FC2ブログ

記事一覧

【刮目】もはや仙人界、武陵源。in中国(34) 2019.1.23


実はこの張家界
私が日本を発つ前からなんとしても行きたかった場所なのです。

実際行ってみましたが、

もう、とにかく凄いの。

本日の日記は刮目して必読ください。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:武漢→武陵源



武昌駅 wu chang ウーチャン
(武昌/ぶしょう)
   →张家界 zhangjiajie ジャンジアジエ
      (張家界/ちょうかかい)
・手段:列車
       列車番号 K967
       座席等級 硬座
・料金:98元≒1568円
・時間:約10時間  1:18発、11:00過ぎ着

↓移動図
20190124153240705.jpeg 




张家界 zhan jia jie ジャンジアジエ
(張家界/ちょうかかい)
    →武陵原 wu ling yuan ウーリンユアン
       (武陵源/ぶりょうげん)
・手段:バス
・料金:12元≒192円
・時間:後述


バスターミナルは張家界駅を出て前方左。
チケットオフィスで切符買うのではなく、直接1番乗り場へ向かうと武陵源方面行きのバスあり。
武陵源は「武陵源」「森林公園」「天子山」「杨家界」など複数の入り口があり、それによりバスが異なるので注意。

↓武陵源地図マップ
20190124153302ea4.jpeg 


・地図右外が武陵源の街。
・白地は地区名、緑線が主なシャトルバス路線
・園内は山の上も下もシャトルバスが走っている(無料)
・ロープウェイ、エレベータの場所は黄色字
・これ以外にもロープウェイはある
・観光トレインもある

↓黄石塞地区マップ
20190124153303680.jpeg 


(アクセス)
・張家界駅前バスターミナルor武陵源バスターミナルからバス、森林公園行き。前者は1時間ちょい12元、後者は40分程度10元。

(歩き方)
・森林公園バス停から入り口まで徒歩10分ほど
・入り口から登山口まで徒歩5分。
・登山口からロープウェイ乗り場までシャトルバスあり(無料)
・ロープウェイ(索道)は往復115元、片道65元
・山上エリアは徒歩で一周可能。所用約3時間 ※私の訪問時は改装工事中で全体の1/5しか歩けず。
・他武陵源エリアから離れているが、金鞭渓を通って袁家界方面もしくは百龙天梯方面へ抜けられる。徒歩2〜3時間

☆私的な最大の見どころは登りのロープウェイ。奇岩の谷間を突き抜けてくのが最高過ぎる。



<張家界観光メモ>
張家界にはいくつかの観光スポットがある。
①武陵源 wulingyuan(仙人界)
②天門山 tianmenshan(巨大な穴の開いた岩山)
③大峡谷 daxiagu(ガラス橋)
④黄龙洞 huanglongdong(鍾乳洞と地底湖)
⑤宝峰湖 baofenghu
①③④⑤は武陵源地区。②は張家界市内(からロープウェイ)。
・武陵源へのバスは「武陵源」「森林公園」「天子山」など入場口によって複数あるので注意
・武陵源は三日間入場チケットが230元(閑散期115元)。全体を見るには2-3日は必須。

※③④⑤には行ってないのでよく分かりません。



――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 

はい着きました張家界駅。

201901241532416c5.jpeg 



20190124153242477.jpeg 



夜行列車でしたが到着時刻は11:00。

この張家界は見所多すぎて三日間の日数を用意しているのですがそれでもカツカツなので急いで行動開始です。


の前に、
ここ張家界は湖南省になります。

20190124153243b1f.jpeg 


中国の山奥のイメージでしたが意外と南東なんですね。

なお湖南料理は中国八大料理ですって!

