FC2ブログ

記事一覧

#470 古都チェンマイ、趣ある街歩き。inタイ(7) 2019.3.28



ぬこカフェでぬこの尻ばかり追いかけた生産性ゼロの昨日から一転、今日はしっかりチェンマイ街歩きしますよ。


ところでチェンマイとは?
Wikipedia先生に一筆いただきましょう。

ムアンチエンマイ郡:
タイ北部にある郡(アムプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。


タイの中世以降、
バンコクを始めとする南タイがスコータイ王朝やアユタヤ王朝などが変遷していったのに対し、ここチェンマイを中心とする北タイはランナー王朝が長きにわたり統治していたのだそうです。

ここチェンマイはそのランナー王朝の旧市街と寺院が残る古都なんですって。

さあ本日はそんなチェンマイですよー。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:チェンマイ市内
・手段:いろいろ
・料金:ー
・時間:ー


↓チェンマイ位置

20190329120704cca.jpeg 




↓チェンマイ地図マップ
(二行目はMapsme表記)

20190329120705179.jpeg 


・オレンジ:チャンプアク・バスターミナル
       Chang Phuak Bus Station
       ※地図外右上にバスターミナル2
         Chiang Mai Arcade Bus Terminal 2
・青:宿 ドミ一泊166バーツ≒581円
       ヴァラダ パレス
・左の赤:ニマンヘミン地区
       Nimmanhaemin
・左上の赤:チェンマイ国立博物館
       Chiang Mai National Museum
・中央左の赤:ワット・プラシン
       プラシン寺 (ワット・プラシン)
・その右の赤:ワット・チェディルアン
       ジェディルアン寺 (ワット・ジェディルアン)
・その上の赤:ランナー郷土博物館
       Mapsme表示も同様
・その上の赤:ワット・チェンマン
       チェンマン寺
・その右下の赤:ターぺ門
       ターペア都門
・その右の赤:モン族市場
       Mapsme表示も同様
・そのすぐ右の赤:ワロロット市場
       Warorot Market
・その下の赤:ナイトバザール
       Chiang Mai Night Bazaar

――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 

おはようございキャアア嗚呼!!!

20190329120706aa3.jpeg 



20190329120707d00.jpeg 



20190329120709bd0.jpeg 


朝から宿ぬこに狩られました。

ぬこテロです。



私の携帯ネックストラップをガジガジして返してくれません。

こ、これでは出掛けられないではないかはぬん!!


と思いきや
朝ごはんタイムになると私を蹴り去ってどこかへすっ飛んで行き無事解放されました。
なんだろうこの気持ち。


さて。

まずやって来ましたは、

20190329120710d43.jpeg 


宿の裏の洗濯機です。
洗濯機なんて半年前のインドのプリーサンタナ以来です。

ちょっと良くない臭いがする我が水着と白Tと毎日来てるポロシャツを洗いました。洗剤もプリーサンタナで買ったやつです。



洗濯機待ち。

テロリスト共と遊ぶ。


20190329120712864.jpeg 



201903291207133c0.jpeg 



20190329120715d8b.jpeg 



201903291207168ab.jpeg


 
洗濯完了。


20190329120718558.jpeg 


白Tは大して白くなりませんでした。
まあ、インド洗剤だもんな。



って事でおでかけです。


私の宿はニマンヘミン地区。

旧市街の北西です。


まずは旧市街方面へ、

っとここで、

20190329120719cf7.jpeg 


モバイク発見しました。
せっかくなのでチャレンジ。

私モバイクを中国の深圳でトライしようとして決済ができず(WechatPayかアリペイ)結局乗らなかったのですが、タイでは日本のクレジットカードで決済できました。



いざライドオン!

って、

20190329120721972.jpeg 

サドルいわ!!!


こうしてくれるっ。

2019032912072271b.jpeg 



下げすぎじゃないかって?
ふふ。サドルのパイプに身長の目盛りが書いてあり、160というところに合わせたらこうなったのですよコンニャロー。


ロック解除はアプリのQRコードリーダーでチャリのQRコードを読み取るだけ。

201903291207244a3.jpeg 


カシャン!
って鍵が開くのが気持ちいい。


レッツゴー!
なお料金は10分10バーツ≒35円。
これちょっと高いですよね?

