FC2ブログ

記事一覧

#436 サパ村、棚田トレッキングへ。inベトナム(2) 2019.2.22


唐突ですが、
実はですね、私、
おしり以外にもクリティカルな課題が再発しております。

、ね。

痛いの。
左の奥歯は熱や冷を感じると沁みるのね。
これ風が吹いても痛いレベル。
右の奥歯は物を食べると時折食べ物が挟まりそのまま食べ続けると激痛が数時間続くのね。


これ、南寧あたりからこの症状です。
数ヶ月前も同じ症状が出てしばらくの後に止んだので今回も気にせず行こうと思ってますが、うーん、辛い。

なにがって、

20190222234237708.jpeg 


今朝のチキンフォーのチキンがグイグイ来るの。歯の隙間に。

帰国したら三國無双浸しの前にまずは歯医者です。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:サパ村周辺トレッキング
      ラオチャイ村 Lao chai
      タヴァン村 Ta van
・手段:徒歩
・料金:入山料75,000ドン≒375円
・時間:3-4時間くらい


↓サパ近郊地図マップ
(二行目はMapsme表記)

201902222342364da.jpeg 

・サパ Sapa

・カットカット CatCat 

・ラオチャイ Lao Chai

・タヴァン Ta Van


・Sapaの「a」の下のピンク(Ticket office for tourist area 75000 VND)がトレッキングエリアの入り口。ここで入域料75000ドン≒375円を支払う


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 

って
ことをわざわざ日記に書きたくなってしまうくらい痛かった本日の朝フォー。

20190222234238f81.jpeg 


英語表記の無いローカルピーポーっぽい店狙ったら昨日よりもお高い50000ドン≒250円でしたジーザス。

にしても、
フォー美味いですね。


約2ヶ月かの国の絶品中華にどっぷりしてましたが、なんなら中央アジア料理も引っくるめて味付け濃ゆーーいので、
なんかこのフォーのさっぱり感が素敵です。
パクチーとすだち(?)であっさり頂くだなんて実に素敵。痩せそう。痩せないかな。

そういえばなのですが、
ベトナム語ってラテン文字ですね。

てっきりタイのようにゴニョゴニョ系だと思ってました。


どうやら一時期は中国の影響で漢字をさらに超えるややこしい文字を開発したようなのですが難しすぎて普及しなかったと言う残念すぎる着地をし、今ではフランス支配時代に生み出された文字を使っているようです。
こんな感じで、

201902222342409c4.jpeg 



ちょっとラテン文字がおめかししてます。
フォーのPHOとかOの上に?みたいの乗ってます。

フォー?  的な。


おお!
打てた。
iPhoneの凄いとこはキーボードに簡単に外国語モードを追加できるところですね。


ヒャッホーウ!PHỞ!



うん、
まあこの先使うことは無いだろうけども。


昨日ここの階段をかの国人民共(勝手な想定)の4WDが駆け上がっていったのですがその結果、

20190222234241de0.jpeg 


ひどいことになってます。
民度。


サパの村には周辺の村から色々な民族の方々がお仕事?買い出し?に来ているようです。

20190222234243467.jpeg 



2019022223424412b.jpeg 



20190222234246e0a.jpeg 



20190222234247c1b.jpeg 

黒い服は黒モン族、
なのは昨日カットカット村で学んだ通りですが、この女の子たちはかなり派手派手ですが、何族なんだろう。


サンドイッチスタンド発見。
これが噂のベトナムサンドイッチ「バインミー」でしょうか?

2019022223424924d.jpeg 


卵調理とパン加熱を同時に仕掛けるおばちゃん。

エコ観点で意識高い系です。

20190222234250313.jpeg 

いただきまーす。

20190222234252029.jpeg 


あ、美味!

