FC2ブログ

記事一覧

#228 仏教はじまりの場所 inインド(14) 2018.7.29



いまバラナシの宿にいるはずなのですが、

Maps.meのGPSが

20180730102732137.jpeg 



ガンジス川ど真ん中を指すんですよね。



なんの暗示でしょうか。

沐浴せし、ということでしょうか。


沐浴云々以前にこんな川の中心に放り込まれたら流されて死にます。





ささ、本日は仏教始まりの地、サールナートへ行ってみました、というお話でございます。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:バラナシ→サールナート
・手段:リキシャ
・料金:150ルピー(言い値200ルピー)
・時間:30分くらい


↓移動図

20180730103022050.jpeg 



↓サールナート地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)

201807301053072fd.jpeg 



・真ん中寄りの赤:ダメーク・ストゥーパ

      Dhamekh Stupa

・左寄りの赤:アショーカ王の石柱

      Ashokan Pillar

・右側の青:ダメーク・ストゥーパがある遺跡公園入場門

・左側の青:チケット窓口

・ピンク:サールナート考古学博物館

      Archaeological Museum

・そのすぐ上の紫:ジャイナ教寺院

・その右の紫:ムルガンダクティ寺院

      Mulgandhakuti Vihara

・右下の紫:日本寺 日月山法輪寺

      Japani Temple & Monastery


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――


朝。

20180730102737834.jpeg

 
大雨です。



昨夜、この朝の朝日ボートツアーに申し込んだ日本人の方に「今日は夕日が見えてたので明日の朝日きっと大丈夫ですよ!」なんて薄っぺらいこと言っちゃいました。すみませんね。




そんな雨の日も、路地裏は牛だらけ犬だらけ。

20180730102737bd8.jpeg 



そんな雨の中、リキシャで向かったのは、

20180730102742081.jpeg 



バーラト・マーター寺院です。

20180730102751c30.jpeg 



マハトマ・ガンディーさんが創始した寺院だそうですが、その内容が斬新です。

201807301027435da.jpeg 


そうなんです。
762枚の大理石を使った地図、が祀られているのです。


いろいろ「?」ですが、ここはインド。意味を考え出したら負けです。


スリランカ。

20180730102744627.jpeg 


行けたら行ってみたい国です。
こうしてみると橋で渡れそうなものですが、橋どころか今は船も無いそうです。



この辺りがエベレストでしょうか。

20180730102746339.jpeg 


エベレストが高すぎるから、だと思うのですが、比較するとインドは本当に平べったい国土ですね。


エベレスト周辺を横から。


20180730102748bdf.jpeg 

左がインド側、右がチベット側。
チベット側って結構平坦なんですね。


インド北西部。


2018073010274914a.jpeg 


奥に見えるやや高い部分がパキスタン&アフガニスタンかなと。
インダス文明発祥の地、行ってみたいですが、例の通り今は行けません。


そしてこの寺院、地図しかないんですね。
いやこの地図を見たかったので良いのですが、ほんと振り切りましたねガンディーさん。


バラナシ駅に来ました。

20180730102752c00.jpeg 


明日バラナシを離れるのでチケットを買いに来ました。

駅構内入ってすぐ左にRESERVATION CENTERがありました。

20180730102754e8c.jpeg 



。。??

20180730102757769.jpeg


 201807301027554a1.jpeg

 

なんか超綺麗なんですけど。
さすが大観光地バラナシです。

それに比べてチケットスタッフのおじいさんのポンコツぶりが甚だ酷く、エラい時間掛かりました。てかなんでインド鉄道のチケット窓口の人はみんなキーボード人差し指でポチンポチンなの!