旧市街は大きな堀で囲まれた地区になっており、まずはその西側の門へ。

201903291207257c5.jpeg 


スアンドーク門。

ここから旧市街に入り、
まずやって来たのは

20190329120727230.jpeg 


ワット・プラ・シン。
あ、モバイクはここで一旦乗り捨てです。
どこでも乗り捨て出来るのが良いですね。


ワット・プラ・シンはランナー王朝五代目のパユ王さんによって建てられた、チェンマイで最も大きなお寺なんだそうです。

まずは正面の本堂へ。

2019032912072804b.jpeg 



201903291207309e9.jpeg 


さすがチェンマイ最大寺院、
ナーガさんも貫禄の金色に鮮やかなタイルを装ってます。

20190329120731f46.jpeg 



本堂内は読経?タイムでした。

20190329120818e2a.jpeg 





御本尊様。

201903291208185f9.jpeg 



大きな仏陀先生の足元にミニ仏陀先生がわちゃわちゃしています。


タイのお寺でちゃんと先生を仰ぐのはこれが初めてな気がしますが、なんというか、すごく曲線美ですね。
お顔立ちも柔和です。
某ラオスのような違和感はありません。
いや、ラオスはラオスで「親近感がある」と言える良さがあるのですが。

本堂内の天井。

20190329120820c84.jpeg 


非常に美しい。
とても良いですね。
ランナー様式の建物なのだそうです。
詳細は理解が追いついてませんが、ビルマの影響を受け、そのビルマがインドの影響を受けているので、インドっぽさを持つ木造建築、、、って事で合ってますかー!



読経に聞き入る本日の野犬。

20190329120822627.jpeg 



私もしばし聞き入ります。

20190329120821abd.jpeg 



いやもうね、
あっついよチェンマイ!!!

38度ですって今日!
本堂内は扇風機がガンガン回っているので大変心地良いです。

いや、
涼むのが目的なのでは当然なく当初は久々に心を無にする時間をしようかななぞと思っていたのですが

20190329120824941.jpeg 



20190329120826928.jpeg 



この草刈機の音がんまあああああうるさいのなんの。
窓際の席の人もう読経聞こえてないですよきっと。それくらい凄い音です。



本堂の左手奥にあるこちらのお堂。


2019032912082761c.jpeg 


ライカム礼拝堂と言うそうです。

で、ここに御坐すのが

2019032912082990c.jpeg 



20190329120830bd7.jpeg

 
お寺の名前の由来になっているプラ・シン像だそうです。

結構小さいですが、とても綺麗です。
黄金のきめ細かさが抜群で本当に光り輝いているように見えます。


堂内もとても美しいです。

20190329120832872.jpeg 


この仏足画もとても綺麗。

2019032912083393d.jpeg 


そして堂内の壁画。

20190329120834416.jpeg 


東南アジアの寺院内でこのような古い壁画を見たのは初めてな気がする。

↓なんとなく中国の歴史画にありそうな雰囲気の箇所もあれば
20190329120836b0f.jpeg 


↓インド臭がする箇所も(細密画によく見る怒涛の顔とか)
2019032912083827e.jpeg 



窓扉の壁画

2019032912083946a.jpeg 



20190329120841907.jpeg



 201903291208425c5.jpeg 


凄い綺麗。
まるで絵画のようです。

某ラオスの寺院で見た

201903291208440e0.jpeg 


↑とはわけが違いますな。



いやー、

素敵ですねランナー様式!!

