FC2ブログ

記事一覧

#375 中国シルクロード西端、カシュガルの地。in中国(4) 2018.12.23



このウイグル自治区では、
中国のネット規制をかいくぐるVPN接続が出来ません。

つまり、私が普段利用しているものでは以下が使えません。
・Facbook
・Facbookメッセンジャー
・Instagram
・LINE
・Twitter
・Viber
・Google
・Google map
・GMAIL
・Wikipedia

・多数のブログサイト閲覧
つまり音信不通状態です。

ただなぜかプッシュ通知だけは受け取れるので、連絡が来ていることは分かります。


お父様、つまりはそういうことなのです。
なぜか知らんが沖縄をエンジョイしているという報告は認識しておりますのでどうぞよしなに。

。。ところでなぜ沖縄?


一方で今のところ使えてるもの↓
・FC2ブログ管理画面
・iPhone App Store
・Yahoo!ニュース
・Booking.com

なのでアプリのダウンロードは出来ます。
百度と百度地図とCtripという中国旅三種の神器をうっかりインストールしてなくても大丈夫です。

てかApp Store使えんかったらiPhone意味ないもんね。


ところでいま私リアルタイムでまだウイグル自治区にいるのですが、自分で自分のブログを見るとフォントタイプが不揃いだったりブログタイトルが崩れてたりするんですが日本からの閲覧はいかがですか?

崩れてますか?

突然こうなったのでやはりかの国の当局になんらやめときましょうか。




さて本題です。
ここカシュガルは中国の最西端の都市であり、

シルクロードではタクラマカン砂漠の北(トルファンとかウルムチとか)を通るルートと、タクラマカン砂漠の南を通るルートの交差点でもあります。
(私の理解・手作りざっくり図)

201812241838316ce.jpeg 

古代より東西の品々と文化が交わった街であり、今では住民の大半がウイグル人が占める街でもあります。

つまりはウルムチ以上に中国政府が色々な意味で力を入れている街でもあります。

どんな街なのか、
楽しみでもあり、恐ろしくもあり。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:カシュガル市内
・手段:徒歩&バス
・料金:バス一乗車1元
・時間:ー


↓カシュガル地図マップ
(二行目はMapsme表記)

<広域>

20181224183831719.jpeg 

・右上オレンジ:カシュガル駅
      Kashgar
      (中国語では喀什站)
・その隣のオレンジ:長距離バスターミナル
      Mapsme表記「バスステーション」
      ※後述のバスステーションはこちらに
        移転している?と宿の人談。真相不明。
        歩き方には後述のバスステーションが記載。
・紫:アバク・ホージャ墓
      Afaq Khoja Mausoleum
・下の赤:班超城
      Mapsme表示なし


<枠線内詳細>
20181224183826d9a.jpeg 


・上のオレンジ:国際線バスターミナル?
       Mapsme上には表示なし
       歩き方にはこの場所という表示あるが
       実際は使ってないので不明。
・右下オレンジ:バスターミナル?
       Mapsme上には「Kashgar Bus Station」
       と表示あるが宿オーナー曰く移転したと。
       真相不明。
・右の青:実際泊まった宿「汉庭酒店」
      Mapsme上に表示なし
      百度地図表示「汉庭酒店」
      英語表記HANTING HOTEL。
      最安ダブルルーム150元≒2400円
・真ん中の青:定番宿①
      Mapsme表示「Pamir Youth Hostel」
      百度地図表示は「国际青年旅舍」
      漢字表記は「帕米尓青年旅舍」
      2018年は11月から4月末まで外国事務不可
・左の青:定番宿②
      Mapsme表示「Old Town Youth Hostel」
      百度地図表示「喀什老城青年旅舍」
      漢字表記は「喀什老城青年旅舍」
      2018年は11/18から2月末まで休業
・紫:エイティガール寺院
     艾提尕尔清真寺قەشقەر ھېيتگاھ مەسچىتى
・右の緑:日曜バザール
      Sunday Bazaar
・その左の赤:旧市街門
      East Gate
・その左の赤:マトックバザール
      Mattock Bazaar
・その左上の緑:フードマーケット
      Food Market
・その左の緑:ウイグル料理屋
      Mapsme表示なし。
      店名「熱西塔大盤鶏」

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 


日記はこの日の朝6:00
カシュガル駅に到着したところから再開です。


201812241839124dd.jpeg 


朝6:00=現地時間の朝4:00なので流石にこの時間に宿探しするのも憚られ、しばしチケット売り場で寒さしのぎ。

20181224183914fd2.jpeg 




ここで電光掲示板で時刻表チェック。

明日には次の街ホータンへ向かいたいのですが、朝イチは4時5時7時代しかなく、次は15時台のみ。

私のホータンから次の街に向かうバスは日月水金13:00/16:00しかないらしく、今日が日曜。。ってことは明日のバスに乗らねばじゃん!!


