FC2ブログ

記事一覧

#395 北京、歴史香る街歩き。in中国(23) 20189.1.12


の北京。


私の事前情報では
「それはそれは大変な大気汚染で、視界は暗く人々はガスマスク級のマスクして往来し、雪は黒い。」
と聞いて戦々恐々としてましたが、
全然そんなことないです。

むしろマスクしてる人ほとんどいません。
以前より改善されてきているのでしょうか。
それとも事前情報の度が過ぎていたでしょうか。


本日はそんな北京の歴史街歩きを致します。
もうもう定番中の定番スポットを巡って行きたいと思いますよ乞うご期待。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:北京市内
・手段:徒歩&メトロ&バス
・料金:1乗車2元〜
・時間:ー


↓北京地図マップ
(二行目はMapsme表記)


<広域>
201901130842101f1.jpeg 


【交通】
・枠線左オレンジ:北京西駅
      Beijing West
【観光】
・左上赤:頤和園
      Summer Palace
・左下赤の左:盧溝橋
      Marco Polo Bridge
・左下赤の右:抗日戦争記念館
      Museum of the Chinese People Resistance Against Japanese Aggression
・上のピンクの右:北京オリンピックスタジアム
      National Stadium
・上のピンクの左:水立方
      National Aquatics Center
・右上3ピンクの右:798芸術区
      798 Art District
・右上3ピンクの上:望京SOHO
      Mapsme表示も同様

<枠線内詳細>
20190113084211fb5.jpeg 


【交通】
・中央オレンジ:北京駅
      Beijing Station
・左下オレンジ:北京南駅
      Mapsme表示も同様
・黄色:东直门枢纽站
      Guoson Mall
      ※慕田峪長城に行くバスはここから
【宿】
・右の青:レオホステル 
      Mapsme表示も同様
      ドミ一泊47元
      英語表記:LEO HOSTEL
      百度地図:阿来客栈
・左の青:スリー レッグド フロッグ ホステル
      Mapsme表示も同様
      ドミ一泊54元
      英語表記:Three legd frog hostel
      百度地図:京一食宾馆
【観光】
・北京市の文字のすぐ上の赤:天安門
      Mapsme表示も同様
・その上の赤:故宮(紫禁城とも)
      Palace Museum
・その上の赤:景山公園
     Jingshan Park
・右下の2つの赤:天壇
     Temple of Heaven
・右の赤:朝陽劇場
      Beijing Chaoyang Theater
・中央ピンク:銀河SOHO
      The Galaxy Soho
・その右上ピンク:三里屯
      Sanlitun
・その右のピンク:凤凰国际传媒中心
      Phoenix International Media Center
・その下のピンク:CCTV(中国中央電視台)
     CCTV Headquarters


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 


本日の朝ごはん。

201901130842120fd.jpeg 



20190113084213cbe.jpeg 

ジャージャー麺(炸酱面)です。
宿の隣の飯屋が意外と安くて朝からついつい。18元。

味は、
昨日のとあまり変わらないかな。
昨日と同じくコシ弱めなのはそういうものなんでしょか。
 


で、実は今まだ8:00です。

今日は土日。
これから向かう北京・オブ・ザ・北京なスポットは「中国人で行ったことない人はいない」と揶揄されるほどの超ドめじゃースポットなので、朝も早よからやってまいりました。

それこそすなわち
天安門広場ーーー!!!

20190113084216088.jpeg 


でけぇ!!

広場として世界最大だそうですよ。

南北880m、東西500m。最大収容人瑞50万人ですって。
かつての世界の半分と言わしめたイラン・イスファハーンの広場よりデカイんですね。
(世界の半分というのは広さの話ではないのですが)



「天命を受けて安定した国を治める」という思いをこめて名付けられた天安門。

20190113084218abe.jpeg 



20190113084220f7f.jpeg 


楼上で毛沢東氏が中華人民共和国の建国宣言を行ったんですよね。

見えますか、
門の両翼に踊る文字。


「中華人民共和国万歳」
「世界人民大団結万歳」

ゾクゾクしますね。


あ、無論勿論言うまでもなく、

掲げられている肖像画は毛沢東国家主席様でござりまするですぞ。



広場の西には人民大会堂。

20190113084221250.jpeg 


広場の東には中国国家博物館。

20190113084222dfb.jpeg 


そして中央に人民解放記念碑。

20190113084224fbb.jpeg 



いやぁ、

ゾクゾクしますね。
ここがかの国の一丁目一番地なわけですね。

なおこの広場の南には毛主席記念堂という、それはそれはな名前の建物があり、毛沢東氏のご遺体が防腐処理されて安置されているんですって。嗚呼!



