FC2ブログ

記事一覧

#465 ラオス大自然トレッキング。inラオス(15) 2019.3.23


さて、
本日はこのルアンナムターにてトレッキングをしてみます。

ルアンナムターはナムハー自然保護区という原生林エリアが広がっており、そしてカム族、アカ族、ランテン族といった少数民族が住む村が点在しており、これらの山岳民族や原生林を日帰り〜4泊5日でトレッキングするツアーがルアンナムターの街中で申し込めます。

我々は今回日帰りで、
原生林トレッキングを申し込んでみました。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ルアンナムタートレッキング
・手段:ツアー参加
・料金:350,000キープ≒4,550円
・時間:7時間  8:30発、15:30戻り


↓トレッキング地図マップ
20190324105756165.jpeg 

載せる意味あまりないですけども。
ルアンナムターの街の北と南にナムハー自然保護区が広がっており、訪れる山岳民族やトレッキングルート毎にツアーが分かれてます。


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 

はいお早うございます。

20190324105756a54.jpeg 


今日の朝めしはカオソイです。
この肉味噌風味の麺を啜るたびに担々麺が食べたくなります。千駄木の、、名前出てこないけど、あそこ。行きたい。



はい、
こちらが本日のお迎えソンテウ。


201903241057570c0.jpeg 


そして本日のガイドさん。

2019032410575869c.jpeg 


ペンさんです。
本日はどうぞ宜しくお願い申し上げます。

まずは市場に買い出しのようです。

201903241058005b4.jpeg 



本日のランチを調達するんだとか。

何か好き嫌いはある?

と聞かれました。「な、生水はちょっと。。」と言いたいところですが『ございません!』と申しておきました。



ふらふらと市場を歩いていくペンさん。

20190324105801606.jpeg 



20190324105803d07.jpeg 


ペンさん色々教えてくれます。

↓これ、バッファローの皮なんですってね。

20190324105804690.jpeg 


これまでよく見てましたがぱっと見木みたいだけどうっすら毛が残ってるのでなんだろう?と思ってました。

もち米ゲット。

20190324105806d67.jpeg 



市場の犬たち。

201903241058079b4.jpeg 



20190324105809af4.jpeg


 
もち米を狙う本日の野犬。

2019032410581096d.jpeg 


やらぬぞ。絶対にな。


おお、袋詰めのスープ。

2019032410581299e.jpeg 


普段の我々だったら絶対に手を出さないやつです。てかそれどうやって山の中で食べるんだろう。

このデザート的なやつも買ってました。
美味しいのかな。。

20190324105813e0b.jpeg 


このバナナきゃわいい。

201903241058159be.jpeg 



え!魚!?

20190324105818750.jpeg 


ペンさん「フィッシュバーベキュー!!」

おぉーー。楽しそう。

だけど大丈夫かな。
山の中、どんな感じなんだろう。
※私、結構潔癖です。



色々買い込んでソンテウ出発。
このご飯代は全てツアー代に含まれてます。
ということはもっと我儘言って肉とかオーダーしたら良かったかしら。

そして

20190324105819d2c.jpeg 


デザートはソンテウ道中でいきなり振舞われました。いまかーーい。

で、
これ美味しいです。
皮はもち米、中身はスイートポテト、外のフレークはココナッツです。
程よい甘さでこれは美味いです。

でで、
ソンテウはルアンナムターの街の南へ向かい、バスターミナルも通り越して

20190324105843f34.jpeg 


南の山の麓の村まで来ました。

20190324105844990.jpeg 



20190324105845642.jpeg 



201903241058462ee.jpeg 


ここはランテン族の皆さまが住まう村の一つだそうです。この村を見学ののち、山へ入るそうです。



ランテン族のいぬは良い子です。


20190324105848273.jpeg 



201903241058492ea.jpeg 



20190324105851522.jpeg 


トランプ盛り上がる子供たち。

20190324105853d8d.jpeg 



家々。

201903241058544cb.jpeg 



20190324105856bcd.jpeg 



2019032410585773d.jpeg 

高床式の家は、ただ単に涼しさ追求なのかなと思いきや、シロアリ対策の意義が強いそうです。高床対応しないと木造住居は一年で崩れてしまうらしい。



バンブーペーパーを作っている工房。

201903241058592de.jpeg 



竹となんらかを混ぜた液をこの布地に敷き、乾かして紙を作るんだそうで、晴れた日は1日3枚作れるんだそうです。

201903241059007db.jpeg 



20190324105902f57.jpeg 



20190324105903f2d.jpeg 


ペンさん「どうする?買ってく?」
。。えっと、

これからトレッキングするんですよね?


