FC2ブログ

記事一覧

#451 メコン川に浮かぶ4000アイランド。inラオス(3) 2019.3.9



南ラオスの最南端、
カンボジアとの国境近くに4,000アイランドと言われる地域があるんだそうです。


今日はそこに行ってみたいと思います。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:チャムパーサック→シーパンドン(ドン・デット)Siphandon(Don det)
・手段:バス ※民営?
・料金:60,000キープ≒780円
・時間:約4時間  8:00発、12:00

↓位置関係
201903101506375f1.jpeg 



↓シーパンドン周辺地図マップ
(二行目はMapsme表記)

20190310150638721.jpeg 


・上のオレンジ:ナカーサンバスステーション
       Ban Nakasang Bus Station
・その下のオレンジ:デット島への船渡し場
       Ban Nakasang Ferry Terminal
・青矢印:宿 
       Peace and Love Restaurant
       ダブルルーム一泊50000キープ≒650円
・右の赤:コーンパペンの滝
      Khone Phapheng Falls
・中央の赤:コーンパソイの滝
      Tad Khone Pa Soi Waterfall
・左の赤の下:ソンパミットの滝
      Tad Somphamit Falls


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 
 
チャムパーサックはメコン川の西岸にある村なので、朝陽が拝めます。

ご覧あれ、
メコン川の朝陽。。!!

20190310150638ec3.jpeg 


寝坊しました。


オフテュンが私を目覚めさせなかったのです。


いえ、

実はパクセー宿の布団がダニが酷すぎてですね、数秒に一箇所どんどん痒くなるという地獄絵図だったんですよ。
なのですっかり寝不足だったのです。


さて、
今日はチャムパーサックからシーパンドンへ移動です。

宿泊した宿でシーパンドン行きのバスを依頼しておきました。60,000キープ≒780円。
割高感はありますが、自力で行く方法よく分からんでした。

で、
バスの時間になりなしたらば、
おっさん「レッツゴー!」

20190310150640212.jpeg 

一瞬これでシーパンドン行くのかと思っちゃいました。バイタク乗りすぎでついバイクを当たり前の交通手段だと誤認しました。


最後まで目を合わせてくれなかった宿犬。

20190310150642c24.jpeg 



船着場に着きました。
どうやら川を渡るようですね。

2019031015064334a.jpeg 


てかおっさんもう居なくなってますけども、私がシーパンドン行きたい旨は正しく引き継がれていますでしょうか。


船には鶏さんも同乗しています。

201903101506444b8.jpeg 



201903101506461fa.jpeg 


↑喉をゴロゴロされてたり、
↓もち米を与えられていたり、

20190310150648842.jpeg 


もう尋常じゃなくこのお兄さんたちが可愛がっているのですが、
ペットでしょうか。
それともやはり血肉のために屠るのでしょうか

後者でないことを願います。



まだ朝8:30なのでこれを朝陽ということにしておきたいと思います。

20190310150649271.jpeg 


対岸から川を渡ってくる船。
拡大するとわかりますが、ナチュラルにバイクごと乗車してます。

20190310150650459.jpeg 



で、
対岸上陸後、
船渡しの青年がこの場所に誘導してくれました。


2019031015065444e.jpeg 



20190310150652fdf.jpeg 



バスマークがあるのできっとここにバスが来るのでしょう。
そういうことだったのね。


バス待ち中の欧米人x3と私。

おフランスと人口400万人のどこそこと人口500万人のどこそこの女子三人組だそうです。流暢すぎて聞き取れず。

バス待ちの間に売店で買った飲み物。

20190310150655855.jpeg 


これベトナムから見かけている「Oisi」というメーカー(ブランド?)。

タイのメーカーっぽいです。
「おいしい」と書かれてます。
こういうのほっこりします。タイ楽しみ。


と、
ここで(私にとっては)事件です。

ネットが繋がらなくなりました。
SMSで「Your data bonus is 0MB!」的なのが送られてきました。
確かに私はSIMカード買った時点で300MBのボーナス容量があったのですが、足りなすぎると思って一昨日50000キープで5GBをリフィル(補充)したはずなのですが。


SIMカード買った時にもらったカード台紙を見るとBalance check *122(だか)*をCallとあったので指示に従うと


20190310150656cb0.jpeg 


こう出ます。
確かに5万キープくらいの数字が表示されます。

そしてひとまずSafariを立ち上げると
Unitelの画面が出ました。


201903101506581a9.jpeg 




この右下のRegister packageのテキストを押すと、


20190310150700bfc.jpeg 



こんな画面に。
ここでようやくピンときました。

私が先日補充したのは50,000キープ分の金額であって、補充した後にこの画面で容量を買う(register)するんですね!

