FC2ブログ

記事一覧

#321 オルチャはいいぞー!inインド(90) 2018.10.30



私が敬愛するブロガーさんの、
オルチャ村についてのツイート。

オルチャはいいぞーー!!


を、

私も復唱致します。



――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:アグラ→オルチャ 


20181031075352454.jpeg 



①アグラ カント駅
      →ジャーンシー駅 Jhansi junction
・手段:列車
      列車番号 14624
      列車名称 Patalkot Express
      等級 スリーパー
・料金:165Rs≒264円
・時間:3.5時間  16:05発、19:35

↓ジャーンシー 地図マップ
(英表記はMapsme表記)

2018103107535623b.jpeg 


・左のオレンジ:ジャーンシー・ジャンクション駅

・右のオレンジ:バススタンド

(駅からバススタンドは上記の通り距離があるので注意)



②ジャーンシー駅→オルチャ 
・手段:リキシャ
・料金:215Rs
・時間:1時間くらい?
ジャーンシー 駅からジャーンシー バススタンドまで乗り合いリキシャで15Rs。だがそこからオルチャ行きのバスを探す前にインド人共にイライラし結局リキシャにて。

↓オルチャ地図マップ

201810310753568ff.jpeg 


・オレンジ:バススタンド

     宮殿群への橋から100mくらい南下した広場周辺にバス止まる。

     ジャーンシー行きのバスは30分に一本 40Rs

・青:宿 Temple view Guest House シングル平日一泊340Rs

・右の赤二つのうち左:ラージマハル

     Raj Mahal

・右の赤二つのうち右:ジャハーンギール・マハル

     Jahangiri Mahal

・下の赤:王墓群

     Chhatris

・中央の紫:チャトルブージ寺院

     Chatturbhuja Mandir

・左の紫:ラクシュミー寺院

     Lakshmi-Narayan


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――


オルチャの朝を彩る本日の野犬たち。

201810310754218c9.jpeg 


宿は村の中心地にあり、

宿を出た途端に村の市場みたいな場所で賑やかです。


!!!
徒歩1分でなんだかとんでもないものが見えてきました。
なにこれ城!?


20181031075423cde.jpeg 



さてこのオルチャ。
あまり知名度の高くない村ですが、すでに視界にはニョキニョキと遺跡たちがそびえており大変にわくわくします。

なんなんでしょうかこの村は。
Wiki先生どうぞ宜しく。

と思ったらWiki先生が見当たらないので今日は歩き方先生に教えて頂きましょう。


ベトワ川のほとりに開けたこの城市は、1501年から1783年にかけて、バンデラ家(Bumdela/ラージプート族の一氏族)の王国の都だった場所だ。ムガル帝国に反抗した時期もあったが、マハーラージャのビール・スィン・デーオ(Bir Singh Deo)の時代にはムガル帝国と良好な関係を築き、ジャハーンギール・マハルなどの宮殿を建てて繁栄した。

えっとですね、
ちょっとした地方の一国みたいなノリですが、私の視界には昨日のアクバル大帝が作り上げたファテープル・シークリーよりぜんぜんゴイスーな王宮が見えてます。

ちょっとバンデラさん、やり過ぎちゃったんじゃないですか。
まあ写真は逆光でよう分かりませんが。

201810310754198f1.jpeg 



てことで王宮群にやってきました。


城門。

2018103107544744d.jpeg 



チケット窓口。

20181031075447ed4.jpeg 


250Rs。このチケットでオルチャのほかのスポットに入れます。そしてチケットはここでしか買えません。
そんなことこの窓口には一言も書いてませんけど。


いざ参りましょう。

201810310754474c9.jpeg 

をーー!!

20181031075448095.jpeg 

デカい。。!!高まるー!!


