FC2ブログ

記事一覧

#248 地球の歩き方の歩き方。inインド(28) 2018.8.18



本日はインド東海岸の町、ブバネーシュワル から始めますよ。


ひょんなことから譲り受けた地球の歩き方に則って寄り道してみる町です。これまでほとんど頼ってこなかった地球の歩き方。

果たして私は地球の歩き方を歩けるでしょうか。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
コルカタ→ブバネーシュワル Bhubaneshwar
・手段:列車
      列車番号:12837
      列車名称:Hwh Puri Express
      等級:スリーパー
・料金:405ルピー≒648円
・時間:7時間  22:35発、5:30
              定刻通り


↓移動図
20180819215636f0d.jpeg 


↓ブバネーシュワル 地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)
※駅からリンガラージ寺院までリキシャ70-100ルピー。
※駅近くの大通りから同大通りのリンガラージ寺院近くまでバス10ルピー。

201808191601366c5.jpeg 


・オレンジ:ブバネーシュワル駅

・左の赤二つ:ウダイギリとカンダギリ

      Udaygiri, Khandagiri

紫たち、左から順に

・ヴァイタール寺院  Vaitai Temple(Maps.me記載なし)

・リンガラージ寺院. Lord Lingaraj Temple

・エカムラーワン庭園  Ekamra Bana

・ムクテーシュワラ寺院 Mukteswar Temple

・ラージャラー二寺院 Raja Rani Temple



②ブバネーシュワル→プリー Puri
・手段:列車
       列車番号:18303
       列車名称:Inter city EXP
       等級:ジェネラル(自由席)
・料金:40ルピー≒64円
・時間:1時間強  11:35発、12:50着

↓移動図

201808192207128ac.jpeg 



↓プリー地図
明日の日記にて

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――

朝5:30、定刻通りブバネーシュワル駅着。


201808191553102db.jpeg 

起きれるかやや心配でしたが、周辺の寝台でご家族一行が朝からワイワイガヤガヤ団欒を始めてくれたのですっかり目が覚めました。


宿はプリーの町にて確保済み。
なのでまずはブバネーシュワル駅に荷物を預けてこのブバネーシュワルの町を散歩してみます。


クロークルームと書かれたコーナーがこれまでの駅にもありましたが今回初めて利用します。
初回24時間で15ルピー激安!


20180819155310dc5.jpeg 


ということでブバネーシュワル駅を出発。

20180819155311224.jpeg 



リキシャが数多くスタンバイし私に声がけするために勝手に行列作ってくれてますが、ローカルバスの安さにしっかり毒された私はもうバスを探さずにはいられません。


というのもこの街の地図。

20180819160016621.jpeg 

どう見てもバスありそうじゃないですか。

(下の紫たちが行きたい寺院)


って事で、リキシャに値段だけ聞いて放置。
言い値100、後ろから80でどうだ〜とか聞こえて来たので60-70くらいまで値下げれるんじゃないでしょうか。


駅から大通りまでの道。

20180819155313d28.jpeg 

思ったより旅行者向けのレストランやホテルがあります。


このブバネーシュワルはあまり有名な街ではないですが、10世紀頃にガンガー朝の首都となり、約7000もの寺院が建てられたんですって。そして信仰の地として近くのプリー、コナーラクの町とともに巡礼者を集めて来た場所なのだそうです。


