FC2ブログ

記事一覧

#438 花モン族の日曜市へ行ってみよう。inベトナム(4) 2019.2.24



これ複数国周遊者あるあるだと思うのですが、
今わたし、ついつい言ってしまうのです。

謝謝」って。
ベトナム人各位に「ああ、このひと人民だったのね」と思われるのがです。


なんなら土地柄ちょっと中国語喋れる人もいて中国語の会話が開催され気まずい着地を見ることもあります。

まあ上記は慣れの問題なのですが、

未だに私がたまにやってしまうクセ、

「YESの時に首を横に振る。」

●ンド人の習慣です。
私は長らく●ンドに毒されています。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:サパ→バックハー Bac ha


①サパ→ラオカイ Lao cai
・手段:バス
・料金:30,000ドン≒150円
・時間:1.5時間  7:30発、9:00


②ラオカイ→バックハー Bac ha
・手段:ミニバス
・料金:70,000ドン≒350円
・時間:3時間  9:30発、12:30
※最初に客引きされたミニバスは乗車後の料金提示が200,000ドンだったのですぐ降りた。近くにいた別のミニバスは車窓に70,000ドンと料金掲示していた。ぼったくり要注意。
※乗ったミニバスは別のバスターミナルへ向かって乗客拾ったり道中で積荷を積んだり下ろしたりと時間を浪費しての3時間。

<帰り>
③バックハー→ラオカイ
・手段:ミニバス
・料金:70,000ドン≒350円
・時間:2時間  13:30発、15:30
※帰りは寄り道や積荷上げ下げがほぼ無く2時間。なお中国国境付近に近づくとSIM入りiPhoneは勝手に中国時間を表示し時計が1時間ズレてビビるのでご注意。


↓各位置関係
20190225030339c29.jpeg 



↓バックハー地図マップ
(二行目はMapsme表記)
2019022503034101b.jpeg 

・赤:バックハーマーケット
      Bac Ha Market
      実際は地図内テキスト記載の通り



――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 
 


はい本日のバス。

20190225030342a6a.jpeg 


今日は朝も早よからサパ村を発ち、
バックハーという村へ向かいます。


というのも、


バックハー:
ベトナム北部、ラオカイ省の町。サパの北東約100キロメートルの山間に位置する。花モン族をはじめとする山岳少数民族が居住。毎週日曜日に花モン族のほか、フーラー族、黒ザオ族、タイ族などが集まる市が開かれることで有名。fromWiki先生


というわけで、
その日曜市を見学してみたいなと思いまして。

私がサパに着いたのがたまたま木曜だったので、サパで三泊して日曜日に合わせて下山してバックハーへ向かう次第でございます。


下山道中霧景色。

20190225030341ab7.jpeg 


運転手にとっては霧とかなんら関係無いんですね。なんで同業のバスですら追い越し仕掛けるんでしょうね。


はいラオカイ駅着。

20190225030343a79.jpeg 


地方都市の駅ですがなかなか殺風景です。


で、
まずはですね、今日中にハノイいこうと思ってるのでバスチケット買います。


ここ。

20190225030344c09.jpeg 


駅に向かって右側のこのド派手な店がバス会社です。

値段表。

201902250303451a8.jpeg 


ハノイまで230,000ドンですって。


で、

時刻を聞いたら、どうやら朝6:00から1時間に一本ずつあるらしい。

英語が得意では無いようで、紙に
6:00
7:00
8:00
と一つ一つ書き出してくれました。

最終24:00まであるようです。
つまり18行も書いてくれたわけです。
※これ後で揉めるのでご留意を。正確な時刻表は不明です。


ハノイまでは5時間かかるらしいので、21:00には着きたいなー、と思いまして16:00のをオーダーしました。

これ。

20190225030620f4f.jpeg 


このとき私はこの切符が後に事件になるとはつゆ知らず。



さて、
一仕事終えたので早速バックハー行きのバスを探します。

当該バスはこの駅前で適当に客引きについてけば良いらしい。

20190225030346e25.jpeg 


あっという間に客引きのおばちゃまに拾われ、サーティーミニッツ!ウェイトヒアー!と言われております。

なので


20190225030348f7f.jpeg 


本日の朝フォーを愉しもうと着丼の写真を撮っていたところへ
おばちゃま「バスカミン!」
おいサーティーミニッツどこ行った。


まあここは東南アジア。
時間の概念なんてネジが数本ぶっ飛んでるんでしょう。

郷に入っては郷に従え。
私もいつも通りのペースで朝フォーを平らげ、

(5分だけね)

