FC2ブログ

記事一覧

#268 ハンピの良さジワる。inインド(37)


ハンピ2日目です。
ハンピ観光局(?)による策略にはまり寺院的な見どころを昨日のうちに行き倒してしまったので、今日はのんびりと、ぶらっとしたいと思います。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ハンピ周辺
・手段:ー
・料金:ー
・時間:ー


↓ハンピ地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)


201809072349195d6.jpeg 

行きたいところがありすぎてグシャグシャです。
ひとまず以下主要なものだけ

・オレンジ:バススタンド  

・黄色:対岸への渡し船

・ピンク:マタンガの丘

・左の紫の★:ヴィールパークシャ寺院
      Virupaksha Temple
・右上の紫:ヴィッタラ寺院
      Vitthala Temple
・右下の赤が4つあるエリア:王宮エリア
      Queen's palace


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――


朝ごはん。

201809072349193af.jpeg 


宿の人が仲が良いというレストランにて荷物を預かってくれるというのでやって来ました。

そして今日はそんなに急ぐこともないので、食後のチャイをやりながら9/14までの行き先について色々調べごとしてました。


で、
気がつけば正午を回ってたのでぼちぼち行きますかね。

2018090723491944e.jpeg 



川沿いに来ました。

20180907234920a71.jpeg


 20180907234919be8.jpeg 


せっかくなのでこの対岸へ渡ってみたいと思います。


ボートが来ました。

20180907234921fe4.jpeg 


が、
外国人は乗れないらしい。


インド人だけ載せて出発する船。

20180907234922be1.jpeg 



外国人はこっちらしい。

20180907234924bc3.jpeg 


15人揃ったら出発するんですって。


こいつが元締めっぽい。

20180907234925b04.jpeg 



これに乗ってみたいですが、200ルピーと言われました。

201809072349273d2.jpeg 


そして私以外にもチラホラ外国人が集まって来ましたが、チョッキみたいの来たポリス?か観光局か分かりませんが公務員ぽい人が来たら手のひら返したようにボートが出ました。

20180907234928872.jpeg 


可及的速やかに爆発しろ。



対岸の村はそんな私の負のエネルギーをスッと鎮めてくれました。

20180907234931404.jpeg

 


20180907234933cb7.jpeg


 20180907234937b3a.jpeg


 201809072350084ce.jpeg 


とても静かです。
こじんまりとしたレストランとゲストハウスが数軒という感じでしょうか。



ミュージックバーもあるようです。

2018090723493412d.jpeg 


ロッククライミングとかも。

2018090723493643b.jpeg 

まあ欧米人向けに掘っ建て小屋集めましたみたいな感じでしょうか。


そんな村並みを1分で通り抜けてしまったので、このまましばらく歩いてハンピ村から見えていた岩山の頂上を目指したいと思います。


これ。


20180907235009c50.jpeg 


Maps.meさんが示す道がこれまた挑発的でして。

20180907235009dfc.jpeg


 20180907235010af9.jpeg

 
こんな道だかなんだかな場所を進んでいくと

20180907235011b93.jpeg 


なんというんでしょうか、石の丘とでもいうでしょうか、そんな場所を進んで行きます。

こんな景色がそこら中に。

20180907235013ddf.jpeg 



色々調べてたらこの石ころたち、インドの伝説では巨大なお猿の神さま、ハヌマーンさんが投げ散らかした跡だとか。出処がなんとも言えないので信憑性はさておきですが、だとしたらハヌマーンさん、散らかし過ぎですよ。


ただそのお陰で、

2018090723501512e.jpeg


 201809072350164b4.jpeg


 20180907235017ab9.jpeg

 
こんな絶景になってしまってるんだから大したもんです。


ハヌマーンさま。
ひとまず先ほどの船渡しどもに一発投石いただけませんか。



道中、こんな刺々しい植物なんかを切り抜けつつ、

201809072350198de.jpeg


 20180907235021a37.jpeg


 

頂上到達です。

201809072350217a1.jpeg


 20180907235023b7c.jpeg


 201809072350250be.jpeg


 20180907235027255.jpeg


 



サイッコウじゃないですか。

緑々しい一面の、ヤシの木々、荒々と転がる石と岩、そしてちょっとだけ垣間見える人間の文明。

緑だけじゃなく、岩だけじゃなく、というのが良いです。
ずっと見ていて本当に飽きません。


正直私、ハンピをみんなして担ぐもんだからちょっと穿った先入観があったのですよね。なんなら私、僭越ながら数々の景色を頂いて来ましたし。「言うても、、でしょ?」って。

ただこのハンピは、これまでのどことも違う新しい景色です。
トルコの奇岩谷カッパドキアとも、荒涼としたネムルトダーゥとも、ギリシャのメテオラとも、アルメニアの山岳修道院を擁する山々とも、また違う景色だと思います。