なおこの広場、
徒歩では近づけませんでして、
周囲を囲む道路の外側でセキュリティチェックを受け、地下歩道を通ってこのエリア抜け入ります。


201901130842150c7.jpeg 


まあ中国国家に対してゲリラテロするには格好の場所でしょうからね。警備も厳重なわけですね。

なお我々が聞き覚えのある「天安門事件」とは、1976年と1989年に中国国内で起きた事件の総称で、民主化を求め天安門広場に集まった学生を中心とする一般市民のデモ隊に対して中国人民解放軍が武力弾圧を行い、多数の死傷者を出した事件です。
当国では放送禁止用語だそうです。


そんな天安門です。

20190113084226c9f.jpeg 



毛主席様、お脇元を失礼申し上げます。

2019011308422938e.jpeg 


警備兵の数がすごい。

20190113084231561.jpeg 



この天安門の先が「故宮」です。
かつて「紫禁城(しきんじょう)」と呼ばれた明そして清の時代の王宮です。
1912年の清朝滅亡まで約500年近くにわたり、明と清両王朝24人の皇帝が君臨したんだそうな。


はいまだ中入ってませんがもう凄いですよ。

2019011308423576a.jpeg 



上記の門の手前が入場口。

2019011308430506c.jpeg 


普段はここがもう人がゴミのように入れ食い状態なんだそうです。
それでもオフシーズン朝8:30でこれだけ人がいるのも凄いけど。



で、
よくわかりませんが、ここチケットチェックでした。

どこにチケット売り場あったんだろう?

よく見ると中国人は例の身分証カードでピッて入ってます。入場無料?

入り口にいた係員に聞いたら、あっちの方に見える窓口に行ってー!とのこと。

※あっちの方。

2019011308430739e.jpeg 


入場口の右(東)に見える窓口です。
ここでパスポート見せました。

どうやらそのパスポート番号をPCに入力することで先ほどの入場口から入れるようになるそうです。
流石の警備体制。

なおここで40元取られました。
外国人は無料じゃないのね。
(4月〜10月は60元だそうです)

でも思ったより安いです

いよいよ西安の大唐芙蓉園の120元が解せません。




入場した先にオーディオガイド貸出がありました。外国人40元。
で、凄いのがその言語の幅広さ。

20190113084308d21.jpeg 


一番下の段の右から二番目。
エスペラント語て。。!!


さすが世界代表観光地です。



さあいざ参りましょう紫禁城。

最初にまみえる光景がこちら。

20190113084310b68.jpeg 


201901130843110f8.jpeg 


いきなり凄いんですけど。


でもこれ、本丸かと思いきや「門」なんですの。

太和門というらしい。

え、これが「門」とかよく意味が分かりませんけどどう言う事ですか?



つまりはその奥に本丸があると言う事です。


本丸=太和殿。


20190113084314d0e.jpeg 


20190113084316559.jpeg 


なんなんでしょうかこのいちいち凄すぎるスケール。

前門からカウントするとここまでですでに
門→広場→門→広場→門→広場→門→広場→門→広場
なんですけど。

自ら数えておきながらビビる。
(前門→天安門広場→天安門→?広場→?門→?広場→午門→?広場→太和門→太和殿)


王宮の人たちはさぞ出入りが面倒でしたでしょうね。
当時チャリンコとか無いでしょうし。


この階段の中央にあるレリーフが凄いです。

20190113084317380.jpeg 



門から広場に降る階段にも、
広場から宮殿に登る階段にも、
この龍が彫られてます。
まるで龍が門から宮殿に向けて突き進んでいるかのような。


太和殿。


201901130843198a4.jpeg 


太和殿から太和門を振り返る。

2019011308432030f.jpeg 


もう殿も門もどっちも凄すぎて見分けが付かん。


太和殿から太和門および広場を仰ぎ見た感じ。





日時計。


2019011308432264b.jpeg 


宮殿の屋根。

201901130843236f9.jpeg 



20190113084325f80.jpeg


 
太和殿の中。遠巻きにしか見れないけど。

2019011308432610a.jpeg 



20190113084328d26.jpeg 

私じつは映画「ラストエンペラー」見てなくて。
全然ピンと来ないのですが、見られてる方はこの光景見て「おおぉぉお!?」となるのですかね。


なんとかかんとかの儀式に用いた甕。

201901130843293a5.jpeg 

天井。

20190113084331036.jpeg 


201901130843530f2.jpeg 



扉。


20190113084332c42.jpeg 




なんたら殿。

2019011308435474e.jpeg 


なんたら殿。

20190113084355c52.jpeg 

龍。

20190113084357d0f.jpeg 

中国人撮影隊。

20190113084358114.jpeg 

金獅子。

20190113084400abc.jpeg 

なんたら殿。

20190113084401a5e.jpeg 


龍。

2019011308440302a.jpeg 

鳳凰。

20190113084404a8e.jpeg 

玉座。

20190113084406cb5.jpeg 

なんたら殿ねえどんだけ?