20190225030349ad8.jpeg 


悠々とバスへ乗り込み、
動き出した車内で集金係が放つ衝撃の一言
「200,000ドン!(≒1000円)」
待て待て待て。
ハノイ行きのバスが210,000ドンやで。


もうカチンと来た私は即下車です。
車停めさせて下車。
今思うとちんたらフォー食って待たしておいてっつう話ですがもうこのときは激おこぷんすか丸です。


するとその場ですぐに私の耳元へ「100,000ドン!」という集金係。
いかん。この手口は完全にぼったくりバスや。

とはいえ、
実は料金相場すら知らない私。


その場でググって先人ブログを覗いてみると、
ほら来たやっぱり「60,000ドン」だの「ぼったくり注意」だの書いてあるじゃないの!


散々待たせそして挙句途中下車しておいて、そのバスを見捨てる私。

後ろから集金係が「チープ!グッドプライス!バックハーイズファー!スリーアワーズ!」
などと言ってますが、自らグッドプライスという奴は大概バッドプライスです。


おい待て。
それはともかく今なんて言った!?


スリーアワーズ!?


そんな遠いのかバックハー?



先ほどのバスを見放してから徒歩10歩するまでも無く、別のミニバスから声がかかり、ハウマッチ?と聞くと車窓に掲示された紙に書かれた70,000ドン≒350円というのを見せてくれたので安心して乗り込みました。
で、
集金係にどれくらいで着くー?と聞いてみたらなんら迷い無くスリーアワーズ!言われました。



えっと、

いま9:30。

バス会社の人は「30分前にはここに来てね」言うてたので、
12:30にバックハー着いて、
12:30にバックハーを出発しないと間に合いません。



ヒャッホウ!(゚ω゚)




バスは1時間に一本と言ってたので、
思い切って、秘技「泣きつき」で行こうと思います。
(17:00のバスに乗せて乗せてって > <)


さて、
このミニバスはそんな私のざわつきなぞつゆ知らず、いきなりバックハーではない方向に向かいバスターミナルで乗客を拾いながらの休憩タイムを繰り広げ30分ほど無の時間を創出し(乗客なし)、

201902250303513c7.jpeg 



道中で次々と荷物をPickupして私のスペースはどんどん侵食され、

2019022503035202d.jpeg 
※SONYのBRAVIA。


随所で荷物明け渡しのための待ち時間が発生し、

20190225030353f1d.jpeg 



見事3時間後の12:30にバックハー到着です。

20190225030355d7e.jpeg


20190225030357787.jpeg  

全て見越しての3時間だったのね。


さて、
えっと、本来ならばこのままミニバスに乗ってラオカイに戻るべきなのですが、ここはベトナム。なんとかなるっしょの精神で街歩き開始。


そして早々に市場を発見。

201902250303584a4.jpeg 



2019022503040018f.jpeg 


市場は程よい広さで、手工芸品が所狭しと並べられていました。

20190225030401bd8.jpeg 



201902250304034a4.jpeg 



20190225030405941.jpeg 



201902250304325b6.jpeg 



20190225030423f52.jpeg 



20190225030423c0e.jpeg 



20190225030427735.jpeg 


野菜や肉の市場も。

2019022503042971a.jpeg 



タバコ。

201902250304299aa.jpeg 



ベトナム(東南アジア?)は喫茶店や飯屋に行くとこのタバコの中身(なんて言うのか分からん)が直に箱に入ってたりするんですけどこれみんな自分で巻いて吸うのですかね?タバコ吸わないのでよく分かりませぬ。


