FC2ブログ

記事一覧

#304 トリウンド絶景狩り。inインド(73) 2018.10.13



昨日のチベット問題に頭を唸らせた翌朝は気分を変えてトリウンドと言われるトレッキングルートを行脚してみようと思います。

えっと、
先に言うと、Mapsmeさんに従ったら正しいルートを通らず大変な目にあいました。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:トリウンドトレッキング
・手段:徒歩
・料金:ー
・時間:往路6時間
              復路3時間


↓トリウンド周辺地図マップ
(英表記はMapsme表記)

20181014025514822.jpeg 


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――


冒頭地図の時点で私の想いが炸裂してますが、その辺りは追い追い。


まず朝。

2018101402551696d.jpeg 


7:00くらいに宿を出ましたよ。
んで、Mapsme先生に聞きましたよ。
トリウンドトレッキングルート教えてって。

そしたらさ、

2018101402551505c.jpeg 


こう仰るわけですよ。

あー、バグス村の滝を超えてくのね!って。
誰もがそう思いますよ。
※何を言いたいかは最後にまとめます。


って事で、


201810140255423c0.jpeg 



いきなり我が歩みを妨げる本日の野犬を頭ポンして乗り越え、


20181014025543c73.jpeg 


走り去るダラムっ子たちに眩しさを覚え、


20181014025543cd2.jpeg 


今日も快晴なバグス滝と山々にダンニャバードです。

なお私トリウンドトレッキングがいかほどなものかあんまし分かって無いのですが、他の方の旅ブログで見た写真が悶絶モノだったのでひとまずやって来ました。


その写真はダラムサラの山の尾根にみんな寝っ転がってて、その向こうにヒマラヤの山々が超絶力強く聳えてると言うヨダレ滝モノな写真です。


ってことは、
多分どっかしらの山の尾根には行くんだろうなと。


となると。。

20181014025545717.jpeg 

うーん、まあきっとあのくらいは行かにゃならんよね。。。

行けるのか体育の成績1の私。



ちょっとそこどいてくれる。

20181014025548de1.jpeg 



このいぬが邪魔してた景色。バグス滝の上まで来ました。


20181014025550123.jpeg 


カフェなんかもあり、とても良い雰囲気です。

20181014025551ed5.jpeg 



滝の上の景色。

20181014025552c3c.jpeg 


まだ谷間に陽は射しておらず、薄暗く、肌寒いです。


こんな荒れた道をひたすら上がっていきます。


2018101402555314d.jpeg 




もうバグス村の景色(右側)はあんな遠く。

左奥がダラムサラです。


20181014025555dbd.jpeg 


途中、お馬様ご一行が通っていきました。

20181014025558be9.jpeg


 20181014025601802.jpeg 


お犬様付き。

20181014025602285.jpeg


 20181014025605e75.jpeg 

なるほど、どおりでこの道、
場所によっては隙間なく馬のウンコだらけなわけです。

もう何度踏みしめたことか。



だーいぶ上がってきました!
見える街の景色幅がどんどん広がってます。

2018101402560280c.jpeg 



なのですが、

201810140256058a3.jpeg 


うーん、
全然まだまだゴールが遠そうです。。


そして

20181014025605fed.jpeg 


何やら小屋っぽいのが並んだ場所に来ました。

ここからが苦渋でした。
Mapsmeの地図がよく分からないんですねー。

だだっ広いのは良いのですが、逆に一本道ではなくなりまして。
でもMapsme上は一本道なんですよ。

Mapsme睨めっこしてても道を外れたり戻ったりを繰り返しながら山をグイグイ登っていきます。


たまにGPSの反応が3分くらい止まるときがあり、

復旧と同時に「うっそぴょーん!!」とGPSの位置が素っ頓狂な場所を指したりするこの絶望感。


Mapsme愛好家は100回は経験してるんじゃなかろうか。


とにもかくにも

20181014025608dd3.jpeg


 2018101402564482c.jpeg


 20181014025610493.jpeg


 20181014025645b8b.jpeg 

盛大にヤギに囲まれてるんですがここどこ!!
とここでヤギ使いのおっさんが登場し、正しい道を教えてくれました。

あ、現地の人は「トリウンド」ではなく「チュリウンド」と言うようです。トリウンド、では通じませんでした。


正しい道。

20181014025646cd0.jpeg 


えっと、、
これはヤギ用の道でして、
人間用の道じゃないですよおっさん。


まあヤギ使いだからしょうがないか。

すでにこの時、GPSのうっそぴょん♪にやられ正規ルートからかなり外れてる私。正規ルート方面は傾斜60度くらいの斜面になっており、ヤギがホイホイ飛び回ってます。

もうこれ行くしかないよね。
幸い、斜面はヤギがホイホイ出来るような段々状になっており、手を使えばグイグイ登れます。

もれなくヤギのころころコンウーと御面会ですが、背に腹です。



生還!

20181014025647903.jpeg 


Mapsmeが指す一本道に復帰しましおおお!!!

20181014025647545.jpeg 


道は今登ってる山の尾根尻に差し掛かり、
山の向こう側に見えたは白い巨山!!

