FC2ブログ

記事一覧

#225 エロではない。豊穣だ。inインド(11) 2018.7.26



先日、デリーのショッピングモールで海パンを調達し、パンツ無用のミニマリスト宣言をしましたが、今日気づきました。


これ海パンじゃなかったですね。

私、ただのノーパンです。


つまり、今日はノーパンでエロい遺跡に行きました。
字面だけが一人歩きしそうですが、あくまでも当ブログの品性高潔スタンスは揺るぎない水準ですので悪しからず。



――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:カジュラホ周辺
・手段:徒歩
・料金:ー
・時間:ー


↓カジュラホ地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)

20180726001111f0a.jpeg 

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――


カジュラホ宿での朝食。

20180727000920e0f.jpeg 


Pulaoというものをオーダーしてみましたところ、ピラフみたいのが来ました(右)。


パラっとしてて美味です。


Wikipedia先生によると、プラオもビリヤニも炒めご飯的な感じですが、よりヒンドゥースパイス効いてるのがビリヤニっぽい。


そしてこのプラオは西へ広がり、ピラフとなりパエリアとなっていったそうです。ふむふむ。


さて、掲題の通り、本日はカジュラホ西の寺院に参ります。

通称エロ遺跡です。

昨日に引き続きWikipedia先生から抜粋です。


10世紀初頭から12世紀末ごろのチャンディーラー朝時代に85箇所に及ぶ寺院が建設。ミトゥナ像(男女交合のエロティックな彫刻)を含む官能的なレリーフ群も共通してみられ、いずれも豊穣祈願が込められていると考えられている。


分かりやすく「エロ遺跡」などと言いましたが、あくまでも豊穣祈願だそうです。


せ、先生がそう言ってるんだからね!



ということでLet's豊穣です。

20180727000943eaa.jpeg 



20180727000924134.jpeg 



チケットは500ルピー≒800円。
東寺院群のヒンドゥー教寺院と異なり有料なだけあってしっかりと庭園が整備されています。

20180727000924712.jpeg 


この敷地内には全部で9?の寺院がひしめき合っています。どこがどれだけ豊穣なのかわかりませんが、ひとまず左から順に。



ラクシュミ寺院(LAXSHMI TEMPLE)

201807270009251be.jpeg


 201807270009263a6.jpeg 



2018072700092692d.jpeg 



20180727000927dae.jpeg 


ヒンドゥー教三神の1つ、ヴィシュヌ神の妃の名を冠した寺院ですが、ここはとても小さく、豊穣感はありませんでした。



ワラハ?寺院(VARAHA TEMPLE)

20180727000928689.jpeg



 201807270009293e3.jpeg



大きな獅子が祀られてます。
ヴィシュヌ神は色々なものに化身となるだかなんだかとどこかで見た気がするのですが、それかしら。


20180727000931154.jpeg 



この獅子の身体が大変なことに。

20180727000934177.jpeg


 20180727000935b32.jpeg 

神様だらけです。


天井の花のレリーフも素晴らしい。

20180727000937b87.jpeg 



。。。あれ、もしかしてこの日記にエロを求めてたりしますか?
だから申しているじゃありませんか、当ブログは品性高潔さをウリにしてるんですって。

にしてもいまのところ全然エロく豊穣感はございませんね。



ラクシュマナ寺院(LAKSHMANA TEMPLE)

2018072700093862d.jpeg 



ひときわ大きい寺院です。

201807270009404da.jpeg 



そしてようやくの壁中レリーフ大騒ぎな外観です。さっそく参りましょう。

20180727000941502.jpeg 



20180727001211d54.jpeg 



20180727001210a48.jpeg


 201807270012096e4.jpeg

 


201807270012124d8.jpeg 


ん?


。。おぉおぉ!!

