FC2ブログ

記事一覧

#387 今日だけはご容赦を。in中国(15) 2019.1.4


齢三十五にしてこんな事を大手を振って申すのは大変にお恥ずかしい事というのは甚だ承知の上で、今日だけは、今日限りだけは何卒ご容赦下さい。



成都といえば、、、そう、


!!!パンダー!!!


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:成都市内
・手段:地下鉄&徒歩
・料金:地下鉄1乗車4元≒64円
・時間:ー


↓成都地図マップ
(二行目はMapsme表記)
201901050032470b7.jpeg 


・上のオレンジ:成都駅
     Chengdu Railway Station
・そのすぐ下のオレンジ:長距離バスターミナル
     North Railway Station Bus Station
     ※バスターミナルはここ以外にも多数あり
・右下オレンジ:成都東駅
     East Chengdu Railway Station
・下のオレンジ:成都南駅
     Chengdu South Railway Station

・青:宿 ミセス パンダ ユースホステル
     Mrs. Panda Hostel
     百度地図「成都熊猫夫人青年旅舍」
     ドミ一泊30元≒480円

・右上赤:パンダ園
      Chengdu Giant Panda Breeding Research Base
      百度地図「成都大熊猫繁育研究基地」
・成都市の字の成の下の赤:宽窄巷子
      Mapsme上に表示ないが近くに「宽窄巷子駅」あり。Mapsme上は「Kuanzhaixiangzi Alleys」
・その右下の赤:人民公園
      People's Park
・その左下の赤:武候祠
     Wuhou Temple
・左の赤:杜甫草堂
     Du Fu Thatched Cottage

・上の緑:陳麻婆豆腐
      Mapsme上に表示なし
      百度地図「陈麻婆豆腐」
・中央緑:天府広場
      Tianfu Square
・右の緑:春熙路
      Chunxi Road
・下の緑:チャイナユニコム 外国人SIM購入可
      Mapsme表示なし
      百度地図「中国联通(科华北路营业厅店)」

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 


もう今日は気合入ってますよ。

201901050032479c9.jpeg 


ブーツじゃなくてスニーカーにしました。

成都、ちょっとあったかいんです。
本日の気温7度。
むさ苦しく歩きにくいブーツは置いてきました。

いざ参りましょう、パンダさんの元へ。


やって来ましたメトロ熊猫大道駅。
 

20190105003246a6a.jpeg 


この英訳がとても良い。

20190105003245d67.jpeg 



駅出たらすぐパンダ園行きの無料シャトルバスがありました。最高!

20190105003245a7b.jpeg 


パンダ園行きバスはなかなかなパンダ仕様です。

高まる。

201901050032441a5.jpeg


 
はい到着!

20190105003245bec.jpeg 


その名も「成都大熊猫繁育研究基地」。

なんか凄い名前ですね。
大熊猫ってのがジャイアントパンダだと思うのですが、単なる動物園じゃなくて繁殖と育成をする施設、という事でしょうかね。


入場料55元。

201901050032447c2.jpeg 


意外と安い。
でも知ってますよ。
きっと色々なオプションで私から身銭を吸い上げようとする魂胆。


入ってすぐ左のビジターセンターに日本語マップがありました。

2019010500324584a.jpeg 


結構広いです。

さっそくオプション発見。
園内バスです。

201901050032476e0.jpeg 


大行列ですが、一乗車10元です。
もちろん私は歩きます。


きゃー!

この看板、なんかイイ!日本人だけ「!」ついてるw


20190105003247aba.jpeg 



帰っていく欧米系の若者たちがパンダぬいぐるみ提げてるのが微笑ましい。

201901050032470fa.jpeg 


このあと彼らと目が合ったので「あなた達じゃなくて風景撮ってたんですよ」をアピールしたショット。

201901050032476de.jpeg 


にしても竹林が綺麗ですよ。

20190105003248381.jpeg 




お?
おお!!
おおおおお!!!
第一パンダさん発見んん!!!