ただWikipedia先生によると、
四川料理、貴州料理と同様に唐辛子を多用し、辛い中国料理の代表格とされる。極端なものでは、大きなトウガラシを小さなトウガラシとトウチで炒めた料理がある。四川料理と異なるところは、四川の「麻辣」に対して「酸辣」といわれる、辛味のほかに酸味が効いた味にある。「鮮辣」の強烈な風味から「中国で一番辛い料理」と言われることもある

だそうです。
悲報。

自重します。


さて、
そんな湖南省は張家界。

今日は「武陵源」という場所に行きますよ。

広大なカルスト地形区です。

で、
事前調べによると、
武陵源へは張家界駅前のバスターミナルからバスに乗って向かうのですが、
武陵源はグランドキャニオンのように見所スポットが多すぎて、入り口もいくつか存在し、そしてそれごとに乗るべきバスも違うのだそうです。


バスターミナル。

2019012415324898d.jpeg 



20190124153247d24.jpeg 



って事で、
私は宿を武陵源地区に取っているので、
『(武陵源の)入り口ごとにバスが違う』と思ってた私は宿から一番近い武陵源の入り口である、

2019012415324580c.jpeg 


この画面を見せてバスを探しました。


切符売り場に並んだら、
切符をここで買うんじゃなくてターミナル内に入って1番の入り口に入ったらバスがあるからそこで払って、と言われました。

201901241532505a6.jpeg 



20190124153251a4d.jpeg 


そして先ほどのキャプチャを見せて案内されたコレ。

20190124153253a2c.jpeg 


うん、森林公園って書いてある。
ふふ、どうですかこの私の着いたばかりの見慣れぬ土地でのスムーズな立ち回り。

伊達にかの国歴30日やらしてもらってますからね。


運賃12元。
バスはすぐ出発しました。
タイムテーブルは不明ですが、朝7:00から18:00まで運行されてるそうです。


そして夜行列車が続いてた私はそのまま爆睡し、
運転手による「お客さん、終点だよっ(中国語)」で目を覚ましたのでした。


そこで現在地を確認して気づいた衝撃の事実。

えっと、、、

ここどこ?


どうやらバス間違えました。

なんとですね、
「森林公園」というのは、

武陵源の「森林公園駅」という入り口まで行くバスだったようです。
※私が乗るべきバスは「武陵源」行きでした。

誰ですか伊達に30日云々とか言った土民匹夫の分際は。




近くにバスがいくつかあったのでそこでトランプしてたおばちゃんたちに聞くところによると、ここ森林公園から武陵源に行くバスはもちろんあるのですが、次のバスは13:30とのこと。※現在12:45。

ただでさえ今日時間もないのに。。。


ひとまずMapsmeと睨み合っていると、

あることに気づきました。

この森林公園バス停、
武陵源の最大の見どころの一つ「黄石塞」に近いじゃん。



じゃ、今日はそこに行こうかな!

20190124153254d6b.jpeg 



バスのおばちゃんに終バス聞いたら17:30と言ってたのでそれまでには戻らねばです。

 
はいもう登る前から

凄いやつ来てますよ!

20190124153256163.jpeg 



201901241532571f6.jpeg 


そう、
これなんです。武陵源の景色は。

もう景色見てもらったら一発なので今日はWikipedia先生の出番もカットしてます。

この景色、

みんな誰しもがどっかで見たことあると思うんです。

ある人はドラゴンボールなり、ある人はアバターなり、

ある人は西遊記なり。


THE中国の山奥を思わせる、不思議な光景です。
私?

もちろんライブ・ア・ライブです。




ひとまずおやつ。

先ほどの絶景を目の当たりにしたら一分一秒が惜しくなったので食べ歩ける卵焼きクレープみたいなやつ。

201901241532590c4.jpeg 

美味い。



さて、チケット。

もともと230元くらいする(3日だか4日だか有効)と聞いて戦々恐々してましたが、


まさかの

201901241533002eb.jpeg 

オフシーズン118元ーー!!
(12-2月の間)


素晴らしい、
昨日の赤壁古戦場に続き、ナイス湖南省です。
いや、高いは高いですけど、230元だと思ってたので。



では参りましょう。

20190124153305239.jpeg 




いやー良いですね。
下から見上げている=ここは下界だというのにもうすでに心は仙人です。


201901241533328e4.jpeg 


そしていつもだったら迷わず登山コースで行きますが、今日は時間が無いのと、まさかの入場料半額につき、

まさかのセレブ・ロープウェイでいきたいと思います。


登山口からロープウェイ乗り場まで1.5km。
ひたすら歩きます。

20190124153330404.jpeg 


バスがありましたがそこは節約。
(無料ということをこの時はまだ知らない)


途中見かけた梅の花。

20190124153335b35.jpeg 



201901241533349bc.jpeg 

今日は最低気温度ですが、最高気温15度です。内陸だからか昼時はちょっと暖かい。
南京で見かけた梅の花よりもこちらの方が開花は早そうです。


はいやって来ましたよロープウェイ。

201901241533363b5.jpeg 



さあさ人民政府よ、
我から如何程せしめようとするなむ?