なるほど気づかなかったぜ。


で、
冷静に見ると一昨日50,000キープ分の補充をしたのに残高は49,899キープになってて50,000キープの30日プランが買えない。。。!!なんだこれは。


仕方ないので

LT12 1.5GB  7Days をRegisterしてみました。無事ネットに繋がりました。


って
誰も教えてくれなかったよそんなこと。

まあ結果良しです。

で、

しばらく別のアプリいじってたのちにもっかいSafariに戻ったらさっきの画面がリロードされてもう一度LT12プランがRegisterされた

しかも誤ってもっかいリロードボタンを押してもうた
もちろん容量は3GBにはならず1.5GBのままです。

SMSにはしっかり「補充したよキラーン!」なメッセージx3

20190310150703767.jpeg 


何をしてるんでしょうか私は。
まあ大した金額ではないですけども。


待つこと実に1時間。
9:45頃にバスではなくバンが来ました。

201903101507248e4.jpeg 



そしてバンは続々と集まってきていた欧米人に占領され私は乗れませんでしたえ!?


船渡しのお兄さんにまあまちょっと待って、と待たされる私、ともう一組のおフランスカップル。

カップルの男「HAHAHA僕らはきっと安いチケットなんだよ」
安くねーし。

で、
我々は結局

20190310150725f5f.jpeg 


通りかかったソンテウに乗るという事故。
え、これでシーパンドン行くの!?



ひた走るソンテウと鼻歌混じりのおフランソワボーイ。

20190310150726099.jpeg 


違いました。

20190310150727b73.jpeg 

大型バスが待ってました。
これでシーパンドン行くんですね。

この位置でバスに乗り込みでした。

20190310150729c37.jpeg 


思うにパクセーからシーパンドンに向かうバスに我々チャムパーサック組みが途中で乗り込むんだと思います。
※だとしたら最初からここで待たせてくれ。



はいナカーサンのバスステーション着です。

2019031015073086f.jpeg 

広い駐車場にチケット窓口一つ、
という感じ。
あ、ATMありましたよ。


201903101507322ec.jpeg 


カンボジアからインしてきた人はここでお金おろせそうですね。
かつての情報ではATM一台でしたが三台に増えてました。


さて、
ここでバスから降りましたが次どうしたらいいんだ。

シーパンドンはシーパン(4000)ドン(島)の意味で、4000アイランドとも言われているのですが、観光客が滞在するのは主にドンデット(デット島)とドンコーン(コーン島)だそうです。

で、
私はひとまずナカーサンバスステーションが近い方のデット島に滞在しようと思っております。
が、

チケットを見ると「ナカーサン」としか書いてないのでここからは自力でドンデットに行かねばならぬのだろう。

というわけで地図見ながら船乗り場まで来ましたよ。

20190310150733921.jpeg 



船チケット。

20190310150735430.jpeg 


15,000キープでした。
これもしかしたら私の先ほどのバスチケットにインクルードされてたんじゃないか疑惑。

あの欧米人達はバスチケット見せて舟券をゲットしてました。ぐぬぬ。

20190310150736974.jpeg 




船景色。


201903101507372b9.jpeg 



20190310150739c09.jpeg 

とてもステキな景色ですが、
実態は超簡素な小舟でして欧米人で満員御礼の船は足元が浸水していてなかなか刺激的でした。


はいデット島が見えてきましたー。

201903101507418e7.jpeg 



村!

って感じです。

20190310150742018.jpeg 


あ、
いや、
歩き出してみるとなかなかツーリスティックです。

道の両脇全てがレストランか宿で欧米人がマターリしています。
ただやはりラオスなのは、建物は全て平屋で、川側はレストランやバンガローなのに対し陸側はその家族の家があって家の前で裸の子供たちがキャッキャしてる感じでしょうか。


なんとなくインドのゴアを思わせる雰囲気です。



本日の宿はここにしました。

20190310150743b32.jpeg 


LOVE AND PEACE GUESTHOUSE。
名前の割に落ち着いた雰囲気のバンガローです。

大概この手の名前の宿はラウンジにBARがありギラギラのネオンとイガイガのBGMをこしらえて欧米人共が旅と人生について語り合い超ハッピーでマジでピースな雰囲気なのですが。

なぜこんなラブでピースな名前にしたのでしょうか。
一泊50,000キープ≒650円。

3年前は25,000キープだったようですがここ最近の旅人ブログを読んでいるとシーパンドンはどこも50,000キープが底値のようなのでここに決めました。

ドミで良いんだけどな。。


201903101507451f3.jpeg 

(ダブルルーム)

ただ私の譲れない願いだったコレ、
ありますよ。

2019031015074705f.jpeg 


西側テラスとハンモック。
メコン川といえば夕陽。

てかメコン川は夕陽見る以外何かある?

