FC2ブログ

記事一覧

#362 消えた海の船の墓場。inウズベキスタン(2) 2018.12.10



本日よりウズベキスタン編本格スタートです。

まず目指すはウズベキスタン北東、カラカルパクスタンという未承認国家にある、アラル海という場所。

本旅初の未承認国家です!

と言いながら昨夜、
今いるここがすでにカラカルパクスタン共和国であることを知った私です本日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ヌクス→モイナク Moynaq
・手段:バス
・料金:15000スム≒210円
・時間:4時間  13:00発、17:00着


↓バス乗り場

この左のオレンジ。

20181212014729116.jpeg



↓移動図
20181212014309b83.jpeg 


↓モイナク地図マップ
(英表記はMapsme表記)
20181212014730d5c.jpeg 

・オレンジ:バススタンド

      Avtovokzal

・緑:かつての映画館廃墟、現カフェ    

       Berdakh

・青:宿 Hotel Muynak

      ダブル一泊100,000スム

      シングルルーム無いっぽい

・赤:船の墓場 展望台


<詳細>

201812120147302c0.jpeg 


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 
 
今日は朝も早よから銀行で両替をすべくバタバタしました。

銀行へ行って、
両替する。

ただそれだけなのですが、
大変に心身堪えました。

なんてったって、
超絶寒い。

耳がパキパキっと凍ってそのまま砕け散るかと思うたわ




伝わらないだろうけど。


20181212014757f21.jpeg 



そしてBANK書いてあるのに
「ノーエクスチェンジ」
言われたり、


エクスチェンジOKと書いてあるのに(だから)おっさんが紙袋に溢れんばかりの札束提げて窓口前で待ってたり、

はたまた朝9時から営業って書いてあんのに「9:30まで準備中よ」
言われたり。


最終的に、
宿の2軒隣の銀行で、ユーロをウズベキスタンスムに両替できました。
公定レート1ユーロ9400スムくらいに対して両替レート9200スムです。
なかなか悪くない感じ。

なお60ユーロ両替したら
札束が
大変なことになりました。


552,000スムなのですが、
1000スム札52枚、
5000スム札100枚来ました。


。。。どうなっているんでしょうかこの国の経済。
その後、宿代100,000スムということで一気に5000スム札が20枚無くなりました。
なんかいちいち一喜一憂しますね。
 


ヌクスからモイナク行きのバスは、
9:0012:00にあるそうです。
先人各位のブログでは「バザール脇のバススタンドからバスが出る」「バザール脇のバススタンドからバスが出る」って書いてますが、これみんな『バザール脇のバススタンドからバスが出る』で分かるんでしょうか。
それとも「この文言から探し当てていくのが旅ってぇもんでしょう!」って感じなのでしょうか。


宿の兄さんに聞き
冒頭地図の中央のオレンジの場所だと言われてようやく分かりました。
で、


そのバススタンド。

201812120148067ca.jpeg 


まあまだ11:00ですしね。
バスが一台もいなくても気にしない。

近くのローカル食堂で、うどんみたいの注文。

20181212014807bfa.jpeg 


8000スム≒112円。
量の割に安くないな。

頼んでもないのに出てくるパンは別料金なのかな。

あとで知りましたがこれ「ラグマン」というそうです。

中央アジア風うどんですって。

なんというか、中国が近づいてきてる感じする。



さて11:45
そろそろバススタンドに戻ってみます。

お!

201812120148096a4.jpeg 


バスがいますね。

私「モイナク?」

おっさん「ノー」

私「。。。モイナク?」
おっさん「ノー」

えっと。。
どうしよう。

っとそこへ現れるは通りがかりのウズベク人。そうでした、ここは人心優しきウズベキスタンでした。


彼ら曰く、
バスはここじゃなくて、向こう(西)の方だという。

普通これだけじゃピンときませんが、
地図マニアの私はピンときました。

これ、
ホジェリからここ来た時に到着したミニバススタンドのことじゃないか?



201812120148116e5.jpeg 


ビンゴでしたー!

幸い私がいたバススタンドからは幹線道路一本だったので、適当にミニバス乗ったら無事ミニバススタンドまで着きました。
いやーこのタクシーミニバスだらけのカオスの中から目当てのバスを見つけた時の安堵感ね。

なんかこの感じ、
インドに似てる。
カレーの匂いはしないが。


ということで、

9:00発のバスは知りませんが、
12:00発のバスはヌクス西側の

20181212014729116.jpeg 

この左のオレンジですよー。

中央のオレンジじゃないですよー。


Mapsme上に表記なしなので以下拡大地図にて近くの建物名で検索ください。


20181212014811998.jpeg 




で、
バスは客が集まるのを待ったのか、そもそも定時がそうなのか、まあ後者であることは考えられませんが、13:00に出発。

道中の風景はずっとこんな感じ。

201812120148131ff.jpeg 



工程は、
ヌクスを出てホジェリ(Xojeli)を抜け、中間地点コンギラド(Qon'irat)を通り、モイナク(Moynaq)という工程です。
 


これ昨日もそうだったんですが、
ガソリン入れる時、ガソリンスタンドの入り口で乗客全員降ろされちゃうんですけどそういうルールなんですかね?