こちら

201810310754544c9.jpeg 


Raj Mahalという、王国初期に建てられた宮殿だそうです。


入り口。

20181031075455725.jpeg 


写真に写っているチケットもぎりのおっさんが、Good painting!! Good painting!! と言ってついて来ようとしたのでお断りしましたが、なるほど壁画が凄いのね。


前庭

20181031075456d66.jpeg 


という呼称が正しいか謎ですが、本命の庭ではない庭です。が、すでにこの調子。
期待値高まります。

んでもってこの宮殿、階段が至る所にあり、しかも1階⇄2階、2階⇄3階、1階⇄3階、の三種の階段が狭い廊下の随所に仕掛けられておりもう迷路。

20181031075518a0b.jpeg 



201810310755190fe.jpeg 


ひとまず前庭の回廊の3階まで来ました。

20181031075456e39.jpeg 



分かります?この重厚感。


こちらはお隣のジャハーンギール・マハル。

このあと参ります。

20181031075520f44.jpeg 


ラージマハルの本庭?の方に来ました。

201810310755214ad.jpeg 

ちょ。なんなんこれ。

す、凄いんですけど。

大きな窓が多数設置されているのが分かると思いますが、風通しが非常に良い、大変涼しい宮殿です。

随所に格子窓のベランダが。

20181031075524f08.jpeg 



201810310755266e7.jpeg 


ここに人がいるの分かりますか

201810310755274bb.jpeg 


めちゃめちゃ高いです。
この場所。


テラスからオルチャ村が見渡せます。

201810310755504db.jpeg 


なんだかサグラダファミリアみたいな城みたいなのが見えます。あれ朝イチで目に入ったやつです。
チャトルブージ寺院という寺院だそうです。
後ほど行きます。


南方面の景色。

201810310755516ca.jpeg 


小さいながら塔が三つあるの分かりますか、あちらは王墓群だそうです。
こちらも後ほど行ってみます。


中庭を囲うように築き上げられた宮殿はどこから撮っても素晴らしい。

20181031075551274.jpeg 


おお!!!

20181031075553445.jpeg 



20181031075554629.jpeg 



20181031075556e30.jpeg 



20181031075559c71.jpeg 



201810310756002a4.jpeg 



唐突に壁画部屋現る!!


20181031075601b88.jpeg 



201810310756031d0.jpeg 


ちょっと崩れかけてはいますが、当時は相当素晴らしかったんだろうなぁというのが分かります。


中庭に面した城壁も凄いレリーフなのですが、これ以上身を乗り出すと即死なのでこの辺りまで。

20181031075604be4.jpeg 


てか外向きも中向きも、手すりが低すぎるないしは最早なかったりするのですが、昔の人は転がり落ちなかったんでしょうか。

ないしは落ちても平気な前提だったんでしょうか。受け身とか。


壁画がもっと凄い部屋がありました。

20181031075605068.jpeg 



20181031075606633.jpeg 



20181031075608d0c.jpeg 

昔はそれこそ極彩色だったのだと思われます。

この辺りは一階の部屋。
窓の無い、ちょっと暗がりです。

が故に、壁画の保存状態も良いのでしょうね。


というのを、

20181031075609577.jpeg 


後から来た欧米人旅行客が連れてきた例の入り口のチケットもぎり役を引き連れてガイドさせてたのを盗み聞きしてました。
おいお前。仕事はどうしたんだ。

チケットもぎり兼チップ目当てガイドは次々と宮殿の閉ざされた部屋の鍵を開け、壁画を見せてくれました。チップ代は不明ですが、彼、いい仕事してます。

20181031075612329.jpeg 



20181031075614005.jpeg 



20181031075616093.jpeg 



2018103107561827b.jpeg 

クリシュナさんがメインなものが多く、麗しい宮殿生活となんだか凄い戦いの様子が多いところを見ると、きっとみんな大好きラーマーヤナの壁画なのでしょう。

てかインドの壁画って98%ラーマーヤナだと思ってます。



想像以上に素敵なラージマハルでした。

続いてお隣、

20181031075656cf8.jpeg 



20181031075657d45.jpeg 

ジャハーンギール・マハルへ。
こちらは17世紀のブンデラ朝の王、ビール・スィン・デーオさんが、ムガル帝国の王ジャハーンギール帝を迎えるために用意した宮殿だそうです。

ジャハーンギール帝、
昨日出てきたのにもう忘れてました。
そういえばアクバル大帝の息子さんでした。

ジャハーンギールさんを授かったことを祝してファテープルシークリーに新たに都を作ったのでした。

なおビール・スィン・デーオさんより前のブンデラ朝はムガル帝国に対抗していたものの、ビール・スィン・デーオさんの時代からムガル帝国と友好関係を築くようになり、結果ブンデラ朝は最も繁栄したんだそうです。


いざ。

201810310756558d3.jpeg 


をおおおお!!!

