FC2ブログ

記事一覧

朝陽輝くヒマラヤとシャトーブリアン。inネパール(8) 2018.11.9




↓本日の世界一周ボタンはこちらにて↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




ナガルコット村の最強テラス宿、
雲海リゾートは朝5:00。

毛布二枚に包まってもそもそとテラスへ出陣。



20181110021454f9a.jpeg 


きてる。

先日のハッパ中毒者風(あ、言ってしまった)にいうと

「いいバイブスきてる」よ。



明るくなる東の空に呼応して徐々に露わになるヒマラヤの稜線。

2018111002145647d.jpeg 



20181110021457a7a.jpeg 







そして徐々に浮かび上がるのは、
霞がかる眼下の村々。


20181110021500f85.jpeg 



御来光予定時刻直前、
急にヒマラヤの山々が輝き始める。

標高が高すぎるが故に我々よりも先に朝陽を浴びるのですね。

201811100215077df.jpeg 



20181110021503f3c.jpeg 



そして上がり来るは本日の御来光。

20181110021507bd9.jpeg 



2018111002150848e.jpeg 



20181110021509bd5.jpeg 



20181110021511cee.jpeg 



20181110021512b18.jpeg 




ここでナイスタイミングでチャイ登場。


20181110021514b0c.jpeg 




チャイを頂きながら、御来光を見届けました

20181110021606f1b.jpeg 


美しきかなヒマラヤの稜線。

20181110021606e38.jpeg 



20181110021607422.jpeg 





とてもじゃないですがiPhoneでは伝わらないですこの神々しいまでのスペクタクル。



なんていうんでしょうか。




目の前の光景に私の全てがもってかれるのです。

時が止まったかのような。

言葉は出ないしそもそも何も考えられない。

頭が働かない。

ただただひたすらに、
紅く輝く日の丸と、
白く輝く山の頂とを、
目に焼き付けることしか出来ませんでした。








こんな格好でね。

201811100216112ac.jpeg 



20181110021610559.jpeg

 
イチゴちゃんです。


なぜこの宿の毛布はこんなに可愛いのだろうか。



なお今日の朝陽は靄が多いとのこと。

抜群な日はより稜線はくっきりと、ヒマラヤの頂はより白く輝き、山々は青々と輝くんだそうです。

一番見やすいシーズンは12月だそうですよ。




朝ごはん。

20181110021614d58.jpeg 


宿トゥクパです。
230Rsと超お高いですが、朝7時、他にあてもないので頂きます。

今日はティハール祭の最終日。
家族同士でプジャしあう(だったかな)日ということですが、だからでしょうか、今日はコックがいないみたいで朝メニューがかなり限られており、トゥクパも最初は断られましたが
青々しい若きスタッフ同士が「お前作れる?」「おれ無理」「俺作れるかも」「マジ?大丈夫それ?」みたいなやりとりの末に注文できた品です。
(日本語訳は意訳)



んで結果、
スパイシートマトテイストの斬新なトゥクパでしたが、美味でした。
ナイストゥクパだよ少年たち。



9:00。
この最強テラスともお別れ。

20181110021615987.jpeg

 


ヒマラヤの山々にケーイレイ!(`・ω・́)ゝ


201811100216165fd.jpeg 

して向かいましたは本日のバス。

2018111002161870b.jpeg 



いえね、元々はチャングナラヤンという村までトレッキングするコースを採りたかったのですが、もうすでに山に靄がかかり始めてたのと絶景トレッキングというよりは山村の生活風景を楽しむ系のコースのように思えたので今回はスキップとしました。