って皆さん仰ってるようなのでここは抑えておきました。


レストラン併設。

2019031015074807a.jpeg 


どこの宿もだいたいレストラン付きです。
ここが稼ぎどころなのでしょう。

なお写真の裸の兄ちゃんはアームウォーマーではなくタトゥーです。

宿いぬ。

201903101507506e9.jpeg 


姿は見せぬがテーブルの下から尻尾だけブンブン振っているシャイな奴。

宿飯です。

20190310150752df1.jpeg 


ラープというラオス料理にしてみました。
ミンチ肉?とハーブと炒めたやつです。
どっかのサイトでラオス定番料理と聞いてオーダーしましたが、英字表記だと「Chicken salada」とか「Pork salada」とかなっちゃうんですね。これが英語表記の悲しいところです。

なお宿で飯を食べているのはそれを条件に一泊45,000キープでお願いしたからです。この島はどこもレストラン高いらしいしどこで食べても変わらない気がするので一石二鳥。


テラスからのメコン川。

20190310150817f4e.jpeg 



走り抜ける船。

201903101508160a2.jpeg 



泳ぐ子供たち。

201903101508194e9.jpeg 


こちらに気づくとピースしてくれるサービス精神。ごめんねフレームを誤った(下にいます)。

201903101508218e2.jpeg 



漁をしてる人たち。

20190310150817e1e.jpeg 



先ほどの女の子たちが「ヘイヘイ!」
振り向くと

20190310150822d21.jpeg 



20190310150824ed7.jpeg 


平和。

なんて平和なんでしょうか。


そんな空気にすっかり邪気を抜かれた私は

20190310150826b29.jpeg 



昼寝、
はいりまーす。


私ハンモック好きなんですよねー。
実は社会人時代の最後はマンション最上階の角部屋でかめテラス付きの部屋をゲットし(格安賃貸)そこに自立式ハンモック立てて寝てました。
蚊に刺されまくって起きるわけですけども。


あ、
このままだとブログに書くことが無くなりますね。いかんいかん。
いや、決してブログのために出かけるわけじゃないですけども。
せっかくなのでデット島を散歩です。


きゅーーーーん!!!

20190310150827b15.jpeg 



201903101508285e3.jpeg 



20190310150830d63.jpeg 



20190310150831d65.jpeg

 


20190310150833390.jpeg 



20190310150834cb5.jpeg 


ああすみません取り乱しました。

直近犬肌恋しかったものでして。


私を見上げながら身体を掻きまくる両名。
なんだ?私が悪いのか?


20190310150836608.jpeg 



道中は村の子供たちでいっぱいです。

201903101508373c2.jpeg 



20190310150839515.jpeg 


あといぬたち。

20190310150840fee.jpeg 



20190310150842a20.jpeg 



20190310150843268.jpeg 




ときどきぬこ。

20190310150951281.jpeg 



20190310150952509.jpeg 



20190310150952b5a.jpeg 



20190310150953093.jpeg 



20190310150955649.jpeg 


しばらく進むと景色が静かになってきます。

201903101509561a1.jpeg 



20190310150958003.jpeg 



20190310151001a10.jpeg 



ツーリスティックエリアあるあるなやつ。

2019031015100476f.jpeg 


メルボルンがヘブン方面指してますが大丈夫でしょうか。
なおTOKYOも釘が片方取れてマントル方面指してました。


Mapsmeにあったビーチを覗きにきました。

20190310151006b96.jpeg 


どうやら向かいのレストランの私有地のようで、ビーチに入るなら何か頼んでねーって書いてます。

頼んでみました。

20190310151007c7b.jpeg 


ココナッツスムージー。
まだ東南アジア来て一回もココナッツをいただいてなかったのでここへ来てトライ。

てかちょっとこれはオシャレすぎますけども。



Mapsme上の名前は「Garden of Nang Beach」です。
ここにもいぬたちがいました。

20190310151008236.jpeg 



20190310151009e40.jpeg 

無防備すぎる。


ビーチに来ました。

20190310151010834.jpeg 



20190310151011cc2.jpeg 



20190310151013139.jpeg 

島と島の間の小川のような場所でした。
その分流れは穏やかです。


思い切って入水。

20190310151014fe7.jpeg 


ちょっとこの上流(パクセー)をみていると決して綺麗ではないんだろうなと思うので顔は付けずに身体だけ。こういうとき水着だと楽で良いですね。


20190310151016769.jpeg 


うん。
ちょっと浅すぎるかな。
そして水草多すぎるかな。
ちょっと泳ぐには物足りない感じです。
あといざ入ってみると流れは早いです。
浮き輪でぷかぷかとか無理そうです。