20181031075656e65.jpeg 

しゅんごいでしゅ。。


2018103107565672f.jpeg 



201810310756564a9.jpeg 

この宮殿は中庭を中心に点対称に設計されているそうです。イスラム建築特有の手法だそうで。ムガル帝王を喜ばせたい本気度が伺えます。てかやるなぁビールなんたらさん。

って凄くないですか、線対称って。この時代に。

あ、でもどうだろう、17世紀って江戸時代ですよね。どうってことないのかな。まあいいか。


格子窓も10種類くらいのデザインが散りばめられててまるでブロックプリント。

201810310756564e1.jpeg 



20181031075656be5.jpeg 

しかも窓は15cmくらい分厚く、穴の方向が左右で異なるので、格子窓の前を歩きながら外を見やると景色がエラく変わっていくのです。もの凄い懲りよう。


3階テラスから。

20181031075657469.jpeg 

圧巻です。
中庭中央には泉の後が。

2018103107565614b.jpeg 

きっと宮殿の治水において重要な役割を果たしていたのでしょう。

というのも、先ほどのラージマハルといい、ここといい、

多機能階段をいくつも柱に仕込んでたり、大きな窓や格子を活用した風通しだったり、とこの宮殿の機能性って凄い高そうなんです。
なのできっと水周りも凄かったのでしょう(適当)

にしても、

2018103107565772d.jpeg 


ほんと手すりが低い。
20cmくらいしかないですよ。



おや、よく見ると、

2018103107570038a.jpeg 



20181031075659a68.jpeg 




2018103107565706b.jpeg 


宮殿の壁が一部青く残っています。
昔は青だったのでしょうか。

宮殿に併設されてるホテル(宮殿内を一部間借りして改築)の上層部分はかなりの青装飾でした。

20181031075702b38.jpeg 


イスラムっぽいですね。
ラピスラズリでしょうか。

どっかの博物館でラピスラズリはインドでは採れないと見た気がします。

とするとビールなんたらさんはムガル帝国と友好関係を築くために相当な苦労をしたんだと思います。ちょっとロマンです。


ジャハーンギール宮殿から、ラージマハルもろともオルチャ村の景色。

20181031075703bc6.jpeg 

満足です。
いや凄いじゃないですかオルチャ。
なぜこんなマイナーなのでしょう。
まあちょっとアグラとカジュラホに挟まれて埋もれてる感はありますよね。


オーマイガッ  な本日の野犬。


201810310757083f0.jpeg 



20181031075736ea3.jpeg 


ちょっと遊ぶ。



はいやってきましたチャトルブージ寺院。

20181031075736234.jpeg 

腹が減ってますが、
ここ東向きなので午前中のうちに見ておこうと思いまして。

てか、近すぎてフレームに収まりません。
どっから撮ったらベストショット撮れるのでしょう。(周辺は商店が立ち並んでいる)