チケット。


201807301030008d1.jpeg 



次はブッダガヤまで行くのですが、明日はバラナシ・ジャンクション駅発のチケットは全て売り切れで、結果「ガラム・サライ・ジャンクション駅」というガンジス川の東側の駅出発となりました。


ということでようやくですが、サールナートへ向かいます。


サールナートは仏教四大聖地の1つです。


↓四大聖地

釈尊生誕の地:ルンビニ
出家成道の地:ブッダガヤ
初転法輪の地:サールナート
入滅の地:クシナガラ



サールナートは初転法輪、初めて法の輪を転がした場所、つまり釈尊さんが初めて自らの教えを説き、弟子ができた、いわゆる仏教教団が成立した場所がこのサールナート(鹿野苑)なのだそうです。

ヒンドゥー教の聖地のわずか10km北に、仏教始まりの地。

やはり凄いところですね、このインドは。



サールナートまではリキシャで向かいます。


そしてバラナシ駅前のリキシャたちは大変賑やかです。


私→リキシャA「サールナート、ハウマッチ」

リキシャA「200だ」
私「150」
リキシャA「ノーノーマイフレンド!」
すかさず
リキシャBCD「ハローマイフレンド!」
リキシャBCD「ウェアアーユーゴイン?」
リキシャA「ノー、ミー!(意訳:これは俺の客だ、あっち行け!」
私「サールナート。150ルピー。」
リキシャB「200!」
リキシャC「200!」
リキシャD「200!」
リキシャA→ドヤ顔
すかさず
リキシャEFGHI「ハローマイフレンド!」
リキシャEFGHI「ウェアアーユーゴイン?」
リキシャABCD「ノー、ミー!(意訳:これは俺の客だ、あっち行け!」
私「サルナート。150ルピー。」
以下一斉に発生
リキシャA「イッツ10kmだよミスター?」
リキシャB「勘弁してくれよミスター!」
リキシャC→無言で立ち去る
リキシャD「200、オッケーカモン!」と勝手に交渉成立させる
リキシャE→爆笑
リキシャF「ウェアアーユーフロム?」
リキシャG「180はどうだ?」
リキシャH「190はどうだ?」
リキシャI「じゃあ1人100ずつはどうだ?」

もちろん正確なセリフなぞ覚えてすらいませんが、概ねこんな感じでインド人共が賑やかです。



リキシャのオッサンに囲まれる私。

このオッサン共全員リキシャマンです。

10人くらいいます。


20180730103024a94.jpeg 




こいつら全て無視してこちらに乗車。

その時の先ほどのオッサン共の悔しそうな顔がたまらなく愉快。


20180730103000622.jpeg 



途中インド人が乗り込んでくる。
やはり150では赤字なのかもしれない。

20180730103000747.jpeg 

てか運転席に3人て。




サールナートまで30分くらいだったでしょうか。結構離れとります。


冒頭地図の通りですが、メインの「ダメーク・ストゥーパ」があるエリアと、博物館の入場チケットを購入。
ダメーク・ストゥーパエリア(Excavated siteというらしい)は200ルピー、

20180730103001060.jpeg 



博物館はなんと5ルピーでした。

20180730103003f2a.jpeg 


まずはダメーク・ストゥーパエリアへ。


整備された庭園がお出迎えです。

20180730103004461.jpeg


 2018073010300620d.jpeg 


そしてこちら

201807301030110be.jpeg 


ダメーク・ストゥーパです。
こ仏舎利塔が建っているまさにこの場所が、ブッダさんが5人の元修行僧仲間とたくさんの鹿たちに説法をした場所なのだそうです。



私「ブッダ」は未読なのですが、このシーンは知っております。

20180730145343979.jpeg 



まさにこんな感じだったのでしょうか。


まあいま周囲に鹿は一切いませんけども。


もうちょっと奈良公園のような、そこら中に鹿がいるイメージでいました。なんなら奈良公園ばりに旅行者のカバンを食いちぎるくらいのアグレッシブな鹿たちを想像してたのですが、どこへ行ってしまったのでしょうか。

ブッダさんの説法を聞いた偉大な鹿たちの末裔だというのに。


ダメーク・ストゥーパ6世紀頃の建造と言われているそうです。その周囲には細やかなレリーフが見てとれます。

20180730103013c83.jpeg 



201807301030157a1.jpeg 



20180730103016950.jpeg


 20180730103018b5d.jpeg 


 