ここはそのくらいでした。

全身乾かしがてらまったり中。

201903101510179a7.jpeg 


見上げた空のこのお花。
なんでございましょうか。
って書くと園芸学部卒のとある先輩が毎回コメントくれるので今回も書いてみました。


デット島の西側を北上中。

20190310151045e10.jpeg 





201903101510463d0.jpeg 



201903101510472a1.jpeg 


デット島の東側の景色。

20190310151049786.jpeg 



20190310151051f3e.jpeg 

こちら側も島だらけです。


水を突く鴨(?)

201903101510533f1.jpeg 


私から逃げまくる鶏一家。

20190310151054224.jpeg 



201903101510561bc.jpeg 

私に踏まれかけて驚いたのちに二度寝に入るいぬ。

20190310151057cbb.jpeg 




そろそろ陽が傾いてきているので宿に帰ります。

20190310151059aaf.jpeg 


道の奥にいる欧米人についてっちゃったちっちゃい子犬を段ボールの小箱抱えて追いかけて連れ返している村の子供たち。
もう起承転結においてすべてがめっちゃ可愛い。

20190310151100516.jpeg 


はい宿レストラン帰還ー。

20190310151102f48.jpeg 


時すでにスーパー夕焼けタイム発動中です。

201903101511033c8.jpeg 



夕陽を浴びるデット島。

20190310151104304.jpeg 



もうここはコレでしょう。

201903101511062e3.jpeg 

あゝ、最強に最高。


船が走ると水面が光る。

20190310151107a2b.jpeg 


お隣はゆるーBGMかけてハンモックで日記書いてる欧米人。

201903101511099f4.jpeg 



ゆるーい時間を頂いております。

20190310151111801.jpeg 



ゆるーい時間の相棒。

201903101511128df.jpeg 


最近ビールのつまみがもっぱら麺です。


イイ、よねぇ。。

201903101511488a3.jpeg 



20190310151148d67.jpeg 



2019031015114947d.jpeg 




また子供たちの大はしゃぎが始まってます。

20190310151151f0e.jpeg 


こちらに気づいてはいピース。

20190310151152b3e.jpeg 


はいピース。

20190310151155473.jpeg 


はいピース。

201903101511555d4.jpeg 

ねえいつまでやるの。
ってくらい元気です。みんな。


沈む夕陽。
今日もステキな景色をありがとうございました。

201903101511592b1.jpeg 




その後もしばしのマジックアワーをつまみにビアラオで乾杯しておりました。


201903101512011b7.jpeg 



20190310151202ce7.jpeg 



201903101512058a7.jpeg 



201903101512073e3.jpeg 



20190310151204149.jpeg



 

そんなメコン川のある風景の一日でした。


さて、
明日はお隣の島、コーン島にのんびりチャリンコでぶらっとしに行きますよ。


なおここデット島は

ほんとに素朴な島村ですからね。
夜は大変静か。

と思ってたら道の向かいの家(この宿の家族)の爆音カラオケ大会が終わりません。


もー。

ラオス人自由なんだからー。


コッブチャーイ。でした。


 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re

コメントありがとうございます!
毎度恐縮です。
キングサリと言うのですね。さすが先輩。

次はまだ未定ですが多分そこに行きます!
乞うご期待くださいー!

No title

Woah! I’m truly lovingenjoyingdigging all the template/theme for
this sitewebsiteblog. It’s effortless, at this
point highly effective. More often than not it’s incredibly hardvery difficultchallengingtoughdifficulthard to acquire which will “perfect balance” among very good usabilityuser friendlinessusability and vision appearancevisual appealappearance.
I have to admit that you’veyou haveyou’ve
succesfully done any awesomeamazingvery goodsuperbfantasticexcellentgreat profession utilizing
this. When it comes to additionAdditionallyAlso, your web sites plenty
veryextremelysuper fastquick for my situation for SafariInternet explorerChromeOperaFirefox.

SuperbExceptionalOutstandingExcellent Web page!

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01