入り口。

20181031075738abc.jpeg 



20181031075739d91.jpeg 


内部。

20181031075741227.jpeg 



ここクリシュナさんを祀るヒンドゥー寺院だそうですが、まずもってそうは見えません。


この天井の高さ。


20181031075744183.jpeg 


そしてゴシック建築家のような外観。
もはやケルン大聖堂なんじゃないかと。


まああちらは裸足になんかなりませんしそのくせ鳥のフンがあっちゃこっちゃにあるだなんて有り得ませんけど。

あと、

2018103107574257b.jpeg 

ここまで登れるそうです。
ものすごい高さです。

が、門番が「チップチップゥ」とニヤニヤしてたのでやめときました。
公式料金にしちゃいなさいよいっそのこと。


満を持しての朝ごはん。

20181031075745356.jpeg 


ベジタブルカレー。
オルチャは欧米人観光客もぼちぼちいるようで、ややおシャンめなお店が多く助かります。

宮殿ビューなレストランです。

20181031075747efc.jpeg 



お土産屋も。


20181031075748ec6.jpeg 



20181031075750e66.jpeg 


この辺りとかまさにカッチ地方で見てきたばかりですが。


これとか、以前デリーで見かけて「おもしろハンコ」とか言いながら我が姉がっつり買ってましたが、これこそがブロックプリントの木版なんですね。


20181031075754628.jpeg 


色鮮やかな粉。

家の前に魔法陣を書くためのものと思われます。

めっちゃ綺麗。


20181031075751cf8.jpeg 



歩道の入り口の柵に牛さんが迷い込んでましたがこれどうするんでしょう。

20181031075802a3c.jpeg 



20181031075802b4f.jpeg 


オルチャ村一番の賑わいスポット。

20181031075803d20.jpeg

 

その先にラーム・ラージャ寺院があります。

20181031075803388.jpeg 


現役のヒンドゥー寺院です。
私はもうお腹いっぱいなので遠慮しますが。


オシャレ牛。

20181031075803dbf.jpeg 


スター牛。

20181031075840b29.jpeg 



村の南の橋に着きました。

2018103107584086a.jpeg 


川と橋がある村って、素敵です。

ハンピも素敵な村でしたが、
あそこは川は素敵でしたが橋が無かったのです。
そしてあの船渡しのインド人共がマジクソFuxxああやめましょう今は長閑で素敵なオルチャの話でした。


バイク旅で村巡り、超楽しそう。

201810310758403b8.jpeg 

砂煙すごくて日本人は1時間で気管支炎になるでしょうけど。


川で水浴びする人たち。

20181031075841d8c.jpeg 


向こう側のガートではみんな洗濯中。

201810310758429fe.jpeg 



橋を渡りきった辺りから、対岸の王墓群が見えました。

201810310758436fc.jpeg 



20181031075845816.jpeg 

これがお墓ですって。
信じられません。
お城かと。


橋の向こう側は自然保護区だそうです。

20181031075848e2e.jpeg 



橋を引き返してガートへ。

20181031075849132.jpeg 

今日は洗濯日和です。

いえ、今日も、です。

暑いです。



橋のある風景。

20181031075850696.jpeg 



あれ、ギルナール山にいた神さまがここにも。

201810310758526df.jpeg 


まあ3分で作れますしね。


やって来ました王墓群。

201810310758530b3.jpeg 



20181031075854ffa.jpeg 



顔だけ黒いこの子とともにお散歩です。

20181031075855670.jpeg 



20181031075856ed0.jpeg 

※散歩開始3秒でお菓子持った欧米人の元へダッシュ。


王墓群エリアはちょっとした庭園になっており、ここで例の宮殿チケットを求められました。
捨てたかと思ってヒヤリしました。


はいすごーい。

20181031075858c9b.jpeg 

え、ねえこれ本当にお墓なの?
どうしてこうなった?

20181031075859382.jpeg 


内部に棺は見当たりません。

この下に埋まってるのかな。
それとも恒例「棺は○○博物館に展示中」的な?