うん、確かにハンピは素敵です。
白旗です。恐れ入りました。


いやこんなん絶対楽しいでしょ。

20180907235030a68.jpeg 
(キャンプファイヤー)


いやこんなんぜったいはしゃぎ過ぎでしょ。

201809072350311e6.jpeg 



いやあんなん絶対はしゃぎ過ぎて誰か死んでるでしょ。


201809072350337a7.jpeg 


デカ目のトカゲ。

2018090723503443d.jpeg 



さっきまでゴミを漁っていたがバシャンバシャン!と逃げていったもっとデカ目のオオトカゲがいた場所。1mくらいあった。

20180907235102051.jpeg 


往路ではもさもさ草を食っていた牛。

20180907235101d20.jpeg


 20180907235101049.jpeg 



さて、ハンピ村へ戻ります。
いや、時間はあるのでもっと足を伸ばしてハヌマーンさんを祀る山の上のお寺とか目指したいところなんですけど、いかんさっきから晴れたり雨降ったりなんです。
ちょっと遠出するにはアレだなぁと思いまして。

さて、懸案の船渡しです。

201809072351031ec.jpeg 


私が岸に来た時には誰も船を待っていませんでした。

代わりにそこにいたのはニヤニヤしている4人のインド人。

私「向こうへ渡りたいです」
イ「(ニヤニヤ)20人集まらないと船は出ない よ」
私「それに乗りたいです」

20180907235105a70.jpeg 


イ「(ニヤニヤ)これ?無理だ」
私「向こう岸では200ルピーで乗れると聞いたけど?」
イ「(ニヤニヤ)500ルピーならいいぜ」
イ「(ニヤニヤ)ああ、いま向こう側から船が来るぞ。乗せてやってもいいよ、200ルピーでな。」


私「そうですか」



拝啓、カーリー様。

20180907150543b08.jpeg 


今すぐコイツらを孫の代まで滅ぼしてください出来るだけ苦しむ方法でASAPで可及的速やかに今すぐいますぐイマスグですさあさあさあ!!


敬具。



20180907235106558.jpeg 

怒りで自我が崩壊しそうなので速やかに緊急ランチとしました。
(あのあと船は普通に人を集めて50ルピーで乗れました)



CHILL OUTというレストラン。
シズラーという料理が絶品らしくて。


コンチネンタル料理カテゴリ(欧米系)にありました。インド料理じゃないんですね。



着丼。


201809072351083e8.jpeg 


をーーー!!!


確かにこれは、、シズってる!!
Sizzleだからシズラーなのね。


シズラーはキャベツの葉の上にご飯とチーズを乗せ蒸しあげた料理でした。
チーズがまじヤバでウマー(´Д` )でありました。

もう先ほどの船渡しのことなんて忘れられるわけがないだろう滅び亡き散らせ




気分が良くなったので寺に参ります。

20180907235111043.jpeg 


ヴィールパークシャ寺院です。
ハンピ村のど真ん中にあるのですが、近いからいつでも行けるし最後に取っとこうと思って後回しにしてました。


入場料&カメラ代で52?ルピー。
55渡したらお釣りは来ませんでした。
激ウマランチで気分が良い私は3ルピーくらいじゃ微動だにしません。
笑顔で入場です。


おお!!

2018090723511267e.jpeg

 

クンバコーナムでも見た、おめかしした象さんに頭撫でてもらうやーつです。


これ感動するのが、

20180907235114579.jpeg


 20180907235115a4c.jpeg


 2018090723511732b.jpeg 


分かります?
象さん、お布施を受け取るとそのお布施を集金係に渡し、そして頭を撫でるのです。


賢すぎる。。!




そして、


撫でて、


20180907235118c67.jpeg 


撫でて、

20180907235120fd8.jpeg 


撫でまくる、

20180907235122c78.jpeg 

なんて働き者なんでしょうか。
そこらに転がってる●ン●人(あ、汚いものみたいになってしまった)よりよっぽどGDP生んでいます。お布施がGDPにカウントされはしないでしょうが。



象さんのおしり。

20180907235124ae4.jpeg 

を撮ったらインド人が何か言ってきました。

流石に神聖視されている象さんの尻はマズかったかもしれません。ごめんなさい。つい出来心で。



なおこの寺院はこれまでの寺院遺跡と異なり、現役の寺院です。
そのため先ほどの通り大勢のヒンドゥー教徒の方が参拝に訪れています。

20180907235126387.jpeg 



それでいて観光客入場OKかつ写真OKとはなかなかです。

ただ流石に御本尊で床に額をつけて真摯ににお祈りする人たちの横でパシパシするわけにもいかないので、その周囲をウロウロ。


周囲にもこの地方の神さまなのかなんなのか分かりませんがいくつも祭壇があり、皆さんチラッと祈ってました。

201809072351277f7.jpeg 




本堂の前殿がレリーフと天井画だらけでした。ヒンドゥー寺院で天井画って初めて。。?いや忘れてるだけかも。

201809072351494de.jpeg


 201809072351493d7.jpeg 


レリーフ各位

201809072351508bd.jpeg


 2018090723515132f.jpeg 


天井画各位

20180907235153ae4.jpeg


 201809072351552c5.jpeg


 201809072351569ab.jpeg


 20180907235157206.jpeg

 

