FC2ブログ

記事一覧

#254 仏教伝播の地、ミヒンタレー。inスリランカ(4) 2018.8.24


アヌラーダプラの安宿はベッドに扇風機が付いていたので風速最大でブオンブオン言わせながら爆睡してました。


そして朝、扇風機を止めたら、部屋が静寂になことに気づきました。

どうやら扇風機を使っていたのは私だけだったようです。
みんな暑くないのかな。


まあまたすぐ付けて二度寝しましたが。

こうして世界各国で日本人の品格に傷をつけている私です。

誠に恐れ入りますがどうぞ宜しくお願い申し上げます。
※随所で巻き返してます。インド人の割込を成敗したりとか。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ

・行き先:アヌラーダプラ→ミヒンタレー Mihintale
・手段:路線バス
・料金:40ルピー≒28円
・時間:30-40分くらい


↓移動図

2018082500325335f.jpeg 


↓ミヒンタレー地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)

201808250026389b4.jpeg 

・オレンジ:バス停

・緑:階段登りきった右手前にチケットオフィス

・赤:インヴィテーションロック

     Aradhana Gala

・紫:マハー・サーヤ仏塔

      Maha Saya




・行き先:アヌラーダプラ→ポロンナルワ Polinnaruwa
・手段:路線バス
・料金:163ルピー≒114円
・時間:2.5時間  13:20発、16:00着

↓移動図

2018082500264078a.jpeg 

↓ポロンナルワ地図マップ
は明日の日記で。

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――

さて、今日はアヌラーダプラに続くシンハラ王朝の王都、ポロンナルワに行ってみます。


の前に、
アヌラーダプラ近くのミヒンタレーという場所に行ってみました。


まずは近所で朝ごはん。


スリランカは英国統治の影響でパンも美味いという情報を得たので、パン食べてみました。

20180825002516ed6.jpeg 


すんませんね、思いっきり一口やらしてもらってますが。


あまりにオレンジジュースが美味しくてついつい始まってしまったのです私の胃の躍動が。



バス。

2018082500251829d.jpeg 

ミヒンタレーはアヌラーダプラから東に10kmちょいしか離れてないのでミヒンタレー行きではなく、そっち方面に行くバスに乗り途中下車です。

バスターミナルでスリランカ人がたくさんいるところで「ミヒンタレー」と呟いたらみんなして『あれあれ』って教えてくれます。
ああもう朝から好き!
いちいち好き!


バスで揺られること30分強、

20180825002519879.jpeg


 20180825002519da5.jpeg 


ミヒンタレー着。
冒頭地図のバス停でおりました。


ここから南方面へてくてく。
こんな階段を上っていきます。

201808250025211ae.jpeg 


階段上がりきったところにチケットオフィス。500ルピーでした。


20180825002522743.jpeg 


ただこのチケット、この先どこもチケットチェックされませんでした。
私のような善良な旅人は良いですが、どこぞの某国のきゃつらなんざここぞとばかりにヒャッホウしそうです。ぜひゲートを設けてきゃつらを残らず狩ってください。


んでもってまだ階段が続くです。

20180825002524bdb.jpeg 


階段を登りきると広いエリアになっており、ここから仏塔や大仏像、岩山など各場所へ道が伸びています。

20180825002526ce0.jpeg 


ここから裸足エリアです。


靴脱ぎ場のど真ん中でのびているぬこタソ。


20180825002525d58.jpeg 


突っついてみたが返事がない。ただのしかばねでしょうか。


そしてこちらがその岩山。
Invitation Rockとかいう残念なネーミングの岩山です。

20180825002528166.jpeg 



岩山には参拝客が殺到し大行列なのですが、ギャグみたいなか細い鉄策一本にみんなして縋り付いています。

やもすると天国へのInvitaionです。

201808250025292e8.jpeg 


頂上。

20180825002531f7d.jpeg 



狭すぎるためか、みんな自主的に入れ替わり制で順番待ちしていました。

これが民度の差ですね。


お隣の某国だったらみんな
隙間という隙間から登り上げて鉄柵によじ登り腰掛けてはヒャッホウ!してそのまま鉄柵ごと岩山を転がり落ちて周囲の輩もワッハッハーと両手を叩いて大爆笑、みたいな狂った世界なのですが、ここはスリランカ。

そんな民度の底辺みたいな事象はつゆ知らず。


で、
なんでいきなりこんな岩山を登りに来たかというと、まさにこの岩山の上で、仏教が伝播されたんですって。


またまた登場する紀元前3世紀のインドの仏教大好き王様アショーカさん、その息子のマヒンダさんがこの丘を訪れ、この地の王に仏教を伝えたのがスリランカ仏教のスタートなんだそうです。


そんなパワースポットに来てみた次第です。



さあ。
私にパワーを

くれ給え!