20190105003250381.jpeg 



20190105003252a48.jpeg 

食べてるー!
竹食べてるーー!!


ヤバひ。かわゆたん。。


こちら木の上のパンダ。
影になっちゃってよくわかんないけど。

2019010500325309e.jpeg 



20190105003334a7c.jpeg 


木の下にもパンダ。


20190105003334676.jpeg 


ふと下を見るとここにもパンダ。

20190105003335bb8.jpeg 



20190105003337d82.jpeg 


ねっ転がるパンダ。

20190105003339a8b.jpeg 



201901050033400bf.jpeg 





ああ、
なんてかわいいいいいのでしょう。

堪りません。



道中こんなものを見つけました。

20190105003640cd8.jpeg 


パンダ弁当。
ふふ、そうやって観光客から身銭を吸い上げていくんですね。

一つ30元ですって?
誰がそんな罠に引っかかるんですか。


20190105003352891.jpeg 

私だよっ!!

もう気持ちが昂りすぎて、
世間体なぞ顧みず、
朝ごはんはパンダ弁当にしました。

美味すぎる。
見た目がどうこうはさておき、右の肉の炒め物が超美味い。


20190105003353972.jpeg 


気がつけば隣にも、
一人でパンダ弁当をついばむ少女。

そして

2019010500335547b.jpeg 


また一人、パンダ弁当をつまむ少年。

ふふ、
迷える子羊は私だけじゃ無いようですね。

ただ彼らは見るからに20歳前後。
人生に迷える子豚は私だけのようです。



謎の人だかり。

201901050033463e1.jpeg 


の奥にいたのは孔雀。

20190105003347e92.jpeg 


嬉々しましたが、
この後、園内のそこら中でぷらぷらしてました。


20190105003349e86.jpeg 



20190105003352663.jpeg 



パンダキッチン。


20190105003358c1a.jpeg 



名前からして楽しそうなのでメニューを見に来ました。

そしたら

201901050034575f1.jpeg 


「パンダ(のための)キッチン」
でした。
恐縮。


上記解説によると、

パンダの食事の99%は竹なんですって。

そして

201901050034565a4.jpeg 

一日20〜40kgの竹と、
一日50kgの竹の子を食べるんですって。

いきなり説明が矛盾してますけども。


99%が竹じゃなかったんですか?

あ、竹と竹の子はinclude?まあいいや。



そして、

ここの説明はクイズが織り交ぜられており、興味関心を引く工夫を感じられます。


例えばこちら。

20190105003456a8d.jpeg 


Q:竹がないと、パンダはどうなると思いますか?


気づきましたか。
この質問に対する答え無きまま、
次の質問に進んでしまってます。

こういうとこありますね、かの国さん。


そういえばパンダは第六の指があるんですよね。竹を持つための。

20190105003457d2a.jpeg 

などなど、
パンダにまつわる小話がパネルで紹介されているのみでした。
窓の向こうの室内には調理器具みたいのがあったので、時間によってはここでパンダの餌を作るのでしょうか。

。。。餌って竹そのまんま(調理の必要はない)では?