機織り機。

20190324105905775.jpeg 



20190324105906f26.jpeg 



201903241059087c7.jpeg


 20190324105909e84.jpeg 

ランテン族の皆さんは自分たちで着るものをこさえるのだそうです。
そう言われてみると先ほどの紙の女性もそうですが、みんな黒字の服を着ています。

これはインディゴで染めている服なのだそうです。ベトナムの黒モン族と同じですね。

あと写真はないですが、
女性はみな結婚すると眉を剃り、髪を特定の形に結うのだそうです。
通りでみんな同じ雰囲気なんだと思いました。

先ほどの写真の紙の女性や、機織り機の写真の手前に写ってる方の髪型を拡大いただくとちょっと分かるかも。



機織り機を見学していると、村人さんがファブリックを持ってきて見せてくれました。
これまたインディゴブルーです。

ペンさん「どうする?買ってく?」
この人トレッキングする気あるんでしょうか。

それとも今日のトレッキングは両手にお土産袋提げても楽勝なんでしぃうか。


ラオス!って感じです。

まあそこで買っちゃう姉ももはやラオス人。


この子もファッショナブル。

20190324105911a5e.jpeg 



我々が近づくと逃げ出す子。

20190324105939049.jpeg 



20190324105940e97.jpeg 


学校もありましたが今日は土曜日でお休みでした。

20190324105942d17.jpeg 



村の中で見かけた文字。

20190324105943702.jpeg 


漢字のようですが、これはランテン族の文字らしく、中国語で用いられる字でも意味合いは異なるんだそうです。


村を一周したところで、
村の裏から山に続く道に入っていくようです。
トレッキング開始ですね。

20190324105946cab.jpeg 


なお先頭にもう一人知らない人がジョインしましたが、彼はここの村人ローカルガイドだそうです。

お見送りの犬。

201903241059446f9.jpeg 



豚をみるとPigではなくついPorkと言ってしまう。

20190324105947e12.jpeg 


ペンさん曰く、ラオスでは黒豚が美味とされていて、ピンク色の豚は好まれないんだそうです。
ラオスでは黒豚しか見ていませんが、ラオス人も豚をPorkとしか思ってないのでしょうね。



トレッキングはこんな感じで、

20190324105948190.jpeg 


南方面へ進んでいきます。
右上のオレンジがルアンナムター長距離バスターミナルです。


朝陽を浴びる森が美しい。

201903241059506e4.jpeg 



ああ!!

20190324105952ddb.jpeg 

今日トレッキングに来て良かったと思った瞬間です。

どうしましょう。もう絶頂を迎えてしまいましたけども。

この先どうしてくれるん。お?おおお?


途中でゴムの木を切り出してる青年と、彼の愛車と遭遇。

201903241059546a9.jpeg 



どうやったらここまでバイクで来れるんでしょうか。

青年「SUZUKI!ジャパン!」
嬉しいですけど鈴木さんもこんな使い方意図してませんよ。


陽射しが零れ落ちる森の中を進んでいきます。

2019032410595564b.jpeg 




これはゴムの木です。

20190324105957050.jpeg 


これはゴムの木です。

201903241059582d8.jpeg 



いえ、
先ほどペンさんが、家具に使われる高級な木材の木(名前忘れた)を教えてくれて以来、それっぽい木を見つけては我々「あれExpensiveTreeじゃね」ペンさん「ゴムです」我々「あれExpensiveTreeじゃね」ペンさん「ゴムです」我々「あれExpensiveTreeじゃね」ペンさん「ゴムです」などとExpensiveという言葉に過剰に反応してしまう私達と懇切丁寧なペンさん。



ところでペンさん、


20190324105959954.jpeg 



20190324110001c9d.jpeg 

さっきっから草をむしってらっしゃるんですけど、ここ国立公園だからそういうのダメなんじゃないでしょうかね。

あ、自然保護区か。いや違い分からんけども。

何をしようとしてるんでしょうか。

我々に何か作ってくれてる?それとも今日のランチで使うサバイバルアイテム?