20190113084407d8c.jpeg 


と思って久しいですが、
ここが最後のエリアのようです。

御花園。

20190113084409939.jpeg 



20190113084410028.jpeg


 201901130844128d9.jpeg 



20190113084413719.jpeg 


庭園のようですが、意外と小さいです。




出てきちゃいました。

20190113084414fbd.jpeg 


向こうに見えるは景山公園です。


いや、あのですね、
絶対皆さんもこうなるって!!

もう太和殿の次のなんたら門あたりから「まだあるの!?」となるのです。


なんたら門→中国人撮影隊→なんたら殿→中国人撮影隊→なんたら門→中国人撮影隊→なんたら殿→中国人撮影隊

無限ループ突入か?て。

でですね、
今私一直線に進んできましたけど、

随時進路の左右に宮殿たくさんあるんですよ。

看板の案内も「←west six palace」とか書いてあって。
六つも宮殿あるの!?て。


宇宙。



事後調べによると、
この紫禁城は「世界最大の宮殿」なんですって(恐らく敷地面積ではなく宮殿面積)。


内廷には9000の部屋があり、
9000人の宮女と10万人の臣官がいたのだそうです。

なんというスケールなのでしょう。
ラストエンペラー今すぐ見よう。


ああダメだ、この宿欧米人がWi-Fi使いまくってて重たすぎる。
※日記はいつもその日の夜に宿で書いてます。Upは予約投稿。



さて、

なんかちょっともったいない感を引きずりながらも、先ほどの出口の写真、

20190113084414fbd.jpeg 



で目の前に見えていた景山公園へ参ります。
入場料2元。
もはや無料で良くね。


2019011308441667b.jpeg 



公園内。

2019011308441876d.jpeg 



201901130844194e3.jpeg



 
いきなりおばちゃん達が舞ってます。
中国人の公園での楽しみ方が楽しそうすぎる。

そこらへんで
リボンの舞やら太極拳やら社交ダンスやら花札?やら羽子板の足でやる版やら。



山の上の楼閣を目指してます。

201901130844216e5.jpeg 


階段の途中で青空に向かい熱唱するおじいちゃん。

20190113084447699.jpeg 


1フレーズごとに痰を吐いてます。


はい、ものの5分で到着。

201901130844482e7.jpeg 


その楼閣からの景色。

2019011308445277f.jpeg 


うーん、
ちょっと霞んでます。。
これが北京スモッグというやつですね。

ふだんマスクは必要ないレベルですが、こうしてみるとやっぱりこの街の空気は汚いんですね。



で、
写真の光景はこれ紫禁城です。


実際には橙色の瓦屋根がぶわぁあああっと彼方までみっしりです。
圧巻。


ちょっと画像お借りしちゃうとこんな感じ。

201901130928591a4.jpeg 


しゅごしゅぎる。


西の方面にストゥーパ(仏塔)と池が見えます。

201901130844530a1.jpeg 



さっそく来てみました。

20190113084454900.jpeg 


北海公園という場所でしっかり入場料取られました。5元。オフシーズン価格らしい。

公園内。

20190113084456b1b.jpeg 


右に見えているのはスケートリンクです。
池が凍っておりました。


ストゥーパ。

20190113084457924.jpeg 


これはチベット仏教寺院なのかな?


公園内その他風景。


201901130844598b6.jpeg 



20190113084501a17.jpeg


 20190113084502ee0.jpeg 



201901130845035ae.jpeg 



20190113084505671.jpeg 



2019011308450680c.jpeg 

公園内には新聞なぞも張り出され地元民がじっくり閲覧中。

20190113084508fff.jpeg 



という。

非常に平和な公園でした。
まあ、、観光客が来るような場所ではないですが、いわゆる「何もない」がここにあります。

そこから踵返して北京駅。

2019011308450994e.jpeg 


切符ゲェット。

20190113084511c11.jpeg 


ここから先は細々移動していきますよ。
一気に次に次の次の街まで購入。
全部最安席。


で、
小腹空いたので

20190113084513f5e.jpeg 


かねてから気になっていた「李先生」に来ました。牛肉面チェーン店です。
ウルムチ駅では「牛肉面大王 李先生」という店名で『大王なの先生なのどっちなの!?』と一人キャッキャした私でしたがここの店舗はただの李先生でした。

201901130845147b1.jpeg 


高い!!
40元〜なんですけど!