ってことにこの時点で気づき、

無理してカシュガル&ホータンを圧縮して明日のバスを狙うか、

色々諦めてカシュガル&ホータンゆっくりして水曜のバスを狙うか、をウンウン悩んでるうちに7:30になったので出発です。

本件は「カシュガルからホータン行きのバスの時間を見てから決めよー」
という結論に至りました。
カッコよく言うと棚上げってやつです。


バス待ち中。

20181224183914b00.jpeg 


駅を出て左前方に「長距離バスターミナル」と書かれた建物があり(電気は消えていたが)、その前にタクシープールとバス停がありました。

ここで28番に乗れば、外国人Okの安宿二軒(冒頭地図のOld town youth hostelとPamir youth hostel)があるエリアまで行けます。
エイティガール寺院前で降りればOkです。

ってことまで事前情報収集してたのにバスが来ないだなんて。
愉快甚だしいわこの国。

1時間は待った。)

なんででしょう。

日曜だから稼働時間が遅いのかな。
(ウルムチは始発が7:30だった)

奥の長距離バスターミナルに入ろうとしたら英語者喋れないおっさんにアゴで追い返されるし。
コイツら中国語だけ喋れてれば良いと思ってるからいちいちマジで腹がたつ。

ムカついたので、

20181224183914a56.jpeg 


タクってやりました。
私だってね、タクシーくらい乗れるんですよ。社会人時代はタクシー出社タクシー退社してたタクシー前田時代もあるんですよ。
(終電後に帰り始発前に出社)

20元。
まあまあ適正プライスかなとも思いまして。


街へ向かう途中はバスは一台も走ってませんでした。やっぱり日曜はあ、

今バスとすれ違いました。
9:00始発なのかな。
(夜明けは10:00)


でももう良いです。あのままバス停で待ってたら足の指が凍結して壊死してました。



なおタクシーはノロノロ運転40kmです。

2018122418391560a.jpeg 


ウイグル自治区は速度制限が厳しく、
市内は40km、市街は(確か)100kmまでしか出せないんですって。
これも中国政府の言い分は「(ウイグル人からの)テロ対策」なのでしょうかね。


交番の数はたしかに多いです。

201812241839175ed.jpeg 


交差点毎にあります。
赤と青の光が視界に常に三つくらい入ってる感じ。
道路上のカメラによる定感覚のフラッシュ撮影も健在です。


エイティガール寺院前下車。


20181224183918290.jpeg 


暗くてよくわかりませんが、
なかなか大きな建物がずらっと並んでるのが分かります。


ではでは宿へ。
今回も予約なしです。


1軒目、Pamir youth hostel。

場所がわからず断念。

2軒目、Old town youth hostel。
場所は分かりやすいのですが、

20181224183922a02.jpeg 


入り口にベルがなく、
代わりにこんな張り紙。

20181224183924f00.jpeg 


これ意味わかります?
私分からなかったのですが、眺めてるうちになんとなくわかってきました。
これ休業中ですね。

起って多分「起点」の起ですよねきっと。
つまり11/18から冬季休業、3月に再見♪的な。
そんなバカな。


で、
この帕米尓青年旅舍へ行けと。

帕米尓青年旅舍=Pamir youth hostelというのをたまたま記憶してたのでピンと来ました。


そう来たか。


ということでPemirまで戻ります。

場所は特定できてるのですが建物が大きくいろんな店の集合体になっててどこから入れば良いか分からなかったのですが、清掃員のおっちゃんに聞いてようやく入り口がわかりました。

20181224183926d94.jpeg 


わからんわ。暗いし。


で、入り口の張り紙。


20181224183926639.jpeg 



2018122418392898f.jpeg 


11月から4月まで「外人お断り」


なにこの茶番。



そしてこの張り紙にも「ここへ行ってね♪」な追記が。
なんたるたらい回し。


そして

201812241839296bf.jpeg 

その宿は簡単に見つかりました。

簡単に見つかりましたけども。。。


スタッフ「一泊150元でございます」
ですよねぇー!!!

