FC2ブログ

記事一覧

#459 これぞラオスの桃源郷、バンビエンへ。inラオス(9) 2019.3.17



北ラオス二日目はヴィエンチャンから北へ約160km。
バンビエンという村に向かいます。

これがんまぁぁぁぁぁ素敵なこと。


ラオスに何しに行きたいの?
という私の問いに

「散歩」「自然」

とだけ答えた仙人志望の姉はもー堪らんでしょうね。


ということで、
ラオスの桃源郷、バンビエン1日目です。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ヴィエンチャン→バンビエン
                  Ventiane→Vang vieng
・手段:民営ミニバス ※宿手配
・料金:70,000キープ≒910円
              バスは60,000キープだったが満席。
・時間:4時間半  10:00発、14:30

↓バンビエン場所

20190318004535321.jpeg 



↓バンビエン地図マップ
(二行目はMapsme表記)
201903180045374b1.jpeg 


・青:宿 ドミ一泊71,250キープ≒926円
      ヴァンヴィエン ロック バックパッカー ホステル
五箇所の赤=ブルーラグーン各種
・中央の赤:ブルーラグーン1
      Blue Lagoon
・その左下の赤:ブルーラグーン2
      Blue Lagoon 2
・その左上の赤:ブルーラグーン3
      Blue Lagoon 3
・右上の赤:ブルーラグーン4
      Blue Lagoon 4
・左上の赤:ブルーラグーン5  
      Blue Lagoon 5
・中央のオレンジ:Pha Poakの丘
       Pha Poak
・その左下のオレンジ:Pha Ngeunの丘
       Pha Ngeun
・中央下の緑:Tham Chang洞窟
       Tham Chang Cave
・上の緑:エレファントケイブ
       Elephant Cave
・その左の緑:ウォーターケイブ
       Water Cave
・左の緑:Pha Hon Kham 洞窟(?)
       Pha Hon Kham Cliff the view point and cave

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 
 
朝9:30。

201903180045386d2.jpeg 


ヴィエンチャンからバンビエンへ向かうバスへ向かうソンテウ(リキシャ(大))からおはようございます。

もともと宿の人に、
昨夜「明日の朝の10:00のバスでバンビエン行きたいですー」と伝えてありました。

で、サンドイッチでも買いに行こうかなーと9:15に一階に降りたらこのソンテウ運転手がニコニコしてバンビエンGoGo!と待機しており、宿の外にはソンテウに詰め込まれた多数の欧米人が待ちくたびれていたので朝からバタバタと我々もソンテウに詰め込まれています。腹減った。



非常食にしようと思っていた姉からの救援物資が早くも大活躍です。

20190318004539d77.jpeg 


もう原型留めておりませんでしたけども。

本日のミニバス。

20190318004541f8f.jpeg 


バスはもう満席になっていたようで、こちらのミニバスとなりました。
バスは60,000キープ、ミニバスは70,000キープです。


道中。

201903180045431c9.jpeg 


写真ではそんなこと1ミリも伝わらないと思うのですが、

この道中、私の中でベスト3に軽々ランクインするほどの大悪路でした。

一見道は舗装されてるように見えるんですけど

なぜこんなにも下からッカンッカンと突き上げられるのでしょうか。


ドライバーの運転の荒さが二次関数式にY値(衝撃値)を跳ねあげているとしか思えません。
腰が壊れる。


途中休憩。

20190318004545353.jpeg 


バファリン飲んでここまで耐えました。

昼飯はvan vanという麺にしてみました。
インスタント麺でした。

201903180045475be.jpeg 


はいバンビエン着ー。。

20190318004548984.jpeg 


HP2です。
もう死ぬ寸前ですアタシ。

ミニバスはだだっ広い空き地で止まりました。

20190318004549f4b.jpeg 



はい本日の宿。

20190318004552c33.jpeg 


やや街の北側ですが、夜にFREE WHISKYサービスがありだいぶやらせていただきました。
宿泊代金そして夜のコーラ代で2回ともお釣りを派手に間違えてきたのはもう悪意があるとしか思えませんけども。怒り心頭。



さて、
ここバンビエンは山あいの小さな村。

村を流れるナムソン川とカルスト地形が為す山々の景観がとても美しく、今や欧米人バックパッカーが巣食う大ツーリスティック村となっている街だそうです。

ひとまず今日はもう14:30なので、Mapsmeで見つけた近くの丘「Pha Poak」に行ってみることにしました。

村のお寺の仏陀先生。

201903180045537f3.jpeg 



2019031800455551a.jpeg 


ワットプーに続き、

ラオスの脱力系仏陀先生シリーズです。


ここで姉氏がラオス服屋で発狂開始してしまったので

20190318004603d00.jpeg 



20190318004602762.jpeg 


私は静かに一旦休憩タイム。
またスイカシェイクです。
5,000キープ≒65円。生き返るー。

姉がまさかの爆買いだったので一旦宿まで戦利品を置きに行ってもらい、

バンビエン散歩再開。



ナムソン川ー!!