あの向こうの向こう側はきっとラダック。
なんて素晴らしい。。




さてここからは北へ一本道なのですが、

20181014025654938.jpeg


 20181014025700ce1.jpeg 

これすんごい尾根を行くのね。
そしてどんどん登ってくのね。
尾根超えたらまた尾根出てきて、なんかもう、何度心折れそうになったか。


そんな私に!!

20181014025702ff4.jpeg


 201810140257035e1.jpeg 

相棒が出来ました。
背中と尻を(石で)掻いてやったらあっという間に手下になりました。ふふん。


尾根(まだまだ中腹)から見下ろすダラムサラと近郊の町(もう見渡せすぎて名前不明)。と相棒。

201810140257014ee.jpeg 



キャンプしてる人たちがいる!

20181014025701fcc.jpeg 


さぞ気持ちよかろう。
だがなぜそこで?もうちょっと頑張れば山頂なのに。




稜線と雪山と牛(赤枠)。

20181014025703178.jpeg 


近づいたら草木をアクセにするシャレオンティーナでした。

20181014025704401.jpeg 


超えても超えても尾根。

2018101402570520d.jpeg


 20181014025705b00.jpeg


 20181014025706ea5.jpeg 


相棒は基本的に自由です。

201810140257070a5.jpeg


 201810140257095df.jpeg


 201810140257085ae.jpeg


 201810140257311a6.jpeg


 20181014025710458.jpeg 


 

いや凄いですぜしかし。
ラダックではトレッキングを諦めたので、こうした景色は拝見出来ず終いでしたもので。


うし。

201810140257338c7.jpeg 



おお、キャンプ村っぽいとこまで来ました。

201810140257340d0.jpeg


 20181014025735710.jpeg 

さぞ気持ちよかろう。


景色を自撮りする仏僧たち。
君たちもすっかりインド人だな。

20181014025738445.jpeg 



てかほんとひっさびさに人間を見た。
他の方のブログ見てると「定期的に売店があり」とか書いてあったのに一軒も無かったからマジでハラヘリなのです。
(一軒もないのはこれが公式ルートではないからである。)


ここが宿泊施設なのかな。

20181014025739bd9.jpeg 



おおー!

201810140257415f7.jpeg 


休憩所っぽい!!



てことで本日の朝ごはん。

20181014025742e59.jpeg 


絶景に乾杯っすわ。



絶景オンリーバージョン。

20181014025743fb8.jpeg 


我が相棒はあくびしてます。
(ポテチ食わんかった。)

20181014025745b09.jpeg 


なお
・ポテチ
・水
・チャイ
を注文して130ルピーでした。
下界なら50ルピーです。山価格。。!


なおその後は

201810140257470ad.jpeg


 20181014025748725.jpeg


 2018101402575052d.jpeg

 
多数のキャンパーが集まる広い場所に出ました。みんなどこにいたのさ。道中ニンゲンはあのヤギ使いしかいなかったってのに。


売店も多数あったので、

201810140257511d4.jpeg 


マギー。
80ルピーしましたよ。



これが以下地図の緑の辺り。
宿泊施設もありそうです。

2018101402575268a.jpeg 


ここで11:00。
約4時間も要しました。
道に迷ってる時間が長かった。


なお私は他の方のブログを読んで「入山記録を取っている」「そこまではタクシーでいける」と言う情報を入手してました。

ただここまでそんな雰囲気一切なかったので、ここからが本当のトレッキングのスタート地点で、この辺のどっかで入山記録とるのかなー、などと思ってました。



つまり、こういう事です。

正:
・ガル寺の入山口からIN
・そこで入山記録を取る
・北のルートからトリウンドエリアへ。

私:
・バグス村の滝を超えて謎ルートでIN
・入山記録なんてありゃしない
・南のルートからトリウンドエリアへ。
・でもそこがトリウンドエリアだなんて知らずにさらに先へ行く。

なんかもう大変残念です。
でもこの時の私はそんなん知りませんからね、

すっかり

2018101402575268a.jpeg 

この右上の赤いところ目指してます。


20181014025754cf1.jpeg


 201810140257567ef.jpeg


 20181014025757683.jpeg


 20181014025759eb7.jpeg

 
道中は分かりやすい一本道でした。

この辺りから「あれ、私が通ってきたあの道は正しかったのかなぁ」なんて疑い始める始末。
今貴様が歩いてるその道ですらも不正解だとは知らずにね!


しかも眼前の男前な山々は、

20181014025828bde.jpeg


 2018101402582830b.jpeg 

グイグイと雲に覆われていきます。
でも良いんです、
私は登頂感を味わえればそれで十分。


さっきから何度も岩場に書かれたこの

20181014025830de5.jpeg 


カフェが凄い主張してきます。


見つけました。

20181014025835a0f.jpeg 


まさかの私大好きレモネードがあったので即買いし、登頂時のご褒美用にポテチをもう一個買いました。120ルピー。下界だと45ルピーです。


カフェからの景色。

20181014025844222.jpeg 



もう真っ白ですが、時折雲の隙間から見える巨大な雪山の景色のカケラたちを勘案すると、

20181014025841e9b.jpeg 


この赤い線くらいまでは実は山なんです。
つ、伝わらないけど。。!!



