FC2ブログ

記事一覧

#253 仏教古都アヌラーダプラ。inスリランカ(3) 2018.8.23


海外では街中を歩いてると至るところで客引きから声を掛けられます。

たいがいが「ハロー」「コニチハー」「ニーハオー」「マイフレンドー」。

南米では「アミーゴ!」
インドでは「ナンデヤネンー!」などなど。


スリランカでは「ファーザー!」です。
そんな父顔に見えてますか私。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ダンブッラ→アヌラーダプラ Anuradhapura
・手段:路線バス
・料金:120ルピー≒84円
・時間:1.5時間  13:00発、14:30


↓ダンブッラ地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)

20180823141314eb2.jpeg 

・上のオレンジ:路線バス停

      シーギリヤ、ダンブッラ、コロンボ、キャンディ方面

・やや下のオレンジ:長距離バス停 Dambula Bus Station

      ジャフナ行きなど

・青  宿 Dumbula City Hostel

・紫の左:ダンブッラ黄金寺院の石窟寺院

      Dambulla Cave Temple

・紫の右:ダンブッラ黄金寺院のサブ寺院的な

      Golden Temple

・左の緑:石窟寺院のチケットオフィス



↓移動図

20180824033229946.jpeg 



↓アヌラーダプラ地図マップ

20180824110102bc8.jpeg  


・オレンジ:バススタンド New bus station
・青:宿  Kingfisher Family Guest and hostel. ドミ一泊800ルピー
各種紫が仏教寺院ですが本当はもっと沢山あります。以下私が行ったとこだけです。下から順に、
・イスルムニヤ精舎  Isurumuni Viharaya
・スリー・マハー菩提樹  Sri Maha Bodhi
・ルワンウェリ・サーヤ仏塔  Ruwanwelisaya
・ジェータワナ・ラーマヤ仏塔  Jethavana Stupa

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――



ダンブッラ二日目の朝ごはん。
卵焼きが綺麗に焼けました。今日は良いことありそうです。

2018082403243020e.jpeg 


ダンブッラの宿をチェックアウト。
お世話になりました。

201808240324312ba.jpeg 



良い天気!

20180824032432bf3.jpeg 



本日の予定ですが、まずはダンブッラの寺院に行ってみたいと思います。どうやらそちらもなかなか凄いらしくて。



このバスすごくないですか。

20180824032433539.jpeg 

SRI LANKA  PRISONSて。
そのまま書いちゃうんですね。
こんな林の中に放置するんじゃないよ。



鶏がたくさん詰め込まれたケージの上に小鳥が沢山詰め込まれてました。
そういうことでしょうか。

201808240324349fc.jpeg 


寺院の場所は冒頭の通りですが、私は宿の位置的に西側から向かってます。
道中は大変に良い雰囲気です。

20180824032435789.jpeg 


あの岩山に石窟寺院があると思われる。

20180824032436f63.jpeg 


おお、ありました。

201808240324374aa.jpeg


 2018082403243992a.jpeg

 

ここから登ってくみたいです。
上がってすぐのところにチケットオフィスが。

201808240324394a3.jpeg 

1,500ルピー。なかなかです。


ここから石段を結構上がっていき、

2018082403244107d.jpeg


 2018082403244346c.jpeg 


こんな絶景が見えてきたあたりで

20180824032444135.jpeg 


ダンブッラ黄金寺院の石窟寺院
です。

20180824032445f01.jpeg 

この奥の岩山に寺院がございます。


境内はこんな感じ。
裸靴を脱いでおあがんなさいなのですが、足元は灼熱。

20180824032447121.jpeg


 201808240324493da.jpeg


 20180824032450852.jpeg


 20180824032452f01.jpeg 


第一窟。

デーワ・ラージャ・ヴィハーラ(Deva Raja Vihara)と言うそうです。

201808240324534c9.jpeg


 20180824032524259.jpeg


 2018082403252546f.jpeg


 2018082403252686a.jpeg

 
内部は巨大な涅槃仏がどっしり構えていました。


この涅槃仏を寝かすだけのスペースしかないこの石窟は嫌が応にも涅槃仏と至近距離で向き合うこととなります。


この涅槃仏さんが、ダンブッラ黄金寺院の本尊であり、最も古い石窟なのだそうです。


足の裏は真っ赤です。

20180824032527b6b.jpeg 

壁中に仏絵が描かれてます。

20180824032526e33.jpeg 


蛇を食らう孔雀。
蛇て宗教によって食ったり食われたり忙しいですね。

20180824032545df6.jpeg 



そういえば、仏像に背を向けて写真を撮るのはNGなんですってね。日本ではそんなルール無かったように思うのですが、ここスリランカではそこら中にその注意書きがありました。