9:30乗車、10:45バクタプル着。

20181110021619428.jpeg 




んでもって、
往路ではスキップしたバクタプルの街歩きを致します。

街の小道をぶらぶらとしてみると
やっぱり各所に震災の爪痕が見えてきます。

20181110021621139.jpeg 



20181110021622afa.jpeg 



綺麗になってる場所はきっとみんなで復元した場所なんでしょうね。

20181110021624b3e.jpeg 



20181110021625392.jpeg 


20181110021627727.jpeg 



やっぱり砂が好き。な本日の野犬。

20181110021628ae8.jpeg 



心温まるネパールの風景。
右のおじいちゃんが堪らない。

201811100216304e0.jpeg 



201811100217125f2.jpeg 



突如現れる恐ろしい絵もここでは生活の一部。

201811100216321a5.jpeg 



後ろではお行儀よくおこぼれ待ち中。

20181110021633642.jpeg 



ちょっと広い場所に来ました。
タチュバル広場と言うそうです。

20181110021712ac8.jpeg 



20181110021712824.jpeg 



20181110021712a76.jpeg 


ダッタトラヤ寺院。

20181110021712c35.jpeg 


カトマンズやパタンには無かった石の像が寺院前を固めています。


ペットのヤギちゃんを可愛がりまくるおじさん。

2018111002171259f.jpeg 


このおじさん、この後も広場を縦横無尽に歩き回るヤギをあたふたしながら追いかけ続けてました。なにこれ超癒される。
これでこのヤギ食肉用だったら凄い凹む。


バクタプル、
カトマンズやパタンのダルバール広場以上に欧米人が多いです。なぜだろう。たまたまかな。


欧米人が大行列してたカフェのシフォンケーキを食べてみた。


20181110021713106.jpeg 



20181110021714923.jpeg 

普通に美味い。スタバレベル。
逆にいうとスタバに行けば食べれるありきたりな美味さ。欧米人好きそう。

ここにある木彫美術館、真鍮青銅美術館、
に行きたかったのですが、本日はお祭りで閉館でした。
大変見事なネワール彫刻や工芸品が見れるとのことだったのですが、無念。

20181110021716750.jpeg 




そしてこのバクタプル、
とてもとてもヨーグルトが有名でして、
KING CURDと書かれた看板で買えるズーズーダウ(現地の人はジュジュドと言ってた)にトライしてみましたよ。

201811100217179a4.jpeg 



ズーズーダウ入刀の儀にすかさず現れる本日の野犬(額にプジャの爪痕)。

201811100217184a5.jpeg 



ヨーグルトは表面がやや土の味(土器で発酵させるからかな)でしたが、中はとろけるようなラッシーな感じでした。
美味いよ。

ただちょっと食べきれなかったので、
明日バナナと一緒に意識高い系の朝食にします。


そこからしばし歩くと、
ダルバール広場の裏側に出ました。

20181110021723801.jpeg 



20181110021724caa.jpeg 



201811100217225e2.jpeg 


ここから中が1500Rsゾーンです。
カトマンズ、パタン、とダルバール広場を見てきた私はもうお腹いっぱいだったので、ここは遠慮しました。



そこからほど近いトウマディー広場に立つニャタポラ寺院。

2018111002172649c.jpeg 


デカい。。。
これカトマンズ盆地で最も高い寺院なんですって。
震災でも倒壊することなく、以前と変わらぬ姿だそうです。



20181110021728c91.jpeg 



2018111002172900d.jpeg 


この石像たち、
先ほどのなんたら寺院(もう名前忘れてる)と同様に寺院の前を固めてますがどういう意味合いなんでしょうか。


そしてバクタプル王国はカトマンズ王国・パタン王国とは文化の色が異なるのでしょうか。


なんてなことを考えると、
ダルバール広場も見ておくべきだったかなぁ、などと思うのです。
まあ見たところで違いの背景など私レベルには分かるはずもないのですが。

※宿に戻って歩き方先生見たところ、この石像について「下から順に、伝説の戦士、象、獅子、グリフィン、女神の石像が守護神として一対ずつ置かれており、それぞれが下の動物の10倍の力を持つとされている。」んだそうです。


女神ヤバいですね。
カーリーさん状態でしょうか。

※参考画像:カーリーさん(シヴァ神の嫁)

201811101059596fe.jpeg 




入り口を守る一対の石像とかなんかエジプトっぽいですね。なんか関連性あるんでしょうか。インドにはそういうのあんまし無かった気がします。もしかしてペルシャ?キャッキャ!あー楽しい。こういう妄想。
ペルシャ行ったことないから分からんけど。