ヤバいこれ。
アジア旅で最高額の宿だ。
宿名は汉庭酒店。
もう「酒店」て、ホテルと言う意味ですからね。


部屋。

20181224184819e13.jpeg 


私こんなにベッド使わないから。
なにこれ手前のベッドとか何回転寝返り決めたら良いの!?

そんな部屋ですがWi-Fiは使えませんでした南無。
※ロビーでは使えます。

まあ久々の個室ですし、

綺麗は綺麗ですし、

たまにはこういうのも良いですね!
って逆ギレで部屋を散らかしまくっていざカシュガル歩き開始。


街へ出て仰ぎ見る我が宿。

20181224183933b57.jpeg 


ふふ。
凄さが伝わらないでしょうね。
言うても150元って2400円ですからね。
日本の皆さんからしたらビジネスホテル以下、漫画喫茶かカラオケルーム感覚でしょうね。

嗚呼日本が遠い。近づいているのに遠ざかっていく。


街中の看板には日本語が併記されてました。

20181224183935256.jpeg 


以前はここ海外観光客トップ3に日本人が入ってたそうなんです。今は知りません。


シルクロード感。

20181224183935785.jpeg 


中国ではこういった「ぽさ」をこれ見よがしに主張してくる演出が多いと聞きます。
古き良きを愛でる人からすると「せっかくの景色が台無しに。」と思うのでしょうが私はキャッキャです。

その奥にあるのがこちら、
新疆ウイグル自治区で最大のイスラム寺院、エイティガール寺院です。

2018122418393883b.jpeg 


Google先生が今はいないので補足情報が添えられないのですが、いまこのモスクは現役なんでしょうか。
激しい宗教弾圧が有ると聞いていましたが、思ったよりはモスクの形は残されてます。


ただ


20181224183941fe8.jpeg 


上部にはしっかりと中国国旗が。

内部は撮影禁止でした。
入場料22.5元でした。


敷地内部はモスクのみ。

モスクも横に細長い本堂があるのみで、
誰一人人がいませんでした。


ミフラーブはありましたが

コーランは見かけませんでした。

本堂の外壁、
入り口からまっすぐ伸びる真正面の壁にはかの国家主席様がウイグル人の方に手を差し伸べ握手をしている写真が掲げられ、
その隣には街中でよく見かけるメッセージが大々的に掲げられていました。
「中華」「一心」「万歳」みたいな言葉たちです。


これは果たしてモスクなのだろうか?

中国政府はモスクとして観光客からの外貨獲得手段にしているわけですが、そこで祈る人がいない限り、モスクとは言えないよね、と思ってしまいました。


なお歩き方には「1日5回のアザーンが」とありましたが、私の滞在中はアザーンは一度も聞こえてきませんでした。


なお本堂は木造でした。
本堂手前の天井は中央アジアでも見たような木造作りの装飾となっているのですが、その色使いは中央アジアで見てきたような青ベースのものではなく、むしろラダックのチベット仏教寺院で見てきたような、緑+青+赤+茶色!!と言った激しい色使いでした。

確かこの地方はイスラムになる前は仏教だったんじゃなかったでしたっけ?マニ教?
ああG先生、早く帰ってきてください。。


あ、
これですこれ、本堂手前の真正面に掲げられてたの。

2018122418394161d.jpeg 


これはモスクの外の広場の巨大ディスプレイに映されていたやつです。
ウイグル人も国家主席様をさぞかし敬愛しております、と言わんばかりの絵です。


ツーリストセンター発見。
「Open」と書いてありながらどう見てもオープンな雰囲気がありません。
むしろ硬く閉ざされてます。
なにかを暗示しているような。

201812241840130b4.jpeg 



現在の時刻は11:30。
現地時間だと9:30です。

201812241840547f7.jpeg 


カシュガル旧市街の街並みはまだまだ静かです。

ひとまず

20181224184040213.jpeg 


肉まんだお!(^ω^)

201812241840556c4.jpeg 

食べるお!!(^ω^)