201808240325274f9.jpeg 

むしろフラッシュ撮影を禁止すべきではと思うのですが。みんなパシパシ光らせてます。





この石窟の隣ではシヴァ神さまが祀られてました。

20180824032527d63.jpeg 

もうこのヒンドゥー教の、すべてを飲み込むスタンスね。


第2窟、マハー・ラージャ・ヴィハーラ(Maha Raja Vihara)です。
ここです。凄いのここなんです。

20180824032529917.jpeg


 20180824032530b58.jpeg


 201808240325322e5.jpeg


 201808240325332e8.jpeg


 20180824032534300.jpeg


 20180824032535944.jpeg



 20180824032536493.jpeg 


201808240325379f6.jpeg


 

20180824032539170.jpeg


 20180824032541d57.jpeg 

もうそこら中が仏様です。


壁という壁、天井という天井に、壁画壁画天井画天井画壁画天井画壁画天井画、ともう大変な騒ぎです。




仏陀先生はこんなに描き散らされてどんな御気分なのでしょうか。


目を見張るのが、

201808240325401f7.jpeg 

こんな平坦ではない場所にも容赦なく仏だらけにしてみせるこの執念。

突き抜ける信仰心は、狂おしく、そして美しいですね。


他も合わせて五つの石窟があり、同じように仏まみれのクレイジー(いい意味でね)ワールドでした。

20180824032614471.jpeg


 20180824032614657.jpeg


 2018082403261533a.jpeg


 20180824032615284.jpeg 






全景も凄いですが、細部の追求が狂おしいです。


20180824032616a0c.jpeg


 20180824032617caf.jpeg 


一部、色を塗り直しているところも。

201808240326186f6.jpeg 


こうして仏像さんの色を鮮やかに保っているのですね。


そんなダンブッラ黄金寺院の石窟寺院でした。




さあさ、

次に向かうはアヌラーダプラという街です。


ダンブッラの北側のバス停からいざ乗車。


20180824032620969.jpeg 


ちなみにスリランカの路線バスはこんな雰囲気です。



ローカルミュージックがスローに流れてなんというか、こんな感じです。

が、1/2の確率でスピード狂です。
このバスもこの動画の後、唐突にスピード狂へ変貌しました。
路線バスだし逐一停車するんだからなんでそんな是が非でも追い越そうとする!!んだい君はっつ!!

追い越した車がバス停停車する度に追い越され、それをまた轢き殺すんじゃないかという勢いで追い抜いていく。
どうしちゃったんですか私の愛するスリランカちゃん。

そしてハンドルの切り方も急なもんでいつかこのバス横転すると思います。


なんとか横転はせず、1時間半でアヌラーダプラ着。New bus terminalに到着しました。

201808240326381d8.jpeg 


実は大雨です。さっきまであんなに晴れてたのに。

20180824032621e75.jpeg 


ちょっとだいぶ御乱心なトラック。

20180824032623cb2.jpeg 


宿です。

20180824032624162.jpeg 

Kingfisher Family guest and hostelだなんていうなんてビール好きなご一家なんでしょう、という名前の宿。


工場の二階に2部屋あるだけの簡易なルームシェアという感じ。片方はドミ部屋です。


20180824032625cd6.jpeg 


一泊560円の割にはベッドに扇風機ついてて洗濯物をプライベート干し出来る最高宿でした。Wi-Fiあるし。


って事で早速出かけます。
出かけたそばからこんなん見つけてテンション高まります。

20180824032627542.jpeg 

Rajaってサンスクリット語(古代インドの言葉)で「王」です。マハラジャのラジャです。


それをもってしてバーガーキング。

これ当局に怒られるぞーワクワク。


さて。
ここアヌラーダプラは先日のメモに記載の通り、紀元前5世紀から紀元11世紀まで、シンハラ人の国、シンハラ王朝の王都として栄えた街です。
昨日訪れたシーギリヤロックのカッサパ王がクーデターを起こしたのもまさにこのアヌラーダプラです(その後彼はシーギリヤへ一時的に遷都)。
と同時にスリランカ仏教の最初の中心地となった場所であり、ここから「タイ」「カンボジア」へ仏教は広まっていったのだそうです。