相席の女の子が食べてる回鍋肉みたいなセット80元とかしてるんですけど!

せ、先生。。!!!

これは大誤算です。
李先生はお財布に優しい先生だと思ってました。そこら中にあるものですからつい。


で、
一番安い「李先生牛肉面(単品)」を注文。25元。

20190113084516bb4.jpeg 


味:普通

せ、先生。。


ところでこの麺もコシ弱めでした。
これは北京の特徴なのでしょうか。
それともたまたま?
コシがないとまたすぐ腹減ってまうやろ。


はいやってきましたよ、

20190113084537278.jpeg 



20190113084538a01.jpeg 

唐突ですが「盧溝橋」です。
ここ思った以上に遠かった。
メトロ二回乗り換えて最後はバス。
1時間くらい要しました。


盧溝橋というとかの日中戦争の引き金になった(諸説あり)という盧溝橋事件が思い出されるわけですが、
そもそも盧溝橋はかのマルコポーロさんが『世界で一番美しい石橋』と称えた橋なんだそうです。知らなんだ。

盧溝橋。

20190113084539ce1.jpeg 


うん、やっぱり橋は川辺からその全景を拝みたいですよね。
でもこの橋は有料区域になってて(20元)川辺には立ち入りできないようなので橋の全景が見れないのです無念。

とはいえこの橋のPRポイントはこちら。

20190113084541d05.jpeg 


欄干の獅子でございます。

20190113084542eea.jpeg 


なかなかな迫力です。

写真じゃ伝わらないのでいちいち書きますがこの獅子君がなんと501体もいるんですよ圧巻。


しかもですね、
この獅子君たち、

20190113084544a18.jpeg 



20190113084545b77.jpeg 



20190113084547c3a.jpeg 

みんな違う格好してるんです


この写真の子とかちょっともう痩せ細ってますけど貴君は誠に獅子であるか?


20190113084548b4b.jpeg 



橋の中央付近には当時の石畳が残されてました。

201901130845502cf.jpeg 


橋をくぐる川は凍ってます。

201901130845513fd.jpeg 



そしてだんだんと、

201901130845538ca.jpeg 



201901130845546c8.jpeg 

獅子君たちがちょっとかわいくなってきました。

これ子獅子君が親獅子の頭に甘噛み中。

201901130845563b2.jpeg 


背中で遊んじゃったり、

2019011308455785a.jpeg 


親獅子の足元でじゃれついてたり、

20190113084544a18.jpeg 

 
なんかもう、
獅子としてそれでいいんだっけ?
って感じです。


※ご参考:紫禁城のブチ切れ獅子。


20190113084413719.jpeg 




橋の手前にはどこぞの帝が詠んだと言われる月見の詩が彫られてます。

20190113084601691.jpeg 



201901130846025cb.jpeg 



アイス。

20190113084605f72.jpeg 


さてこの盧溝橋。
先にも書いた通り盧溝橋事件の舞台となった場所です。

Wikipedia先生の説明がちょっと気合い入り過ぎてるのでかいつまんで抜粋。

盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)=

1937年7月7日に北京の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。中国では一般的に七七事変と呼ばれる。

日中戦争(支那事変)の発端となったとされる(諸説あり)。



その盧溝橋のすぐ近くにあるのが

20190113084635e12.jpeg 


中国人民抗日戦争記念館。

なかなかに物々しい場所にあえて来てみました。
日中戦争どころか現在の日中関係についてすら不勉強なままの私ですが、それでも見ておこうと思いまして。


チケット窓口でパスポート提示を求められる恐る恐る提示する日本国パスポート。
何事もなくチケットもらえました。
入場無料のようです。

201901130846364e4.jpeg 


ミュージアム内。

20190113084638779.jpeg 



20190113084639ecf.jpeg


 20190113084641319.jpeg 


展示は日本軍の中国侵攻の概要説明から始まります。

201901130846428c7.jpeg 



201901130846452ac.jpeg 

「Anti-Japanese」といった言葉が何度も出てきて手汗止まりません。
※周囲には多数の中国人観覧客がいます。

盧溝橋事件を報じる号外新聞。

20190113084646fc2.jpeg 


事件当時の状況を説明する図解。

20190113084647b3f.jpeg 



総じて、

もの凄い展示量です。
(展示はほぼ全て写真)