この辺りは焦げて?ます。
イスラム勢力に迫害を受けたのでしょうか。

20180730103019071.jpeg 



20180730103021521.jpeg

 


ちょっとナウいお坊さんがダメーク・ストゥーパの周囲をひたすら歩いていました。聖地ですしね。


20180730103055d5f.jpeg

 

遺跡公園内には多くの遺跡がありますが。いずれも残されているには基礎のみ。調べてみると、やはりイスラム勢力の侵入で13世紀ごろに壊滅してしまったそうです。

20180730103056665.jpeg 



201807301030074dc.jpeg


 2018073010300984c.jpeg

 

小さな仏塔がいくつか残って(復元されて?)ました。
 20180730103056f30.jpeg

 

仏像のレリーフには金箔がちょっとだけ。

201807301030576d9.jpeg 

昔は金ピカだったのでしょうか。


屋根が残る遺跡はワンコたちの巣窟になってます。

20180730103058a81.jpeg


 20180730103059bfa.jpeg


 201807301031014a6.jpeg


 20180730103102a2c.jpeg 




MULAGANDHA KUTI跡。
これもかなり大きい寺院だったようです。
ブッダさんが瞑想をした場所、と説明がありました。

20180730103104834.jpeg


 20180730103105ef0.jpeg 



ここでも金箔の跡が。

2018073010310732e.jpeg 



寺院の床があるべき場所はもはや水田のようになってました。

20180730103109b73.jpeg 



アショーカ王の石柱。

20180730103110eb5.jpeg


 2018073010311185e.jpeg 



201807301031377b3.jpeg


 201807301031134b3.jpeg 

アショーカ王とは紀元前3世紀のマウリヤ朝の王で、仏教に大変熱心かつ重きを置いた政治をしたそうです。そして多くの仏跡を訪れてはこうした記念の石柱を建てて当時の様子などを記したため、考古学的に大変貴重な記録になっているそうです。


続いてやってきたのはここ、

2018073010313814a.jpeg 


サールナート考古学博物館。
先ほどの5ルピーチケットのミュージアムです。

ただこちら、手荷物全て預け入れでした。このため写真はありません。


見所は2つ。
1つはアショーカ王の獅子石柱。


ご参考:


20180730150749e49.jpeg 



先ほどの石柱の先端部分です。

インド国章はこの獅子が取り入れられているのだそうです。



国章。Wikipedia先生より抜粋↓


20180730150744668.png 



ほんとだ。




そしてもう1つが初転法輪像。

仏陀さんが初転法輪なさっている様子です。


ご参考:


20180730151211a40.jpeg 


これ確かにとても綺麗でした。
ブッダさん、とても優しい表情です。



なお初転法輪という言葉ですが、
古代インドでは輪(チャクラム)は最強の武器だったそうです。


そして仏陀の教え(法)は邪悪なものを倒す力がある、という意味で、説法を法輪と表現し、初の説法を「初めて輪を転がした」として『初転法輪』という言葉になったのだそうです。


ふむふむ。



これ以外にもいろいろありましたが、そんなに大きくない博物館でした。


サールナートにはジャイナ教寺院もあります。

20180730103137f89.jpeg 



2018073010313814a.jpeg 



なんとこちら、入る前に「手」と「口」を聖なる水で清めよ、とありました。




聖なるお水。


20180730103139e33.jpeg 




すみません、手はまだ良いとして、口は絶対無理す。


ただ、

20180730103143d16.jpeg 


入れちゃいました。

詳細は後ほど。



ジャイナ教寺院はジャイサルメールのあの狂気じみた細かすぎるレリーフに圧倒されたイメージが強すぎるのですが、この寺院は


20180730103144d51.jpeg


 2018073010314932c.jpeg


 2018073010314528c.jpeg


 20180730103148a60.jpeg 


なんなら金ピカな部分もあり、ますますジャイナ教が掴めません。


なお、ここはジャイナ教空衣派の寺院のようで、お約束の

20180730103146415.jpeg 


インド人全裸僧侶様の神々しいお姿の写真がたくさんありました。

これ、もっとイケメン僧侶の写真に変えたら信者増えると思うのですが。あ、女性はダメか。え、ダメなんですかね?



