FC2ブログ

記事一覧

#432 石林風景区は人民林風景区。rin中国(50) 2019.2.18


昆明といえば石林と言われるらしいド定番観光スポット、石林。
本日はそんな石林に遠足でございます。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:昆明→石林 Shi lin
・手段:バス
・料金:34元≒544円 ※片道
・時間:約1.5時間  8:20頃発、10:00頃着
※時刻表はなく、8:00〜18:30の間で人数集まり次第出発な感じ

↓石林位置
20190219192847558.jpeg 



↓石林風景区 バスターミナル〜入場口

・バスは右下の停車場に到着する。
20190219192848b0f.jpeg 



↓石林風景区
20190219192849b8e.jpeg 



上記は百度地図。
Mapsmeは全く参考になりません。
なおMapsme上の場所は「Shilin」でヒットする『石林鎮』のやや南東です。


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 
 
はい、という事でやって来ましたは昆明東部バスターミナルです。
百度地図では昆明东部汽车客运站。
メトロ3番線の終点です。

20190219192851d03.jpeg 


はいチケット購入完了。

201902191928587f9.jpeg 


すんなり買えました



34元。

なのですが出発時間が書いてなく、時間の欄にはよう分からん漢字二文字が書かれてます。

バス。

2019021919285865d.jpeg 


どうやらバスはある程度客が集まってから出発するようです。


さて、
今日は月曜日。平日です。


流石に旧正月連休もだいぶ過ぎ、バスに客が集まるまで時間掛かるかなぁ、と危惧していたのも束の間あっという間にバス内は騒ぐ人民たちで大騒ぎになりました。先行き憂鬱。



お陰様で早々にバスは出発。



なお先ほどバスチケット窓口で、
明日の遠足用のチケットも買っておきました。
朝イチ7:00の便です。
ふふ、抜かりなきこの身のこなし、慣れたものです。


はい到着。

20190219192859c02.jpeg 


えっと、
どこに行けばいいのかしら?

バスに乗り合わせてた人たちはバス降りたその場でおしゃべり大会始めてしまい着いて行くべき人が見当たりません。

適当に歩いて行ったらシャトルバスしか入れない場所に入ってしまってたらしくなんか怒鳴られました。

えっと、怒鳴り返していいですか?
てめえんとこの案内どーなってんだって。


こんな感じでした。

20190219192848b0f.jpeg 


どうやら昆明から到着するバスはエントランスからちょっと離れた「石林风景区-停车场」に止まるようです。

で、そこから歩いて五分ほどでチケット売り場「石林风景区-票务导游中心」に行けます。

2019021919290083e.jpeg 


チケット130元。
事前情報は175元だったのでオフシーズン価格かも。

で、
毎度恒例中国観光地あるあるで、チケット窓口から園内入り口までは約2km。
そこまでシャトルバスが出ていてこれが25元。園内もシャトルバスが周遊していてそれも含めての料金です。

まあなんか、よくわかんないうちに買っちゃってたんですけどね私。

201902191929015cc.jpeg 



って事でセレブにシャトルバスで入り口に向かう、の前に、

201902191929034a6.jpeg 



20190219192904f22.jpeg 

朝ごはんです。

チケット売り場からちょっと離れたとこにローカル食堂たちが並んでました。

これ、粉巻ってのを頼んでみました。

毎度おなじみ腸粉を巻いたもの、だと思うのですが、巻きがゆるゆるなので普通の平打ちうどん的に食べてます。

ピリ辛ながら美味いです。



はい、
って事でシャトルバスで入り口へ。

201902191929088d4.jpeg 


前の女性。

201902191929080e8.jpeg 



先ほどの食堂の写真にも写り込んでましたが、この格好してる方々、イ族の方々だそうです。

Wiki先生!>
イ族(彝族):
中国西部の古羌の子孫である。
古羌は、チベット族納西族羌族の先祖でもあるといわれる。イ族は南東チベットから四川を通り雲南省に移住してきており、現在では雲南に最も多く居住している。南詔王国
を建国した烏蛮族が先祖だと言われている。

そしてここ石林は行政区としてはイ族の方々が多く暮らす「石林イ族自治県(せきりんいぞくじちけん)」なのだそうです。


そういえばこの格好、
昨日の昆明の翠湖公園で賑やかにやってた御一行と同じですね。
あの音楽と踊りはイ族の民族舞踊だったんでしょうかね?