20190324110002784.jpeg 


捨てました。

どうやら手グセの問題のようですね。




我々も若干の罪悪感を感じながら草笛出来そうな草を摘んでみました。


20190324110004112.jpeg 


私の生家は千葉県君津市という大都会なのですが、

昔は家の前に山があって日々忍び込んでは秘密基地作ったり虫と戯れたり草花で遊んだりしてたのですよ。なんと純真な幼少期でしょう。素晴らしい。



途中で木材切り出し作業してた人。

サバイディー!とか言いながらすれ違いました。

201903241100052fd.jpeg 




けども、
私は見逃しておりません。

20190324110007d76.jpeg 

タイホォー!!

いやもうラオス人にとっちゃもう関係ないよね。

とはいえ私の先ほどまでの罪悪感はどうしたら良いのですか。



竹林の足元。

201903241100335ff.jpeg 



20190324110034c34.jpeg 



20190324110036dfc.jpeg 


写真じゃ分かりづらいですが、掘り返したようにボッコボコです。

ペンさん「これはみんながタケノコ掘って持ってっちゃうんだ。売ればお金になるからね。」

地元民の皆さん、
竹林が絶滅するんじゃないかってくらいボッコボコに掘り返してますけども。

金目の話にはビアラオほっぽり出して食いつくんですね。いやビアラオ片手にカラオケしながら掘り起こしてるかのしれませんが。



ペンさん何やら作業開始。

201903241100373a1.jpeg 



シャキーン!!

竹の棒を作ってくれました!

20190324110037a8b.jpeg 



これは姉用です。
私は棒があると片手ふさがるのが嫌でいつも棒なしなので、「私は結構です。こう見えて世界各国でトレッキングしてるのdと言い終わる前にズルズルスッテンヒャッホーしてしまったのであえなく私の分も作ってもらいました。



道中はどんどんと森の中へ。

20190324110039ad3.jpeg 




もう一人のガイドさん、名前をバンさんというそうですが、彼がこんな果実をくれました。

20190324110044836.jpeg 


スィンサン?Thinsan?
ラオ語でそんな風にいうこの果物。
めっちゃ甘いです。何だろうこれ。
ただその辺に落っこってたやつなのでちょっとかじりまくるのには抵抗が。


バンさん進むの早い。

20190324110047fb5.jpeg 




私が派手にズルルルヒャッホー(2)を達成した場所。

20190324110047851.jpeg 


足元、枯葉が堆積してて滑りやすいです。


お、

20190324110048d3b.jpeg 



川です。沢、、かな。

ここで休憩タイムとするそうです。


顔洗ったり、手足洗ったり。

201903241100488a3.jpeg 


この愛嬌あるフェイスがペンさんです。

バンさんは

20190324110049685.jpeg 


向こうでタバコ燻らせてます


さて、
こっからはこの沢沿いを登っていくようです。凄いトレッキング感。

20190324110052647.jpeg 



沢は自ずと森のトンネルのようになっており、「東南アジアの森!」感が凄いです。

201903241100536a0.jpeg 



201903241100542d2.jpeg 


そして、

20190324110056da4.jpeg 



2019032411005768e.jpeg 



20190324110059d2e.jpeg



 2019032411012797b.jpeg 

もう私10回くらいのヒヤリ!ハット!ヒャッホー!しています。

このサンダル、かなり滑るようです。


あと「ここ岩っぽい」と思って足を踏み入れたら泥で足が沈没したり、「ここ倒木っぽい」と思って足を踏み入れたら中が空洞の木でズドンと足が沈没したり。


もうビッシャビシャです私。


そんな私を見兼ねてか、
ペンさんが行く手を阻む植物を

20190324110128192.jpeg 


このナタでバッサバッサ切り落としてくれてます。

ありがたいのですが、
本当に大丈夫なんですか。自然保護区。

あとペンさん切り落とした木々をそのまま放置するから逆に足元見えなくて危ないんですけどもって聞いちゃいねー。



きのこ。

201903241101292de.jpeg 



足元ばかり見てると前方に見えるような巨木に額をぶつける。

20190324110131912.jpeg 




道中は沢になったり丘になったり森になったり沢になったり。

20190324110132707.jpeg 



201903241101335c7.jpeg 



20190324110134065.jpeg 



で、
12:00頃に!!

