FC2ブログ

記事一覧

#380 西遊記の世界、火焔山近郊を巡る。in中国(8) 2018.12.28



トルファン安宿のドミ部屋。


隣のベッドの中国人の充電ケーブルが、ただの充電ケーブルのはずなのに、エレクトリカルパレードか!と言わんばかりのネオンが電光掲示板のように根元からスマホ本体へ向けてギラギラと流れる仕様でくっそ眩しいです。


まあまさか本人も買うときそんなの想定してなかったのでしょうね。

当の本人は布団かぶって寝てました。


さて、
今日は宿の人に丸投げしたツアーでトルファン近郊を巡りますよ。

通常時は一人85元らしいのですが、今はオフシーズン。たまたまもう一人行きたい人が見つかったようで二人参加で一人140元。

食事と各所への入場料は別。
私は「火焔山へ行きたい」としか伝えていません。

さて、今日はどこに連れてかれるのでしょうか。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:トルファン近郊
・手段:ツアー参加
・料金:140元≒2240円+各所入場料+昼食代
・時間:10:00発、18:30戻り


↓行った場所地図マップ
(イメージ図です)
20181229222745dad.jpeg 



――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 
 
さ。

いざ出発です。

201812292227443df.jpeg 


本日の運転手は元気なお姉さんです。
てっきりモッサいおっさん出てくるかと思いきや。

もう一人のツアー参加者は中国人の女の子。
ピンクダウンにピンク帽子、と如何にもな中国女子という感じ。

そしてもう一人のツアー参加者?はなんと宿のおばあちゃんwith孫w
0-1歳と思われるお子を連れほのぼの旅のスタートです。
(写真撮っとけば良かった)


車は30分ほどで最初の目的地、火焔山へ。
火焔山自体はこのトルファン盆地にポツンとただずむ岩山なのですが、その一角に有料エリアがあるのです。

それがこちら。

201812292227513ff.jpeg 


えっとね、、ね。

で、
有料エリアはそれっぽい像が立ち並ぶだけでして、しかも脇を走る幹線道路から見えるため、中に入らないのが定番のようです。
ということで今回も中には入らず外から見学となりました。

この火焔山。
なんでまたそんな物騒な名前なのかというと、この地域、真夏は地表温度が70度にもなるんですって。
で、岩山のこの火焔山は陽炎が立ち、

まさに燃えているように見えることから火焔山と言われるようになったとか。


そしてその話はかの西遊記伝にも出てくるのって皆さん覚えてますか?私はもう全然覚えてません。てかどの世代までわかるんだこの話?

三蔵法師率いる孫悟空、沙悟浄、猪八戒のアレです。
彼らの道中でこの火炎は燃える山として立ちはだかり、孫悟空が手に入れた芭蕉扇で炎を消し去るだかなんとか。。。うーんやっぱり思い出せない。


まあそんな伝説をかの国が持ち上げないわけがないのでありまして、

有料エリアの入り口。


20181229222746db8.jpeg 



20181229222746619.jpeg 



20181229222748317.jpeg 



20181229222750f79.jpeg 

やや散らかり感が否めませんが、
それっぽい感じになってます。


こちら有料エリア内。

201812292227513ff.jpeg 



20181229222752cab.jpeg 

よく見るときっとあれ孫悟空なんじゃ無いかな、というモニュメントが見えます。

その他いくつかモニュメントが見えますが、
まあなんというか、まったく人がいない感じです。

201812292227543fc.jpeg 



201812292227557f2.jpeg 


せめて晴れてたらねー。
いかつい火焔山の風貌が拝めたら、もうちょい孫悟空感あったと思うんだけどな。


夏の火焔山はこんな感じだそうですよ。

20181229225614e04.jpeg 



たしかにこの強烈な縦ラインに陽炎が揺らめいてたら「火焔山」と呼ばれるのもわかる気がします。



あ、
そろそろ次に向かうんですね。
付いてきまーす。



20181229222756b5c.jpeg 

御察しの通り、同乗者は全員オール中国語でして、英語なんてまったく期待できない感じです。
そんなんですが、例のお子を中心にほのぼのとやっております。


ただいま火焔山の山中を走っております。


20181229222758c92.jpeg 



201812292228008ef.jpeg


 20181229222801adf.jpeg 

霧掛かってはいますが、荒々しさ、伝わります?