ひとまずここ石林風景区はイ族の方々もこんな感じでそこら中でガイドを買って出たりパフォーマンスしてたり売り子してたり、と観光業に勤しんでいらっしゃいます。


で、
このとき初めて知ったのですよね、
シャトルバスは2km程度しか走らないって。

じゃあ歩いたわ。


いやでも園内でも乗れますからマエダさん、気を鎮めましょう。

201902191929126a3.jpeg 


シャトルバス降りてからまた歩かされる罠。

ねえなんで入り口の隣にチケット窓口作ってそこに昆明からバス横付けさせないの?


と思ったら、

20190219192919b99.jpeg 



20190219192913085.jpeg 

その道中の壁にはイ族の生活や文化が紹介されており、イ族の皆様が笑顔であれこれ説明なさってました。

なるほど、そういう意味合いだったのですね、ごめんなさい。



はいエントランス。

201902191929519f2.jpeg 


ここでもチケット買えるみたいです。


はい石林風景区ですよー!

20190219192951d25.jpeg 



20190219192951caf.jpeg 

ちょっといきなり素敵なんですけども。

てか、

20190219192953892.jpeg 


広すぎる。
そしてこの地図まったく分からん。

どこ行けばいいのーー。


ひとまず読者様のために先に地図を載せてしまいますが、

20190219192849b8e.jpeg 


石林風景区の中心に「大石林」があり、
その周囲をシャトルバスが反時計回りに走ってます。




ってことくらいどっかに書いておいてほしかったなー。

中国の観光地ってほんとパンフレットとかガイドマップないですよね。
みんなその辺に投げ捨てて散らかすからだと思うんですけども。

ということで右も左も分からず適当に歩いてる私。

20190219193046fc9.jpeg 

いきなりすげぇ立派な石の屏に度肝。


そしてね、
もうね、
すんごいの。

人民が。


どっから湧いて出た!ってくらい。

やっぱあれかな、
冬だからちょっと暖かい南中国は人気なのかな。

なので風景だけを切り取るのは至難の技です。

20190219193102b77.jpeg 



あとね、

20190219193103cf1.jpeg 


基本逆光ね。
入り口が北にあって、
見所が南にあるのでだいたいがまず逆光です。

あと日差しがクッソ強いです。
目を奪われます。


そんな過酷な環境下ですが、やっぱり石林の名は伊達じゃないです。

201902191931048f0.jpeg 



20190219193104ec8.jpeg 



20190219193104c3b.jpeg 



20190219193104a86.jpeg 



20190219193105bd6.jpeg 


おお、これはイ族の皆さんのゲリラパフォーマンスですかな?

20190219193105588.jpeg 



20190219193105751.jpeg 






昨日公園で見たやつやw
きっとイ族の民族舞踊の中でも定番のやつなのでしょう。


しばし適当にぶらぶら行ってみます。

20190219193105a25.jpeg 



20190219193105d19.jpeg 



201902191931062d9.jpeg 



うーん、
写真難しいです。
逆光はもちろんですが、日差しが強すぎて岩の明暗が強くなりすぎます。


おお、ちょっと広いとこに出ました。

20190219193104dd3.jpeg 



2019021919310381d.jpeg 

それっぽい文字が刻まれてます。


引き続き冒険。


20190219193139a7f.jpeg 



20190219193140f6c.jpeg 



20190219193106ef6.jpeg 



あれなんですよ、
思ったほど道は平坦ではなく、岩の隙間を通ったり、穴の中を通ったり、とちょっと冒険感の演出が強めです。
楽しい。


こことかいいですね。

20190219193143b24.jpeg 



20190219193143296.jpeg 

昨日と変わって抜けるような青空ってのもGoodです。

2019021919314465e.jpeg 



2019021919314423b.jpeg 



2019021919314594c.jpeg 



2019021919314687a.jpeg 


剣峰池という場所に来ました。

201902191931474ec.jpeg 



20190219193148385.jpeg 

岩山と池のコラボ。
ちょっと池が汚めなのが残念です。

見上げた空の抜け感がイイ。

20190219193155fa0.jpeg 



上がったり下がったり広がったり狭まったり。

201902191932021b4.jpeg 



20190219193205819.jpeg 



2019021919320684a.jpeg 


20190219193209b72.jpeg 




そしてこの景色。

20190219193209cc3.jpeg 

良いっすねー!!