なお入場に際してですが、入り口にいたインド人が


20180730103140b88.jpeg 


これは何ルピーの価値があるんだ?

と聞いてきました。

どうやら日本人からもらったようです。

ただ空港や日本人宿でも行かない限り両替ができないので困っていると。



姉、交換してあげるようです。


私の手元の為替計算機は618ルピーなのですが、600ルピーと交換したようです。一応透かしも入ってましたが。



そんなこんなしてたら、入れてくれたのです。

完全に私欲ですね。





その近くにあるのがこちらのムルガンダ・クティ寺院

20180730103151b66.jpeg 



20180730103152be4.jpeg 



201807301031535e3.jpeg

 

スリランカ人が建てた仏教寺院なのだそうですが、内部にはなんと

 20180730103155fdd.jpeg



201807301031562ae.jpeg  



201807301031593a6.jpeg


 201807301032011e5.jpeg 


これ、日本人画家の野生司香雪という人が書いた仏陀の生涯のフレスコ画なんだそうです。

なぜここで日本人。



祭壇もありました。


201807301032232d4.jpeg 



2018073010322346d.jpeg 



その奥にはMINI ZOOと書かれた動物園らしきものが。

201807301032249da.jpeg 


そしてここでなぜか姉が、動物園に行きたい、鹿が見たい、と仰り始める。


仏陀さんに感化されたようです。

姉は鹿に何を説法するつもりなのでしょうか。


入場料。

20180730103225007.jpeg 


ここで初めて「Asian Foreigner」という料金枠が登場しました。
アジアンピーポーを純特別扱いする理由が皆目見当つきません。


いざ中へ。

201807301032267af.jpeg 



うん、



鳥、、、くらいしかいませんね。
なんなんでしょうかここは。


いくらMINI ZOOとはいえ開き直り過ぎじゃありませんか。

そしてそんな動物園にインド人が溢れかえってるんですがなんなんですかこのひとたち。



唯一見かけた鳥以外の動物。

20180730103230963.jpeg


 20180730103232b81.jpeg 



ワニです。

そしてワニの檻の

20180730103235d2d.jpeg 



この安易な檻はやはりインドだなと思います。



あ、忘れてました。
鹿コーナーがありました。


仏陀さんの説法を受けた光栄な鹿たちの末裔が街中にいないと思ったらここで保護管理されたのですね。



20180730103236069.jpeg 


一匹たりともいませんけども。

どうしたんでしょうかワニに食われたんでしょうか。

仏陀さんが悲しみますよ。



もうホントそれくらいです。
この動物園で私が感じたことは。
これでもよう絞り出したと思います。
自分で自分を褒めたいと思います。



サールナートにはいろんな国の仏教寺院があるのですが、となるともちろん、

201807301032419fb.jpeg 



20180730103242a3b.jpeg

 


日本寺もございます。
日月山法輪寺と言うそうです。


2018073010324422b.jpeg 



なかでは仏様がまったりしてました。

20180730103245793.jpeg 



仏様の寝台に掘られた菩提樹の樹

20180730103317142.jpeg 



NA MU MYO HO REN GE KYO

201807301032477cb.jpeg 



御堂

20180730103248e59.jpeg 



木のぬくもりってインドには一切無いのでこのお寺は大変心休まりました。



鶴の折り紙も。

201807301033179a4.jpeg 



なおこの日本寺は、お勤めを共にすることを前提に宿泊者の受け入れもしているそうですよ。


そんなサールナートでした。


バラナシと比べて静かな田舎町という感じで緑も多く、とても居心地が良いです。

時間があれば日本寺での宿泊も大アリだったなぁと。



バラナシに戻ってきました。


やってきたはここ、


2018073010331761b.jpeg


 20180730103317b00.jpeg

 