仏教の歴史的には大変に重要な場所な訳ですね。

そんな街に、ガイドブックも持たずに15:00という半端な時間から「行けるとこまで行ってみよかな」などと仏陀先生に大変失礼極まりない愚行を決行しているのがこの私です。

ひとまずリキシャでね。

2018082403262926e.jpeg 



やってきましたはイスルムニヤ精舎

20180824032630247.jpeg


 20180824032632737.jpeg 

通称ロックテンプルとも言われる石窟寺院だそうです。入場料200ルピー。


何かを期待しているロックテンプル犬。

2018082403263495f.jpeg 


石窟寺院内にはこれまた涅槃仏さんが。
ただダンブッラ石窟寺院のよりもかなり強い色彩で彩られております。

2018082403263545e.jpeg


 20180824032636a73.jpeg 

こ、これはなんというか嘘くさい美しい色合いですね。

天井画も大変にきめ細やかで美しいです。

201808240327042f5.jpeg


 2018082403270597c.jpeg

 


こちらの石窟寺院、日本の浅草寺が塗り替えに協力しているんですって。

お金出してるのか、色材を提供してるのか、
浅草の江戸っ子たちよってたかっわーってぇんでやってるのか分かりませんが。



壁には説明画が。
1から24まであります。

20180824032706c23.jpeg  

仏陀さんの生涯、、ではなさそうです。


最後の一コマ


20180824032707d29.jpeg 

何たらかんたらJAPANだそうです。
これ多分、この寺院の修復の話かと。


にしてもスリランカ、どこに行っても日本が出てきますね。

隣のお堂の入り口には、

20180824032708b22.jpeg


 20180824032708bd7.jpeg


 201808240327102d1.jpeg 


ガードストーンとムーンストーン。

スリランカの寺院の入り口には大抵これがあるそうです。
ちょっとこのムーンストーンは削れちゃってるので、もう少し鮮明なムーンストーンのところで、なんぞやを記したいと思います。


池の淵に象さんの彫刻が。

20180824032711050.jpeg 


お堂。

20180824032712c27.jpeg


 20180824032713159.jpeg 

こちらは古いお堂だそうで、先ほどの涅槃仏が居らした方が新しいお堂なんだそうです。



ミュージアムなぞも併設されておりました。
一番有名らしいのがこの像。

2018082403271478c.jpeg


 20180824032716465.jpeg


 201808240327175a1.jpeg 

仏教寺院では見たことがない男女像です。
通称恋人像だそうで、当時の王子が身分が異なる女性と恋に落ちた一件を描いたものだそうです。
仏教関係なかったです。。


ほか、石の椅子や、

20180824032718aff.jpeg 


王様ご一家など。

20180824032720295.jpeg 


ところで王様って誰のことでしょね。


石窟寺院の岩山の上に登れました。


登っちゃっていいんでしょうかこの下で仏陀先生寝はってますけども。


ただ、のんびりとした良い景色が頂けます。

2018082403272168c.jpeg 


こちらの北東方面が仏教寺院や遺跡が数多く残るエリアです。写真だと見えづらいですが、いくつか仏塔が見えております。

20180824032723ab0.jpeg 


って事でアヌラーダプラの古都エリアに行きましょう。

そこらへんの標識にはSACRED AREAと書かれてます。



のどかな風景が続きます。
昔はここも城下町だったのでしょうか。

20180824032724dd4.jpeg 


ちらほら、遺跡が見えます。
これは崩れかけの仏塔でしょうか。
かなりデカそうです。建築中なのかも。

20180824032726bbc.jpeg 


しばし進んでいくと、

20180824032728c83.jpeg 


着きました。
スリー・マハー菩提樹。

20180824032814d3c.jpeg 

そうなんです、

ここにも菩提樹があるそうなんです。


実際に仏陀さんが悟りを開いたのは先日私も訪れたブッダガヤの菩提樹の樹の下ですが、ここでも登場するインドの仏教大好き王様アショーカさん、の妹さんがその小枝をこの地に持ち込み、移植して育った菩提樹があるんだそうです。