なのでこうした対外向きのお店が多いのかなと。



大通りに出ました。

20180819155317347.jpeg

 
が、バスが一向に来ません。


まあまだ朝6:00ですしね。

ヒンドゥー寺院の開館時間はたいがい「夜明けから日没まで」だと思っている私はこんな時間ですがもう散歩を始めてる次第です。


えっと、「チンタマニスワル寺院」で良いでしょうか。

こういうのはやはり地球の歩き方先生は相手にしないのですね。

20180819155316664.jpeg 


ブバネ犬。

20180819155314742.jpeg 


道路の真ん中でインド人のクラクション地獄に怯えるブバネ犬一家。

20180819155319d97.jpeg 


ご飯待ちのブバネ犬一家。

201808191553202eb.jpeg 


この街、犬だらけです。もちろん牛も。

ラージャラー二寺院に来ました。

20180819155322013.jpeg 

読み通りすでに寺院周辺にはインド人たちがたむろしてます。

いざ中へ、
と思ったらおっさんに呼び止められました。
どうやら入場料が必要なようです。

201808191553233fa.jpeg 


300ルピー!!
結構しますね。。この街には寺院が沢山あるのですがこれ毎回払うんでしょうか。


庭園が綺麗です。

20180819155325b81.jpeg 


寺院です。

20180819155327c1d.jpeg 


朝早いこともあって大変涼しく、しばし木陰で休憩。

ここまで結局4km近くを歩いて来ました。

寺院は地元民の憩いの場のようで、爺さん婆さんがどんどん寺院の日陰部分に吸い込まれて行きます。


ここからは死角ですが、あの左側は地獄絵図のはず。



インド人ボーダーボーイズ。

20180819155328775.jpeg 

私の隣ではおっさんが精神統一始めてます。

「ッポーーーーーォォォオオ!」
と唸りを上げてますが、大丈夫でしょうか。



さてそろそろ寺院を拝見しにいきましょう。

前景。

20180819155329def.jpeg 


門脇にはあまり見たことがない、足が蛇のようなレリーフ。

20180819155331451.jpeg 


お堂の内部はなにもみあたりません。


201808191553325b7.jpeg 

もうちょっと奥に入ったら何かあったのかもですが、ビッシャビシャだったのでやめました。


そしてこの寺院、前から見ると一見地味な印象ですが、回り込むと(左側は予想以上に地獄絵図だったので写真なし)、

20180819155416177.jpeg


 20180819155453270.jpeg



 201808191554531c1.jpeg



201808191556335b4.jpeg 


なかなか素晴らしい彫刻群でした。

ヒン!ドゥー!教!
って感じですね。

すみません語感だけで。



続いてやって来たのはエカムラーワン公園。

20180819155637512.jpeg 

公園というか、池の脇の手入れされた庭園でした。


に入れずいま壁沿いをウロウロしてます。

上記は壁越しにiPhoneを掲げて撮影した完全なる通報モノショットです。



ちょっと進むと、入り口らしきものがあり、脇に入場料2ルピーとありました。2ルピー抱えて中に入ると手入れしてたおばちゃんが何やらガミガミ言ってます。


まったくなに言ってるか分かりませんが、怒ってるかどうかもよくわからないので、ひとまず無視。



泉。

2018081915565487c.jpeg 


泉の向こうにブバネーシュワル 最大のリンガラージ寺院が見えると聞いたのですが、

20180819155658f01.jpeg 

これ?

20180819155658d52.jpeg 

こっち?


いずれにせよ驚嘆するような池と寺院のコラボ感はありませんでした。




そのちょっと先には

2018081915565878b.jpeg 

ヴァイタール寺院。

かなり小さな寺院です。


こちらは自由に出入り出来るようです。

外壁のレリーフはこちらも素晴らしい。


201808191556599c2.jpeg

 

20180819155657fd3.jpeg


 20180819155657b4f.jpeg  

三つ目の写真とかちょっとヒンドゥーというよりは仏陀っぽくないですか。


なお内部は水牛を退治するドゥルガーさんの壁画が見られるということで楽しみにしてたのですが、

20180819155659e9d.jpeg


 201808191556596fd.jpeg 


こんな感じで水深50cmくらい緑色の水が溜まってたので諦めました。


いまだに私の足はダニなのかわからない虫刺されが酷く、一部が掻きすぎによる流血状態なのです。

この得体の知れない水に足を突っ込む勇気が出ませんでした。


この辺りは旧市街になるんだそうです。

201808191556590a8.jpeg 


家々がカラフルです。

20180819155659b44.jpeg


 20180819155659f3f.jpeg 


これ

20180819155753a9a.jpeg

 

結婚すると家の壁に結婚したことを描くんですってね。私のような華の独身貴族にとっては大変肩身が狭い風習ですね。


なんですか?なにか違和感ありましたか?