ちょっとここまで岩山にインし過ぎて見渡し感が無かったのです。
こうして見渡すと、この地形の凄まじさが分かります。


ここでようやく園内シャトルバスの周遊図を発見。

20190219193209906.jpeg 


そして私、ずっと大石林の左のあたりをうろうろしてた事を知りました。


ということで、
ここからは目的地をもって動いていきますよ。


次はちょっと離れた場所にある「万年灵芝」を目指して歩きます。
いや、シャトルバス乗れるんですけど、シャトルバスがまさかの反時計回りオンリーでして、私が向かいたい万年灵芝は逆走にあたるのでシャトバス乗れないのです。25元も払ってるのに。



はいやって来ましたよー。


20190219193240874.jpeg 



20190219193240a54.jpeg 



20190219193240e55.jpeg 

万年灵芝、英名はなんたらMashroomだったのできっとキノコっぽい岩がゴロンゴロンしてるのかな、と思ってましたが、よく分かりませんでした。
ちょっとここ結構歩く割に見応え弱しです。

あ、ただ、だからか、まったく人民がいないので人民風景区に疲れた方はこちらへ。



そこから隣の「李子园箐景区」を目指して歩きます。

201902191932427f6.jpeg 


しばし何もない道をてくてく。

見えてきました。

201902191932435e4.jpeg 

この岩たちの中にずんずん入っていきます。


201902191932455f0.jpeg 



20190219193246bf9.jpeg



百度地図にも載ってた「石林古崖画」。

20190219193248d8a.jpeg 



201902191932494ce.jpeg 

まさかの子供の落書きみたいなやつでした。
ここまでめちゃくちゃアップダウン頑張ってきたのですが。


てかほんと、
石林風景区はアップダウン凄いです。

カルスト地形の岩の山谷に無理やり歩道作ってるので致し方ないですが、苦労して上がった位置エネルギーをすぐに解放せねばならないこの虚しさ。

20190219193251b16.jpeg 



2019021919325659d.jpeg



 201902191932537fa.jpeg 



あとね、


ちょっと、


だんだん、


飽きてきましたよね。

2019021919325659d.jpeg 



20190219193258b3c.jpeg 



20190219193259ded.jpeg 

なんというか、
まあみんな似たような景色でして。

あとこういうのね、

20190219193259491.jpeg 


「母子偕游」という岩。
この手の名が付いた岩山を見るたびになんだか見方を強制されてる気がしてちょっとイラッと。


あと

20190219193303337.jpeg 


シャトルバスがそもそも満席で絶対乗れないやつ

201902191933045cd.jpeg 


だんだん帰りたくなってきちゃいました。


まあせっかくですんでね、
一通り見て回りますよ。


次はここ、「步哨山景区」。


20190219193306b0b.jpeg 




20190219193336e7e.jpeg 



一本道コースで分かりやすい散歩道です。

が、
分かりやすさとは裏腹に岩山の狭間をグイグイ突き抜けさせられます。


2019021919333399d.jpeg 



20190219193345091.jpeg 


下手したら腹が引っかかって危うく通れない隙間とかありました。


ここは小石林。

201902191933444e3.jpeg 



20190219193346827.jpeg 


ここ良いですよ、
程よい広さに程よい大きさの岩山が散らかってて。
まあその分人民量もなかなかなのですけども。

20190219193349a8f.jpeg 



あーつっかれたー。


20190219193349a2d.jpeg 



ひとまず休憩です。


雲南料理かな?と思って壁に描かれた「卵、菜、なんちゃら、炒飯」みたいの頼んだら店員さんに英語で「egg flied rice, Ok!」と言われました海外あるある。

英訳しちゃうと途端に普通の食べ物に聞こえちゃうやつね。

夢がなくなるのでやめて下さい。


木のヘラに「青龍刀」と書かれたおもちゃ。

エコですね。


20190219193525015.jpeg 






さて、
これで一通り石林のスポットは巡ったのでもう帰ろうかな、と思ったのですが、よく考えたらまだ大石林を左のほうしか見てなかったのでもっかい大石林エリアに突入してみました。


20190219193407d52.jpeg 



2019021919342564c.jpeg 



2019021919352566f.jpeg 


えっと、


201902191935282e2.jpeg



20190219193749605.jpeg



迷子。



大石林エリア、
めっちゃ道が複雑です。
次々と分岐が遅いかかってきます。
しかも高低差凄いです。
道も狭いです。
なのに容赦なく人民共が湧いて出てきます。
物理的にも精神的にも追い詰められます。


幽兰深谷ですって。
なんかすごそう。

20190219193528948.jpeg 



降りてみました。

20190219193528c9e.jpeg 



20190219193528985.jpeg



ここは大石林で最も大きな谷間だそうです。
深さ20mですって。

てかよくそんなとこに遊歩道通そうと思ったよね。そういうとこ凄いと思う。この国。
ここでの遊歩道工事を託された人は最初さぞかし怖かったでしょうね。


深い谷間から見上げる空。

2019021919352621d.jpeg 



で、
結局引き続き迷子なんですけども、


201902191937512ec.jpeg 




岩山エリアの上に出れる景観台みたいなとこに辿り着きました。

20190219193752a4b.jpeg 



201902191937531ef.jpeg 



しゅんごーー!!