東南アジアの日本の心。味の素。


20190225030430936.jpeg 



東南アジアで日本人というと「ホンダ!」「アジノモト!」と言われると聞いてますが本当でしょうか。今のところそう言った機会には恵まれておりませんが。


青空床屋。

20190225030437125.jpeg 



てかまあだいたいなんでも売られてますね。

20190225030431373.jpeg 




ただここで着目すべきは市場というよりもここで商いしてらっしゃる花モン族の方々。


なんですけども、
思った以上にみんな各者各様の服を着てるので花モン族の定義がよく分からぬままながらおばちゃま方をウォッチング。

20190225030433d78.jpeg 



20190225030435fe7.jpeg 



201902250304382ce.jpeg



 20190225030457289.jpeg 



皆さん大変に色鮮やかです。
いま改めて調べてみると、
3枚目のおばちゃまや4枚目の左のおばちゃまあたりは花モン族ではなかろうかと。


最近は自分の民族色に他民族のカラーを取り入れたり、とミクスチャーファッション化が進んでいるようです。

このおばさまが眺めているのは恐らく花モン族の工芸品じゃなかろうか。

20190225030458a32.jpeg 



市場の南側の区画ではおばちゃま達が地面いっぱいに服を広げて商いしてらっしゃいました。

20190225030459b9d.jpeg 



2019022503050193f.jpeg 



20190225030502d4a.jpeg 



20190225030504f91.jpeg 



ちっちゃなお子をおぶって商いされてる方も沢山います。そのお子もこれまた色華やかなのであります。


20190225030505f95.jpeg 



20190225030508b33.jpeg 



20190225030513c01.jpeg 



20190225030509a0a.jpeg 



売り物の筍をかじりながら井戸端してるおばちゃま方。

20190225030514ff6.jpeg 


を撮る欧米人を覗くおばちゃま(を撮る私)。

201902250305161ac.jpeg 



筍おいしそう。

20190225030517cd3.jpeg 



にしてもほんと皆さま色鮮やかです。

20190225030507c26.jpeg 



20190225030518d46.jpeg 



20190225030520c28.jpeg 



201902250305231af.jpeg 



2019022503052241f.jpeg 



20190225030601835.jpeg 



20190225030602fc9.jpeg 



20190225030602ea4.jpeg 


こうしてみていると老若関係無いのが分かります。お婆ちゃまも、いや、おばあちゃまの方がよりレベルが高いように思います。




この青系の衣装はまた別の民族なのでしょうか。冒頭引用の通り、この市場には花モン族以外の方々もいらっしゃるようですが。

20190225030604ea5.jpeg 



20190225030605564.jpeg


 20190225030607ef4.jpeg 



20190225030608ed0.jpeg 



揚げ平餅。

20190225030612b32.jpeg 



20190225030615c2d.jpeg 

安定の美味です。


まだ英語が拙いながら一生懸命接客してる少年からミサンガを買いました。15000ドン。

201902250306159fa.jpeg 


少年が一生懸命すぎて、私がピックアップした検討候補のミサンガの上に別のミサンガの山をドシャってしちゃったり、なかなか可愛らしい感じ。


という上記の工程をたった30分で見学しました

なんとかなるっしょとか言っておきながら小心者の私です。

ただですね、
実はこのバックハーの日曜マーケット、14:00で終了らしく、私がウロウロしてた12:30-13:00時点で既に店終いしてた区画などもあり、もったいないことしました。
もっと早くにサパを出ねばならなかったようです。


帰りのバス。

201902250306167bf.jpeg 


13:00に広場に戻ってきましたが、出発は13:30とのこと。
うん、3時間でラオカイに着くとすると16:30ね。アイヤイヤー。


まあ、
なんとかなると良いなー。

20190225030617d96.jpeg 




そして爆睡して目がさめると既にバスはラオカイ近郊。そしてなんと時刻15:00。


をー!!!
余裕で間に合うじゃんか!!
歓喜です!これで私は胸張って乗車出来ますよ。


安堵して二度寝。
そしてラオカイ着。

2019022503061920c.jpeg 



。。。!?
時刻16:30。


嘘でしょ、
あれから1時間半も経っとる。。!!!

この数kmの間に何があったんだ。
ひとまずバス会社のカウンターへ。



私「ハロー。。キャンナイライドディスバース?」


私のチケットを見るなり目を見開き、固まり、溜め息と共に首を振るバス会社スタッフ。



まあそりゃそうですよねー。


とはいえここは東南アジア。
ワンチャンスです。


私「バックハーのバスディレイしてミーはお手上げだったデース!」
みたいなことを上記では無い表現で訴えかける私。


スタッフ「ナウ、15:30!!」

へ??

指をさされた壁に掛かってる時計をみると現在時刻15:30。


。。。なるほど!
先ほど時計見て16:30だったのは恐らくバスが中国国境付近を走ってたのでiPhoneが中国時間を表示したのですね(恐らく)。
だから1時間先の時刻を表示したわけです。

。。。??
じゃあ16:00のバスいけんじゃん!!

私「ナウ、15:30!バス、16:00!」

バス会社スタッフブチ切れ。

「ユア チケット イズ 13:30!!」




へ?