I:baカフェです。
日本食が頂けると聞きまして。



メニュー

20180730103318f7a.jpeg 

、、、高!!
先日のMEGU CAFEは大体メイン一品250ルピーでしたが、ここは一品400ルピーです。



しかもコレ。

2018073015273875f.jpeg 


やめてください。

速やかにやめてください。


インド人から逃げたくて日本食を求めに来ているのにここでインド人が手打ちしたらもうそれはインド人の料理じゃ無いか。




ひとまず餃子。
コレはプリプリでイケてます。

20180730103318459.jpeg 



しょうゆラーメン。

20180730103318ae1.jpeg 


麺はまあまあですがスープが大味でした。


結局頼んでみた天ぷらうどん。

20180730103320325.jpeg 


麺が沈んじゃってて見えません。
ただインド人手打ちの麺とやらは確かに手打ち感があり、悪くないです。


しかしツユの出汁が弱すぎですね、天ぷらも瘦せぎすでかなり残念です。



20180730103321c9d.jpeg

 
コレとか日本だったらばシソなのでしょうが、これはなんでしょうか。

特に味はしませんでした。

雑草でしょうか。




うん、いや思うに海外にある日本食レストランってこんなもんだと思います。
MEGU CAFEとサンタナ日本食が美味すぎるんですよきっと。


ということで私はI:baカフェよりMEGUカフェに激しく一票です。



その後は昨日時間がなくて見れなかったハリシュチャンドラ・ガートへ。


小さい方の火葬場です。



20180730103324920.jpeg 


ガートが近くなるにつれ、車やリキシャが減っていきます。ああ静か。


そのかわりうんこが増えます。


もはや牧場状態ですからね。

20180730103323951.jpeg 


もう火葬場は目の前。
火葬用の薪が積み上げられてます。

20180730103326403.jpeg 



ヤギに食われてますけども。

20180730103327275.jpeg 



火葬場。
例によって撮影は厳禁です。
※以下はテキストのみですが閲覧ご留意ください。



まず水位がかなり上がっており、あるべき場所に火葬台が見当たらず水没してました。


やはりこうなると火葬もできないのかな、と近づくと、なんら特別感のない道端で、轟々と炎を上げて火葬が執り行われていました。



我々が訪れたタイミングは1つのご遺体がもうかなり火葬が進んでおりました。


真っ黒になって燃え盛る薪から飛び出した手足が真っ黒になっていくその過程をまざまざと目にしました。


そして火葬係の人が、そのご遺体を燃やすべく、棒を使ってまるでモノのように手足を薪の中に突っ込んでいきます。



無造作に突っ込まれる手足。
左手を突っ込むと反対側から崩れ落ちかけた右手が。
頭があるべき場所には白いものが見えています。




一昨日見学したマニカルニカーガートはご遺族の方が満足そうに燃えていくご遺体を見守っていましたが、ここではそんなこともなく、語弊があると思いますが、まるでモノを燃やすかのように事務的で雑多な扱いでした。



人が燃えていく様子を野良犬が尻尾振ってみてます。


物乞いらしき人が近くでゴミを漁り、不要と判断したものを火葬されてる炎の中に投げ入れてます。


火葬してる道端の数mに増水したガンジス川。


そこでいつも通り沐浴する人、泳ぐ人、セルフィーしてる人。




そうこうしてるうちにもう二体のご遺体が運ばれ、そしてまた炎に包まれていきました。


川の水が増水して火葬台が水没したとてなおもこうして次々と火葬をしていかねばならぬほど、皆このガンジス川で灰となることを望むのですね。





眠る犬。

20180730103330fab.jpeg 


沈む椅子。

20180730103331648.jpeg 



食べる牛。

20180730103333cc8.jpeg 




生と死がごちゃ混ぜの街、バラナシです。





別のガートにやってきました。


まだ行けていない対岸の地、通称「不浄の地」に渡ってみるためです。


201807301033355eb.jpeg 



そしてここで衝撃。

20180730103336075.jpeg


 20180730103355f47.jpeg

 

不浄の地、水没!