途中で車を止めてくれたので降りてちょこっと撮影。

20181229222804f08.jpeg 



2018122922280558c.jpeg



 
赤いんですよね、山肌が。


そしてこの地層。

20181229222806c24.jpeg 

火焔山という名にふさわしいいかつさがあります。


引き続き車中より。

20181229222807223.jpeg 



20181229222808eb9.jpeg



20181229222852521.jpeg 



201812292228535f5.jpeg 


このあたりとか砂丘のようです。
乾燥しすぎて岩が砂になったのか、砂漠から風で運ばれてきたのか分かりませんが。


なんだかそれっぽいところを通過しました。
雰囲気的には中国政府が金積んで作っただけの場所のようですが。

20181229222853c66.jpeg 



20181229222855d17.jpeg 



20181229222855555.jpeg 



201812292228573cc.jpeg 



201812292228596b6.jpeg 


2018122922290135a.jpeg 



20181229222903078.jpeg 

なおこの孫悟空御一行はもはやそこら中にあります。
そしてこの謎空間は閉鎖されているようで建物は廃墟になってました。



続いてやってきましたはベゼクリク千仏洞。


201812292229092e3.jpeg 



201812292229127bb.jpeg



 

火焔山の山間を走る川谷に石窟があるんだそうな。


入場料40元≒640円。
結構するなり。



階段。

2018122922291349b.jpeg 

あ、
このピンクの子がもう一人のツアー客です。
自分のペースでぐいぐい進んじゃうお年頃です。まあお互いことなも通じませんしね。

あとドライバーの女性はあくまで運転のみらしく、我々の観光中は運転席で口開けて寝てます。


おばあちゃんwith孫は車内でいないいないばあとかやってます。


ベゼクリク千仏洞。

201812292229144ec.jpeg 



20181229222915a60.jpeg 



201812292229172e2.jpeg 

こんな感じで川の谷間の崖にいくつも石窟が掘られてます。
この石窟は6世紀の高昌王国時代から開削がはじまり、9世紀のウイグル高昌国時代が最盛期だったと、歩き方先生言うてはります。

当時は仏教が信仰され、ここベゼクリク千仏洞は王族の寺院として重視されて石窟が増やされ、現在は83の石窟が残されているんだそうです。

石窟は撮影禁止で、
毎度おなじみ「防暴」のジャケットをまとった兵士がじっとりと我々の後についてくるのでこそ撮りもできません。しませんけども。


石窟はインドのアジャンター遺跡で見たのと結構似ており、天井には小さな仏像画がギッシリと、そして壁には大きな仏の世界が雄大に描かれてました。中には浮世絵を思わせるような優美なものも。
え、仏画?
って言いたくなるような。


ただね、
全体的にかなりボロボロなんですよ。

乾燥地域なので保存状態が良い、はずなのですが、そもそもこの地がイスラム化した時に偶像崇拝禁止の観点で破壊されたのでしょう、千仏言うくらいですからそれこそとんでもない数の仏の顔があるわけですが、いずれも顔が潰されてました。
破壊する方も大変でしたでしょうに。