20181212014814164.jpeg 


でみんなして寒空の下、
ガソリンスタンドの出口で待つ。
よう分かりません。


寒空の下で買ったウズベクスナック。
激ウマ。

201812120148169f5.jpeg 




2時間経過時点でクンギラド到着。
ここにバス停がありましたよ。
(地図の左のオレンジ)

201812120148137fc.jpeg 



さて、
まもなくモイナクです。


地図的には、

2018121201481400c.jpeg 


車窓の右側が広大な湖なんですが、

20181212014816b7c.jpeg 



こんな景色です。

ここモイナクはアラル海という、世界で四番目に大きい湖のほとりの街。
だったそうです。


過去形なのは、第二次大戦後のソ連の政策による綿花の大量栽培を追求した結果、この湖の水面が急激に低下してしまったのだそうです。

ひどい時は一晩で数十メートルも湖岸が遠ざかってしまったこともあったそうです。

このため退避が間に合わなかった船がその場に打ち捨てられ、船の墓場と化しているのだと。


と、

Wikipedia先生は仰ってます。


そんな、
かつては漁業で栄えていた、今は荒涼としたゴーストタウンと言われるモイナクです。


バスターミナル。

201812120148195d4.jpeg 


ってか、
ゴーストタウンは言い過ぎでしょう。
バスが運行されてる時点で、流石にそんなじゃないだろう、と思ってましたが、

20181212014820f66.jpeg 


うん、
生活してる人の姿が見えますよ。
さすがにヌクスほどの人はいませんが。


モイナク簡略図。


20181212014730d5c.jpeg 


下のオレンジがバスターミナル。
上の赤が船の墓場と言われる場所です。

バスターミナルから船の墓場まで4.4kmありますが、バスターミナル前(50mほど北あたり)からミニバス(1番)が頻発していました。
これで街の北まで一本で行けます。


で、

201812120149285fd.jpeg 


まずは宿に来ましたよ。
地図の青ピンです。
Hotel Muynak。
一泊100,000スム≒1400円です。高い。。!!


ただモイナクは宿の選択肢がほぼなさそうなのでもう即決です。
オフシーズンだからか、お客さんは私だけ。

で、

早速行きますアラル海。

なんてたってもう時刻17:00。
まもなく日が暮れるのです。


途中見かけたカフェ。
かつては廃墟と化した映画館だったそうです。

201812120148268c5.jpeg 



久々の、本日の野犬。

20181212014954e72.jpeg 


久々の、本日の野良牛。

2018121201495751b.jpeg 


久々ではない羊の群れ。

201812120149570e5.jpeg 




しばし、
なんにもない道を歩いていく。


20181212014958e7e.jpeg 



現れる、アラル海の湖岸線があった場所に立つモニュメント。


201812120149595e8.jpeg 


モニュメントにはアラル海の変化が描かれてます。


1960年のアラル海。


20181212015002319.jpeg 


2018年のアラル海。

20181212015002aff.jpeg 


縮尺変わっちゃったら比較出来んでしょうが!!


なんていうお叱りの声があったのかどうかは知りませんが、奥に真面目な解説がありました。

1960年の図。

20181212015004d19.jpeg 


北はカザフスタン、
南がウズベキスタン。
モイナクは湖の南西にあるようです。
てかカザフスタン近!
そんな北まで来たのか。。

で、
2008年、2016年がこちら。

20181212015006c34.jpeg 

あらま!!
これは凄い。
モイナクの街はまったくもって湖岸の街じゃなくなってますね。

そしてWikipediaによると2020年には湖は完全消滅すると言われているそうです。


すんげぇ長文の解説。

201812120150086c5.jpeg 


先ほどアラル海はかつて世界第4位の大きさの湖だったと書きました。
この解説によると、1位カスピ海、2位スペリオール湖(北アメリカの五大湖の一つ一つ)、ヴィクトリア湖(アフリカ)に続く大きさだったそうです。
最深69m、平均水深16m。
お魚さんが豊富にいて、漁業も大変盛んだったようです。
そのアラル海が干上がり始めてしまったことで、漁業が出来なくなり、10,000人もの人が職を失ったと。

ここには書かれてませんが、Wikipedia曰く、干上がった湖底は砂漠化し、塩分や農薬由来の有害物質を含んだ砂嵐が発生し周辺住民は結核やガンの発症率が高まったそうです。


なるほど。。

ここは凄まじい環境破壊の実例なんですね。


私はただただ他の方がここを訪れている旅日記を見て「まあ綺麗」とホイホイやってきたわけですが、そんな悲しい現実があっただなんて、ちょっと心苦しい。


でも、
「過去に学び、未来を創る、そして今は今を楽しむ。」
この話はしっかりと私の糧にさせていただき、アラル海の今の姿を目に焼き付けていきたいと思いますよ。

ということで、
これが今の、2018年のアラル海です。

20181212015009a61.jpeg 

ちょっともうだいぶ日が沈み、
私が今立っている小高い丘(かつての岸)が影になっちゃってます。

あの辺に転がってるのが船ですかね。
なんかちょっと、ポジショニングに観光局の恣意を感じます。

20181212015010293.jpeg 



この丘の上にはちょっと立派な建物がありました。

20181212015012a75.jpeg 


枯れ果てていくアラル海を前に「I♡MUINAK」。
もうちょっと良いメッセージは無かったんでしょうか。


お隣にはコテージが。
これユルタって言うんですね。

20181212015013e9f.jpeg 


で、
この建物もユルタの閉鎖されてました。
冬季休業かしら?