めっちゃ美味ひ!!
羊肉でした。ウイグルのお店だったのかも。




明るくなったカシュガルの街を歩くとやっぱりここは大きな街なんだなと実感します。


20181224184057037.jpeg 
(やっぱり国家主席様がデカデカと)


やってきたのはチャイナモバイル。
Mapsmeに「China mobile- sim card for foreigners」と書いてありまして。

20181224184126198.jpeg 


筆談でSIM?
と聞くとすぐ近くの別店舗へ連れていかれ、翻訳アプリでやり取りすることしばし。


分かったことは、滞在登録票?正式な日本語呼称忘れましたが、が無いと作れないとのこと。


↓店員さんに見せてもらったサンプル。

20181224184117b4f.jpeg 


逆にいうと、
それがあれば作れるのね!



と嬉々として宿へ。

(私にとって)高級ホテルに滞在しているわけですからね。すぐ作ってくれるでしょう。


オーナー「No」

ノーーーー!!!

絶望。


いえね、
宿に戻り、筆談で滞在登録票をくれ、と例の写真を見せてもフロントの人が理解してくれず、私がわーきゃーしてたらオーナーっぽい人に電話してくれ、そして彼が英語ができたので(中国入国してようやく三人目)、事情を説明したら「オッケー、理解した。5分で行くからちょっと待ってて」と言われ1時間待ち、まあここは中央アジアみたいなもんだしな、と耐えていたらさっきっから後ろのソファで談笑してるのがソイツだったというどうでも良くない前段があるのです。


期待させておいて、

そして一時間待たせておいて、
Noならあのお電話でそう仰って頂けませんか。

サーマンホテルというホテルなら滞在登録票を発行してくれるそうですがもう良いです。
カシュガル歩きを再開します。



憂さ晴らしにやってきたのは


20181224184130655.jpeg 


熱西塔大盤鶏。
こちら南旅館Fさんにイチオシされたお店です。

大盤鶏はウイグル料理?なのかどうか自信がないですが、カシュガルに行くならここで食え、と。
場所は冒頭地図参照。Mapsmeも百度地図も表示なしです。

大盤鶏はその字の通り、
大皿なのだそうで、ウルムチでもちょくちょく見かけてましたがかなり高かったんですよね。1000円越え。

で、この店は小盤鶏とでも言うのでしょうか。40元≒640円でこんなん来ました。

20181224184127552.jpeg 

すごい。
なんだこれは。


20181224184128edc.jpeg 


肉盛にニンニクぶちかまされてます。
すんごいBK感。


思わず

20181224184128b75.jpeg 


麺を頼みました。
最初白飯を頼んだのですがおばちゃんがメニューの麺を指差すものですからそっちの方がおススメなのかな思って。

そしたら

201812241841281a7.jpeg 


もう一つ来ました。
え、そんな食べたがりに見える!?
大変心外ですが内心万歳です。
(メニュー上はひとつ5元)


で、

うま!!
見たまんまの美味さです。


肉は骨ごとぶち込まれてます。食べるのちょっと大変。

ニンニクは言うほどニンニク臭くなく、あとは生姜が輪切りで仕込まれてました。


なるほどー、

これはうましですね。


なおお会計は40元でした。

あれ、40元+5元の麺x2=50元では?


もしかしたらあの麺は最初から付いてたのかも。危うく麺+麺+飯の炭水化物フェスティバルになるところでした。


※当店のメニュー。

20181224184128f1a.jpeg 



201812241841294e2.jpeg 

満足です。
ぼちぼち街歩きを始めましょう。


さてこのカシュガル、

ウイグル人の割合が大半なんだそうです。

確かに街中を歩いていると、
それっぽい人を見かけます。
ちょっと見かけだけで判断するのは宜しくないのですが、明らかに我々アジア人とは違う顔立ちの方が多いです。
トルコ系とでも言うのでしょうかね。
カザフスタンやキルギスでもよく見た顔立ちです。
※ウイグル人は系統としてはテュルク(トルコ)系民族