特に天井画は細密画のようなクオリティでした。
見上げすぎて首が痛うございます。



寺院内にはナンディーさんが多数配置されてます。

20180907235200215.jpeg 



何気ない床にもレリーフ。

20180907235159951.jpeg 


毛繕いしてあげてる猿と、毛繕いされてる猿。

20180907235202473.jpeg


 201809072352030ae.jpeg 


靴預かり所。

20180907235205c80.jpeg 


2ルピーです。

20ルピー札しかなかったので渡したら15ルピー札を渡され、ニヤニヤされました。
お釣りは?と聞くと、
イ「(ニヤニヤ)いま小銭ないから明日取りに来なよ。」

こういうのですよ。
小銭が無いわけないんですよ。なぜなら料金2ルピーだからね!なぜそんなゴブリンみたいな嘘をつくのでしょう。そしてよくその程度でニヤニヤできるよね。要はボラれるボラれないということではなく、アジア人だからと言って馬鹿にされることに腹が立つのです。私はただ無闇矢鱈に沸点千切ってるわけじゃありません。ニッポン代表としてこのゴキブリどもをですね


20180907235206305.jpeg 

近くにあるガネーシャ寺院です。
本堂には物言わぬ大きなガネーシャさんが鎮座してました。

2018090723520899e.jpeg


 201809072352090a5.jpeg 

こんな大きなガネーシャさん意外と初かも。
レリーフもなかなかです。

20180907235211e86.jpeg 



と思ったら、また別の近くの寺院に

20180907235212728.jpeg


  
もっと大きいガネーシャさんがいました。


関係ないですが、夢を叶えるゾウの作者のブログ、面白いですよ。



近くの丘を登ってみました。

20180907235215a9d.jpeg


 2018090723523386f.jpeg


 2018090723523317e.jpeg


 
全然人がいない。
ヘマクータの丘という眺望スポットっぽいのですが。


なおこの丘の上も例に違わず電波が良かったので、ここでしばしブログ更新してました。


岩山の上で胡座かいてずっと携帯いじってたら途中ポリスがやって来ました。


私の画面を覗き込んだらどっか行きましたけども。
覗き見ですか。不愉快です。


さて、頃合いは夕刻。
そろそろ荷物預けたレストランへ行き本日のバスの元へ向かいます。




帰り際の夕陽を浴びるヴィールパークシャ寺院。

201809072352361eb.jpeg 



水浴びする本日の野犬。

20180907235237799.jpeg 


夕陽を浴びる本日の山羊の群れ。

201809072352395b1.jpeg 



車の験担ぎを食む牛。

2018090723524021b.jpeg 



夕陽に酔う犬。

20180907235242fe0.jpeg 



見上げると私。

20180907235244868.jpeg 


ゴビ♡  ※カリフラワーの甘辛揚げ

20180907235245d7d.jpeg 


夕陽に染まるマタンガの丘。

2018090723524653c.jpeg 



同、西の空。

20180907235247c38.jpeg 



バスが来るはずの場所。

201809072352498d4.jpeg 

え、なにこの場所。
もうちょっと、バス停感ちょうだいよ。
これじゃインド人共がクリケット始めちゃうよ。


なんてやってたらオンタイムでバスが来ました。素晴らしい。

201809072352501ef.jpeg 



初の寝台バスです。
中はこんな感じ。

20180907235252dfd.jpeg


 2018090723525498c.jpeg 


普通に寝台スペースがバスに詰め込まれてる感じです。意外と快適だじょ。

ということでこれにてハンピ2Daysは終了です。


明日からゴアです。
足次第ですがうまくいけば一泊二日の予定です。

黄金のゴア。


ビーチにクラブにドラッグ。
泳がない踊らないタバコも吸わない私はまあ楽しめないでしょう。

ただ私の戦友でもある

20180908114907e46.jpeg 


彼が見ての通りゴアトランスヘビーラバーでして、是非トランスの聖地であるゴアへ!


ってことなので立ち寄ることにしました。


>ねもっちゃん
ゴアのどこ行けばいーの?
 
ダンニャバードでした。


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#282 四度目のデリーは博物館へ。inインド(51) 2018.9.21 2018/09/24
#281 ノイミカさんご出国。inインド(50) 2018.9.20 2018/09/23
#280後編 壮観の階段井戸。inインド(49) 2018.9.19② 2018/09/22
#280 白装束でタージマハる。inインド(49) 2018.9.19 2018/09/21
#279 列車が16時間遅延。inインド(48) 2018.9.18 2018/09/20