小枝て。



行ってみましょう。

201808240327577e2.jpeg 


20180824032757fdb.jpeg


 20180824032757a34.jpeg 


ここにもたくさんありました、ガードストーンとムーンストーン。

ムーンストーンは信者が聖地に足を踏み入れる際に身を清める意味合いがあるそうです。



以下、解説サイトから抜粋。


一番外側には人の物欲を示す炎の舌、その内側には象・馬・ライオン・牡牛、これは象が誕生、馬が老齢、ライオンが病気、牡牛が死を意味するということで、生老病死という仏陀の四苦を表しています。その次は花弁のない花心、その次は蓮の花を加えるガチョウ。これは家族を捨てて出家した釈迦を表すそうです。そして、中央は蓮の花。


おお!
確かにそうなっている。。!!


面白いですね。
なおこのムーンストーンは上記の通りですが、場所によってはインド・ヒンドゥー教に配慮して牡牛がいないバージョンもあるそうです。

私もムーンストーンを踏みしめしっかりと我が身を浄化させて頂きました。消えよ私のインド臭。



スリー・マハー菩提樹の敷地内。

2018082403275830b.jpeg 

上に見えているのが件の菩提樹です。



大勢の方が手を合わせてお祈りを捧げています。


201808240328004bc.jpeg 



お供え物のお花がとても綺麗。

20180824032800712.jpeg 


ふと足元を見たら菩提樹の葉が。

20180824032801430.jpeg 


ただここスリランカは、インドのブッダガヤと異なり、葉が落ちた瞬間に大勢のインド人が全力で奪い取りにいくビーチフラッグのような野蛮な行為は見受けられなかったので、私も自重しました。


なんなら


201808240328048a7.jpeg 

掃き集められてました。


落ち葉は重要視されていないようです。

ないしはきっと民度の差でしょう。


周囲には人々の想いが括られていました。

201808240328047ca.jpeg


 20180824032804714.jpeg 


菩提樹本体は何重にも策が巡らされており近づけませんが、その樹の枝の下にあやかることができます。


20180824032808764.jpeg 



2018082403280658e.jpeg 


よく見ると土台は象だらけです。

20180824032807ef0.jpeg 


スリランカの人々は、祈るときに手を合わせるのですね。
日本と同じです。
近づいてきてますね、日本。

ああそうめん食べたい。




おし、
菩提樹にあやかった次はここから北上して行きますよ。


アヌラーダプラ猿。

201808240328107c8.jpeg 


お供えの花を貪るアヌラーダプラ猿。

20180824032811525.jpeg 


アヌラーダプラ猿の巣。

20180824032813393.jpeg 


アヌラーダプラ犬。

20180824032819580.jpeg  


アヌラーダプラ犬とアヌラーダプラ犬。

20180824032815b1a.jpeg 


アヌラーダプラ犬のめおと。


20180824032817c87.jpeg


 20180824032851f59.jpeg 



どーん!

20180824032852d6c.jpeg 


と現れたのはルワン・ウェリサーヤ仏塔です。
純白。快晴だったらばとてもとても綺麗だったことでしょう。


そしてその土台は

2018082403285322e.jpeg


 20180824032853d3c.jpeg 

象たちが圧倒的な数で支えていました。


仏塔は時計回りで周囲を歩くのが吉なんだそうですね。
前回インドのサールナートの仏塔ではそんなこと知らずに反時計周りに歩いて、何度も同じ人に会うなぁと思ってました。