上部はドームになってます。
イスラムっぽいですね。

20181031075901d6f.jpeg 




そんな巨大なお墓が

20181031075903551.jpeg 



201810310759046d4.jpeg 



20181031075930b22.jpeg 



20181031075931616.jpeg 



20181031075931517.jpeg 

15個もあるんですってよ。
どうなってるんでしょうかこの王朝は。


しばし川を眺めて時を過ごす。

20181031075936173.jpeg 



20181031080001d0c.jpeg 



20181031080000dd0.jpeg 

三枚目は街中でちょくちょく見かけたRIVER BOATとやらだと思われます。楽しいのかな。


先ほどの犬。
お菓子もらえなかったようです。

20181031080001019.jpeg 



最後。
オルチャ村の西の丘の上にあるラクシュミー寺院へ。

20181031080001727.jpeg 



20181031080001783.jpeg 



2018103108000173a.jpeg 

これまた大きい。

ここでも宮殿チケットが必要です。

が、
私とうとう宮殿チケット無くしました。

入り口の人になんとかならんか顔芸でゴネてみたところ、50Rsで手を打ってくれました。たぶん顔芸云々は関係ないと思いますが。


こちらの寺院がですね、

20181031080000c71.jpeg 



20181031080001faf.jpeg 



20181031080002d13.jpeg 



201810310800013b4.jpeg 


これまた壁画素晴らしい系でした。


20181031080002324.jpeg 



なんというか、色々な時代の描写があるようです。

20181031080002da9.jpeg 



2018103108000249c.jpeg 



201810310800510be.jpeg 



20181031080051c12.jpeg



201810310800511b4.jpeg 



201810310800516b1.jpeg 



20181031080052920.jpeg 



20181031080053030.jpeg 


神々の戦いぽかったり(古代?)、
藩王国同士の戦いぽかったり(中世?)、
銃を持っての戦いぽかったり(近代)、

ヒンドゥー寺院らしくない壁画たちでした。


そしてこの寺院は上に上がってテラスに出れます。
また例のごとく裸足で上がらねばならぬくせに鳥糞散らかる悲惨なテラスでしたが、


2018103108005591a.jpeg 


眺 望 最 強。

スンバラシイのなんのって。

宮殿たちとチャトルブージ寺院。

20181031080056584.jpeg 



王墓群。

2018103108005838f.jpeg 



オルチャのなにが素晴らしいって、
こんな厳つい建物がニョキニョキしてるのに、どこか素朴で静かなことでしょうか。

あとね、風が気持ち良いの。
先ほどの宮殿といい、王墓といい、この寺院といい、風が通り抜ける設計になっているんだと思います。

村のそばを大きな川が通っているのもあるでしょう。



20181031080121104.jpeg 



ずっと見てられる。




ずっと見てられるとか言いながら30分ほどで尻が痛くなって来たので撤収。


オルチャ、ほんと良いとこでした。


もっかい言いますね。


オルチャはいいぞーー!!




201810310804498d0.jpeg 



ジャーンシー 行きのバス待ち。
バススタンド、てかバスが途中停車する路上の上にあるカフェで休憩中。
カフェのおっさん(写真内)が「バスが来たら教えちゃる!」と張り切ってくれてるので一安心です。

バスは30本に一本あるらしいです。

本日のバス。

20181031080449dfe.jpeg 


ジャーンシー バススタンドまで20Rsでした。

んで、
バススタンド着いたら駅行きのリキシャマン同士による逆オークションがどんどん始まりあれよあれよという間に

20181031080450b3e.jpeg 


リキシャ乗車。
20Rs。



そしてあっという間に

20181031080452846.jpeg 


駅です。
ふう、列車まであと3時間。

一旦ビリヤニ食べて、

201810310804585a2.jpeg 



本日の座席は、、

2018103108045336b.jpeg 


おっと。
WLだった。
(キャンセル待ち)

これ10日前に買ってますからね。
WL12なんて余裕です。

割当座席を調べるために、列車アプリにPNR番号(チケット番号的なもの)を入れて、、っと


ん?

2018103108045520f.jpeg 



。。。っっっファ!?

20181031080456fea.jpeg 




席取れずぅぅぅ!!!!



ええ!?




マジ!?!?




え、
えっとですね、
何を隠そうコレ、

私のインド最期の列車なんです。

しかも19:20発、7:20着の夜行列車。
で席無しとか死ねる。。!!!
(=つまりは座席指定なしのインド人無限乗車車両=ジェネラルシートにぶち込まれ確定。)

え、無理だ。

夜行でそれは無理だ。

どないしよう。


一旦リザベーションオフィスに行ってみるも、座席空きなし乙!!!

さて。
私がこれから向かうはクシナガル 。
あの仏陀先生が入滅なさった場所です。

今宵、私も入滅です。

今まで誠にありがとうございました。
ダンニャバードでした。

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#340 いざビザ申請→初戦敗退。inイラン(3) 2018.11.18 2018/11/22
#339 入国後のイランビザ翻弄。inイラン(2) 2018.11.18 2018/11/21
#338 シルクロード編、始めます。inイラン(1) 2018.11.16 2018/11/20
#337 ただでは出国できなかた。inオマーン(4) 2018.11.15 2018/11/19
#番外編1 本旅私的美食ランキング 2018/11/18