チトラカリニ?寺院。

20180819155952e5b.jpeg



 20180819155952eeb.jpeg


 201808191557568d8.jpeg 

こちらも出入り自由でした。

旗が良い味出してますね。なんの意味付けか知りませんが。


やって来ました本丸、

20180819155759780.jpeg 

リンガラージ寺院です。
が、入れませんでした。


ヒンドゥー教徒オンリーなんですね。

調査不足でした。
54mもの高さを誇るという塔を拝見したかったのですが。。


敷地の外からパシャリ。

20180819155800d3f.jpeg 


ここ地球の歩き方を見て、来てみようと思った場所なのですが、ヒンドゥー教徒しか入れんのになぜ地球の歩き方先生はプッシュしてたのだろう。



そうです。

私、地球の歩き方先生をリュックごと駅のクロークに預けてもうたのですねー。


はじめての先生との二人旅だったのに、うっかりしてました。


てか重すぎなんですよ先生。

もうちょっと地球の歩き方との歩き方がもっと歩きやすいような歩き方を目指す歩き方をなさってみてはと思うのですがどうでしょうか。



話を戻しまして、

リュック回収後にリンガラージ寺院についてチェックしたら

「入り口に向かって右のほうに歩いていくと井戸の近くに白い手すりのついた見晴らし台があるので、登って眺めよう。」
なんとぉー!!涙

そんなのがあったのですね。
その見晴らし台からはリンガラージ寺院内の108の寺が見渡せたのだそうです。

もったいないことをしました。。

なおこの地球の歩き方先生ですが、ダージリン辺りにてとある方からお譲り頂き、いま私帯同させていただいております。


先生と共に歩む旅路はこうした私の怠慢で今のところこれまで通りです。



先ほど眺めた池に反対側に来ています。

20180819155800728.jpeg


 201808191558028b9.jpeg 

池と暮らす人々の生活。

相変わらずド派手なヒンドゥー寺院。

20180819155803c4d.jpeg

 

ムクテーシュワラ寺院に来ました。
ここも出入り自由です。

20180819155805dfd.jpeg


 20180819155806ff6.jpeg

 

ほかの寺院と同様の外観ですが、こちらはあまりレリーフがありません。

20180819155808e6e.jpeg



 2018081915580958d.jpeg 



お、珍しい。アーチってなかなかみないですね。しかもかなり凝ったレリーフです。

20180819155810e86.jpeg 


各位がとても艶っぽいお顔してます。


そのアーチを含めて寺院を縁取りしようとしたのですがこのインド人がドネーションドネーションと食い込んで来ました。

20180819155812101.jpeg 

ここの寺院の人たちドネーションコールをスルーするとかなり怒るのですが、であれば入場料を有料にして頂きたく候。



帰りは狙い通り大通りでバスを拾い駅まで。
10ルピーと激安でした。
ビバローカルバス!

201808191558136dc.jpeg

 
ただ駅周辺で降りどころを逃した私は駆け抜けるバスから飛び降りることとなり、着地と同時に腰をかなり痛めたのでした。

ツーリストレストランっぽい所に入ったらホテル併設レストランだった罠。

20180819155815aec.jpeg 

一番安いフレンチトースト&オムレツ120ルピーなんてものをやってしまいました。
超美味かったですけど。私にゃ100年早い代物です。


201808191558165f0.jpeg 


さて、ブバネーシュワル観光はこれで終わりです。
他にも寺院や石窟などあるそうですが、いま私ほんときったなくてですね。ちょっとダニにやられた箇所を手足を掻こうものなら爪にススだか垢がこびりつくような状態なんです。