そしてその後は外国人探検家なんかが持ち去っちゃったりしたそうです。
たしかに壁がまるまる剥ぎ取られてる区画もありました。

大変残念ですが、
アジャンター遺跡を見た私としては、見応えに欠ける内容でした。無念。




そんな中で今Google先生に色々聞いてたら(もう使えるようになりました!)、


2018122920010632c.jpeg 



これトルファン博物館で写真撮ってたやつですが、

この壁画がまさにこのベゼクリク千仏洞にあったようです。

請願図、という、ベゼクリク千仏洞を代表する壁画だそうな。


このレベルのクオリティの壁画は現地には一つもなかったぞよ。




といっても、
谷の向こう側。


20181229222918d35.jpeg


 20181229223012c66.jpeg 


谷を流れる川。

2018122922301588f.jpeg 




駐車場からの景色。

20181229223015288.jpeg 



201812292230177e0.jpeg


 201812292230189cb.jpeg 

この景色だけでも来た価値あります。



ここにも御一行がいました。
なかなか良いモニュメントなのですが、

201812292230193e6.jpeg 

四人が馬を中心に隊列してるのでどうしても全員同時に収まらない。
この写真では猪八戒氏が馬の向こう側でブヒブヒ言うとります。

あ、そういやこの悟空は芭蕉扇持っとりますな。



さあ次はどこへ。


ちょっとこの写真分かりづらいですが、


20181229223019fb0.jpeg 


これハイウェイの中央分離帯にときおり登場する事故車です。

「こうなりたいのかい?」
と言う脅しな訳ですが、幸いこの地は過剰なまでの公安による圧力のお陰でみんな法定速度を守ってます。笑っちゃうくらいにみんな大人しいです。




昼飯でーす!!

20181229223020575.jpeg 

トルファンの街に戻ってきましたよ。
途中「高昌城」と書かれた看板をスルーした時はガックシでしたが、

201812292230227ea.jpeg 


このランチで私は元気100倍です。

プロフ〜!!


ウイグルのプロフをようやく食べれました。
これね、めっちゃ美味いぞよ。

言うなればトルクメニスタンの地獄の門のチャイハネやウズベキスタンはヒヴァの西門前のレストランで食べたのと同じ、もちもち系プロフでした。18元。

なお運転手のお姉さんはさらにケバブ二本食ってました。よう食うね。

おばあちゃんは典型的な中国人です。
一口食べて口に合わなかったキムチみたいのを床に吐き捨ててました。
おばあちゃん、孫の教育上良くないからやめたげて。


レストランの前でナン焼いてました。


20181229223023e81.jpeg 



20181229223025051.jpeg 


焼きたてナンたち。

201812292230261c2.jpeg 


みんな買ってました。

私は昨夜買ったナンを火焔山やベゼクリク千仏洞でかじりながら観光してたので遠慮しましたが、

20181229223027f42.jpeg 

くれたらまあ食いますよね。

運転のお姉さんなんてもうこんな感じ。

20181229223029ecf.jpeg 


ねえピザじゃないんだから。

片手運転やめて。




はいお次の目的地に着いたようですよ。

20181229223030ae6.jpeg 



201812292230321b1.jpeg 

カレーズ楽園。
なんだかすごい名前ですが、ここはトルファンの水利を紹介する施設のようです。

このウイグル自治区にある各街はいずれも砂漠のオアシス都市として街が出来てきたのですが、カシュガルやホータンは河川の水を利用したオアシス都市なのに対し、ここトルファンは地下水路を利用したオアシス都市なんだそうです。
イランのヤズドもそうでしたかね。
あちらでは「カナート」と呼ばれた水路、ここではカレーズと呼ばれているようです。ウイグル語ですかね。

うん、

20181229223034cbd.jpeg 


なんか枯れがれしいよね。
オンシーズンにはここが一面葡萄畑になるそうです。


そして

20181229223035594.jpeg 


博物館は閉鎖中。
これで入場料40元はちょっとどうでしょうか。オフシーズン価格5元はいいところだと思いますけども。

なんてブースカ言ってたら、

20181229223110ded.jpeg 


地下への入り口が。


奥には水路がありました。

201812292231144b2.jpeg 


青ネオンなのはさておき、この水あったかいです。

201812292231157a5.jpeg 


地下水路は夏場は冷えた水を、冬場は暖かい水を提供してくれるんでしょうね。


水路の奥を撮ってみたら青ネオンが強すぎて逆に未来が写りました。


20181229223117d08.jpeg 



地下水路についての解説。

20181229223119f05.jpeg 



この国で痰吐き禁止の表示を初めて見ました。

201812292231209e1.jpeg 



みんな吐いてますけどね。
老若男女問わず。


その他、当楽園の光景。

20181229223121c1b.jpeg 



201812292231221c7.jpeg 



20181229223124ace.jpeg 



20181229223124ed4.jpeg 



201812292231226b2.jpeg 


うん、
もっと別なとこ行きたかったな。

でも良いのです。
今日はもう身を任せると決めてるのですから。



ジャーン!!