思ってた以上に卵ふかふかトマトとろとろです。

おかげさまででトマトこぼれ落ちて我がパンダさんが紅に染まりました。X。

慰める奴はもういない。



わざわざWiki先生に聞くほどの食べ物でもないくらいライトなファーストフードですがせっかくググったので↓

バインミー:
長さ20センチメートルほど(badnh mì queなど細長いものも存在する)の柔らかいフランスパン(バゲット)に切り込みを入れ、バター(マーガリン)、パテを塗り、野菜、ハーブ類、肉などをはさみ、ヌクマム(魚醤)などのソースを振り掛ける。携帯性のよさから屋台だけでなく、バスターミナルなどでは駅弁がわりとして新聞紙に包んでも売られる庶民のファーストフード。同じくフランスの植民地支配を受けたカンボジア、ラオスでも一般化している。


だそうです。
成る程確かにサンドイッチにしてはトマトだけじゃなくハーブっぽいのも入ってた。

これなかなか栄養あるんじゃない。
お値段20,000ドン≒100円だし。
フォーよりこれ二個食べた方が腹持ち良いかも(あと歯にもやさしい)。


ファンシーパン行きの高山鉄道です。

20190222234253284.jpeg 


すごー!
マジであの鉄骨の上を走るんですね。


昨日カットかっビリャニビリャニっぽい

カットカット、と変換しようとしたらこんな変換結果になったんですけど何これ怖い。

えっと、
昨日カットカット村へ向かった分岐点を、今日は左へ。

201902222342551e1.jpeg 



遠くに見えるたぶんカットカット村。

20190222234256b72.jpeg 




そして直近10分ほど私を追い回していた黒モン族のおばちゃん。

2019022223425826c.jpeg 


サパ村トレッキングはですね、

道端のおばちゃん達が自らガイドを買って出てくれて、

最後の最後に工芸品を買って買って祭りが始まることで有名なのです。

いえ、
彼らも生活があるわけですし、我々は道案内してもらってるわけなのでWin-Winだと思うのですが、ずっと優しくガイドしてくれてたおばちゃん達が豹変して商い始めるギャップに衝撃を受ける人多数、
と言う要らぬ事前情報を鵜呑みにしている私は今日はガイドさんなしでのほほんマイペースで行こうと思ってぶらぶらやって来たわけですが上記の通り道中で何人ものおばちゃま方が待ち構えておりガイドを買って出てきます。


Noよ〜、
と笑顔でお断り申すのですが、
おばちゃま方聞く耳皆無で「Where are from?」「What's your name?」などと無邪気に元気に聞いてきます。


ごめんねおばちゃん。
今日はマイペースに行きたいの。



「Where are from?」

「What's your name?」

「Where are from?」

「Where are from?」

おばちゃん。落ち着いて?


おばちゃん強しです。
そんな感じで10分ほどずっと私の横に付いてきていたのです。


てか
「(笑顔で)Where are from?」
って入り方、良いですね。
ついつい答えちゃいます。


インド人だと
「(汚い歯をチラつかせてニヤニヤしながら)トゥクトゥク?トゥクトゥク?」
「(汚い歯をチラつかせてニヤニヤしながら)チーププライス〜グッドプライス〜」

ですからね。
民度の差が出る。


悪気は無いがつい文字色をうんこ色にしてしまった。



トレッキングエリア入り口です。

20190222234259962.jpeg 



ここで入山料を払うようです。

20190222234301a87.jpeg 


75000ドン≒375円。
安いもんです。


なお1枚目の写真の右側に屯してるのはみんなガイドを買って出たがっているおばちゃま達です。


マズい、とうとう私も狩られるか、
と思いながらチケットを買っている間に彼らは居なくなってました。

どうやら

201902222343377f7.jpeg 


あの欧米人達に狙いを絞っているようです。
いや、もともとそう言うツアーグループ御一行なのかもしれませんけども。

欧米人4名に対し8名くらいのおばちゃま達が帯同しています。凄い圧です。



さて、
このチケット窓口から早速道が分岐してます。

20190222234302374.jpeg 


チケット窓口は車道側にあるのですが、トレッキングはその手前の分岐を右に入ります。
いきなりMapsmeに無いですこの道。

Mapsmeあればガイドさん居なくてもなんとかなるかな思ってましたが、どうやらそんな甘くは無さそうです。
ちょっと申し訳ないですが、先ほどの御一行をちょっと尾行しながら進みます。



さあさあもうすでにいい景色、きてますよ。

201902222343263be.jpeg 



201902222343275e3.jpeg 



20190222234329838.jpeg 



ちょっと霧出てますかねぇ、
まあまだ朝ですしね。



どんどん谷を降りていく欧米人御一行達。

20190222234328b02.jpeg 

む。
あの中のおばちゃまがこっちを見ている気がする。気づかれたかな。


しばらく進んでいくと、
「Where are you from?」
びっくりしたぁ!!