旧市街街並み。

20181224184129df0.jpeg 



あ、
Pamir youth hostel外観を撮っておきました。

20181224184128b5b.jpeg 


建物手前(東側)の奥に

20181224184129826.jpeg 


こんな場所があり、この奥に階段があり、
それを上がった三階に入り口があります。
四月以降に行かれる方は是非私の仇をとって下さい。


もくもくと湯気が上がるお店。

2018122418412906a.jpeg 


良いですね、気分が高まります。

ナンのお店もありましたよ。
たくさんあります。

2018122418412957d.jpeg 


ウイグル人が多い街なんだなと思わされます。


警備ゲートとそれを通過する子供たち。

20181224184218a2f.jpeg 


旧市街の出入り口は全て検問ゲートがあります。

店先の監視カメラ。

20181224184429883.jpeg 

路上の監視カメラ。

20181224184430bec.jpeg 

確かにウルムチ以上に監視が厳しい印象です。

ただですね、なんというか、新参者の第一印象としては、ウイグルの人たち、みんな楽しそうに生活をしています。

監視カメラなんて気にしてませんし、
先ほどのお店では大勢で大騒ぎしてましたし、
街中では警備員と普通に挨拶して談笑するし。
これとは別のタイミングではバスの中でウイグル語でメッセしてる女子や保安官もいました。

私てっきり、ウイグル語は禁止され漢人と全く同じ生活を強要されているんだと思ってました。

実際のところは分かりませんけどね。
ちょっとでも政府への不平不満を言おうものなら最教育施設と言う名の収容所に連れてかれちゃうという話もありますし。
今この街で生活している人たちは国家へに忠誠を誓っているんだろうなとも思います。


ちょっと街外れに来ました。


201812241844339c7.jpeg 


宿に置かれてたガイドマップに、この辺りに旧城跡があると聞きまして。
アレでしょうかね。

2018122418443618f.jpeg 

なんというか、
アレだとしたら、かつての遺跡を潰すような感じで建物建てちゃってるんですね。

同ブロックをぐるっと歩いていくと、随所であの土盛りが見えます。

201812241844475b2.jpeg 


鉄格子の隙間から↓

201812241844492a3.jpeg 


うーん、やっぱりアレな気がする。
土塁しか残ってなさそうですね。
てか近づけもしないならガイドマップにわざわざ載せんでも。


第十八中学。
いくつあるか知りませんが巨大な街であることは分かります。

201812241845220aa.jpeg 



旧市街に戻ってきました。

2018122418452327d.jpeg 


なにこれオレンジ?

20181224184531223.jpeg 


奥にあるのと比べると色の違いが鮮明です。

2018122418453132b.jpeg 



これ肉屋です。
檻の向こうで解体作業中です。

201812241845314c8.jpeg 


今気温マイナス11度だから良いですがこれ真夏とかどうするんでしょう。気温50度とか行くと思うんですが。


ナン屋さん。

20181224184531212.jpeg 

これ買ってみました。

20181224184531977.jpeg 


先ほど書いた通り氷点下ー11度の寒空の下で青空販売されてるナンなのでカッチコチかと思いきや、意外や意外ビスケットのような食感で(本来モチっとなのかどうかは不明)ウマーでした。


途中見かけた施設。

2018122418453163e.jpeg 


「新疆喀什市人民武装部」
なんて恐ろしい名前なんでしょうか。

ところで警備員にはウイグル人も見かけます。警備の対象≒ウイグル人というわけではないことが分かります。あくまでも「反政府人民」なのでしょうかね。



交通整理をしているポリスもいます。
道路を横断させてくれるので助かります。

20181224184531fee.jpeg 

で、なぜ旧市街を出てついつい道路を横断したかというと、

201812241845311a6.jpeg 


メイソーウ!!
ナイキとかアディダスとかが出店してるならびに堂々たる構えです。
もう怖いものなしですね。

なおこの後の街中で「XISOU」「YOYOSOU」というお店も発見しました。
いつの日か彼らの損害賠償金が日本のGDPに貢献する日を楽しみにしています。


旧市街へカムバック。


国旗を掲揚するお店たち。


201812241845326bc.jpeg 


電光掲示板に素晴らしいメッセージを掲揚するお店。

20181224184532627.jpeg 


なおこれと全く同じメッセージを流してる電光掲示板を掲げたお店が多数あるのですが、これは国が強制的に設置しているのでしょうか。

街中でよく見かける水差しの像。

20181224184532ac7.jpeg 



カシュガルは屋台が多いのが良いですね。
食べ歩きには困りません。

20181224184533b1a.jpeg 



20181224184536b99.jpeg 



20181224184541423.jpeg 




プロフー!!