てことでバススタンド帰ってきました。
以下地図の「ここで停車」の場所。

20181109201829b44.jpeg 



あと今回徘徊メモを割愛したのでここにバクタプル地図マップメモしておきます。
(英語表記はMapsme表記)
・左の黄色:カトマンズ間バススタンド
     bus to Kathmandu
・右上の黄色:ナガルコット間バススタンド
     Nagarkot Bus Stop
・中央左の赤たち:ダルバール広場
・中央の紫:トウマディー広場とニャタポラ寺院
     Nyatapola Temple
・右の赤たち:タチュバル広場、ダッタトラヤ寺院、木彫美術館、真鍮青銅美術館
     Dattatreya Temple
     Woodcarving Museum
     Bronze_and_Brass_Museum



ということでカトマンズ帰還しました。


が!!


なんと、

ティハール祭最終日ということでレストランがほぼほぼ閉店。
二日ぶりの日本食は叶いませんでした。

そんなお祭りムードでも我関せず営業中の中華レストランで食べたこの

20181110021732ba5.jpeg 


担々麺がマジヤバでゲキウマでした。
くっそ、クッソ美味いんですけど。


宿至近のChinese meeです。

ぜひ。


宿に戻ると私が宿を出る前にドミインした青年T氏が、明日から二週間のヒマラヤ街道トレッキングに向かうということで大パッキング中でした。

20181110021756e5f.jpeg 


準備大変なんだねぇエベレスト道中。
まあそりゃそうだよね。

毛布(いちご)に包まりながらヒマラヤ拝むような私には到底無理な世界です。
頑張ってねー。



とか言いながら、
今日からドミ部屋にもう一人の女性Tさんがいらっしゃり、TさんT氏三人でご飯食べようの流れになり、そしてT氏は明日エベレスト。


ってことは!!

20181110021756d7f.jpeg 

カトマンズ名物、
激安シャトーブリアンを食べにきました。


うぉーー、まさかここに来てシャトーブリアンとは。
このお店の存在は知っていたものの、一人でフラフラするのが好きな私は絶対このお店無縁だと思ってましたが、ダブルTさんがなかなか面白い人たちなのでついつい提案し、ガッツリ通ってしまいました。

とっにかくおふたりお肉ダイスキなようでして。

201811100217585f1.jpeg 


調味料出てきただけで振ってみたり開けてみたり匂い嗅いだり。
まだ見ぬ肉の姿にああしてみたいこうしてみたい(例:塩だけでやる、マスタードでやる、初動はソースで云々)だの、

この

20181110021800034.jpeg 


蓋された小壺に至ってはこの中身を妄想して大はしゃぎ。

「ニンニクぅ!?」「食べるラー油ぅ!?」「キムチぃ!?」

※答えは角砂糖でした。


で、
注文したシャトーブリアン・フルサイズ・1kgがこちら。
















ッ > < 


201811100218027ab.jpeg 



2018111002180303e.jpeg 



20181110021804305.jpeg 



201811100218066b5.jpeg 


シャトーブリアンちゃんご降臨ですぅ。。

三人してもう神物を拝むかのように、

息を呑み、ひれ伏し、拝み、祈り、シャッターを切rおっといけねぇ。ついついカメラに肉脂が。




じゃん!!

20181110021809590.jpeg 



我が皿にマイシャトーブリアンを盛り付け、いざ各自ピリオドの向こう側へワンナイトカーニバゥ!!

201811100218109df.jpeg 

































――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#360 おいでませ地獄の門へ。inトルクメニスタン(3) 2018/12/12
#359 中央アジアの北朝鮮歩き。アシガバートinトルクメニスタン(2) 2018.12.7 2018/12/11
#358 トルクメニスタンへ。inトルクメニスタン(1) 2018.12.6 2018/12/10
#357 「一万人の祈り。」マシュハド inイラン(17) 2018.12.5 2018/12/09
#356 イランの聖地マシュハド。inイラン(16) 2018.12.4 2018/12/08