2019022503062322e.jpeg 


衝撃。
私の持ってたチケットは13:30発でした。

二重の倒錯。
なんということでしょう。


にしてもちょっとこれは酷い!
これはあんたらのミスでしょうがー!
なんて訴えるもそんなん聞く耳持たないバス会社。まあそうですよね。確認しなかったこちらのミス。


次のバスは17:30らしい。
えっと、、
1時間に一本じゃ無かったの?


三重の倒錯。


先方は英語がほとんど喋れないのでもうお手上げデースです。

あえなく新しくチケット購入となりました。
210,000ドン≒1050円をドブに捨ててもうた。。
勉強代と割り切りましょう。

20190225030624506.jpeg 



ひとまず気を鎮めるべくコーシータイム。

201902250306252b4.jpeg 


シロップ何個投下したんだというくらいの激甘っぷりでした。
 


そしてここの親父さんが自転車の空気入れる噴射チューブ?で店内を掃除してたのがほっこりでした。

20190225030626fc6.jpeg 


そしてそのまま鼻の中をも噴射で掃除してました。※後ろ姿

20190225030628c8e.jpeg 



17:30。

2019022503064525f.jpeg 


バスっぽいのが来てます。
車体に「HANOI」書いてますが、これでは無いと言われました。


17:45。
同様にHANOIと書かれたバスが来ましたが、これでも無いと言われました。


まあここはベトナム。
気長に待ちましょう。


そして18:00。


HANOI!
と言われたバスは


2019022503064658a.jpeg 


まさかのミニバス。
え、これでハノイまで行くの。。?


20190225030647088.jpeg 


ミニバスはちんたらちんたら街中を走っていきます。
どうやら50km速度を遵守してるようです。

ここは東南アジアでしょう、

サパ行きのバスのように思いっきりかっ飛ばせコンニャロー。


なんてイライラしてたら

20190225030649014.jpeg 


別のバスターミナルで大型バスに乗り換えでした。

まさかの寝台バス。

20190225030650ce2.jpeg 


ちょっと狭目。

私の左下階下ではおばちゃんが商売道具広げてのんびりしてます。※餅とか果物。

2019022503065265d.jpeg 




そしてバスは出発して1時間後に1時間の休憩を取るという誠に承服致しかねる自由さを発揮し、

2019022503065364b.jpeg 




走り出して消灯し、ようやく寝れると思いきや1時間に一回はジュリアナ東京かのような車内ライトが唐突に点火(途中で乗客を拾ってるっぽい)するなど実に不快極まりない道中でした。

そして、

20190225030656680.jpeg 


ここはどこ。


バスはハノイの観光エリアである旧市街に着くわけではない、というのは知ってましたが、とはいえどこが最終地点なのか分からず、旧市街から5kmほどの場所で降りました。このまま行くとさらに旧市街から離れそうだったので。

で、
歩き出して気づいた実際の距離が8kmもあるという事実。


2019022503065979a.jpeg 


タクりました。
雨だったし。

そしてタクシーは意外にもメーター性でした。
バス降りた場所(左のオレンジ)から1kmほど歩いたあたりから、宿エリア(右の青矢印)まで65000ドン≒325円。
初乗り6000ドン、1kmあたり10500ドンだそうです。明朗会計でした。

20190225030701d13.jpeg 




ということで無事宿に着きましたは24:30。

20190225030704713.jpeg 


お疲れ様でした。


私からの遺言は、日曜日のバックハーマーケットに際し、サパから自力で行くことはオススメしない、ならびにその日のうちにハノイに行くのもオススメしない、というところでしょうかね。


明日はハノイの街をぶらっとしてみます。

うっかり長居すると米朝会談にドンピシャってなんらか支障出るのも嫌なので数日で出る予定です。



本日もお疲れ様でした。
カームオーン、でした。mm


 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#525 パンガン島小探検、からの移動日。inタイ(43) 2019.5.21 2019/05/23
#524 パンガン島をのんびり探検。inタイ(42) 2019.5.20 2019/05/22
#523 世界三大レイブ、パンガン島フルムーンパリーへ。inタイ(41) 2019.5.19 2019/05/21
#522 タオ島ナンユアン島、絶景ツアー。inタイ(40) 2019.5.18 2019/05/20
#521 リゾート地サムイ島手探り観光を試みる。inタイ(39) 2019.5.18 2019/05/19