わだかまる雑念を放念し、
やってきたはジャイアントパンダ一号館。

20190105003457e91.jpeg 

中にも外にもパンダがいるようですが、ひとまず室内から。

入って早々、
こちらに尻を向けてご飯に夢中のパンダさん。

20190105003458c18.jpeg 



20190105003458a84.jpeg 

ぶちゃかわいい。


横から見るともう無我夢中です。

201901050034583aa.jpeg 


でね、
この子、
竹を食べながら豪快にうんちしまして、

でそのまんま

20190105003458bbb.jpeg 



20190105003458b7e.jpeg 


うんちを尻に敷いたままランチタイム続行。

なんて自由なんでしょう。







こちらは外のパンダたち。

20190105003458582.jpeg 


もはや一つの塊にしか見えませんが、これ三パンダです。

あ、もう一パンダ来ました。

20190105003459918.jpeg 


溶け込みました。

201901050034590f8.jpeg 

起きました。

201901050034598fd.jpeg 

寝ました。

20190105003459639.jpeg 

嗚呼。

私はパンダになりたい。


このうちの一頭が転がり始めました。

20190105003501db0.jpeg 



もう一匹も。

20190105003528494.jpeg 


ああもう。


ところでこのパンダ園にはきちんと一頭一頭に説明書きがあります。

2019010500352890e.jpeg 



日本語表示もあります。


気づきましたか


201901050035307b2.jpeg 

「かくかくしかじか〜、灰色の毛並みなので「石灰ちゃん」と呼ばれている。」
誰ですか訳した人。

石灰ちゃんなんて可愛そうすぎる。
なお英訳は「Little lime」ちゃんです。
それでいいのに。


ジャイアントパンダ月亮産室
という場所に来ました。

20190105003531216.jpeg 


なんとなくちっちゃいパンダが見られるんじゃないかなと。


20190105003533916.jpeg



201901050035342c7.jpeg 



20190105003536730.jpeg 

巨大なパンダがバキバキ竹食ってました。



てかこの子、
目的は「食」ではなく「破壊」なんじゃないか、
と思わざるを得ないほどにバッキバキに竹をかじっては食べ切らずに捨てていくのです。


パンダ社会もストレスフルなんでしょうか。
もっと良い竹持ってこいよ習近平的な。



こちらのパンダ(かどうか定かではないですが)の説明書き。

20190105003539b93.jpeg 


「パンダ目が小さく、瓜実顔をしている円琳は非常に言語の才能を持って、さらに人間の「うわーうわー」と似ている呼びも一度出しました。彼が怒る時、短気を起こすこともあり、人間の子供と似ています。」

内容がやや意味不明ですが、日本語で95文字の紹介文です。


で、一方で
こちらのパンダ、

20190105003540ad1.jpeg 


「内気で温厚。」
6文字て!!

この施設の闇を見ました。
パンダに対するえこひいきが在るようです。


キャーー!!

201901050035420fd.jpeg 


子パンダ!!
竹の葉を一生懸命食ってます。

時折に竹の幹にかじりつくのですが力及ばずかじれずにいます。

20190105003543ea4.jpeg 



20190105003545e9d.jpeg 



2019010500354614b.jpeg 





はぬぅぅ。。。!!!