20190324110138827.jpeg 



20190324110139197.jpeg 

ランチターイム!!

こんな森の中、
しかもガチガチのガチの森の中でランチだなんてちょっと楽しい。

バンさん、
バナナの葉を調理台にして魚を捌き、スパイスを作ってます。

2019032411014327c.jpeg 



201903241101446ea.jpeg 



そして、
焼き、入りまーす。

20190324110145566.jpeg 



20190324110146bff.jpeg 



20190324110147f9c.jpeg 


二枚に開かれた魚がその後縦に二つ折りにされて竹に挟まれ、先端はバナナの木の茎の繊維で結ばれてます。
すげえオーガニック。


こんな感じの森の中です。




この間、ペンさんは立ちションしに行ってたり川で顔洗ってたりとラオス人っぽい感じでしたが、その後一人でゴソゴソなんかやってると思ったら、

201903241101487a1.jpeg 


バナナの葉っぱでお皿作ってました。
すごー!

ホッチキスのように使われてるのはなんかの葉っぱの茎です。


魚焼き上がり待ちタイム。
バンさんは竹でタバコ中。

20190324110150436.jpeg 


これベトナムでも見ましたけどどういう原理なんですかね。


ペンさんはなんかこんなの摘んで食ってました。英語でカランガと言うそうです。味はミョウガ。

20190324110151964.jpeg 


はいと言うことで、
本日の超オーガニックランチですぅー!!

20190324120906ba3.jpeg 


いやー。
すんごいオーガニック。
これは想像を超えてるわ。
もち米はもちろん手づかみですよ。

ペンさんがEnjoy!つって手でもち米の塊を私の前に置いた時は目がテンになりましたが、ところがこれとてもStickyだから全然手でたべれます。しかも美味い。


お皿に盛られたスープはもれなく汁漏れしましたが、それを食べるにはなんと、

20190324120906026.jpeg 

このスプーンね。
バナナの葉です。
これが安定感ある作りで全然イケました。

スープは市場で買ってきた出来合いのものですが、これも美味しかったです。ちょっと冷えてるけど。濃いー味付けで米が進みました。


そして本日の主役、お魚さん。

201903241209078ce.jpeg 


見た目はさておき、
あの泥川メコン川(か知らんけど)で採れた魚なんて相当生臭いのではとこれまた手掴みでガジガジしてみると

超!絶!美!味!

美味いー!!
これはなんだ!
臭みもないぞ!!

見てる限り、魚の下ごしらえは、ココナッツと塩と刻み唐辛子を混ぜたものを刷り込んでるだけです。元の魚が美味いのかな。脂が乗っててホクホクでした。



ご馳走さまでしたー!!


20190324120910dda.jpeg 



いやー、
正直最初は「ままままままじでこの葉っぱの上で食べるんでしゅか」でしたが、全然大丈夫でした。
ハエもすんごい数飛んでますが、なぜか飯には寄り付かず大丈夫でした。
そしてもち米が破壊力抜群に胃をパンパンにしてくれたので実に満腹です。

にしてもラオスの魚が美味い説。
これは予想外でした。
大変楽しいランチタイムでした。


なおお片づけは

20190324120912e38.jpeg 



20190324120913fd3.jpeg 

ペンさんが我々が座ってたバナナの葉っぱのシートごと全て畳んで森の中にッポーン!!で終了しました。
まあ、全てがオーガニックですからね。


なおランチタイムで毎度恒例の年齢確認タイム。

ペンさん→27歳
バンさん→32歳
そうですか。
まあ想像ついてましたけども。
なお二人とも既婚で子供が複数います。
そうですか。

そしてペンさんに我々の年齢を聞いてみました。

ペンさん

「姉→27歳私→25歳?」
ふふ。
一回り近くも間違えてますよ。

あ、ちょっと、びっくりしすぎじゃない二人とも?