さて、
アラル海の湖底へ参ります。

20181212015015a4b.jpeg 



恣意的に並べられてる船たちはちょっと日陰になっちゃってるのでスキップし、
もうちょい手前にあった大きめの二隻の船がある場所へ。


これ。

201812120150169c5.jpeg 



201812120150181e6.jpeg



20181212015019a6f.jpeg 


なんとか夕陽に間に合いました。

20181212015020576.jpeg 



2018121201505233a.jpeg


 
かつて、
この街の経済と人々の生活を支えていた船の勇姿。

2018121201505302e.jpeg 



20181212015053794.jpeg 


今は砂漠に置き去りにされたままです。

201812120150544fe.jpeg 


アラル海の地平線。

2018121201510045d.jpeg 






日の入りです。


20181212015104a07.jpeg 



201812120151062ea.jpeg 



2018121201510841a.jpeg 



201812120151083d0.jpeg 



20181212015110445.jpeg 





足元は当時ここが湖底だったと思わせる貝殻。

20181212015115a2c.jpeg 


好きな人には堪らないであろうパーツ。

2018121201511685f.jpeg 


崩れた船内は破傷風の匂い。

2018121201511794b.jpeg 


覗き込んだら鳥が飛び出てきて一人悲鳴を上げる35歳独身男性。

20181212015118ceb.jpeg 




そんな、船の墓場、でした。

201812120151509b4.jpeg 




環境破壊、廃墟、健康被害、などなど、
痛ましい言葉ばかりが出てきたこのアラル海でしたが、ここモイナクの街は決してゴーストタウンなんかでは無かったです。

2018121201515296d.jpeg 


砂漠の湖の近くでは人々が家を建ててましたし、
ミニバスで宿に向かう道中、
道路脇に花を植えているお母さん方がいました。

ここには未来を創っていこうとしている人たちが暮らしています。きっと彼らにはこのモイナクの街のかつての栄華と、これからの栄華が見えているのでしょう。
その姿の方が、私にはグッと来るものがありました。
人間って、強い。



さて。
宿にはカフェ的なスペースがあって、
船の墓場に出かける前におっちゃんに、
「(食べる動作して)??」
と聞いたら
「(ウンウン)」
と頷いてくれたので、

201812120151570c6.jpeg 



こんなキャプチャを用意して楽しみにしてたのですが、
(訳:どんな料理がありますか?)

早速これを見せたところ、

20181212015157980.jpeg 



20181212015159b26.jpeg 

レストランに連れてかれました。
(しかも先ほど通ったかつての映画館だったとこ)

このレストラン、宿から徒歩3分です。
わざわざ車出さんでも。

てかウンウンするなや。

あたしゃ宿飯に期待してたんじゃ。



このレストランもメニュー表のメニューがことごとくなく、
ウズベキスタンと言ったらプロフでしょ!のプロフもなく、結局お任せしてみたところ、

2018121201520184d.jpeg 

すんごい肉々しいの来ました。

ヒャッホーウ!
と食いついたらこれレバーでした。
レバー、嫌いじゃないですが、こんな山盛り食べるのはちょっとつらたんです。あとちょっと家畜臭い匂いが。。

この左に「チャイ」とオーダーしてできた飲み物があるのですが、トルココーヒーばりに濃いいコーヒーでした。
ウズベクのチャイはみんなこうなのかな??

まあここそもそもカラカルパクスタンですし、さらにど田舎ですし、今回はモイナク料理にチャレンジしてみたぞ、ということでお後がよろしいようでございます。


なお帰り道の夜空は格別でした。

2018121201520209e.jpeg 


何も見えませんか?
クレームはApple社の方までお願いします。


明日はヒヴァという大観光地に移動です。
移動だけで一日終わるかも。

にしても、
THE観光地、久々!


本日も誠にラフマーット、でございました。


↓一日一回の応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

北京、未来都市と中国雑技団。in中国(24) 2018.1.13 2019/01/17
#395 北京、歴史香る街歩き。in中国(23) 20189.1.12 2019/01/16
#394 万里の長城は龍が如し。in中国(22) 2019.1.11 2019/01/15
#393 嵩山少林寺演舞を見学。in中国(21) 2019.1.10 2019/01/14
#392 洛陽、曹操魏国の都。in中国(20) 2019.1.9 2019/01/14