仏塔の中腹にある仏像は鳩ノ巣になってました。おいこの野郎、先生を糞まみれにするんじゃないよ。


20180824032853414.jpeg 


突如現れた儀式隊。




このオレンジの帯、どこまで続くんでしょう。

20180824032854f11.jpeg 


最後尾にはこんなにまだ余力がありました。

20180824032855a08.jpeg 


話は逸れますが、スリランカの仏教寺院は裸足、というのは先ほどの通りで、今も裸足なのですが、

20180824032857d63.jpeg 

この芝生シートみたいのをちゃーんと敷いてるのが堪らないです。

どっかの某国なんて裸足で入らせるくせにこぼれ落ちたお供え物やらマサラで赤く染まったツバやらゴミやらホコリやら鳩フンやらでベッシャベシャですからね。
そのくせうっかり土足で入ろうものならインド人が「こんな綺麗な場所に土足で入るだなんて!」って言ってくるわけです。


どこぞの国の話ですけどね。




このお供え物。

20180824032856c28.jpeg 

とてもフレッシュで綺麗なのですが、みんなどこで調達してるんだろう、
と思ったら

20180824032858a10.jpeg


 2018082403285968e.jpeg


 201808240329001d0.jpeg 

道端で売ってました。
めっちゃ綺麗じゃないですかこのお花たち。


久々のアイス。
アイスは美味いのですが、コーンが数世紀放置されていたような絶望的な不味さでした。

2018082403290291d.jpeg 


もう一つ、近くの仏塔にやってきました。

20180824032903227.jpeg 20180824032905034.jpeg 

ジェータワナ・ラーマヤ仏塔です。

アヌラーダプラ最大の大きさで高さ122mあるんですって。

本当かな。絶対そんな無いと思うけど。

なおここ全然人がいません。
ちょっと外れた場所にあるからでしょうか。

代わりに

20180824032906838.jpeg


 201808240329088cb.jpeg



 

猿たちに征服されておりました。


君らこんなとこ登ってウッキャーしても何らメリットなかろうに。



そんなところでしょうか。
ここよりも北にもっともっと遺跡があり、なんなら王宮なぞもあったようですが、事前調べ不足の私は「ああやりきった爽!」とドヤ顔で徒歩で宿まで帰宅した次第です。


道中のローカル食堂。

20180824032909344.jpeg


 20180824032933f2c.jpeg 

チキンカレーを頼んだはずが色々出てきた。

201808240329348b4.jpeg 


基本やっぱり辛いが、病みつきになる美味さがあります。あと小皿の左はポテトと言われたのですが、ホクホクアマアマのサツマイモでした。超絶美味。


帰り道の空の色がしゅんごかったです。

20180824032935b48.jpeg


 20180824032935017.jpeg


 20180824032935d51.jpeg 


ここ地球ですか?と問いたくなるような、黄色いフィルムの向こう側のような、黄昏時でした。


その後の空色。

20180824032939bad.jpeg


 201808240329394ca.jpeg

 
これをシーギリヤロックから見れたらすごかったろうなぁ。
下山できなくなるけど。


最後に件のバーガーラジャ。

20180824032941a01.jpeg 



壁のメニューを見ていろいろ確信しました。

20180824032943148.jpeg 


店内はこのローカル感。

201808240329441c3.jpeg 



パイナップルジュースを頼んだら生搾りでした。そこは良い意味でのローカル感でした。

201808240329463a2.jpeg 


客は最初私だけでしたが、欧米人が数人入ってきたところで、お店のおっさん、本場のバーガーキングを意識したのでしょう、タテノリ系BGMを爆音で流し始め、客をどんどん返していきました。
寂しそうな顔をするおっさんに、ちゃんと言ってあげました。
Too noisyだよって。


帰り際に買ったこのジュースが不味すぎて凹みながら今日の日記はここまでです。


20180824032947c3e.jpeg 


明日は、、まだ未定ですが、ポロンナルワ というアヌラーダプラの次に王都となった街へ行ってみようと思います。
※変わるかも。

明日も引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。
ストゥティーでしたー!

 
――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#360 おいでませ地獄の門へ。inトルクメニスタン(3) 2018/12/12
#359 中央アジアの北朝鮮歩き。アシガバートinトルクメニスタン(2) 2018.12.7 2018/12/11
#358 トルクメニスタンへ。inトルクメニスタン(1) 2018.12.6 2018/12/10
#357 「一万人の祈り。」マシュハド inイラン(17) 2018.12.5 2018/12/09
#356 イランの聖地マシュハド。inイラン(16) 2018.12.4 2018/12/08