ここしゅごいじゃないか!

てか石林風景区しゅごいじゃないか!

えっと、
最初にここ来てたらもっと好印象だったろうに。

この場所は「望峰亭」です。
百度地図にも出るので今後行かれる方は是非ここを目指して頂きたく候


あ、
唯一カメラに残されてた人民の写真がありました。

20190219193826e86.jpeg 


もうね、目が痛い。


ああ疲れた。。

※入り口に戻るシャトルバス。

201902191938266b6.jpeg 




もうね、
まず広いのもありますけどほんとにアップダウンが多すぎて、上がったー!と思ったらまた下らされるあの徒労感と、出口が分からなくなりゴールが見えない焦燥感と、なによりも人民飽和量限界突破状態ね。

石林行かれる方は体力万全で是非どうぞ。


帰りのバス。

20190219193830cad.jpeg 


時間は15:00。

チケットは往路でバスを降りた建物がバスターミナル的な感じでチケットオフィスがあります。


そして往路同様に人が集まり次第発車ですが。

次々と人民が集まりすぐ出発しました。

人民たちのいびきが凄かったです。


さて、

昆明に戻りまして本日の打ち上げです。

20190219193832513.jpeg 


教えてもらっちゃいましたよ食べ放題のお店。

ラダックで知り合いパンゴン湖などともに巡ったT姉御が昆明好きらしく、中でもこのお店をイチオシされたのです。

そして衝撃。
イチオシの理由に目玉が飛び出そうになりました。

20190219193834de6.jpeg 

なんと「食べ放題が12元≒192円んん!?


嘘でしょ。。?


ところがどっこい、

店員さんも「シーアー(12)」言うてる。。!


そしてその食べものたち

2019021919383504c.jpeg 



20190219193837e2e.jpeg 



20190219193838d4f.jpeg 



2019021919384038a.jpeg 

楽園在此!!我昇天!!

いただきまぅすー!!!

20190219193841977.jpeg 



※右、盛りすぎておかずが三層になってます。


きゃーーー美味い!!
なにこれどういうことですか昼間のチャーハン

25元もしたんですけどもっ!!

なにが幸せって、
野菜メニューが超絶豊富なんです。
(原価やすいからだと思うけど)

私の好物ナスなんて一層目の半分を埋めてるくらい盛りましたし、

20190219193842b78.jpeg 


こういう食べたことないよく分からん緑の野菜をガジガジ食べれるの最高に幸せです。

「栄養摂ってる」という建前が食べすぎという罪悪感を洗い流してくれるのです。

迷わず二杯目。

20190219193844e7a.jpeg 


※おかず三層の上に饅頭搭載


あ〜。。。
染みる。。。。。


これとかなんだろう。
そうめんカボチャ?


20190219193845252.jpeg 


絶対栄養ありそうなやつ。シャキシャキ。


やばいこれ三杯目行けちゃうんじゃね!?
と勢い付いていたところで駄菓子菓子。
一層目の最後のおかずがまさかの青唐辛子炒めで私の口内は大炎上し、そこで試合終了となりました。


いや、
凄いおススメですここ!

危ないとこでした今日で昆明最後なのですがもし中国ビザに余裕あったら速攻で延泊→通い詰め→豚でした。

お店の名前は百度地図で「红太阳饭店自助餐」です。メトロ3号線潘家湾駅から徒歩10分です。


いや〜
素晴らしい一日でした!


ということで景気付けに

20190219193847430.jpeg 


雲南省は大理のビールで一人乾杯して家路に着きました。
ビール一缶48円でした。


昆明最高か。



さて、

明日は昆明を発って羅平という街に移動します。中国最後の観光です、こうご期待ー!



谢谢でした!

 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#462 世界遺産の街、古都ルアンパバーンへ。inラオス(12) 2019.3.20 2019/03/23
#461 浮き輪でぷかぷかしてるだけの一日。inラオス(11) 2018.3.19 2019/03/22
#460 桃源郷のブルーラグーンと絶景の丘。inラオス(10) 2019.3.18 2019/03/21
#459 これぞラオスの桃源郷、バンビエンへ。inラオス(9) 2019.3.17 2019/03/20
#458 姉、ラオスに来る。inラオス(8) 2019.3.16 2019/03/19