FC2ブログ

記事一覧

#229 ガヤ。inインド(15) 2018.7.30


遂にやって来ました。
ガヤです。


以前イタリアのガヤのワインの地でも同じことを書きましたが、私の尊敬する先輩でガヤさんと言う方がいます。
ここは仏陀さんが悟りを開いた地です。
正確にはガヤから10km近くのブッダガヤという村がそれです。

>先輩、お邪魔しまーす!


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:バラナシ→ブッダガヤ



バラナシ市内からムガルサライ・ジャンクション駅までリキシャ
・料金:200ルピー
・時間:1時間弱
※バラナシジャンクション駅発の列車はすべて売り切れでした。



ムガルサライ→ガヤまで列車
・等級:3A
・列車名:PULUSOTTAM EXP
・料金:765ルピー≒1224円
・時間:3時間
      予定10:35発、13:10
      実際11:00発、14:00着



ガヤ駅→ブッダガヤまでリキシャ
・料金:言い値200ルピー、着地150ルピー
・時間:45分くらい


↓移動図

201807310129441c9.jpeg 



↓地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)

20180731012947c55.jpeg 

右の赤ピンエリアがマハーボディ寺院です。

寺だらけでごちゃごちゃなので、以下名前だけ。


・マハーボディー寺院 Mahabodhi Complex

・考古学博物館 Archaeological Museum

・ベトナム寺院 Vien-Giak Vietnamese Temple

・チベット寺院 Shechen Tibetan Temple

・中国寺院 Chinese Monastery

・台湾寺院 Taiwanese Temple

・バングラデシュ寺院 Bangladesh Monastery

・タイ寺院 Thai Temple

・ブータン寺院 Bhutanese Temple

・日本寺 印度山日本寺

・モンゴル寺院 Mongolian Temple


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――


バラナシ出発日。


ガンジス川の対岸、通称「不浄の地」に行けなかったことが悔やまれるので、ちょっと早起きして宿の近くのダシャーシュワメード・ガートに来てみましたが、


20180731110314143.jpeg 




やはり水没してました。


流れもかなり早いです。


もうこりゃダメですね。

聖なる川ガンジスは不浄の地を見事に流してしまってます。

なんなら



分かりますか、ちょっと渦巻いてる小さい渦がたくさんあるのです。穴ぼこみたいに見える無数のやつがそれです。



誰かが流したこの蝋燭、

20180731110316d1e.jpeg 

これもこの後、突如現れた渦巻きにあっという間に飲み込まれていきました。


恐ろしきかなガンジス川。



うん、無理だな。

水かさ的にも、急な流れ的にも、もちろんなによりも衛生的にも。



無念。

20180731012706adc.jpeg 




さて、宿をチェックアウトしていざムガル・サライ・ジャンクション駅へ。

なのですがお祭りでしょうか?
通りにはオレンジ色の服を着てツボを肩に提げた男たちが「マッサッラーマッサッラー」叫びながら練り歩いており前に進めません。
ツボはガツガツ当たってくるし、たまにガンジス川の汚水聖水と思われる液体が溢れかかって来たりして思わず悲鳴ダンニャバード(=ありがとう)ってなります。


からのリキシャ。

20180731012709a86.jpeg 


最初500とか言われましたが、着地200にて。ムガルサライより距離的にやや近いサールナートが150だったのでまあ良いです。


が、この後。
どこか分かりませんが途中で大きいリキシャに乗り換えとなったのですがこのリキシャがすし詰めもすし詰め。


1人しか乗れない運転席に運転手+我々2人with大リュック+インド人の4人がすし詰め。
乗り込んで来た4人目のインド人に対して最初ノー!と押し返したのですが、まさかの反対側から乗り込んで来やがりました。こいつら無敵すぎる。


地獄の1時間でした。
てかガンジス川を渡る橋がある道路に乗るためにかなり迂回をするのでめっちゃ時間掛かります。ムガル・サライ駅を使う人は気をつけてくださいね。


列車は10:35出発ですが、駅には10:15着。

いつも列車出発の1時間前には駅に着くと言う良い子代表な時間計画をしている私からするとこれは失態です。


20180731012712e32.jpeg 


20180731012714690.jpeg 


ありましたありました。
12802です。


Statusの欄に0:30とあります。
どうやらこれ遅延時間みたいですね。
よかった。たった30分で。



駅のホームにもオレンジたちがあふれています。この一帯みんなお祭りに行く人なのでしょうか。

201807310127193a6.jpeg 



列車。

20180731012722bab.jpeg 


今回の等級もA3です。
姉と二人旅のうちはまあA3でしょう。


そして初です。
我々のベッドにインド人が寝てました(女性)。


どいてくれ、と言うも、
空いてるベッドを指差して、そっちで寝りゃいいじゃん、みたいな感じです。


許すまじ。
これで妥協して空きベッドで心地よく寝てたらその席を予約していたインド人がやって来て「退け」とか言われる様を想像しただけでキィエエェ!です。
申し訳ないですが、彼女たちには断固としてどいてもらいます。