こちらは兄弟でしょうか。
二人してまあだらし無く飯食ってます。

2019010500354865f.jpeg 



20190105003647224.jpeg 



20190105003549742.jpeg 


ところでご存知でしたか。
こんな可愛いパンダですが、


20190105003551233.jpeg 



20190105003553d65.jpeg


 
人を殺しそうな目をしているのを。

前職の新卒時代、
おっとりしてふくよかな優しい先輩がいて私もよく慕っていたのですが、別の先輩からしきりに言われてました。

「パンダの目って知ってる?」って。


兄弟で仲良く食いあった後はもそもそと一体化しました。

201901050035540a8.jpeg 


さらにもう一パンダ追加。

20190105003555542.jpeg 


八匹揃って「パンダたちが何やら一つに集まり始めた。。!」とかならないかなとか期待しましたが一向に動く気がなさそうなので辞去します。


こちらの子。

20190105003638d5e.jpeg 


「WWF発足のアース・アワー(Earth hour)を代言するグローバルアンバサダー、振る舞いがスターらしく、自分の外見や衛生に非常に関心。」

またもや全体的に日本語が意味不明ですが、
要は振る舞いがスターらしいそうです。

↓この子

20190105003639240.jpeg 

 
スターとは。




この子に至っては


201901050036411e0.jpeg 

「なかなかありがたい超美人。」

ですかGoogle翻訳に丸投げした後に個人的な感想を追記した人。。



その後、ジャイアントパンダ太陽産室という場所で子パンダ同士の絡みという大変に萌え萌えしいセットリストに悶絶。

20190105003643ad1.jpeg 



20190105003644bc2.jpeg 



20190105003646af7.jpeg


 201901050036492c6.jpeg 



20190105003651bc7.jpeg


 20190105003652c5b.jpeg 



20190105003654c05.jpeg 



201901050036564be.jpeg


 20190105003656ef5.jpeg 





そして土産屋でパンダさんを買おうかどうか本気で迷い、

20190105003700131.jpeg 

どこかで見たことあるパンダにここがどこの国だったかを思い出し、

20190105003701fb5.jpeg 

とうとう解説文も壊れ出し、

20190105003702c0c.jpeg 

「走り出すとピラピラと翻る耳に黒い鼻がもちもちという様子はまるでミッキーマウスのように萌え萌え。」


パンダ園を後にしたのでした。


いっやーー



楽しかった(爽)!





あ、やっぱ引いてます?
でもね、絶対皆さんもここに来たらこうなりますって。

でもパンダのぬいぐるみを買わなかったのは私の最後の見栄です。
30元とかしたし。
日本でも買えるしね。○天で。


帰り道もシャトルバスです。

20190105003704d57.jpeg 


同じ場所から、
成都のその他観光スポットへ直接行けるようです。
地下鉄駅までは無料、宽窄巷子、武侯祠までは10元だったかな。
結構便利かなと。

私はひとまず地下鉄まで。



で、
地下鉄乗り継いでやってきたは、

20190105003733b19.jpeg 



20190105003733532.jpeg 

麻婆豆腐。
ここ、なんと麻婆豆腐発祥のお店なんですって。

てか成都のそこら中にあるのでどこが本店か不明ですが、ひとまず百度地図で最上位でヒットしたこちらのお店は見るからに高級な雰囲気。
で、


いざ激辛四川料理!!
と突入したら

「昼は14:00で終わりだよ。」
ですって。


次は17:00開店らしい。

なんと。。。
※現在14:30。



出直しです。
致し方無し。



ということでここから歩いて「宽窄巷子」へ向かいます。


道中で庶民派食堂を発見したので、


201901050037346ee.jpeg 



2019010500373697e.jpeg 

頂きました、ワンタン。
手へんに少+手と書くんですって中国語では。

これ


20190105003737e4d.jpeg 

13元。
これが染み渡る美味さね。


ここ最近の中国飯は油ぷっかぷかのスープばっかでしたが、あ、いやこのワンタンも油は浮いてるが、辣油テイストではないさっぱりテイストってのがいいですね、罪悪感なく完飲可能。

え、飲まなきゃいいのにって?
それは無理でしょう。


道中、
キリスト教教会を発見しました。
中国にもキリスト教徒が存在することは聞いてましたが、教会を見るのは初めてです。

2019010500373966e.jpeg 



20190105003740f48.jpeg 

成都市平安桥天主教堂というんだそうです。
天主教というのがキリスト教でしょうか。

こちら小教会。

20190105003742fb8.jpeg 


木造建築で中華チックです。

祭壇 
というほどのものではないですが、

20190105003743a92.jpeg 


ちゃんとしてました。
国旗立ってたらどうしようかと思っていたのです。

こちら大教会。

20190105003745da6.jpeg 



201901050037469bc.jpeg 

こちらは外観も祭壇もやや西洋風でした。
祈ってらっしゃる方が数珠をお持ちだったのが印象的でした。


はい到着しました宽窄巷子。

201901050037488e4.jpeg 



20190105003749927.jpeg 



201901050037514b0.jpeg 

ここは古い街並みをシャレオツにリノベしてシャレオツな店並べて観光客呼んじゃおーぜプロジェクトの最たるスポットです。

そういうスポット、私大好きです。

こういうのがあるからね!