いや、どこからどこまでがランナー様式なのか分かっちゃいませんが、少なくとも現時点でチェンマイのお寺、好きです。イケメンです。
ランナー王朝をはじめ、中世〜近代の文化は建築技術の高度化による美しさはさることながら、自国の良さを残しながら異国文化が交じり入り、そしてそこに紐付く歴史なんかも相まって、大変ドラマティカルで美しいです。
ってことを最近ひしひしと感じます。
ベトナムでいうと阮、中国でいうと明清、ってところでしょうか。




お隣のお堂。

20190329120904378.jpeg 


入り口上部のレリーフが凄い。


↓これはこのお堂の反対側で撮ったもの。
逆光。

201903291209042db.jpeg 



入り口はナーガさんと狛犬?くんが共同で守ってます。


20190329120906c57.jpeg 



内部。

201903291209071e2.jpeg 



20190329120909118.jpeg 


こちらは黄金のストゥーパ。

20190329120910338.jpeg 



20190329120912e94.jpeg 

ご覧の通り、象がストゥーパを支えてます。

インドのエローラ石窟寺院も象が神殿部分を支えてました。神聖な象が支える神殿=それは宇宙を意味していました。
ここでの象さんたちはどのような意味合いなのでしょう。ランナー文化はインドの影響を受けたビルマ文化の影響を受けているそうなので、その辺りの関連性が知りたいです。


これ、
ちょくちょく見る注意書き。


201903291209135cb.jpeg 


そっか、そうですよね。
ついつい入れちゃう外国人がいるんでしょうね。
同じように「ブッダ様をTシャツに入れないで!」というのもありました。
貴国の某寺ではもう手遅れでしたよ。


さて、
10:00を過ぎたので、

201903291209151ed.jpeg 


評判のチキン屋に来ました。
いえ、先ほどのお寺チキン屋開店時間を待つための時間つぶしだった訳では毛頭ございませんよ。終始腹が鳴ってたのは事実ですけど。

なんと日本語メニューあり。


201903291209169ce.jpeg 



そんなこのお店で食べたい有名メニューが、

20190329120918405.jpeg 


こちらのガーヤン。
チェンマイ風焼き鳥です。

もう一度言います。ガーヤンです。
私もう想いを抑えきれずに敬愛する私の先輩「ガヤさん」にこのガーヤンを速報したのですが、応答がありません。
前回インドのガヤという街で見つけた「GAYA POLICE」という看板の速報にも応答がありませんでした。
シャイですねーもう。

で、
このガーヤンですが、

20190329120919ef9.jpeg 


めぇぇぇぇぇぇぇぇぇっちゃ美味い!!!
めぇぇぇぇぇぇぇぇぇっちゃ美味いですよガヤさん!!


すんごい月並みに書きますけど、
皮がパリッと、肉がプリッと、
そしてガーリック風味のさっぱり付け合わせが神!

これは凄いわー。
たかがチキンとなめてたわ。
これチェンマイ行かれる方ぜひお試しください。スモールサイズで90バーツとなかなかですが、後悔させませんよ。



お店の壁にはまっぷるが。

201903291209212cd.jpeg 


まっぷるで紹介されたようです。

20190329120922122.jpeg 


あ!!!
ガヤーンじゃなくて、
ガイヤーンでした!!


が、がいやーーん。。!!!


ちょっと!! @ガヤさん!!!






腹が千切れそうになるほど笑い転げて大変に疲れました。
しばしこのペシャンコの犬を眺めながら心拍数を落とします。

2019032912092435e.jpeg 



続いてやって来たのは、

って書き始めてますが、

ここに来るわずか500mの間に見かけた三軒のセブンイレブンすべてで休憩してます。なんだこの暑さ!いや、38度だから日本の真夏と変わらないのになんだかダメージがデカい。湿気? 



改めまして、
ワット・チェディルアン。

20190329120925244.jpeg 


入場料40バーツです。

どうやらこっちは裏口のようですが、
入ってすぐ正面に見えたこのお堂の後ろ姿がとても美しい。

20190329120927fb8.jpeg 



2019032912092810c.jpeg 


木造の柱にタイルワークです。

201903291209302cf.jpeg 



寺院正面。


20190329120931297.jpeg 


ナーガさんもさりげなくタイルワーク。

20190329120954ed7.jpeg 



堂内。

201903291209558dd.jpeg 



20190329120955f47.jpeg 



20190329120957b3e.jpeg 



2019032912095840f.jpeg 


ワット・プラシン同様、
木造建築の堂内は紅と黄金で装飾されていました。
ただ中央に座しているのは仏僧さんでした。
(蝋人形です)