201901241533381dc.jpeg 

片道65元。
うむ。心得た。払おうでは無いか。
いや、今の私はセレブなんです。

65元くらいなんともないんです。

さあセレブがそこを通りますよ匹夫ども道をあけぇい!!



20190124153339f90.jpeg 



なんてしてもらう必要が無いほどにお客さん全然いないからいとも簡単に乗れました。


201901241533412ea.jpeg 



ゴンドラ独り占め高まるっ。



繁忙期はロープウェイに乗るだけで大行列だそうです。


さあさ、
進み出すロープウェイ。


えっと、

20190124153343cfb.jpeg 


ちょっと、

2019012415334425a.jpeg 


あの

20190124153345266.jpeg 


マジで

201901241533473d5.jpeg 


しゅ、

201901241533489ad.jpeg 



しゅごしゅぎる。。!!!



20190124153351b55.jpeg 


わーわー!!!

20190124153354e2e.jpeg 



すごないですかこの光景!?

奇岩群の間を抜けていくロープウェイ。
どんどん近づいてくる奇岩の崖がもうこの世とは思えない。


なんなんですかこれは!!



前方以外の景色。

20190124153356869.jpeg 



20190124153357015.jpeg



 2019012415335903a.jpeg 



谷底。

20190124153705f2f.jpeg 



ゴンドラ内は音声アナウンスが流れており、日本語が選べました。

201901241537052e5.jpeg 


曰く、
「張家界に来ても、黄石塞を見なければ張家界に来たとは言えない。」
のだそうです。


シートに書いてあるこれはそういう意味かな。


20190124153706a42.jpeg 



大興奮のうちに頂上到着。

20190124153708660.jpeg 



2019012415370928b.jpeg 


海抜1092mだそうです。
意外とそこまで高くない。



いやーーーすごかった!!!


ロープウェイ乗って良かったです。

泣く泣く65元払った甲斐がありました。。

え、セレブ?なんの話ですか?

もうシンデレラタイムは終わりました。私は匹夫です。



さて、
登った先の地図。

201901241537118bf.jpeg 


遊歩道がありぐるっと回れるようです。
いまは地図左のMの場所にいるようです。

これ、結構広いけど時間大丈夫だろうか。

(後ほど宿でもらった地図によると2-3時間程度だそうです)



誰もいない道を進む。
静かで良いです。

2019012415371263c.jpeg 




五指峰というとこに来ました。
もう名前からして凄そうです。

20190124153714697.jpeg 


はい凄いー

20190124153715f40.jpeg 


きっとこれあれですね、

石柱が五本指に見えるってやつですね。

うん、全然見えないけど、いいの。とにかく絶景だから。



なおここは御察しの通り逆光です。


201901241537179ed.jpeg 


先ほどのロープウェイは南から北に向けて山を登って来ましたが、ここ黄石塞の山の上の東側は、南東に広がる奇岩群を眺めるので否応でも逆光です。


20190124153720d09.jpeg 



20190124153723dd9.jpeg 



20190124153726d6b.jpeg 


途中ちょくちょく順光の光景もあります。


20190124153727a9d.jpeg 



201901241537290d6.jpeg 


前花園。

20190124153731929.jpeg 



201901241537584d5.jpeg 



20190124153758c30.jpeg



 20190124153759b80.jpeg 



20190124153800e36.jpeg



 201901241538019c8.jpeg 




2019012415380312f.jpeg 


んという光景なのでしょうか。

ここは地球なのか?





ギリシャのメテオラに近い景色ですが(あちらもカルスト地形)、
こちらの方が規模が圧倒的に上です。
(向こうは向こうで崖の上に修道院が並ぶ姿が壮観です)


そしていよいよここから先は景色が順光になるであろう遊歩道北東エリアに差しかかろうとすると

201901242112008cb.jpeg 


ぅあっつ!!!