20190105003752ffe.jpeg 



201901050038015b5.jpeg 

指差し注文大好き!


これはなんかスイーツ的な?

201901050038034da.jpeg 


これはTKG的な?

20190105003802fb8.jpeg 


全然違いました。

前者は甘辛豆腐、
後者は卵入りだけど無味のお粥でした。

駄菓子菓子、
両者を混ぜたら激ウマでした。偶然の奇跡。
ただ二つで20元もしたのは大誤算。

と言いながら、

20190105003804855.jpeg 



201901050038317ad.jpeg 

美味いよねー。

だんご糖蜜掛け。
3個で10元とかもう二度と買えないけど、超美味い。


良い雰囲気続く。

20190105003804420.jpeg 



201901050052372e9.jpeg 



2019010500523744b.jpeg 



20190105005238464.jpeg 



20190105005239e36.jpeg 



201901050052414ed.jpeg 


銀行も雰囲気合わせに来てます。
てかこんなとこ出店しなくても。

20190105005242beb.jpeg 



清代から続く古民家。
中はお土産屋でしたけども。

20190105005243a48.jpeg 



20190105005245a7e.jpeg 



20190105005246c41.jpeg 


これねー、
マジで迷いました。


20190105005248dc0.jpeg 


耳かき屋。

でも15分120元≒1920円もするのね。
でも迷いました。

なんかインド以来、
耳がすんごいきたいえ、なんでもないです。


あといくつか見かけたのがこれ。

20190105005249073.jpeg 


川劇という四川ショー。

料金体系よく分かりませんが、値段だけ聞いたら60-80元とか。

悩ましい値段です。
ちょっと見てみたいですが、ひとまず今日はやめておきます。

川劇準備中の人。
このメイクの様子も見世物になってます。

20190105005251d3d.jpeg 


飴細工。

20190105005252381.jpeg 


中国茶の試飲会。

201901050052547fd.jpeg 


火鍋のお店の店内のオブジェ。
みんなこれだけ撮って退店。

20190105005255a56.jpeg 


オシャレな並びにオシャレなお店。

201901050052581a9.jpeg 


オシャレな並びにオシャレなお店。

201901050052570d9.jpeg 


メイソウ、
ついにスタバと肩を並べたか。


とここで、
パンダグッズ屋を発見しました。

もはや買う気は無かったのですが、

20190105005300791.jpeg 


あちゃー。

いえね、
だって10元だって言うから。

てかこの写真撮ろうとしたら店のおばちゃんがお釣りをバーンってパンダに叩きつけた瞬間のショット。
ちょっとやめてよウチのパンダに何してんの。


中国にいる間だけ、

カバンにパンダ引っさげて参ろうと存じます。帰国したらウチのぬこにあげるのです。



これ試食だけしたら超うまかった、牛乳糖。

20190105005301f3b.jpeg 


なぜ買わなかったかって、高すぎるよ29元て。≒464円。


そんな感じで、
ぷらぷらと買い食いしまくりながら雰囲気だけ味わった宽窄巷子でした。

2019010500532810e.jpeg 



20190105005329868.jpeg 



では参りましょうか。

一旦

20190105005331626.jpeg 


胃に幕張って、

20190105005333cae.jpeg 


陳麻婆豆腐ーー!!

17:00開店とのことで
16:55に参りました。


すでに客が入ってったので我も続いたところ、

20190105005334a6e.jpeg 


真っ暗でした。
てか開店前から客を席に入れちゃうのね。

で、17:00に照明がついて、
メニューが配られました。

20190105005335ba3.jpeg 


持ち論頼むのは麻婆豆腐ですよ!

、、あれ、小サイズ12元。意外と安い。

じゃああれだな、
激辛麻婆豆腐を中和するスープ行っとこう。

最安のスープが18元だったのでそれで。


注文は紙に書いて渡す式です。
メニューに白飯なかったのですが、店員さんに聞いたらありそうだったのでそれも紙に書きました。

わくわく。


はい着丼ーーー!!!