さて、

兄弟二人してアラフォーかつ未婚と言う事実に口があんぐり状態の二人を急かして先へ進みたいと思います。


なのですが、


20190324120915967.jpeg 

ペンくんが(呼び方変更)焼きバナナを食べたいと可愛いこと言い出したので焼きバナナタイム。

20190324120916bcd.jpeg 


めっちゃ甘い。
焼きバナナってこんな美味いんですね。
日本のバナナでもできるのかな。



トレッキング後半戦。
引き続き沢だったり沢じゃなかったりの森の中をずっこけまくりながら進撃。

20190324120918857.jpeg 



20190324120919160.jpeg 



2019032412092126c.jpeg



 20190324120922798.jpeg



 20190324120924d57.jpeg 



20190324120925712.jpeg 



20190324120927345.jpeg



ペンさんもズルっとズッコケ始めたりして。
ちょっと年下と判明して以来隙見せすぎなんじゃないの。


本日のきのこ。

201903241209289f1.jpeg 



本日のきのこ②。

20190324120930822.jpeg 



孔雀の羽。

20190324120933c42.jpeg 


こう言うのに目がない姉はすかさず触ってました。
その手で私に触らないで下さいね。


あと、

めちゃめちゃ今さらですが、

201903241209577f3.jpeg 


バンくんビーサン。
あなたよくそれでずっこけずにやってられますね。


さて。
現在先頭から順に、バンくん、私、姉、ペンくん、のパーティーなのですが、バンくんが口笛吹きながら後ろも見ずにスタスタ進んだ結果、

20190324120958c59.jpeg 


ペンくんが行方不明になりました。

こんなことある?
バンくんが戻って探しに行くも見つからず。
しばしこの場で待ってみることにしました。



10分後。

2019032412095983f.jpeg 


彼はこれを作っていたようです。自由か!


これ、
バレーボールのようにして遊ぶんだそうです。残念ながらここは一歩間違えばすってんころりんご臨終なのでここでは出来ませんが、

2019032412095983f.jpeg 


孔雀の羽根に発狂してた姉はこれを嬉々として喜び、日本への土産にするそうです。
。。。検疫引っかからないのかそれ。



この辺りでもう森は終わり、
ここからはご褒美見晴らしタイムです。

2019032412100067e.jpeg 



201903241210011ac.jpeg


 20190324121003e77.jpeg 



201903241210040a0.jpeg 



20190324121006ee3.jpeg


 20190324121009b91.jpeg 



20190324121010179.jpeg 


そしてどんどん山道を降りていき、

201903241210127c2.jpeg 



20190324121014aea.jpeg 



20190324121015618.jpeg 


生還!

2019032412101613d.jpeg 


と言うゴール地点の写真を撮り忘れました。
というか幹線道路にソンテウが止まってただけなんですけども。


本日のトレッキングルート(ざっくり)


201903241210195a8.jpeg 



もうちょっと南へ行くとNalan村というなんとか民族がいる村に着くらしい。




お疲れ様でしたー。。


20190324121021990.jpeg 

現在16:00ですが、
もう今日はなんもしません。

すっ転びまくって身体の随所が痛いのです。
幸い切り傷はないのですが、尻餅と同時に何度も打ち付けた手のひらがマジで痛いです。



ということで、
ほんとになんもしないまま

20190324121022757.jpeg 


ラオス最後の晩餐です。

そうなんです。
実は今日がラオス最後です。


なので、

201903241210249a1.jpeg 


ちょっとこんなおシャンな店に来たのですが、
昼間のもち米が効きすぎて満腹で食欲湧かない罠。

姉が「私は食べれる」言うので

20190324121041336.jpeg 



201903241210408bf.jpeg 

カオソーイとラープを頼んでみたものの、

ラープが辛くて姉ギブアップ。

私が胃に痛みを感じながら食べきったラオスの最後の晩餐でした。


ということで、
明日の朝のバスで、
私はタイへ、姉はヴィエンチャンへ向けて出発です。

コッブチャーイ ライライ!
 ※ライライ≒Very muchの意味らしい。ペンさん談。



↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01