夜行列車続き&町の空気が汚ったないからだと思うのですが。

なので今すぐにシャワーを浴びたいのです。このままだとそこら辺に落っこってるインド人と変わらなくなってしまう。


プリーへは自由席切符購入。40ルピー。

20180819155819214.jpeg 


この18303がそれだそうです。
切符見てもよう分からんので駅員に確認。

20180819155818bb8.jpeg 



ホームイン。

201808191600174e5.jpeg 


普段ジェネラルに乗らないのでどの車両がジェネラルなのか全然分かりませんが、目の前に止まった車両がインド人だらけできったなかったのでそれに乗りました。
写真は控えましたが私の席の上の荷物置きにもインド人がいました。


途中ちょっと空いてきたので席を移動。

20180819160018c50.jpeg


 20180819160039685.jpeg

 

1時間ちょっとでプリー駅着。

20180819160020219.jpeg

 


ここから宿までサイクルリキシャです。


20180819223304df2.jpeg 



そして宿。
悩ましかったですが、日本人宿サンタナです。

20180819223333736.jpeg 


地球の歩き方スリランカを読みにきました。

ありませんでしたけどもね。


カメラを向けると興奮してバウワウするからブレまくるワンコ。

201808191600219bb.jpeg 


もうランチタイムは過ぎてますが、何か作れますか?とインド人コックさんに聞いたら鶏モモ焼きが出てきました。見た目真っ黒ですが、久々に肉を食った感を感じられました。

20180819160022524.jpeg 



一休みしてシャワーを浴び、肌が摩擦熱で焦げるんじゃないかというくらい、MUJIのシャキシャキタオルで汚れを落としまくりました。



たいへん気分が良くなったので海岸へ散歩しに行きました。
なんだかんだでインド初海です。

道中のお宅の壁に、

20180819160024a99.jpeg


 20180819160025623.jpeg

 
ジャガンナートさんです。


もともとこの辺りの地方の神様だったそうですが、色々な紆余曲折を経て今ではヒンドゥー教のヴィシュヌさんの化身、クリシュナさんと同一視されるまでに昇格したんだそうです。



にしてもこの拭えないゆるキャラ感。

Google先生の検索結果とかこれ悪意しかないでしょ先生。

20180819223622529.jpeg 



対するクリシュナさん

20180819223622bfe.jpeg 


ほら。


そんなジャガンナートさんを祀る寺院もあるそうなので明日行ってみたいと思います。


漁村エリアに来ました。

201808191600272a4.jpeg

 
この辺りは凄いです。
浜辺の延長みたいな土地に石の家がひしめき合い、みんなそこら中で家事や漁の仕事をしてます。

ゴミだらけで悪臭漂う地帯を抜けると海に出ました。

20180819160029244.jpeg


 201808191600301f6.jpeg 


インドの海です。
荒々しい波が立ってます。



そしていきなりすみませんが、

この辺り一帯、

なんと人糞だらけです。


いえ、事前にそうだとは聞いてました。

先ほどの漁村にはトイレがなくみんなこの海岸でしているのだと。

でもですね、したらばみんな海の中でするもんだと思うじゃないですか。
違うんです。みんな浜辺でするんです。
これはちょっと衝撃でした。

いやまさに今私は海を見ていますが、振り返るとインド人が5人くらいウ●コしてますから。なんなら音まで聞こえて来ますから。
もう振り向けませんて。



20180819160032033.jpeg

 
この写真、ワンコが可愛いでしょう。


でもよく見るとここにもウ●コ中のインド人がフレームインしてます。

いい加減にしてください。どんだけ出し散らかすんですか。


ワンコを撮ったらウ●コのインド人だなんて、世知辛いです。



しばらく西へ逃避するとちょっとずつ地元民が浜辺でキャッキャしているエリアになって来ました。

20180819160034ac1.jpeg


 201808191600368d1.jpeg 
※男女仲良くウ●コタイムじゃないですよ。



いや、にしても暑い。


湿気が凄いからでしょうか。

汗止まらんです。


先ほどあんなにシャッキリしたのに潮風と汗と先ほどのウ●コパラダイスのおかげでもうシャワーに戻りたいです。



海岸もワンコだらけです。

20180819160041141.jpeg

 