なんと分岐の陰におばちゃま方3名が待ち構えてました。
私の姿を認識して待ち構えていたのでしょう。

私「あははは〜。。」
なんて言いながらおばちゃま達のいる方では無い方の道へ。思い切ってこのまま自由気ままに歩いて行こうかな〜。

20190222234333c06.jpeg 

行き止まり。
いや、正確に言うと道はあるけどもなんとなくその道の先は民家な気がする道。

なんと。
これは思ってた以上に自力で行くのは難しそうです。

第一に、道が多すぎる。
そりゃそうですここは皆様が棚田を作って暮らしてる世界ですから棚田に向かう道が張り巡らされているのです。
このまま行くと棚田網に迷子になりそうです。

大人しく御一行について行こうと思います。こっそりと。




20190222234334e4f.jpeg 


抜き足差し足。
何やってんだ私。


足元は比較的良好です。

20190222234338127.jpeg 


「晴れててもぬかるみ多くてスニーカーは泥だらけになる」と聞いてましたが、その心配は無さそうです。


抜き足差し足。


20190222234335041.jpeg 



こんなに棚田に接近できる機会ってそうそう無いですよね。

20190222234341546.jpeg 



下から見上げるとただの野山。

2019022223434058e.jpeg 



普通に鶏達の庭になってます。

20190222234343d23.jpeg 


トレッキング王道ルートだとは思うのですが、道はかろうじてわかるレベル。


201902222343449df.jpeg 



水が残る棚田。

20190222234346882.jpeg 



201902222343487ef.jpeg 



2019022223434943e.jpeg 


今このあたりを歩いてます。

20190222234350452.jpeg 


ピンクが入山チケット売り場(Ticket office for tourist area 75000 VND)、白いラインが車道です。
青いラインが川で、そこに向けて谷と棚田が広がっている感じです。


なかなか森の中を歩いてます。

20190222234352365.jpeg 



20190222234353aa3.jpeg 



こうした開けたところに出るとアジアのハイジが如くついつい駆け出してしまいたい衝動に駆られますが前方注意です。おばちゃま方に見つかります。


20190222234414522.jpeg 



20190222234414794.jpeg 



この棚田エリアを歩くのが難しい。

20190222234416f8f.jpeg 

棚田な訳なので棚の数だけ道があり、

そして田には水が引かれておるので、

201902222344177d0.jpeg 

下手するとこの私のように泥の中にダイブです。気をつけなはれや。


片足泥だらけですが、
景色は相変わらずスローです。

20190222234419205.jpeg 



201902222344205c5.jpeg 



おお、ここ凄いー!

2019022223442257a.jpeg 



20190222234423c84.jpeg 


逆光だったのでちょっと光度足してますが、なんだかもうアートの世界観。まあそのように整えてるんでしょうけども。


おばちゃま御一行。

20190222234425897.jpeg 


むぅ。
ここから先はもう隠れる場所がないですね。
しばしここで身を隠すしむむ!!