さて、山頂を目指します。

2018101402584449b.jpeg 


もうこんな感じで、道は無いです。
Mapsme上の一本道がどこ指してるか皆目見当がつきません。

ただ言えるのは、山頂は尾根二つ超えた向こうに見えるストゥーパっぽいということ。


もうMapsmeをあてにせず直感で行きます。

20181014025849ddc.jpeg


 20181014025850f2c.jpeg


 20181014025850a4a.jpeg 


あ、、、

20181014025846aa1.jpeg


 20181014025850db6.jpeg 


着きました。

。。。。


えっと、、

誰かいませんかーーー!!!








返事はありません。


えっとですね、
ここがゴールなんじゃないんでしょうかー!!



ひとまず、

201810140258505c8.jpeg 


ここで私は私の私による私のためのポテチの宴を催すこととする。


眼前の景色。

201810140258469a3.jpeg


 20181014025850708.jpeg


 20181014025850113.jpeg 



201810140258514c2.jpeg


 20181014025851a18.jpeg 

まあ雲よ。

雲が晴れた〜!て思っても5秒後には谷底からモンモン雲が上がってきてあっという間に真っ白さ。



そしてこの時気付いたんですよね。

20181014233005d0b.jpeg 


ここ標高3240mじゃん!!
ダラムサラが1500mちょいだから私、1740mも登って来たことになります。
凄くないですか。
もはや富士山8合目ですよ。



通りでいま13:00。
出発から6時間もかかってるわけだ。

そして気づきました。
みんなあのキャンプエリアまでしか行かないんだね。って。

いえね、
このトリウンド山頂への道が急旋回して巨大な雪山たちに背を向け出した辺りから何か違和感を感じていたのですよ私は。

ただひとえに、残念すぎる。

まあ私の調査不足が原因なのですが。


って事で、
何の悔いもないので早々に下山しまーす。




30分でキャンプエリアに来ました。

20181014025852b6c.jpeg 


Mapsmeのルートはぐるぅーっと迂回してましたが、一直線で突っ切ってやりました。

2回ほど死ぬかと思いました。良い子は真似しないでください。



チャイ

20181014025930618.jpeg 


なお写真から、
天気が大曇天なことがお分かりいただけるかと思いますが、これ、曇りどころか「」降ってます。

そんな大きいものではないですが、首筋に当たると痛い。
それもあって大急ぎで降りて来ました。


さ、ここからは正規ルート?で帰ります。
この時は正規ルートとは思ってもなく「こっちからもいけそうだから行こう」くらいにしか考えてなかったのですが。
以下の「正しい登山ルート」ってやつ。


2018101402575268a.jpeg 



そしたらこっちの道、

201810140259324e9.jpeg 


道がちゃんとある!
人がちゃんといる!

ここで悟りました。
ああ、こっちが正解だったんだなって。

でも何でMapsmeはこっちのルートを示さないんだろう、
と思って色々見てたら、

2018101402593455b.jpeg


↓拡大すると。。


 20181014025935791.jpeg 

ここ道が途切れてるんですよー!
そのせいで、Mapsmeルート検索はこっちの道を示さないのです!
何という罠!!


なおその途切れてる箇所はなんてことなく普通に開通しており、なんなら

20181014025937126.jpeg


 2018101402593964b.jpeg 

トラベリングインド人共がわーきゃーしてました。


そしてまさかの豪雨。
こりゃまずいと食い気味に山道を駆け下りました。


そして

201810140259405f9.jpeg 


この分かれ道。
私は左下のバグス村へ行きたいのでここを左に折れましたが、ここからまたニンゲンの臭いが一切しないロンリーロードでした。

そりゃそうですよね、正規ルートはまっすぐですから。
そんなこと知らない私は意気揚々です。


なんてったって、、、腹減ったのだよ私は。

ということで、
もはや宿の隣のレストランにて、

満を持しての、、、


20181014025942469.jpeg 


スペシャルトゥクパー!


からの

20181014025944eff.jpeg 


ガーリックフライドライスゥー!!

いえね、
腹ペコはさることながら、もう足が限界でして。。

この店ベジタリアンで肉がなかったのでひとまずニンニク食べとこうと思うたのです。



ああ満腹。幸せ。




その後まさかの宿前の野犬のコピペが4コンボ決まっててさらに幸せでした。

20181014025945330.jpeg


 201810140259465f6.jpeg 


さ。
明日は早起きしてダラムサラを発つべくバススタンドです。

たぶん足が動かない可能性が少なからずあり、したらば療養日です。

ダンニャバード!!
でした。


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
―――――――――――――――――― 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#340 いざビザ申請→初戦敗退。inイラン(3) 2018.11.18 2018/11/22
#339 入国後のイランビザ翻弄。inイラン(2) 2018.11.18 2018/11/21
#338 シルクロード編、始めます。inイラン(1) 2018.11.16 2018/11/20
#337 ただでは出国できなかた。inオマーン(4) 2018.11.15 2018/11/19
#番外編1 本旅私的美食ランキング 2018/11/18