まあ、そうですよね。
対岸の地は砂地の川岸なだけであって、これだけこっち岸の水位が上がってるんだったらそりゃ水没もしますよねー。


だからそのガンジスの川の水をたっぷり吸い込んだ鼻でフゴフゴしてくるでない!ハウス!

201807301033554e0.jpeg 




犬「家ここですのん」

20180730103356e3e.jpeg 



何軒かボートに聞いてみましたが、もうボートはクローズしたとのこと。
やはりそうでしたか。

201807301033571f9.jpeg 




怒る犬。

20180730103358332.jpeg 


寝る犬。

20180730103359fa7.jpeg 



寝落ちしそうな犬。

201807301034015db.jpeg 



バラナシ最終日、


はぁ。

と溜め息ついて宿に戻りました。


不浄の地、初日に行っておくべきでしたね。


初日にガートにいたオッさんが「明日明後日は水位が上がってボートに乗れなくなるから今乗っておきな500ルピーだよグヘヘ」とか言うから全然信用できませんでした。


ガンジス川上流のアメダスマップ見せてくれたら信用したのに。

いやしないな。どうせ手書きのアメダスマップ見せられるだろうし。


そんなバラナシ最終日でした。


明日はブッダガヤに行くべく、まずはその近郊の大きめな町、ガヤに行きます。


ガヤ!

素晴らしい名前です!

続きはまた明日。
ダンニャバードでした。


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――



コメント

6位

今、いいねしたら、6位でした。ここまできたら、目指せ1位。

Re: 6位

まあちゃんさん>
有り難い限りです。上位のブログさんたちがキラキラしたブログばかりなので畏れ多いです。。

こんにちは。

こんにちは。
10年以上まえですけど、バーラト・マーター寺院に行きました。
ここは地図というより、インドの大地が祀られていると思います。
「バーラト」とはインドのことです。「インド」というのは、もともとギリシャ語ですから。インド人は自国を英語で「インディア」と言うとおもいます。
このへんのことは私のブログで書いたので、よかったらご覧ください。

あと仏教も広義ではヒンドゥー教になります。ヒンドゥー教のインド人なら「兄弟みたいなもの」と考えると思います。

ところでお願いがあるのですが、この記事にある写真を私のブログで使わせてもらえないでしょうか?
もちろん、出典としてこちらのブログを明記します。
アショーカ王の柱や外国人料金などの写真です。
アジア人を分けているのは初めて見ました。

Re: こんにちは。

>古今東西さん
前回に続き大変勉強になるコメントをありがとうございます。
大地を祀るとなると腑に落ちます。そう言うことだったのですね。
ブログ拝見させて頂きます!

写真の件ですが、石柱とは獅子の石柱でしょうか、あちらと初転法輪像は私も借り物なのでお控え頂ければと。。
それ以外の写真でお役に立てそうなものがありましたらどうぞご遠慮なくお使いくださいませ!

ありがとうございます!

あの参考画像は借り物だったのですね。
では、それ以外をお借りしたいとおもいます。
ありがとうございます。

バーラト・マーター寺院ですが、あれを建てたときのガンディーの考えは「宗教融和」です。
とくにイスラーム教とヒンドゥー教ですね。

「ここに住む人はだれでもがインド人」と宗教を超える愛国心を訴えたかったのではないかと思います。

ちなみに、南無妙法蓮華経の「南無」とインドのあいさつナマステの「ナマス(帰依する)」は同じ言葉です。
インドと日本にはいろいろな共通点があって面白いです。

では気をつけてよい旅を。
ブログ更新を楽しみにしてます。

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#248 地球の歩き方の歩き方。inインド(28) 2018.8.18 2018/08/20
#247 ああここはインドだった。inインド(27) 2018.8.17 2018/08/19
#246 終日スリーパー列車。inインド(26) 2018.8.16 2018/08/18
#245 インデペンデンス・デイ inインド(24) 2018.8.15 2018/08/17
#244 私、原始に還る。inインド(23) 2018.8.14 2018/08/16