※後ろ方面
2019022223442899f.jpeg 

挟み撃ちとなりました。

こうなっては仕方あるまい。
正々堂々と「一人でトレッキングを楽しんでる人。」を装い歩み出しましょう。

2019022223442900d.jpeg 



20190222234431bf7.jpeg 



201902222344347a9.jpeg 



20190222234432242.jpeg 

何も後ろめたいことは無いですよ感を演出したく写真を撮りながら歩く私。

そして

20190222234435760.jpeg 


まさかの
おばちゃま方が行く先で休憩タイムしており鉢合わせする気まずさ。


先ほどの分岐で「Where are you from?」してきたおばちゃま方も健在です。
あの時私最初違う方行ってますからね。
ここで出会う=付いてきたのバレバレなわけです。

ひとまずそんな気まずさを忘れるくらい確かにここは良い景色。

201902222344347a9.jpeg 



20190222234438e03.jpeg 



20190222234440485.jpeg 


村の子供たち。

2019022223444150d.jpeg 



気がつけばこの場所はMaspme上で白い点線ラインが引かれてました。

20190222234436c01.jpeg 


多少はメジャールートなのでしょう。


ここからは違うおばちゃま達に付いていきました。

20190222234510f7a.jpeg 



201902222345117aa.jpeg 


鏡張りの棚田。
映し出すのは曇り空ですが。


20190222234512c13.jpeg 


近づくと泥色。

201902222345144c5.jpeg 



一面の花。

20190222234516870.jpeg 



をー。。

20190222234518804.jpeg 



201902222345193ad.jpeg 


ついに見てしまった。


いまここ車道との合流地点で近くにカフェがあるのですが、ガイドさんの一人が「あそこで休憩にしましょう」と言った途端に帯同していたおばちゃまガイドさん達がどさっとカゴを下ろして欧米人達を取り囲み一斉に商いタイムが始まりました。