20181224184638eee.jpeg 

これ後で食べに来る。絶対。
ちょっと今は先ほどの小盤鶏がかなり効いてる。


旧市街は昔のシルクロード時代の生活の様子を再現したような銅像が多数。

20181224184803152.jpeg 



20181224184805320.jpeg 


中央アジアでもよく見たナッツと蜜のお菓子。

201812241848164f6.jpeg 


をキャッキャしてお買い上げするウイグルガールズ。

201812241848169ec.jpeg 


おお、、

20181224184816103.jpeg 


これ、
明らかに向こう側に街がある(Mapsmeにも道がある)のですが、人工的な壁に塞がれてます。これは隔離区域なのでしょうか?

旧市街住宅区の一コマ。

20181224184818d5b.jpeg 



20181224184818e46.jpeg 



2018122418481815a.jpeg 



一歩中に入ると、ヤズドのような土壁住居が広がっています。


道端で唐突に身分証の提示を求められている女の子。なにがあったのでしょうか。きっとなにもないのでしょうけど。

201812241848200c1.jpeg 


この区画はお店が全て鉄格子になっていて、
鉄格子越しにお客さんが買い物しています。

20181224184851d86.jpeg 



20181224184919cc7.jpeg 


どっかのサイトに「ウイグル人経営のお店は鉄格子が付けられている」とありましたが果たしてそうなのでしょうか。
にしては鉄格子のお店が少ないように思います。そして鉄格子の意味は?


これ、地下歩道の検問ゲート。

2018122418495580f.jpeg 



20181224184948549.jpeg 

私は素通りでしたが、ウイグル人(と思われる人)は身分証を提示して手荷物検査です。


引き続き旧市街を散歩中。

20181224184948411.jpeg 



なんだこれは。

201812241849555ae.jpeg 


いや、きっと辛めのおでん的なやつなんですが、お店の人がいないのにこの赤い服のおばちゃんが次々ほうばっているんです。
無法地帯。

と思ったら遠くからお店の人が見守ってました。一本一元だそうです。
私もトライ。

20181224184948c64.jpeg 


思ったほど辛くないですが、
具材がはんぺんのような、特段楽しくない具材でした。


スイカ。。!

20181224184943819.jpeg 


食べてみました。3元。

201812241850144dd.jpeg 

ウマー!!
どっかでも書きましたが、ここタリム盆地は寒暖差が非常に激しいので野菜や果物の旨味が増すんですって。で、この氷点下の寒空の下で食べるスイカなんて超オツじゃん、と思い食べてみましたが正解でした。
なお一緒にウイグルおばちゃん(アイライン強め)もスイカを食べたのですが、種食べちゃうんですね。


私も例に習ってしっかり種まで頂きました。栄養価高いかしら。


201812241850243ed.jpeg 


※右のおっさんはこの果物屋のおっさん。あんたも食うのね。


これめっちゃ不味いお菓子。
酸っぱい紙食ってるような。

20181224185025d8f.jpeg 



ちまき。

20181224185022773.jpeg 



ああ楽しい!!
やっぱ良いですね、食べ歩ける街って。
帰国したら早々に砂町銀座行きたいです。

なおここ冒頭地図のFood Marketなる場所です。

途中


20181224190754757.jpeg 


こんな屋台だらけの閑散としてスペースもありました。暖かくなったらさぞかし賑わうのでしょう。


旧市街の子供たち。

20181224190626399.jpeg 



201812241909303e1.jpeg 


これみんなでバスケしてるんですけど、

20181224190806e61.jpeg 


ゴールがこの電線の束の輪なのね。

20181224190805698.jpeg 


ボールの大きさ的に絶対入らないんですけどそこのところいかがなんでしょうかねボクたち。

そんな微笑ましい景色をお固く見守るポリス。


201812241908061e6.jpeg 

ぶら下がるひょうたん。

20181224190807366.jpeg 


通りを眺めるおじさん。

20181224190807ca2.jpeg 



この辺りはマトックバザールというらしいです。

2018122419091222a.jpeg 



20181224190920126.jpeg 



20181224190927dd2.jpeg 



201812241909303e1.jpeg 

後から作られたものとは思いますが、レリーフが綺麗です。
この一角は1000年前から鉄職人が多い区画、、だかなんだか、先ほど説明書きがありました。
確かに鉄製品を扱うお店がちらほら。ごく僅かですけど。

