FC2ブログ

記事一覧

#460 桃源郷のブルーラグーンと絶景の丘。inラオス(10) 2019.3.18



バンビエン二日目。


本日はチャリを借りてバンビエン近郊の自然を巡るのだ。

と姉が意気込んでおります。

ブルーラグーンはバンビエン名物だそうですが、No1〜5まであるようです。


No5は宿から22km。

無理でしょ。

え、
千葉から君津でチャリで行くよりは全然近いって?

何言ってっかよく分からないので日本語で説明していただけませんか。
そもそも千葉(姉の現住所)から君津(実家)までチャリで行くドアホウがどこにいrああ、貴方でしたか。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ブルーラグーン5&3、Nam Xayの丘
・手段:レンタサイクル(マウンテンバイク)
・料金:1日30,000キープ≒390円
・時間:本文にて
※ブルーラグーン3,5は大悪路につきチャリは絶対にお勧めしません。是非バギーで。バイクも大変だと思います。

↓バンビエン地図マップ
(二行目はMapsme表記)
201903182350347f1.jpeg 


・青:宿 ドミ一泊71,250キープ≒926円
      ヴァンヴィエン ロック バックパッカー ホステル

五箇所の赤=ブルーラグーン各種
・中央の赤:ブルーラグーン1
      Blue Lagoon
・その左下の赤:ブルーラグーン2
      Blue Lagoon 2
・その左上の赤:ブルーラグーン3
      Blue Lagoon 3
・右上の赤:ブルーラグーン4
      Blue Lagoon 4
・左上の赤:ブルーラグーン5  
      Blue Lagoon 5

・中央右のオレンジ:Pha Poakの丘
       Pha Poak
・その左のオレンジ:Pha Ngeunの丘
       Pha Ngeun

・さらにその左のオレンジ:Nam Xayの丘

       Nam Xay Top view (10000k)


・中央下の緑:Tham Chang洞窟
       Tham Chang Cave
・上の緑:エレファントケイブ
       Elephant Cave
・その左の緑:ウォーターケイブ
       Water Cave


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 


朝7:30。

201903182353182c6.jpeg 


この宿は7:30から朝ごはんが出ると聞いて意気込んでやってきましたが、
まさかの紅茶ポットしかありませんでした。


これを朝食にせしとは幾らなんでもあんまりです。せめてビアラオ出しなさいよラオス人め。


と思ったら、
各自食べたいものをスタッフにオーダーする形式でした。毎度思いますがこの国こういうガイダンスが悉く欠如していますよね。ラオス。

2019031823504807b.jpeg 


ただやっぱりバゲッティーヌは大変にメルシーなのでありました。美味。



本日の相棒。


20190318235117de4.jpeg 

マウンテンバイクです。

ママチャリが確か1日10,000キープなのに対しマウンテンバイクは30,000キープ。道中は大変な悪路と聞きまして奮発しました。



なお、これは宿で借りたのですが、

宿のおっさんに「行くぞ!」と指差されたのがまさかのバイクで『いや、我々、チャリ借りたいんですけど。。?』というと「ノープロブレムノープロブレム!」と言ってバイクで三ケツしてわずか30m先のチャリ屋に連れてかれそこでチャリレンタルでした。


おっさん「な?ノープロブレムだろ?」
そのスタンスがプロブレムなんだよこのラオス人めっ。


なお街中にはレンタルバギーなんかもあります。

2019031823512328a.jpeg 


いくらか忘れましたけども。
なお、道中はバギー派もたくさんいました。


はい、
本日の目標。

2019031911391799b.jpeg 



ブルーラグーン5が最終ゴールですが、最初はブルーラグーン3を目指します。


途中ブルーラグーン1を通りますが、そこは近場ということもあって大大大混雑らしいのです。で、ブルーラグーン5は遠すぎて全然人がいないらしく、そしてブルーラグーン3が程よく人が少ないながらとはいえ午後には人が増えると聞きまして。

まずはバンビエン中央を南北に流れる川を越える橋へ。

チャリは6,000キープの通行料金です。
ここから北にある橋だと通行料は掛かりませんが、まあ大した金額ではないですし。


201903182354167ee.jpeg 


はい橋こえますよー。


20190318235436896.jpeg 



そこから一路、西へ。

道中はバギーの大群に何度も追い越されます。大概が韓国人です。

20190318235314c79.jpeg 



2019031823531748c.jpeg 



そしてしばらく走ると

2019031823510400c.jpeg 



20190318235504881.jpeg 



20190318235441767.jpeg



 




素敵!!
なんなんですかこの桃源郷感。。!!