改装工事中で行き止まりでした。

そんなバカな。。
ここから先がまさにハイライトだったはずなのに。。


ともあれこういうのがチケット半額たる理由なのでしょう。しょうがないです。


もう十分すぎるくらい今日は絶景を浴びてます。


摘星台。

2019012415380806f.jpeg 


なんてステキな名前なんでしょう。
星を摘んじゃえるほどここからは星が見えるのでしょうね。

そんな場所はもちろん奇岩群の景色も最強です。

2019012415380965c.jpeg 



2019012415381054f.jpeg 





嗚呼、
とても良い。とても良いですよ。
ちょっともう書き表す言葉がありません。
武陵源、ヤバいです。


さて、
17:30の終バスに間に合わせるためそろそろ下山します。

20190124153813399.jpeg 


こんな看板見つけちゃったんでね。
徒歩ですよ徒歩。


いやー、
徒歩もなかなかいいですね。
景色の目線が徐々に変わっていくのがまた見応え。

201901241538150a8.jpeg 



2019012415381602d.jpeg 



20190124153818315.jpeg 



201901241538205f8.jpeg 



20190124153821c58.jpeg 



2019012415382392e.jpeg 



2019012415382490b.jpeg 


ずううううううううっと階段をひたすら降り続けるので膝がバラバラになりそうですけども。



途中にいくつか名前のつけられた景観もありました。

南天柱。

201901241538559c3.jpeg 



定海神針


201901241538552fc.jpeg 



201901241538567a2.jpeg 


天书宝匣。


201901241538592f8.jpeg 



201901241539005cd.jpeg



こんな崖っぷちの道があったり、


20190124153857d60.jpeg 



静かな森の小径だったり、

20190124153906dc7.jpeg 



そして随所に現れる幻想的な光景。

20190124153902c32.jpeg 



20190124153903c1a.jpeg 



201901241539057f0.jpeg 


20190124153908bb1.jpeg 



はい降りてきましたー。

201901241539119bc.jpeg 



所要時間1時間ちょいでした。
これまでの経験で行くと登り徒歩は2-2.5時間といったところではないでしょうか。



ということで、

黄石塞エリアについては冒頭メモに記載の通りです。

行かれる方はご参考ください。

ロープウェイ、絶対乗った方がいいです。



帰りのバス。

20190124153912869.jpeg 


武陵源地区まで10元でした。



武陵源の街並み。

20190124153918aab.jpeg 

山奥に唐突に拓かれた感じ。
ホテルやレストランが立ち並び、今でもそこかしこが工事中でした。

で、
やはりどこのレストランも観光地価格だったので、適当に入った飯屋で一番安かったこれ

2019012415392013f.jpeg 

カリフラワー炒め!!
ああもう私カリフラワーだいしゅき。
この「THE栄養」的なのがしゅき。
罪悪感なくバクバク食えるじゃないですか。

まあ結局左のしゃもじ付き爆盛りご飯をペロッと行ってしまうのでカロリー的にはアレなんですけども。



武陵源の街の夕暮れ。

2019012415392167c.jpeg 



明日はあの奥にある入り口から武陵源を攻めますよ。


宿。
张家界途牛青年旅舍。
(日本語:武陵源途ユースホステル)

20190124153956103.jpeg 



201901241539567b9.jpeg 


久々の、、!!ベッド!!!


お休みなさい。。。





ということで
寝る前に宿の人にステキな武陵源マップをいただき、
本来三日かけてじっくり回るべき武陵源を一日で踏破するプランを(私なりに)考案したので明日は丸っと1日武陵源です、乞うご期待!!

谢谢でしたー!



 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#498 常軌を逸する信仰心、モンユワ。inミャンマー(8) 2019/04/26
#497 ミャンマーの聖都マンダレー。inミャンマー(7) 2019.4.23 2019/04/25
#496 天空の寺院、聖地ポッパ山へ。inミャンマー(6) 2019.4.22 2019/04/24
#495 バガン、一軍遺跡巡り。inミャンマー(5) 2019.4.21 2019/04/23
#494 世界三大仏教遺跡バガンを手探りで巡る。inミャンマー(4) 2019.4.20 2019/04/22