201812241909590ee.jpeg 



途中かなり豪華なお宅が。
宿では無さそうですが。ウイグル人にも富豪がいるのですかね。

20181224191003876.jpeg 



お土産屋。

20181224191024d39.jpeg 


これ玉(ギョク)。

20181224191024c55.jpeg 


次の街ホータンは玉が有名らしく、このカシュガルも前の街ウルムチにも「和田玉」と書かれた店が多数ありました。


旧市街の東端に出ました。

20181224191011bd7.jpeg 

大きな門がありました。

そこを抜けるといわゆる旧市街の入り口になります。

2018122419101002b.jpeg 



ここに来て気づきましたが、

20181224191019ab4.jpeg 


旧市街は一段高いところにあったのですね。


遠くに巨大なタワーが見えます。
新市街はビル群が並びなかなかなメガシティです。

20181224191018c54.jpeg 



2018122419110729d.jpeg 


そんな旧市街の外にあるのが日曜バザール。

20181224191107b65.jpeg 


入り口でゆるいセキュリティチェックの上、入場です。

おお。。人が沢山です。

20181224191109640.jpeg 



20181224191108841.jpeg 


ここなかなか巨大で、
頭上の案内板に示されたカテゴリの細かさがその広さを訴えてます。

20181224191114fbd.jpeg 



2018122419111106f.jpeg 


そしてやはりここがシルクロードの要衝だったことを思わせる品々が扱われています。

20181224191117468.jpeg 



20181224191213df3.jpeg 



2018122419121603f.jpeg 



201812241912189d1.jpeg 



20181224191228ce5.jpeg 



20181224191228a07.jpeg 



201812241912284be.jpeg 



20181224191228668.jpeg 



20181224191228d3d.jpeg 



20181224191228883.jpeg 


他にも色々と。


楽器だったり、


201812241912280da.jpeg 


ロシアのお土産マトリョーシカだったり。

20181224191227f58.jpeg 



ここは靴エリア。


201812241912245b6.jpeg 


靴エリアがめっちゃ広くてしかもめっちゃ安くて思わず買い替えそうになりました。

滑りすぎるの今の靴。



ドライフルーツ。

20181224191228ecd.jpeg 


先ほど書いた通りこの地域は果物が豊富だそうですが、タクラマカン砂漠があるように乾燥しているのでドライフルーツも盛んなようです。


にしても人が多いな。。。
(この写真は人少ないけど)

201812241912543e3.jpeg 


と思って今になってMapsme見てようやく気づきました。

20181224191258290.jpeg 

そうか、
今日日曜だわ。

だからこの「日曜バザール」に人が溢れてるんですね。


スフレみたいなのを売る少年。
ごめんねアイスだったら即買いだった。

お願いだからそんな目で見ないで。

20181224191315dad.jpeg 


卵焼きバーみたいのを職人のごとくガンガン焼き上げていく少年と、美味しそうに食べる少女。

20181224191320eb7.jpeg 
(この専用の焼き機が面白い)

ナンの上に置かれた生肉。
これオーブンで焼くんでしょうか。
今日の晩ご飯はプロフとコレにしたいと思います。

先ほどのくるみのお菓子。
ちょと食べてみたくなり、ちょっとだけカットして?とジェスチャーしたら、

2018122419134051e.jpeg 


くれました。谢谢!



イランからよく見かけてきた小さなみかん。

ここに来て買ってみよかなどうしようかなとまごついてたら、

20181224191346034.jpeg 


くれました。谢谢!


流石に焼き鳥はくれませんでした。
2元。

20181224191347ea3.jpeg 


いやー楽しいですねこのバザールは。
皆さんウイグルの方々だと思うのですが、優しいのなんの。


コレなんだろう。

20181224191346ea8.jpeg 


はんぺんみたいのが入ったおでん的なやつだと思われます。食べたかったです。

ちょっと流石に今満腹です。


ということで、

超楽しいバザールでした。

で、
そこからバスでアパク・ホージャ墓という場所に向かおうと思い来たバス停。

20181224191326774.jpeg 



バザールのおかげでバスがはち切れんばかりの超満員だったので歩いて向かいました4kmも。
(バスは20,21,3,7が走ってます。旧市街からだと20番。百度地図で検索ください。)