道路も見ての通り綺麗に舗装されてて全然楽です。


20190319120213a38.jpeg 




のどかな世界をひた進みます


20190318235441d87.jpeg 



20190318235127f89.jpeg 



2019031823525506b.jpeg 




20190318235523e73.jpeg 



20190318235255861.jpeg 



2019031823530190a.jpeg 



20190318235306612.jpeg 



20190318235314868.jpeg 


最初の分岐。
右がブルーラグーン1。
左がブルーラグーン2です。


2019031823554156c.jpeg 



どちらに行ってもブルーラグーン3&5には行けますが、近い方は右なので右へ。



そしてブルーラグーン1への分岐を横目にブルーラグーン3方面へ進むと

2019031823554147a.jpeg 


どオフロード。


もうガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ

って感じです。

尻の骨はもう玉砕し、
立ち漕ぎを余儀なくされるものの次は手の甲と足の骨のどちらが先に粉砕するかという世界です。あ、腰もやばい。


20190319120214e91.jpeg 



分岐には毎度こんな感じで看板があるので迷いません。

201903182355442fb.jpeg




なお道中も沢山の丘上ビューポイントや洞窟があるようで多数の看板が手招きしていました。




途中の村。

201903182355532d8.jpeg 



いぬベイビー達がぶちゃかわいい。


2019031823555569d.jpeg 



201903182356200c6.jpeg 



20190318235647279.jpeg 



引き続き脳震盪を誘発する悪路へ。
写真もこうなる。

20190318235641e89.jpeg 




その他、尻を休めながらの景色。

2019031823564615e.jpeg 



20190318235704703.jpeg



 201903182357056ca.jpeg 



201903182357093b4.jpeg 



悪路開始から8km。

20190318235708208.jpeg 


ようやくブルーラグーン3の入り口が。

そして到着。

201903190001015c9.jpeg 


さあ着いたぞ!
と入場料10,000キープを支払って中に入って早速違和感。

ここ、

ブルーラグーン3じゃない。。!


すぐさま入場料返金してもらって外に出ました。おばちゃん達しょんぼり。

いやこれほんと皆さん気をつけてくださいね。Mapsmeは本物のブルーラグーン3もこの泉も両方ともブルーラグーン3ってなってますから。

先ほどの看板もよく見ると、

201903190001015c9.jpeg 


右=BLUE SPRINGとなっていて、
左=BLUE LAGOONとなってます。


本物はこっち。
今のとこを左に進んで200mほどです。
こちらも入場料10,000キープです。

201903190001012f7.jpeg 


おお、
確かになんとなくブルー感。。!

ラグーンかどうかはさておき。いや、すでに韓国人達が思い思いに楽しんでラグーン感を演出してくれています。

2019031900011142d.jpeg 



20190319000112ac0.jpeg



 
我々も入水。

20190319000113dd7.jpeg 


つ、、冷た!!

ちょっとカメラに水滴ついちゃってますが、水中には魚がたくさんいます。



そして我々も年甲斐なくジャンプ台から飛び込んでみたり、ZIPラインから飛び込んでみたりなどと思った以上に大はしゃぎ致しましたが都合により写真は非開示とさせていただきます。



お昼ご飯。

20190319000205af2.jpeg 



2019031900020559f.jpeg



いっやーー。
まっじで疲れました。

尻はもう玉砕してますし、
なによりも泳ぎ疲れました。

いや、ここ、楽しいですよ。
ほんとね、程よいです。混雑具合が。
飛び込み台から飛び込む若者が一回転決めるとみんなで拍手して盛り上がるくらいほっこりしてます。

20190319000206be6.jpeg 



2019031900020668c.jpeg 

客層は韓国人6:欧米人4でした。
韓国人パワーがすごい。


なお飛び込み台、浮き輪、共に無料です。
トイレあり。
ただロッカーはないので(たぶん)、貴重品は自己管理です。


20190319000206d18.jpeg 



201903190002064b2.jpeg 



20190319000201c9d.jpeg




3時間くらい遊んだでしょうか。

そろそろ次の目的地、ブルーラグーン5を目指します。


帰りの駐車場。
チャリで来てたのは我々のみでした。
ですよねー。


201903190002079d1.jpeg


 
さて、

引き続き悪路を7kmほど。



ところで、以下、すごくないですか。

20190319000207c3b.jpeg 



20190319000246c2d.jpeg


 20190319000255182.jpeg 



201903190002554fd.jpeg 



20190319000255c1e.jpeg 

これ、全部、です。
謎の大量発生。
しかもみんな列を成して集団行動しているのです。
繁殖期とかなのかな?
大変に神秘的な世界です。


引き続きバンビエンの岩山の谷間を行く。

20190319000250a90.jpeg 



20190319000258c72.jpeg 


うし。

20190319000255a82.jpeg 


むらびと。

201903190002544bc.jpeg 


とり。

20190319000300c34.jpeg 


蝶の行進。



なんてやりながらようやくのブルーラグーン5ぉ!!!