私パワースポットとか一切意識したことないのですが、パワースポットでは普通、どうするんですか?瞑想でもしたほうがいいのでしょうか。


ひとまず丘の上からの景色。

20180825002532520.jpeg


 20180825002534714.jpeg


 20180825002536c08.jpeg


 20180825002537e5f.jpeg


 


緑の森と青い空に、白い仏塔、そして白い大仏が、鮮烈に映えてとてもとても清々しい景色です。


麓から15分ちょいしか登っていないのにこの景色。素晴らしきかなスリランカです。



ひとまず深呼吸。


うむ、これでよしとしましょう。



帰り道。
列がなかなか進まないなぁと思ったら、

20180825002538ded.jpeg 

このお姉さんが往路のご老人を一人一を引き上げていました。優しすぐるるる。
これが民度の(以下略)


周囲は儀式?か笛と太鼓が鳴り響き、人々がゆっくりと行列を作りお祈りをしていました。

20180825002540a69.jpeg 


しばしそんな風景を眺めてのんびり。



そこへ父から健康保険がどうのこうのという連絡が入り、なんだっけそれ、てかそもそも無職の私って今年金とか保険とかどうなってんだっけ、などと仏教の聖地で数々の煩悩を反芻
した後、下山。


みんな伸び過ぎなミヒンタレー。

20180825002625e5c.jpeg 



今度はコヤツにチャレンジしてみました。

2018082500264565d.jpeg 

結果、普通のファンタでした。


スリランカは絶対フルーツジュースが美味いはずなのですが、市製品はなかなかあたりに巡り合えません。出国までに色々試してみたいと思います。



お昼はまたまたローカル食堂で。


フライドライスを頼んだら凄い量が出てきました。


201808250026258ef.jpeg 

社会人時代はこれしきの量、「フライドライスは飲み物です」言うて浴びるように食ってましたけども。


はさておき、こちらかなり美味でした。


極め付けはこれ。


20180825002626346.jpeg 

食べるラー油ー!!!
一時期日本を席巻したアイツです。
お陰様で私もコイツで一時期すっかり肥えました。過去形ではなく現在進行形ですが。

こちらの食べラーはなかなか辛めですが、うまく言えないですが系統としてはカラムーチョ系の、病みつき系辛さなので今のところ、やっぱり好き!です。
※毎度店員さんにノットスパイシープリーズって申したうえでの辛さなのでだいぶ甘ちゃんなはずですが。



その後はポロンナルワへ移動でつ。


辛いもの食べると異様に喉乾くのですが、ここで初めてコイツを。


201808250026274f0.jpeg 

スリランカ、売店という売店にこのミロのラッピング広告が張り巡らされておるのです。

もうミロだなんて、小学生以来です。
牛乳割りが堪らなく好きだったのですが、いつからか一切飲んでません。
なんでだっけか。我が家の家計の都合で禁止令でも出たんだっけか。

20年以上振りのミロは心が震える美味さで五臓六腑が大歓声でした。


ポロンナルワ行きのバス。

20180825002627a18.jpeg 

料金163ルピーでした。
170ルピー渡しましたがお釣りなし。
バス料金はお釣りなしが普通なようです。


この後周囲は豪雨となり、

2018082500262859b.jpeg 


爆睡して気がつけば長閑な晴れ間。

20180825002630a42.jpeg 


そしてポロンナルワ 到着時に豪雨なうで雨宿り中です。

20180825002631dcb.jpeg 


ひとまず二杯目のミロで五臓六腑を歓ばせてます。



そしてこの後一向に止む気配が無いので思い切って宿までリキシャで敢行、しようとしたらリキシャがジモティーに占有されており全く乗れず、思い切って歩いたらもはや道は川となっており、膝まで泥水にハマり、バイクに泥水顔までぶっ掛けられ命からがら宿に到着。


20180825002644d75.jpeg 


だいぶプリンセスなお部屋に困惑しております。



いやはや。スリランカのスコールナメてました。
ほんとは今日中にポロンナルワの古都観光をしようと思ってたのですが、明日にします。

ひとまず色々乾かしながら、スリランカのここから先の旅程を練ってました。

2018082500264298b.jpeg 


スリランカは路線バスが張り巡らされている且つとてもお安い、そして運行頻度も多いから予約不要、と言うのがとても良いですね、どこにでも行けちゃいます。


って事で、明日はポロンナルワ観光後、思い切って北東のトリンコマリーという街に行ってみようと思います。


明日も引き続き、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
ストゥティーでしたー!

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

ミロ

こんにちは。
スリランカはやはり良さげですね!今、テレビの旅猿もスリランカで、興味湧いております。
えーと。シンガポールではミロのことをマイロと呼んでいるのですが、スリランカではどうか聞いてみてください!どのエリアからマイロなんでしょーね。

Re: ミロ

みつえさん>
コメントありがとうございます!スリランカもマイロと言うそうですよw
もう今一日三本ペースで飲んでます、堪らなく美味いです。

スリランカ、(私にとってはインドからの高低差はあるにせよ)良いですよ!
物価も安いし、綺麗だし、交通網整ってるし(バスは満員ですが)、何より人が良いです。。!
各所とも良くも悪くも観光客慣れしてるので英語も通じるしインフラも◎です。
アーユルヴェーダもありますしね。ぜひバカンスに♪

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#302 アムリトサル大虐殺。inインド(71) 2018.10.11 2018/10/15
#301 黄金寺院-シク教聖地へ。inインド(70) 2018.10.10 2018/10/14
#300 インドを誇りに思わされる。inインド(69) 2018.10.9 2018/10/13
#299 下山の道は険しく。inインド(68) 2018.10.8 2018/10/12
#298 カシミール・モスク。inインド(67) 2018.10.7 2018/10/11