20180727001212e1c.jpeg 



ほ、豊穣。。。


ありましたよ。豊穣祈願です。


えっと、思っていたよりも大豊穣ですね。
参加者の手足がどこでどうなってるのか解読出来ません。
両脇の両名はこの中心の両名の様子に触発されてアレがアレですね。

、、、なんという大豊穣っぷりでしょうか。



20180727001213701.jpeg 



こちらでも豊穣大会勃発中です。
どんだけ豊穣を願ってるんでしょうか。


このレベルの豊穣が普通に見えてきます。

20180727001214140.jpeg 


もしや、

2018072700121549b.jpeg 



この東寺院群にもあった、これ。
犬の尻尾を掴んでキャインキャインだと思ってましたがこれはワンちゃんと一緒に大豊穣ってやつでしょうか。大丈夫でしょうか。


こうした交合像をミトゥナ像と言うようです。


ミトゥナ像は寺院の壁中にあるものと期待思っていたのですが、どうやら壁の一部のみのようです。


なので

201807270012178cd.jpeg 



こうしたただただ美しいレリーフに囲まれて


20180727001213701.jpeg 



大豊穣大会がおっぱじまります。

もはや豊穣探しです。



。。。あ、

違いますよ、私はこの寺院に美しいレリーフ群を求めに来てるわけであって決してエロ目当てでは無いです。


強いて言うなら「豊穣祈願」です。



もうちょっと言うなら、

「豊穣して欲しい」ではなく

「豊穣したい」です。


寺院の内部にも入れます。

201807270012181d5.jpeg 



20180727001223185.jpeg 



20180727001224246.jpeg 



20180727001222e8f.jpeg


 20180727001220412.jpeg


 
きめ細やかなレリーフには目を奪われますが、、、


ひとまず次の豊穣はどこだ。

Let's 豊穣。



寺院群、奥のエリア。

20180727001227ab6.jpeg 



カンダーリヤ寺院(KANDARIYA TEMPLE)

201807270012297e6.jpeg 



20180727001230c5d.jpeg 


カジュラホ最大の寺院で、シヴァ神を祀った寺院だそうです。
このこんもりした屋根(シカラというそうです)は31mもあるんですって。


さ、豊穣狩りとしけこみましょう。

20180727001232b46.jpeg 



おお。。!!

2018072700123462a.jpeg 



アイヤー。

201807270013040ff.jpeg 

中国雑技団状態です。
細やかな確認描写は控えますが、なんかもう突き抜けて逆に清々しいですね。

こちらは一部が欠けてて逆にあれこれ妄想考えさせれます。

201807270013053ba.jpeg 



キャッキャッって感じでしょうか。

20180727001306441.jpeg 


ってこれめっちゃ高いところまで彫り込まれてますね。

20180727001308fd9.jpeg 


。。。と見上げながら後ずさりすると

20180727001310b62.jpeg 


この柵で命拾いしました。


きっと皆この豊穣っぷりに心奪われより多くの豊穣観察をしようとしてここから滑落したのでしょう。


なお、ここから落ちたら多分死にます。



逆サイドもかなり豊穣。

201807270013138b6.jpeg 



20180727001314dd0.jpeg


 2018072700131860f.jpeg 



これは豊穣かな?

もう思考は厨二です。

20180727001330026.jpeg 


寺院内部。

20180727001330b64.jpeg


 2018072700133132d.jpeg 



この奥の御神体の写真を撮ろうとしたら、その場にいたガイドっぽいおばちゃんが「見せてあげるわッ!」と言って目の前にフレームイン。ちょっと待ってってば。

201807270013310ef.jpeg 



こちらが御神体です。

2018072700133100f.jpeg 


シヴァリンガというそうです。
シヴァ神の、いわゆる下のシンボルです。



ガイドのおばちゃんに言われるがままにシヴァ神のシンボルに手を添える姉。

20180727001332799.jpeg 



テーヴィー・ジャクダンベ寺院(DEVI JAGADAMBI TEMPLE)

20180727001332999.jpeg 


狛犬的な獅子がいましたが、豊穣を醸し出す様相です。

201807270013321f8.jpeg 


こちらもまずは外周をぐるりと、、!?