20190319000259851.jpeg 


ここまでトータル22km。
うち悪路15kmです。
死ぬかとおもた。

入場料10,000キープを支払うとこんな天使たちが尻の痛みを癒してくれます。

20190319000301534.jpeg 



20190319000302c87.jpeg 



201903190003038a4.jpeg 



20190319000304f60.jpeg



 201903190004007c3.jpeg 



20190319000416ce7.jpeg 


そしてブルーラグーン5がこちら。

20190319000558864.jpeg 



20190319000558d12.jpeg 

うーーーーん!!!


確かに人はいないけども、ブルーラグーン3に比べて俄然下がりました。
あと葉っぱや羽が浮いてるのがさらに残念です。


とはいえせっかく来ましたからね、

20190319000514679.jpeg 


浮き輪で浮いてみる。
なおここも浮き輪とかカヤックがあり、自由に使っていい感じです。
4mくらいの高さの天然飛び込み台みたいのもありました。

20190319000558fba.jpeg 


せっかくなのでズバシャーーンさせてもらってますが、都合により写真の掲載は控えております。


まあ、そんな感じです。
普段からこんな感じなのかわかりませんが、ブルーラグーン5はあんましお勧めできません。。
なおブルーラグーン3も5も洞窟があるようです。行ってないのでどんな感じなのかわかりませんけども。



さて、
ここから折り返してバンビエンへ戻ります。
その道中に長めの良さそうな丘があるのでそこに立ち寄ります。

ということで悪路を延々と14km。
もはや満身創痍で写真は一枚もありません。

途中休憩した売店のいぬたち。

20190319000534bda.jpeg 


まるでラオス人のようです。



はいやってきましたよ
Nam Xayの丘です。

20190319000558a80.jpeg 


MapsmeではNam Xay Top view (10000k)。
入り口がブルーラグーン3に向かう途中の道路沿いにあるのですぐわかるかと。

さてこのNam Xayの丘、
この写真の通り大地にズガンと立ちはだかる岩山な訳で、


2019031900052105d.jpeg 



容赦ない登り道です。


20190319000558af6.jpeg 



20190319000558574.jpeg 


途中から岩山を四つん這いで這い上がる感じになります。

2019031900055721f.jpeg 



そして登り始めて20分か30分くらい。

これスゴないですかー!!!


20190319120211308.jpeg 




20190319000807fe3.jpeg 




バンビエンの岩山とライステラス一望できます。



反対側の景色。

20190319000640dfe.jpeg 


こちらも素敵です。
なぜか手前にバイクが置かれてますけども。


黄金の夕陽タイム。

20190319000705be4.jpeg 


言葉を失う美しい景色です。
ここまで汗水流して約30kmを満身創痍で走り抜けそして滝汗流してこの崖を這い上ってきたのも今となってはこの景色を拝むための下ごしらえだったと思えるほど全然楽じゃなかったぞバカヤロー。


いずれにせよ素敵な景色です。

20190319000733fd7.jpeg 



頂上の東屋で瞑想し、やがて三点倒立を始めたこの人は最後までよくわかりませんでしたけども。


20190319000744e24.jpeg 



2019031912021201a.jpeg 



下山。

20190319000805bdf.jpeg 


ココナッツ缶ジュースが沁みる。


そしてその後、
舗装路への大生還を打ち果たし、

20190319000805f09.jpeg 



盛大に打ち上げ。

201903190011014e8.jpeg 



20190319001101a5a.jpeg



20190319001101e0f.jpeg 

ちょっと体力回復を科学的見地で検討しすぎた結果、ガーリック炒めにベジタブルと唐辛子入りのトムヤムクンというガチ夕飯になりました。


そしてその後、
ウイスキー無料の宿でウイスキー3杯くらいやりながらこの日記を書いてるのが今ですが、もはや猛烈に眠たいのでもう寝ます。


アクティビティの割に本日の日記が淡白なのはそのせいです。

とりあえず、寝るっ。
コッブチャーイ... zzz 

 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm

コメント

ブルーラグーン

ラオスにもブルーラグーンがあるんですね!
私、来週、アイスランドに行って参ります!www
本家?ブルーラグーン、超お高いけど予約しました〜。

それにしてもお姉様アクティブです!
姉弟で、一緒に旅が出来るほど仲良しなんて、羨ましい限りです。
今後の旅でのお姉様の活躍も楽しみにしています♡

そうそう。一つ、アイスランドについての質問なのですが、
防水ウェアや防水パンツ履いてましたか??
滞在中の天気が、ほぼ雨予報で、今から買いに行こうか迷ってます^^;;

Re

>AKiKOさん
おおお、とうとう来週なんですね!! アイスランドのブルーラグーンはラオスのとは格が違う(もちろんアイスランドが上)なのでご安心ください。。!
ブルーラグーン、もしお酒がお好きならば水筒に入れて持ち込むと良いですよー!(すみません貧乏人発想)

防水ウェアやパンツは履いておりません。。というのもずっと晴れor大吹雪の時は車内に篭っていたので。。
アイスランドとにかく風が強いので天気は変わりやすいと思います。絶景スポットで晴れ間が出ることをお祈りしてますーー!!

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01