセス2世の中庭。

またもラムセス2世様だらけの場所です。


20180707081946810.jpeg 


これもラムセス。

20180707082209150.jpeg 



あれもラムセス。

20180707082000918.jpeg 



それもラムセス。


20180707081947fc6.jpeg 



正面に鎮座するラムセス2世様の台座のレリーフ。

20180707082213de2.jpeg


 20180707082215562.jpeg 




その先の回廊のこちらはツタンカーメンご夫妻だそうです。


2018070708222625f.jpeg 


この巨大な柱の列柱廊を抜けると。。


2018070708223482f.jpeg





アメンホテプ三世の中庭です。


201807070822317d1.jpeg 



ここライトアップ綺麗です!







20180707082242950.jpeg 



この次はローマ帝国支配下の時代の名残の場所のようです。

たしかにローマっぽい作りになってます。

半円アーチとか、丸みあるくぼみとか。


201807070822502d3.jpeg 


 20180707082303f6f.jpeg 



ローマ人の壁画があると聞いていましたが見当たらず。崩れちゃったのかな。下の写真はとかエジプトのレリーフの上に土を塗り固めて壁画を描いていたのが分かります。


201807070823120aa.jpeg 




その奥がアメン神殿です。


201807070823321cf.jpeg


 201807070823350b5.jpeg 



20180707082338d0a.jpeg 



20180707082351f0f.jpeg 



20180707082359dd7.jpeg 



2018070708240461e.jpeg 



20180707082412c9c.jpeg 



レリーフばっか撮ってて神殿っぽい写真が皆無ですが、一部色味の残るレリーフなんかもありました。

てかレリーフ見るなら昼に来なきゃですね。



その後は神殿を出て、敷地を大きく迂回してスフィンクス参道を正面から見ようと思ったのですが、道中の車とバスと馬車のカオスっぷりの断念。

マジビビるんですけど、なぜこの町の車たちはライトをつけない!?そしてよくその中をバスも馬車も人もチャリも縦横無尽に走り回る?てか藻前らどこから湧いてきた。昼はガランとしてたのに。


途中リタイアした時点のスフィンクス参道。


201807070831167fb.jpeg 



ルクソール神殿の上にあるモスク。

最初このモスクの下にルクソール神殿は埋まっており長らく発見されなかったんですって。なのでこんなに保存状態が良いのだそうです。


20180707083124769.jpeg




本日はここまでです。


明日は王家の谷に行きます。

ファラオたちが大集合しちゃうわけですね。


ちょっとここで、今更ですが、ここ数日の間にでて来たファラオ(古代エジプトの王を指す)について時系列を見てみました。


以下wikiの年表からこれまで出て来た名前の前後だけ抜粋。
カルナック神殿の増改築では後の王が前の王のレリーフを悪意を持って消したり善意を持って加筆したりといった増改築が多く、人の名前がちんぷんかんぷんになったので、前後関係だけ把握しておきたいなと思いまして。

▼第18王朝
・1551〜1514年  アメンへテプ1世
・1524〜1518年  トトメス1世
・1518〜1504年  トトメス2世
・1498〜1483年  ハトシェプスト女王
・1504〜1450年  トトメス3世
・1453〜1419年  アメンへテプ2世
・1419〜1386年  トトメス4世
・1386〜1349年  アメンへテプ3世
・1350〜1334年  アメンへテプ4世
・1334〜1324年  ツタンカーメン
・1325〜1321年  アイ
・1321〜1293年  ホルエムヘプ
▼第19王朝
・1293〜1291年  ラムセス1世
・1291〜1278年  セティ1世
・1279〜1212年  ラムセス2世
・1212〜1202年  メルエンプタハ
・1202〜1199年  アメンメセス
・1199〜1193年  セティ2世
・1193〜1187年  サプタハ
・1187〜1185年  タウセルト女王
▼第20王朝
・1185〜1182年  セトナクト
・1182〜1151年  ラムセス3世
・1151〜1145年  ラムセス4世
・1145〜1141年  ラムセス5世
・1141〜1133年  ラムセス6世
・1133〜1126年  ラムセス7世
・1133〜1126年  ラムセス8世
※年号被ってるのは謎。
・1126〜1108年  ラムセス9世
・1108〜1098年  ラムセス10世
・1098〜1070年  ラムセス11世
ここでラムセスメドレー終了。


よく名前が出てくるのは第18王朝のファラオたちなんですね。その前後の王たちはなぜ神殿に名前が出てこないのでしょうかね。



なお絶世の美女で有名なクレオパトラはいわゆるクレオパトラ7世らしく、上記のツタンカーメンやラムセス各位とは時代が全く異なる紀元前1世紀頃の登場人物だそうです。


エジプトがローマ帝国に敗北することとなった最後の王朝、プトレマイオス朝の最後のファラオ(王)なのだそうです。


なんだかちょっとクレオパトラ7世について掘り下げたいですが、ひとまず今日はここまで。



明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
シュクランでした。

あっとととトイレ。



―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
―――――――――――――――――― 

コメント

お尻は大丈夫?

お尻は大丈夫ですか?お尻が心配です。

Re: お尻は大丈夫?

まぁちゃんさん>
私も尻との付き合いはなかなか長いので上手いことやらせていただいていますのでご安心ください。紙を使わずに美しく仕上げております。

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#334 軋むベッドの上で優しさ持ち寄る覚悟はありますか。inオマーン(1) 2018.11.12 2018/11/16
#333 ネパール発セレブ行き。inネパール(10)2018.11.11 2018/11/15
#332 俺的バイブス超ピース。inネパール(9) 2018.11.10 2018/11/14
朝陽輝くヒマラヤとシャトーブリアン。inネパール(8) 2018.11.9 2018/11/13
#330 いざエベレストォ!!inネパール(7) 2018.11.8 2018/11/12