我々の教科書ってどのくらいのページ数でしたっけね、日中戦争。
恐らく1ページもなかったんじゃないでしょうか。私覚えてるの満州事変と盧溝橋事件くらいです。いやそれは私の問題ですけども。
この展示の多さに、中国側の熱量を感じざるを得ません。


そして言葉を失う一角。
南京大虐殺。


写真掲載は控えますが、
信じられないような写真展示で覆い尽くされてました。

※内容がちょっと酷いのでテキスト暗転します※
現地住民を槍で指した瞬間だったり、殺害した人たちの多数の首を掛けた電柱だったり、地上に立てられた槍に串刺しにされた子供たちだったり、生き埋めにされている最中の人たちだったり、女性が強姦されている光景だったり。


これまで見てきたどの戦争博物館よりも凄惨な展示でした。

これは現実なのか?
今でもよくわかりません。

ただ、少なくとも中国としてはそういう認識な訳です。


その後は歴史の流れに沿って、
日本敗戦ならびに占領地解放、中華人民共和国の成立、と言った展示が続き、最後には日本との国交回復について触れられていました。

ミュージアムの結び。

20190113084729625.jpeg 


日本を非難するのでは決して無く、
「こうした悲劇を繰り返さぬよう平和を維持していきましょう、平和的中国万歳」という結びでした。



知らない、
とはなんて罪深いことなんでしょうね。

ってこれまでも戦争博物館を見学するたびに思ってきましたが、当事者国となるとその感じ方は強烈です。


外国人が多く宿泊する宿って各国の国旗が飾られてたりします。でも中国の宿はどこも日本の旗がないんですよね。

これまではなんとなくレベルで「昔戦争してたしね」くらいにしか思ってませんでしたが、今日ここに来て思うこと甚だです。

よく考えたら日本軍に侵攻された側の国の戦争博物館は初めてなのでした。



個人的な意見や感想はここでは控えますが、

兎にも角にも、

ここに来て良かったです。



ちょっと全身の力が抜けてしまったので休憩を挟みつつ北京市中心部へバスで戻ります。


天壇公園。


20190113084732966.jpeg 


1420年に明の永楽帝が祭祀を行うために建立したとても神聖な地なのだそうです。

入場料10元。
オフシーズン価格。
3〜10月は15元らしい。


20190113084731157.jpeg 



あのですね、

201901130847341a7.jpeg 

めえええええっちゃ広いです。

もう疲れました。
先ほどMPが0になりましたが今度はHP0間近です。

普通は北門から入るようですが、
私が入ったのは西門。
北門から南に走るメイン通り(?)に着くまででもう息絶え絶えです。



ようやくたどり着いたメイン通り南の圓丘壇、の前門。

20190113084735fca.jpeg 



の奥にそれっぽい建物の後ろ姿。

20190113084737f94.jpeg 


そして
圓丘壇は追加料金でして、
さらにオフシーズン11〜2月は入場券販売16:30までで終了でした。
※今16:45。


ちょっと、
ってことは何、
ただただトボトボ歩くためだけにこの公園に10元払ったの怒!

ちなみにこの公園のもう一つの見どころ「祈年殿」もクローズしてました。

↓敷地の外からコソ撮りしたった。

20190113084740080.jpeg 

嗚呼無念なり。



ところがどっこい
トボトボと宿に帰る途中で


20190113084746897.jpeg 



201901130847481df.jpeg 


お手頃価格の食堂を発見し
青椒肉絲で身も心もお財布もきゃぴん♪なのでした。


そんな北京二日目でした。


ふう、、、

ちょっと抗日戦争記念館のインパクトが強すぎてフラフラしてますが、明日も北京歩きをしていく次第ですよ。


谢谢、でした。


↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

世界一周ランキング1位おめでとう!

Re: タイトルなし

恐れ入る。

※ふじはらS氏だと認識して返信しています。違ってたらごめんなさい。

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#497 ミャンマーの聖都マンダレー。inミャンマー(7) 2019.4.23 2019/04/25
#496 天空の寺院、聖地ポッパ山へ。inミャンマー(6) 2019.4.22 2019/04/24
#495 バガン、一軍遺跡巡り。inミャンマー(5) 2019.4.21 2019/04/23
#494 世界三大仏教遺跡バガンを手探りで巡る。inミャンマー(4) 2019.4.20 2019/04/22
#493 ミャンマー最大都市ヤンゴン。inミャンマー(3) 2019.4.19 2019/04/21