「退け」と言う一言と、無言の圧力を5分ぐらいかけ続け、ようやく移動するインド人。

201807310127287e7.jpeg 

すみませんね。妥協はしません。



なおこの一帯はこの家族が占拠してたようで、結果

20180731012745660.jpeg 

インド人だらけになりました。


勝手に我々のベッドの空きスペースに腰掛けては弁当を広げて一家団欒が始まるなどお祭り騒ぎですが、この程度は許容します。


お母さんがこの場で息子にションベンさせ始めたらご退場いただきます。




2018073101274529b.jpeg 

息子のションベン祭りが催される前に無事到着!


ガヤ駅です。
正確にはガヤ・ジャンクション駅です。
まあ私の中での通称、駅ガヤです。

20180731012813b78.jpeg


 201807310127458c3.jpeg 


さて、今日はガヤから10kmちょいのブッダガヤを見学してそのまま夜行列車で次の街、コルカタへ向かうつもりにつきRESERVATION CENTERに来たのですが、


201807310127475c4.jpeg 


今日出発は諦めました。
ガヤ駅が外国人専用窓口が無いようで(女性やSr.citizenとかと一緒になってて)カオス・オブ・カオスでした。


窓口の口はとても小さく10cm平方くらいしか無いのに、今対応中のお客さんのからからそしてから三本いや四本くらいのインド人の腕が食い入るように申込みシートを窓口の突っ込もうとしてもうグチャグチャです。ねえどうして?



これ、5人くらいのインド人が10cmの隙間に向けて申込シートをねじ込もうとしているの図。

20180731012746326.jpeg

 

ただ本窓口、女性優先のようで、我々は姉を盾に列の右からスススっと入り込み、We are Japanese! ナマステー!インドグーっ!とか言いながらグイグイと食い込みました。


それでも窓口に近づくまで1時間くらいインド人共と戦いました。


列車は今夜は諦めて急遽明日のにしたのですが、

201807310128124b2.jpeg 


なんとそれでも空席なし。


今回はインド特有「ウェイティングリスト(WL)で購入しました。
これはいわゆるキャンセル待ちです。


なんかインドの乗車券はみんな予約するだけして直前でキャンセルする人が多いらしく(滅べ!)、ウェイティングリスト十数件くらいなら乗れちゃうらしいのですよね。


で今回はウェイティングリストが1とか言ってたのでこれ絶対いけるでしょ、と購入しました。


ウェイティングリストの状況は切符左上の10桁のPNR番号というものでウェブなどから確認できるのですが、

2018073101293402e.jpeg 

このixigoというアプリで簡単に確認できました。

そしてこの後すぐに

201807310128337ee.jpeg 



席が確定されてましたー!

てか今気づきました。
これ別に出発駅で切符買わなくても良いんですね。だったらバラナシとかの外国人専用ラウンジまであるような駅で切符買っとけば良かったじゃ無いですか!


                       \そんなことも知らないの?/

20180731012819db0.jpeg 

そんなことも知らずに今日も元気にインドでインド人共と戦ってますMaedaKです引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。





さて。

ガヤからブッダガヤに向かいます。


切符購入に1時間以上要したのでもうシェアリキシャは見当たらず。普通のオートリキシャを探します。


事前情報は300ルピーくらいと聞いてましたが、リキシャたちの言い値は200でした。


150でどうかと聞くと一発OKでした。
100くらいまで値下げいけるのではなかろうか。



オートリキシャは

20180731012825933.jpeg 


このブッダガヤ寺院エリアのちょっと東側までしか入れないようで、ここまででした。

そしてそこからブッダガヤの中心、マハーボディ寺院まではシェアリキシャで10ルピーでした。20とか50とか言う人もいましたが、言い値が10のリキシャも多かったです。

※シェアリキシャは乗合タクシーのリキシャ版です。


おお!!!

20180731012835b42.jpeg 


GAYA POLICE。。!
カッコいいですね先輩。。!