20180727001332378.jpeg 


これまでの寺院で豊穣祈願像があった場所が、空っぽです。


ほ、豊穣を、、僕らの豊穣を返せ!


201807270013325f7.jpeg


 20180727001414474.jpeg 



2018072700142374a.jpeg 


いくつか豊穣してましたが、なんというんでしょう、もっとこう、豊穣豊穣してるものをですね。。

。。。あれ。
気がつけば私、豊穣にしか興味無くなってますね。


否定はしません。



寺院内部。
 20180727001332c53.jpeg 


 2018072700142451f.jpeg


 20180727001422da3.jpeg


 20180727001422735.jpeg 

もう豊穣感ないと見るやスタコラサッサです。


チトラグプタ寺院(CHITRAGUPTA TEMPLE)

201807270014262d0.jpeg 



20180727001424cbf.jpeg


 2018072700142451f.jpeg


 20180727001424560.jpeg 



20180727001424e63.jpeg


 2018072700142434d.jpeg 


豊穣なし。

はい次!


パールバティー寺院(PARVATI TEMPLE)

20180727001426078.jpeg


 20180727001423c1b.jpeg 


 201807270014268b9.jpeg


 20180727001426e20.jpeg


 20180727001426de5.jpeg

 


無豊穣、次!

豊穣Wanted!!


ヴィシュワナータ寺院(VISVANTHA TEMPLE)

20180727001426212.jpeg


 20180727001426454.jpeg 


入り口は象さんに乗った女性が跡形もなくぶっ壊れてのお出迎えです。
これもなんらかの暗示でしょうか。


豊穣、ゲットだぜ!

201807270014278ce.jpeg 



両脇の両名はちょっと恥じらい系ですね。ジャンルに幅がありますね。

20180727001427efa.jpeg

 


これ足元よく見てください。
女性が男性を支えてませんか。
もうなんかよく分かりませんけども。

20180727001459f95.jpeg 


ぼ、僕らの豊穣を、、、!!!

20180727001500542.jpeg 


象合戦?それともこれもまた豊穣でしょうか。

だとしたら大変な組体操っぷりになりますが。

2018072700150055a.jpeg 



反対側。

20180727001502501.jpeg 




左から二番目の女性はどういう状態でしょうか。「ヤダー!」とか言いながら指の隙間から覗いちゃうパターンのやーつでしょうか。

201807270015032e8.jpeg 


もう天晴れとしか言いようがない。

20180727001504f0b.jpeg 


寺院内部。

2018072700150679b.jpeg


 201807270015083cd.jpeg 



201807270015096c7.jpeg 


黒ずんだシヴァリンガ様が立ちはだかっていました。



ナンディ?寺院(NANDI TRMPLE)

2018072700151161f.jpeg


 201807270015136c8.jpeg

 
こちらの入り口にも象さん。
こちらの方は象さんにまたがってどうにかなっちゃってます。


寺院は雄牛、これもヴィシュヌ神の化身か何かでしょうか、が祀られてます。


201807270015146a7.jpeg 



愛嬌ある顔してます。

 20180727001516824.jpeg 



20180727001517535.jpeg 



2018072700151909c.jpeg 


天井のレリーフ。

2018072700152176a.jpeg 


プラタぺシュワラー?寺院(PRATPESHWARA TEMPLE)

2018072700152354c.jpeg 


入った直後に寝てた本日の野犬。

20180727001523fb2.jpeg 



奥の間にもう1匹。

201807270015257ad.jpeg 



偶然か、奥に祀られてたのも犬でした。
(馬かも)

20180727001550ce7.jpeg


 20180727001551edd.jpeg

 