その中の1匹にちょっかい出してたらその子がその後も付いて来ました。

201808191600445c4.jpeg

 

時間差で3匹付いて来ました。

20180819160131307.jpeg 



3匹ともインド人のおっさんがばらまいた残飯に飛びつきあっという間にチーム解散です。


こちらにもジャガンナートさん。
もう御自身の立ち位置をしっかり理解してらっしゃる。

2018081916023679b.jpeg 


ガーン!

20180819160038665.jpeg

 
大評判のHoney beeというカフェは閉まってました。
冷房探し求めてたのに。


てかそもそもこの15-
18時あたりはどこも中休みタイムだそうで、エアコンどころかレストランは全く空いてませんでした。


その後は宿に戻り、屋上からのテラスの景色に舌鼓を打ち、

20180819160236f57.jpeg 


 20180819160133c4d.jpeg 


そして毎度恒例、ぎこちなく日本人宿の皆さんに絡ませていただき、ぎこちない時間を演出。


後の夕食はまさかの


2018081916013572a.jpeg 

焼き魚!!
にそれこそ舌鼓を打ちながらもうこの宿に一年間もの間沈没しているという大沈没船の船長のような方の武勇伝を聴きながら世界は広いなと思ったプリーの夜でした。


さて、
明日はプリー周辺の遺跡を見学したら次の街へ向かいます。


日本人が沈没しまくるこの沈没聖地、1日で終了です。

明日も1日、どうぞ宜しくお願い申し上げます。ダンニャバード!でした。
  
 
――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

No title

お寺の旗は「アクティブを意味する」とインド人に聞いたことがあります。
旗があるものは遺跡ではなくて、現役の寺院として今も使われているものだと。

・・・でも、逆で旗はもう使われていないものだったかもしれません。
まだインドにいらっしゃるようでしたら、インド人に確認してもらえないでしょうか?

Re: No title

>古今東西さん
コメントありがとうございます!(あれからブログも拝見致しました、大変勉強させていただきました!)
私が旗を見つけた寺院は観光客向けに解放されていたので、アクティブではない、の意味かもしれませんね。
これからスリランカへ抜けますが、その後は南インドへ戻るのでまた聞いてみますね!

No title

ありがとうございます。
なるほど。旗は遺跡の意味かもですね。
ネットで「インド 寺 旗」で調べても、タルチョのことしか出てきません。
まあ、ほぼ全ての日本人には関心のないことですかね。
余裕がありましたら、南インドでも聞いてみてください。

Re: No title

分かりました!

楽しく読ませてもらっています!

ワンコがウンコに見えてしまいました。さすがインド。すごインド。旅をしながらここまでの記事を毎日更新されていて本当に尊敬します... めちゃくちゃ面白いです! 旅の理不尽はつきものですが、お気をつけてよい旅を!

えRe: 楽しく読ませてもらっています!

mmさん>
コメントありがとうございます!
ワンコもウンコもそこら中に散らかってますからね。私もたまにどっちがどっちだか分からなくなります。なんならそこら辺に散らかってるインド人もウンコだと思うようになりそうです。

言い過ぎでしたね。
長々な日記にお付き合いいただき感謝申し上げます。
是非引き続き応援頂けましたら嬉しいです!

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#303 チベット亡命政府の街、ダラムサラ。inインド(71) 2018.10.12 2018/10/16
#302 アムリトサル大虐殺。inインド(71) 2018.10.11 2018/10/15
#301 黄金寺院-シク教聖地へ。inインド(70) 2018.10.10 2018/10/14
#300 インドを誇りに思わされる。inインド(69) 2018.10.9 2018/10/13
#299 下山の道は険しく。inインド(68) 2018.10.8 2018/10/12