すみません、ガヤに夢中になりすぎてブッダガヤの説明してませんでしたね。

昨日の日記で、仏教四大聖地として以下ご紹介しました。


↓四大聖地
釈尊生誕の地:ルンビニ
出家成道の地:ブッダガヤ
初転法輪の地:サールナート
入滅の地:クシナガラ

そうです。
ゴウタマ・シッダールタさんが菩提樹の下で悟りを開いた場所です。



とか言いながら、
私、お恥ずかしながら仏教について全然理解が無いのですね。


どの程度かと言うとまずこの仏陀さんの名前の違いがそもそもよく分かっとりません。


wikipedia先生の講義を一通り読んだ限りでは、


・ゴウタマ・シッダールタ→元々の名前
・ブッダ(仏陀or佛陀)→尊称。「目覚めた人」の意
・仏→仏陀の略称
・釈迦→彼はインドの少数部族「釈迦族」の出身。この部族出身の聖人を「シャキャームニ」と言うが、これを漢字に当てはめ『釈迦牟尼』、略して釈迦。つまり尊称。


こんな感じで合ってますかね?


ひとまずこのブログでは仏陀さんと書いておきます。
これから東南アジアもいずれ行くので、早いとこ仏教について基礎知識をつけておきたい次第です。


ブッダガヤ犬。
そこは道路だよ。菩提樹の樹の下じゃないよ。

201807310128338b0.jpeg 



急遽取った宿。

201807310128398f7.jpeg 



ふう、もう時刻16:00です。


宿とって正解かもしれません。
もう旅程はギリギリですが。



ブッダガヤ観光は明日に回しますが、ひとまず腹が減りました。
近くを歩いてみることに。


ブッダガヤは仏教の聖地なためか、仏陀が悟りを開いたとされる菩提樹があった場所に立てられた「マハーボディー寺院」以外にも、各国の仏教寺があるそうです。


ちょっと出歩いただけも


20180731012857b73.jpeg 



20180731012858c6d.jpeg

 
ちょっとだけ見える塔の先っちょがあっちゃこっちゃに。


豚ガヤ。

2018073101290400d.jpeg 



GoogleMap先生にセブンイレブンって書いてあったので、まさかね、と思っていたら、インド的な意味でそのまさかでした。

2018073101290049b.jpeg 

ただ取り扱い商品はなかなか幅があり、バラナシで使い切ったもののなかなかインドでは売られていない「ハンドソープ」をゲットできました。
まじハンドソープ超必需品ですからこの国。


取り扱い商品の幅 一例

20180731012902fe1.jpeg


 20180731012859c83.jpeg


 20180731012905ecd.jpeg 



ガヤ犬とガヤ犬。

201807310129049ec.jpeg 


理由はわかりませんが、今日は行くレストラン行くレストランほとんどお休みでした。
なんかの特別日なのでしょうか?


ようやく発見したタイレストランで、

20180731012934e04.jpeg


 201807310129359e5.jpeg

 
カレーヌードル頼んだら出てきた焼きそばみたいなやつと、野菜炒めです。



ちょっとこれだけで今日一日が終わるのが歯痒かったので、マハーボディ寺院に来てみました。


ライトアップされてました。

20180731012937596.jpeg 

先っちょだけ拝見。



ただここですごいことに気づきました。
夜21時まで入れる&入場無料。

行くしかないじゃないですか。
あ、でも携帯電話は完全NGらしく、事前に預け入れです。カメラは100ルピーあれば持ち込みできるようです。
  
 
なので写真はないのですが、
夜のマハーボディ寺院、めっちゃ綺麗でした。


寺院自体が5mくらい低い場所に作られていて、その周りを木々が覆っているのですが、夜の暗がりでそれがライトアップされるとなんだか密林に突如現れる寺院のように見え大変神秘的です。


ちょっと近景になりますが参考画像はこんな感じ。

20180731012950ebb.jpeg 


中に入ろうと思ったのですが、靴を脱がねばならないと言うのが大変面倒だったので、明日のお楽しみにしました。


いや、インドの寺院は裸足が基本なのですが、私思った以上に裸足でインドの地べたをペタペタすることの生理的な拒否反応があることが分かってきまして。すごい体力使うのです。今日はもうあの駅ガヤのガヤガヤでもうダメぽです。


もうこんな風に寝たい。

20180731012937a80.jpeg 



ということで明日は本気のガヤです。
マジガヤです。



ダンニャバードでした!


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#248 地球の歩き方の歩き方。inインド(28) 2018.8.18 2018/08/20
#247 ああここはインドだった。inインド(27) 2018.8.17 2018/08/19
#246 終日スリーパー列車。inインド(26) 2018.8.16 2018/08/18
#245 インデペンデンス・デイ inインド(24) 2018.8.15 2018/08/17
#244 私、原始に還る。inインド(23) 2018.8.14 2018/08/16