20190105005337fdc.jpeg 

スープでかっ!!


それはともかく
これが本場の麻婆豆腐ですよ!

2019010500533903d.jpeg 


いやーまさか私が四川省で麻婆豆腐を食べるとはね。


いざ参らん。

201901050053406e5.jpeg 


。。。。



うん、

意外とイケるぞ、
辛くないぞ!?
うん、美味い!


もう一口!

。。。
あれ。

味がしない。





おお




おお?



おおおおお?

し、、、

シビーーーーー!!!!!!!!!




シビが凄い!!
辛い、じゃなくてシビ凄い!

凄いですぜこれは。
神田の鬼金棒でシビ強目した時のあの感じ!
口の中がバチバチしてるあの感じですよ。

あーこれツラい!!



スープがですね、
これ白菜丸々一個打ち込み系です。

黄色いのは豆です。
豆と白菜のスープです。

超ヘルシーで最高なんですけど、

く、食えない。。。
ものすんごいボリューミーなのです。



震える口内をスープで中和しながら麻婆豆腐と戦うことしばらく。


、、、だんだんと、
辛さ(感覚的には痛覚)を感じなくなってきました。
麻婆豆腐の美味さだけが染み渡ります。

こ、これが悟りの境地でしょうか。
箸が進みます。


20190105094536efb.jpeg 


あっという間に完食です。
後半はランナーズハイみたいな感じになりましたが、辛いもの好きの人ってこんな感じなんでしょうか。

先日名前だけ勝手に出したミヤカツ君は蒙古タンメン中本をMAXの辛さで食べるド変態で、顔真っ青にして唇わなわな言わせながら「美味い美味い」と食ってました。もうこの人まもなく死ぬんじゃないかと思いました。



やってきましたは成都駅。


20190105005341055.jpeg 


次の街への切符を買いに来ましたよ。

はいゲット。

20190105005343791.jpeg 


重慶です!
宿泊せずに夜行列車でまた次の街へ行くので一日だけ。


切符買ったらもうあとは宿に帰るだけですが、せっかく大都会に来ているので私の大好きな高層ビルを拝みたく、でもどこに高層ビル街があるかわからないので、ひとまず地図で見た感じど真ん中っぽい「天府広場」駅で降りてみました。

201901050053444b6.jpeg 

なんかしゅんごいんですけど。

ユニクロあるしね。

201901050053461a9.jpeg 


もはや今の私にはユニクロが高級品です。
H&Mどこですか。


広場の中心にはこの像。

20190105005347edf.jpeg 



20190105005349cfb.jpeg



 恐れ入ります。

で、
都会ッシュなエリアに来たのはもう一つ目的がありまして。

SIMカードを探すことです。
宿でも買えるようなのですが、
結構高かったので、成都滞在中に頑張ってお店を探そうかなと。

ひとまず成都ならば、パスポートだけでSIM買えそうなのです。ただ買えるお店は限られるらしく、ひとまずどっかの店に行って、その場所を聞き出そうという算段です。


で、
天府広場周辺にはなかなかお店がなく、
昨日成都到着時にメトロで下車したシャレオツエリア、春熙路でようやく見つけました。

201901050053509ad.jpeg 

チャイナモバイル、チャイナユニコム、チャイナテレコム、の三強が仲良くカウンター並んでて、ガラガラだったチャイナユニコムさんに聞いてみたら、

20190105005352fae.jpeg 


ここのお店で買えるそうです。

で、
これを宿のスタッフに見せて百度地図に打ち込んでもらい、これで明日、お店に行けそうです。うし。
(場所は明日の日記で)

にしても
春熙路の摩天楼はなかなか見ごたえあります。

20190105005353554.jpeg 


そんな、
長い長い一日でした。


明日からはもうパンダパンダ言いませんので、これに懲りずに引き続きどうぞ一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


谢谢でした!



※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01