201812292231259cb.jpeg 


次の目的地はなんだかそれっぽいところにきましたよ。

こう言うのでいちいち高かっちゃう私まんまと中国政府の思惑に乗っかってます。


交河故城。
高昌王国時代には城が置かれ、その後も各時代に砦として使われてきた場所だそうです。

中に入ると暗闇。
戸惑っていると係員が走ってきて電気のスイッチを入れました。
え、そんな感じ?


内部はチケット売り場までの道中が交河故城を紹介するミュージアムになってました。

201812292231270fa.jpeg 



この地の王だった人でしょうか。

20181229223129f47.jpeg 


交河故城。

2018122922313061a.jpeg 


お城の紹介。

2018122922313181c.jpeg 



20181229223133531.jpeg 


世界最大の土塁城!
のようなこと書かれてました。本当だろうか。


→Wiki曰く本当でした。

土塁というか版築という手法で世界最大だそうです。


版築(はんちく)とは、土を建材に用い強く突き固める方法で、堅固な土壁や建築の基礎部分を徐々に高く構築する工法を指す。もともと石灰分を多量に含んだ微粒子から成りこの工法に著しく適した黄土が広く堆積した黄河流域で古代から用いられ、特に発展を見せた工法である。 なお版築で作った壁等の構造物自体を指して版築と呼ぶ場合もある。




そして衝撃。

入場料70元≒1120円。。!!

ただここで「結構です」
と言えぬのがツアーの辛いところですね。
メソメソとお支払いして先へ。

ここからしばらく歩くようです。

2018122922320152d.jpeg 


いえ、セレブリティは25元払ってシャトルバスみたいの乗るようですが、私は貧民なので徒歩です。距離1kmほど。


湖が見えます。
大きな都の近くには湖や川がつきものですね。

凍ってますけども。

201812292232023ad.jpeg 



途中で交河村、みたいなとこ通過しました。

2018122922320328e.jpeg 

ここも別料金なので通過です。



1kmほど歩いて川を渡り、
城の入り口までやって来ました。


ここでチケットチェックです。
そもそもここに券売所作ってくれませんか。

そしてビジターセンターから徒歩かシャトルバスでしか来れないはずなのにこの駐車場のデカさの意味は何。

20181229223205869.jpeg 




お城入り口。

20181229223206a07.jpeg

 
結構な土塁の高さですよこれ。

30mもあるんですって。



ここにメインの入場門、南門があったようです。

2018122922320983a.jpeg 




中央通り。
中国らしくしっかりと道を引いてくれてます。

20181229223256525.jpeg 



この辺りは大型住居があったエリアだそうです。

20181229223258e53.jpeg 



201812292233009d1.jpeg 

流石に当時の姿は残されてないです。
ただここは中国。
下手したら遺跡をぶっ壊して当時の姿を強引に再現しちゃったりしそうなものですが、風化した遺跡はそのまま残されていました。


この地下エリアは官公庁だったようです。

20181229223212dc3.jpeg 



201812292232159c9.jpeg 



20181229223218627.jpeg 

当時ここが地下だったのか地階だったのか不明ですが、前者だとしたらなんだか薄暗い中で国の将来を話し合っていたのですね。実際知らんけど。



遺跡の広景。

20181229223223961.jpeg 



20181229223224f55.jpeg 



20181229223225850.jpeg 


遺跡はまだまだ続きます。

201812292232264ae.jpeg 



20181229223227588.jpeg


 20181229223229c2b.jpeg 



2018122922325406a.jpeg 



201812292232565f6.jpeg



 