20190318004602e31.jpeg 



20190318004602623.jpeg 


ああ、
なんだろう、凄くイイですね。

実に長閑。
もうちょっと欧米人がラジカセ片手に拳振り上げパリパリピーだと思ってました。


あ、いや、ラオス人が半裸で寝っ転がってビアラオ片手にカラオケ大会してるという点では十分にパリパリピーなのですが。

良くも悪くもラオスらしい景色です。

2019031800464281b.jpeg 



おおこれがバンビエンの山々ですね。

20190318004638a19.jpeg 



見えてきました、Pha Poakの丘です。

20190318004638ea6.jpeg 


バンビエンってカルスト地形なんですね。
ちょっと桂林を思い出します。


あの丘に登れたら確かに景色すごいだろうなー。。!
と思ってたら、

201903180046415a9.jpeg 


Pha Poakの丘はこっちでした。

ちっさ!!

でも近づいてみるとなかなかです。

201903180046417ef.jpeg 


入場料がかかりました。
10,000キープ≒130円だったかな。
ご一家の私有地なのか、麓では皆さんのんびりと暮らしてました。

御一家の鶏一家と戯れる。


201903180046488ef.jpeg 





で、
ちっさ!


とか申し上げた当丘は


201903180046523bf.jpeg 



20190318004654299.jpeg 

強烈な崖登りでした。


途中洞窟が出現。

201903180046576e2.jpeg 



20190318004656f15.jpeg 



201903180046557dd.jpeg 

結構でかい。

まだまだ奥に行けそうですが、
そして姉氏は行く気満々でしたがここで退却。丘の上を目指します。


洞窟からさらに先はなかなか難易度の高い道程でした。
もう両手使ってよじ登らないといかんのですが、岩が切り立っていて安易に掴むと岩が掌に刺さるほど鋭利なのです。

2019031800470045c.jpeg 


写真じゃ伝わらないのが悔しい。


このハシゴの勾配 、分かりますか。

201903180047530cc.jpeg 




そんな岩山の頂上からの景色。

201903180047004d0.jpeg 





至福。



振り返ればバンビエンの山々に沈み行く夕陽。

20190318004658a0f.jpeg 



岩山の裏側の景色。

20190318004752a62.jpeg 





カランカランと聞こえるのは牛の首に付けられた鐘の音です。


。。。


しゅてき。


これこそがきっとラオスファンの心を掴んで離さない景色なんでしょうね。


と言ってもここは宿から徒歩30分のお手軽スポット。
まだまだバンビエンは数々の素晴らしい絶景ポイントがあるそうです。
明日以降はそこを巡って行こうと思います。


もう一度ヒヨコと戯れる。




バンビエンの丘の夕陽。

20190318004754b46.jpeg

 

あぜ道を走る兄ちゃん。

20190318004755b38.jpeg 



焼き魚。※でかい

20190318004757986.jpeg 


串焼き。※でかい


20190318004801135.jpeg 


擬態できてない本日の野犬。

201903180048035d5.jpeg 


車ごと川に乗り入れキャッキャしてる家族。

2019031800480575b.jpeg 


柔軟ないぬ。

20190318004810441.jpeg 


従順ないぬ。

20190318004811fad.jpeg 


川越しの夕陽。

20190318004809344.jpeg 




夕飯は川床のような場所でいただきました。

20190318004814989.jpeg 


川に足を浸しながら。

20190318004814f05.jpeg 


ベトナム以降、
すごい勢いで色が黒くなってきてます。
足首辺りの白いのが私の本来の純白です。
もはやこの黒さ、私の同期、ギャン黒のねもっちゃんみたくなってきてます。それは嫌だな。


夕飯は先日南ラオスでも食べたパッタイと、

2019031800483250a.jpeg 


ラオスライスといえばのもち米(まさかのイン・ザ・ラップ)、

201903180048342d7.jpeg 


そしてラープ。

201903180048354cd.jpeg 


昨日のヴィエンチャンで食べたラープが美味しすぎたようで姉氏がリクエストです。

結果、ここのラープは普通でした。
ただパッタイが超酒が進む美味さでした。
まあお酒はビール一缶しかなかったので代わりに進んだのはもち米なのですが。


ご馳走でした。

2019031800484049b.jpeg 




そしてこの日の夜は宿のフリーWhiskyをエンジョイしてました。

20190318004839aa7.jpeg 


どうやらこのバンビエン、ちょっと前までは欧米人パッカーたちがハッパでハッピーな街だったんですってね。
その名残か、夜の街はなかなかパリィーな雰囲気を醸してました。


ということで、
明日はチャリでバンビエンの桃源郷を探しに行きますよ。ご期待くださいまし。


コッブチャーイ!
でした。


↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー


コメント

No title

はじめまして。バンビエン昔行ったことがあったので、すごい懐かしい。特に写真が多くて嬉しいです。
ちなみに今はバンビエンははっぱでハッピーな場所じゃなくなっているってことでしょうか?驚き!

Re

>にっぱーさん
コメントありがとうございます!
昔と比べてきっと経済的に発展しているんだろうとは思いますが、ほかの首都とは明らかに違うゆるーい雰囲気が良かったです。バンビエンは全然ハッパでハッピーじゃなかったです!ハッピーパリピーはウヨウヨしてましたけども。。

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01