そしてシヴァリンガ。

20180727001551692.jpeg 



カジュラホ遺跡はそんな感じでした。


なんというか、もっとそこら中一面にエロ豊穣祈願の彫刻が四十八どころか六万五千五百三十五通りくらい広がっているものと期待思っていましたが、希少価値と言いますか、あの錚々たるレリーフの嵐の中に凛と構える様は逆に唆られる神々しさを感じますね。


存分に堪能しました。
私の豊穣祈願が叶うことを願って止みません。




さて、移動です。


次の街はですね、あのヴァラナシを予定しています。
ただ宿の人曰く、カジュラホ駅からヴァラナシジャンクション駅までの列車は隔日らしく、今夜は無いんですって。

で、ちょっと離れたサトナという街まで行けば、そこからは列車が毎日出てるらしいのですって。


なので、
①カジュラホから幹線道路が走る隣村のバミタ(Bamitha)までリキシャ
②バミタからサトナ(Satna)までローカルバス
③サトナからヴァラナシ(Varanasi)まで夜行列車
でいこうと思います。


もう一日待って列車で一本、の方が確実なのですが、ちょっと旅程がギリギリなものでして。


というわけで宿をチェックアウトし、リキシャでバミタへ。

20180727001553a98.jpeg 



ここ。

20180727001614325.jpeg 

右の赤い線は気にしないでください。



カジュラホ村からバミタまでのリキシャは言い値が150ルピーでした。
荷物多かったので料金交渉して無いですが、もうちょっと値切れるでしょう。


あの、ほんっとどうでも良いんですが、
リキシャのおっさんの耳毛が長老級

201807270015542c7.jpeg 



バミタ村着。

201807270015563ac.jpeg 



なにやら様子がちょっとおかしいです。

2018072700155703b.jpeg 



演説?みたいのやってます。
そこら中にこの写真下部のおっさんのポスターが貼られ、ドンチャカドンチャカ大演奏が繰り広げられてます。
やかましい。


大通りに出ました。
ここをサトナ行きのバスが通るらしいです。

20180727001559558.jpeg

 

ここ

20180727001600444.jpeg 



なのですが、様子がおかしいです。

20180727001602e50.jpeg 



道に人が溢れ始め、一気に渋滞になりました。

しかも車はいつのまにか一方通行になってます。しかもサトナとは逆方面の方向に。



大量の兵士を詰め込んだトラックまで登場し、あたりは明らかに異常事態。
デモだろうか?

。。。む。

20180727001603808.jpeg 



むむ。。。!

201807270016051e9.jpeg 


なんと、、、!



あのポスターのおっさんがエライ高い車に乗って通り抜けて行きました。。
パレードでしょうか?


近くの青年に聞いたら「なんたらかんたらミニスター」と言ってました。
州知事とかでしょうか?

にしても凄い盛り上がりですね。
千葉県で千葉県知事がパレードとかやっても誰も見に来やしないでしょうが、ここではもう路上はもちろんバス待ちしてた人もパレードに参加し道端の屋根上はもう人だらけ。

他にやることない大変に支持されている方なんですね。


で、
バスはいつ来るんですか怒

もう2時間待ってるんですけど。
なんなら土砂降りで凍えそうですし、泥なのかうんこなのかわからない土の上にうっかりリュック置いて腰下ろしちゃったりしてもうメンタルクライシスなんですけど。


ようやく一方通行が緩和し始め逆側からも車が来はじめたそのとき、白い乗用車が我々の前に止まり「サトナ?」

キタコレ。

インドにはこういう素晴らしい方がいるのです。感謝感激ダンニャバードです!
「やあ!僕の名前は●●!ちょうどサトナに行くところだったんだ!宜しくね!君たち日本人?わお最高!日本は素晴らしい国だよね!でもよかったね、今日はバスは走ってないよ!良かったね!タクシー拾えて」商売人でした。