東北仏寺。

201812292233023ef.jpeg 


仏教信仰の名残が。
こちらも土台くらいしか残されていませんが。


遺跡内、徒歩で来れる最奥地、塔林に来ました。パゴダ(仏塔)がずらずらずらっと並んでるかなと思いきや、

2018122922330526d.jpeg 



20181229223307614.jpeg 


一塔を残すのみであとは土台のみでした。


パゴダは101塔あったそうです。
当時の人々にはさぞかし圧巻で畏怖の念を抱かせたでしょうね。


大仏寺。

20181229223310b5e.jpeg 



20181229223312b9b.jpeg 



201812292233139d7.jpeg


城内最大と思われるお寺。
ちょっとだけ仏様が残ってました。

20181229223315eb2.jpeg 


中央大塔。

20181229223318215.jpeg 


名前からしてさぞかし大きな塔だったのでしょう。
そんな交河故城でした。


いえね、

もうちょっと事前知識があればきっと楽しめたと思います。

いや、その機会はあったのです。
あのチケット券売所の次にちょっとしたミュージアムがあったのですが、

2018122922331998a.jpeg 


このチャイナガールがこんな感じでポイポイ先に進んじゃうのでついついスキップしちゃったのです。

やはりこの手の遺跡は、現状の遺構からいかに当時の勇々しい姿を妄想し

てヨダレたらせるかに懸かっているのです。

それがなければただの土塊です。




そんなこんなでツアーは終了。

18:30宿戻りでした。


一見大変残念な内容のように見えていると思いますが、オフシーズンということもあり当初は火焔山すら拝めないかなとも危惧してたので、私的には参加して良かったです。

ただやっぱね、
行くならオンシーズンに是非。

ただ真夏は本当に死を覚悟すべき暑さのようなので、そのあたりどうぞよしなに。




新疆ウイグル自治区ラスト飯は、
これまで中央アジアで散々見て来ていながらなんとなく手が出なかった(衛生面で)、鶏モモまんまブチ込みプロフにしました。

20181229223349b77.jpeg 


またプロフかい!
と思うでしょうけれども、そんなこと気にしません。飯はイベントなのです。食べ合わせとか関係ありません。

でね、これがね、
超ウマー!!
なの。


鶏モモがこれでもかっ!ってくらいムッチムチで豊潤で最高でした。

201812292233508bc.jpeg 


こんな感じでビニール手袋して食べるみたい。これで容赦なくむしゃぶりつく事が出来ました。感謝申し上げます。


はい次の街に行きますよー。

20181229223350b1b.jpeg 


目指すは敦煌。
甘粛省です。


そう、とうとう新疆ウイグル自治区を抜けます!楽しみ!VPN解放!!

敦煌行きはちょっとややこしくて、
トルファン北駅からの直行列車がなく、
嘉峪关(jiayuguan)という敦煌を359kmも通り過ぎた駅まで行き、そこから敦煌まで359km戻らねばならぬのです。エラい面倒。

ひとまず私が乗る嘉峪关へ行く列車はこれ。

20181229223352ebe.jpeg 


Z42、上海行きー!

うっかり降り遅れたら上海です。
いや実際は到着前に激しく叩き起こされ確実に下車させられちゃうのですが。
まったくもって乗客管理が徹底されてる恐ろしい国です。


なお今回の列車は多少遅延しており、
列車到着前に乗客がプラットフォームへ誘導されました。
(これまでは列車が到着しないと乗客はプラットホームへ入れなかった)


ので初のホームイン写真。

2018122922335327a.jpeg

 
うん、
本当に上海行くんですね。


20181229223354f23.jpeg 


ということで、
この列車で目指しますは嘉峪关そして乗り換えての敦煌です。
そして莫高窟にいきまーす!!


谢谢でした。

 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01