※バス。
201812241913268b2.jpeg 


※バスに乗れず苛立つ人たち。
20181224191327c4e.jpeg 



途中、
30人くらいの角材を引きずった集団とすれ違いました。
腕には「警備」と書かれた腕章巻いてました。中にはウイグル人の姿も。
※怖くて後ろ姿しか撮れない
2018122419132571d.jpeg 

てか貴方達そのものが大変物騒なのでもうちょっと別の武器を装備していただけませんか。


なおこのカシュガル北東のエリアはウイグル人居住地区が多いようで、漢人をほとんど見かけません。

表通りはお店が並んでますが、
その合間合間には生活道路があり、入り口では警察がしっかり検問してました。

20181224191337d62.jpeg 
(右奥に検問)


やって来ましたよアパク・ホージャ墓。

20181224191358543.jpeg 


入場料30元もしました。
アパク・ホージャさんは16世紀末にこの地で新疆イスラムの指導者だった方だそうです。現地では「香妃墓」と表記されてます。

おお!!

201812241913508a7.jpeg 


これは良い!!
先ほどのエイティガール寺院がなかなか残念外観だったのに対しこちらはかなりイスラム感があります。

201812241914000ae.jpeg 



201812241914046fb.jpeg 



20181224191405b92.jpeg 




緑ベースのモスクって珍しいですね。
先日ウルムチの博物館でガイドさんから盗み聞きした「砂漠では緑が重要な色」というやつでしょうか。

内部は撮影禁止でしたが、
びっくりするくらい多数の墓が所狭しと並んでました。
これまでの霊廟と異なるのはお墓がタイル張りでした。

20181224191405821.jpeg 



こんな感じの。


で、

緑の布をかけられてるものもありました。きっと身分の高い人のお墓なんでしょう。
そんなアパク・ホージャ墓でした。

なお敷地の入り口にあったモスクは中には入れませんでしたが、エイティガール寺院と同じように国家主席様の写真が掲げられてました。

20181224191426775.jpeg 



20181224191426643.jpeg




なお色使いがチベット仏教っぽいっていうの、なんかわかりますかねどうですかね。

201812241914273f2.jpeg 



20181224191429bba.jpeg 


帰りはバスです。

20181224191432a8a.jpeg 


もう宿に戻ろうと思ってましたが、
20番バスがまたまた旧市街に行ってくれたのでそのままもっかい旧市街ぶらり。


アジアでよく見るおっさん達の光景。


20181224191433f72.jpeg 


麺を伸ばすおっさん。

20181224191434727.jpeg 



【悲報】プロフ売り切れてた

201812241914367f9.jpeg 



トンテンカンな光景。

201812241914385b3.jpeg 



2018122419143988c.jpeg 


巨大バター。

20181224191441422.jpeg 




なんてやりながら宿へ戻り、
昼寝してまた外へ。
晩御飯探しです。


エイティガール寺院はライトアップしてませんでした。

20181224191441d29.jpeg 


ややライトアップしてるように見えるのはすぐ横の大型ディスプレイで国家主席様が大々的に映し出されているからです。


さてこの後は旧市街をぶらぶらするもほとんどの店が店じまいしてまして。
この人たち営業開始が遅いのに(北京時間13:30頃〜)、閉めるのは早いのね。
まあウイグル人=中央アジア人と考えると納得。

結局歩きに歩いて、

20181224191447c8b.jpeg 



20181224191448342.jpeg 

ケバブです。
ご無沙汰しておりました。

ラシュトの焼き鳥には及びませんが、
なかなか美味目でした。


そんなカシュガル街歩きでした。
出会ったものを時系列に書いているのでかなり散文になってしまい恐縮です。

途中で書いた内容と重複しますが、
思っていたよりもウイグルの人たちは制約や不便がありながらもこの地での生活を楽しんでいるように見えました。

ここまで警察が厳重管理していれば犯罪は起きなそうですし。


もちろんここに至るまでの過程や、私が見えていない部分では色々あるのだと思うのですが、今日一日歩いてみた感想は上記の通りです。


明日は和田というさらに奥地の街をぶらっとしてみる予定です。
どんな世界なのか楽しみです。

谢谢!!
でした。


 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

微信(ウイシン)

わしあるよ

ないの

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01