感激して損した。
ちなみにお値段350ルピーでした。
バスよりはかなり割高だと思いますが、道が悪路すぎて結局3時間くらい乗ってたので、まあ安いもんでしょう。

↓移動図
20180727001615f92.jpeg 

サトナまで105kmです。
1時間くらいで着きそうなもんですが3時間。

まあこのボッコボコの道で100km出した日には車体が空中分解するでしょう。


サトナ駅。

20180727001611c05.jpeg 



右側にRESERVATION CENTERがありました。


20180727001609675.jpeg 


切符購入申請シートはアグラ駅でたくさんゲットしてあるので今回は並ぶ前にシート記入していざ窓口です。

駅員に、
ウィー ワナ ゴー トゥー バラナシ トゥナイ!
と申すと即答で
「フル。」

。。。マジ?
ひとまずそのまま
トゥモロー?
と申すとこれまた即答で
「フル。」

これ本当かな。
手元のClearTripでは以下の通り14本の列車の存在を確認してます。
今日は流石にフルでも明日フルはないだろう。


20180727001634460.jpeg 201807270016352c4.jpeg 20180727001635db4.jpeg 

PCでご覧の方には画像の縮尺未統一で恐縮です。



なのでClearTrip片手に、めげずに
デイアフタートゥモロー?
と問うとここでようやく駅員がパソコンいじり始める。

そして
トゥデイ、イレブンフォーティーファイブ、オーケー?
と。


なんなんでしょうかこれ。
販売拒否されていたのでしょうか。
お前カジュラホ遺跡のレリーフにするぞ。



もう考えても仕方ないですが、これからはちゃんと武器を用意して乗車券売り場に行くようにします。


粘り勝ちの列車チケット。

201807270016172b8.jpeg

 

23:55発。
。。。ただ今時刻17:30。
あと6時間です。
そして列車が遅延することを考えるとなおさらです。



ひとまず駅前通りに出てみましたが、

20180727001611c05.jpeg 


汚いだけでなにもありません。


逆に駅の中にちょっとしたフードエリアがあったので、

20180727001612dd2.jpeg 


夕飯食べつつ、ひたすらに時間を潰しました。

トイレの汚さが人知を超えていてぐうの音も出ません。
水分も摂取せずひたすら待つ。



23:00頃、我々が乗る列車のプラットフォームを電光掲示板で確認。


20180727102500832.jpeg 



23:45、2番ホームに列車が来ました!


20180727102500af5.jpeg 
 

何の迷いもなく乗車しようとしたらところに駅員がいたので、挨拶がてらチケットを見せてみたところ、「これは君たちの列車じゃ無い、アフターディスのネクストワンだ!」

命拾いしました。

どこぞとしれないインドの僻地に島流しされるとこでした。


てか何でそんな紛らわしいことするんですか。

となりにガラガラのプラットフォームがあるでしょうが!




改めてこの子と共に列車待ち中。


20180727102503851.jpeg 



20180727102510dea.jpeg 



来たみたいです。

あの子は列車が来る前に餌を求めてとっととどっかに行きました。


201807271025140d3.jpeg 



今回の車両も3Aです。

時刻すでに24:00につきそこら中からインド人のいびきが聞こえてきます。


こいつら夜は大人しく寝てくれるのが幸いです。


まあ朝は夜明けと同時にカレーだのチャイだのでそこら中に香辛料の香りをぶちまけてくれるのですが。



20180727102514ad1.jpeg 




ということで本日はここまで。


明日からはTHEインド・オブ・インド、カオス・オブ・カオス、世界のバラナシ編です。


ああもうすでに心が下痢。



ダンニャバードでした。


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#307 美しく青きガンジス。inインド(76) 2018.10.16 2018/10/20
#306 計画都市チャンディーガル。inインド(75) 2018.10.15 2018/10/19
#305 インド人共と廃材芸術。inインド(74) 2018.10.14 2018/10/18
#304 トリウンド絶景狩り。inインド(73) 2018.10.13 2018/10/17
#303 チベット亡命政府の街、ダラムサラ。inインド(71) 2018.10.12 2018/10/16