この豹変ぶりですよね、みんな引いてしまうの。

もうちょっとね、良いやり方あると思うのですけども。


ぶた1

20190222234521577.jpeg 



ぶた2


20190222234523e8d.jpeg 




とここで私も唐突に少女にミサンガを買って買ってされました。
買ってあげたかったのですがちょっと良い色がなくごめんね。


余談ですが、

20190222234524248.jpeg 

これ、
ペルーのクスコで買ったミサンガ、未だに残ってます。私が身につけてるものでウルトラライトダウンに次ぐ長寿アイテムです。

クスコで怪しいおっさんに腕に巻きつけられたものです。今ではインカ帝国の呪いなんじゃないかと疑ってます。


眺めの良い展望スペースで休憩タイム。
お菓子売り場もあったので

20190222234526bf2.jpeg 


休憩タイム。
おせんべいバラ売りって良いですね。


景色の方は、

20190222234527d19.jpeg 



20190222234528f00.jpeg 



20190222234530d88.jpeg 



ちょっと霧が強くなってきてますが、凄い良い景色です。ちょっと写真が霧で見づらくなってきましたけども。

場所ここ。

20190222234531671.jpeg 




さらに先へ。


2019022223453439b.jpeg 


もう先陣がいません。

Mapmeを頼りに進んでいくのみですが、
やはりこれはなかなか難易度高いです。

20190222234535a82.jpeg 



2019022223453665b.jpeg 


水牛パイセンに道をガッチリ塞がれてたりするし。

20190222234538609.jpeg 


Mapsme上は一本道なのになぜか分岐があったりするし。




20190222234621bbc.jpeg 

↑お母さんぶたと子ぶたたち。


201902222346227b8.jpeg 

↑お父さんぶたと鶏たち。


20190222234624fc1.jpeg 


↑ニンゲンの子。

動物たちだらけの庭を裸足で駆け回ってますが大丈夫なのかな、色々。


それっぽい道に降りてきました。

201902222346287bf.jpeg 


ここから先は車道っぽいので迷うことはなさそうです。なお写真手前に見えてるのもおばちゃまたちです。

「Are you ジャパニ?」
第一声がこれでした。
日本人って分かるんですね。
思わず応えてしまいそうになりました。

てかおばちゃま方、私を日本人と見分ける率98%です。

※実際問題サパに戻るまでに100人くらいに声掛けられてます。


橋からの景色。

20190222234630219.jpeg 



201902222346317b4.jpeg 


この場所この辺。

20190222234633c3d.jpeg 



いぬ3

201902222346348a1.jpeg 


いぬ45

20190222234636c8b.jpeg 


いぬ6

2019022223463776d.jpeg 


やぎ1?1

20190222234639a6e.jpeg 


鶏1ひよこ12345678910

201902222346404ff.jpeg 


大変賑やかな道中です。


そして景色は

20190222234642937.jpeg 


完全に霧の中に消えました。
なんてこった。

この辺りとか霧なかったら絶対絶景なんだけどなー。

20190222234645690.jpeg 




橋を渡り、

20190222234646494.jpeg 



ラオチャイ村に着きました。

201902222347147c2.jpeg 


ここも黒モン族の村のようですね。

20190222234715779.jpeg 



いぬ789

20190222234717608.jpeg 


いぬ10

20190222234718dd6.jpeg 


いぬ11

20190222234720f92.jpeg 


犬を撫でた手で飯食ってる私。
いや、手を洗いたいんだけどなかなか機会が無いのです。

2019022223472109a.jpeg 



食ってる最中にいぬ12登場。

20190222234723737.jpeg 

いぬ1112じゃれ始める。

2019022223472431c.jpeg 



20190222234726a1e.jpeg 

飯屋のおばちゃんがサービスしてくれた。

201902222347270d1.jpeg 


ウマー!

そしてこの飯屋のおばちゃんが大変フレンドリーでほっこりしました。
最後に買って買ってされるんじゃないかと勝手にヒヤヒヤしちゃってごめんなさい。



いぬ13

20190222234729141.jpeg 


水牛345

20190222234730783.jpeg 



ど、ドラさま。。!

2019022223473201a.jpeg 


4次元ポケットの使われ方があんまりだと思います。
※ゴミ焼却炉



村の子供たち。

20190222234733d19.jpeg 



2019022223473586a.jpeg 



20190222234736b30.jpeg 

この子たちの遊びはコマでした。
一度投げ回したコマを鞭打って回し続けて競い合ってました。逞しいな。


道行く先は霧の中。

20190222234737bdb.jpeg 




はい宿到着。

20190222234741a54.jpeg 


ここはタヴァン村。
ここに宿を取ってたのです。

なんと時刻13:30。
早く着きすぎました。
もっと遠くまでいけたな。

でも大丈夫。
この宿のウリ、それはテラスからの景色。
なんてたって宿の名前がSAPA TERRACE VIEW HOSTELですからねさあご覧あれタヴァン村の棚田の景色!


2019022223474295f.jpeg 


ふふ。


どうしよう 泣


しばしテラスのローベッドでまったりしてみた。

20190222234803612.jpeg 



20190222234803438.jpeg 



。。。寒い。




部屋に戻って昼寝タイムにしました。


で夕方。
のそのそ起きて村を散歩へ。

おお。

20190222234805a5a.jpeg 


おばちゃま達が宿の入り口でまったりしてた欧米人達に商い始めてました。欧米人達もちょっと戸惑い気味です。そうでしょうね。


村の様子。

201902222348061a7.jpeg 



20190222234808d42.jpeg 



まあ、、かな。



しばしソファのあるカフェでまったり。

テラスからの景色。

20190222234810e48.jpeg 



次第に日は暮れ、


20190222234812486.jpeg 


もはやこの村に泊まる意味が皆無となっております。
まあ、宿がまさかの「2ドル」なので全然良いのですがね。

ただこのカフェで食べた夕飯がGoodでした。

201902222348140be.jpeg 


揚げ春巻きにトマトスープ。
春巻きはやっぱりベトナムと言えば生春巻きでしょ、と注文したらパリッと揚げられてました。サクサクで美味でしたけども。

で、トマトスープ、
これ、私インドでしょっちゅう食べてました。名前の地味さからは想像できないガーリックテイストスープで超美味かったのですが、それはここベトナムでも同じでした。
このレシピ知りたい。

東南アジアでは引き続きトマトスープにハマりそうです。


お会計400円。
うん、この内容でこの値段なら満足。
歯は痛いけど。


帰り道。

20190222234815322.jpeg 


明日は晴れるといいなぁ。。。
明日の予定は天気次第です。


まあちょっと、

20190222234818764.jpeg 


絶望なんですけども。


カームオン!でした。

 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01