お堂がたくさんあります。
こちらは隣のお堂。

20190329121000ce9.jpeg 



201903291210016b5.jpeg 


というのも、
ここは寺院の中央に君臨する巨大な仏塔を中心に八つの寺院が設けられているんですって。


その巨大な仏塔、

さっきっからずっと見えているのですが、こちら。

20190329121003205.jpeg 



ズドン。

いや、これね、
めええっちゃデカイんですよ。

あとよく見るとなんだか崩れかけているように見えますがその通りらしく、以前は高さ80mもあったらしい。80mて。



階段通路の門にはイカツいナーガさん。

階段はほとんど崩れ去ってますが傾斜がものすんごいです。

20190329121004861.jpeg 



西の寺院

20190329121006e9f.jpeg 


↑涅槃仏陀さんと、


201903291210087c3.jpeg 


↑赤い仏陀さんと金の仏陀さん、

そして、


201903291210097fd.jpeg 


こ、これは。。


ギサールの野菜が好きな仏陀先生でしょうか。





仏塔北側。

20190329121010188.jpeg 


仏塔東側。

20190329121012d1e.jpeg 


仏塔南側。

201903291210139a4.jpeg 


ぐるっと一周してみました。

南側の光景を見るに、おそらく昔は象が周囲を支えていたのだと思われます。
これもランナー様式の特徴なのでしょうか。


ワット・チェディルアンの本堂正面風景。
裏口から入ってしまっているので本堂が最後の見学になってます。

20190329121015cdb.jpeg 



20190329121016400.jpeg 



201903291210187b8.jpeg 


ワット・プラシン同様、
大きな本堂は木造建築の高天井で、とても居心地の良い場所でした。

20190329121019479.jpeg 



そこからまたしばしぶらぶらしてると、

20190329121021bfc.jpeg 

白く大きな建物が。


市庁舎ないしは大使館かな?

2019032912110621d.jpeg 


と思ったらランナー郷土博物館でした。
入場料90バーツ。

先ほど見てきた二つの寺院ですでにランナー文化に興味津々なので入ってみました。
(冷房効いてるし)



ランナー時代の人々の暮らしの様子。


20190329121107830.jpeg 



201903291211097ab.jpeg 



2019032912111075e.jpeg 



20190329121111bd8.jpeg 


20190329121113fc9.jpeg 



農耕生活の様子が紹介されてます。


信仰の様子。

201903291211155e6.jpeg 



20190329121116fe9.jpeg 



2019032912111778f.jpeg 


宗教はもちろん仏教です。
曼荼羅や仏像が紹介されてました。
2枚目の写真はランタンです。
ランタンは信仰のアイテムだったのですね。


祭事。

20190329121122557.jpeg



 20190329121123f4d.jpeg 



20190329121125325.jpeg 

この指にとんがりコーンみたいのをはめて踊るやつ、チェンラーイでもどこかの壁画で見ましたが、ランナー伝統舞踊なんですね。

建築。

2019032912111984c.jpeg 



20190329121120357.jpeg  


これまさにワットプラシンで先ほど見た寺院のもの(複製)だそうです。


壁画。

20190329121127680.jpeg 


ランナー時代は化粧漆喰が取り入れられたのだそうです。ライカム礼拝堂の壁画もそうなのかな。解説読めば分かるのですが、ちょっと、長くて。。


なおこの赤x金もランナー様式の特徴として紹介されてました。


201903291211282a0.jpeg 



布製の経文。

20190329121130150.jpeg 



20190329121131e90.jpeg 


これはなんだろう。。
イスラムっぽい雰囲気ですけども。

20190329121133800.jpeg 



絵描きの道具。

20190329121134444.jpeg 



これなんだっけ。

201903291212009ca.jpeg 



仏像のような、でも仏陀さんではなさそうな、小さな像が大量に並ぶ部屋が。

201903291212006e9.jpeg 



20190329121201cc7.jpeg 

本日いくつか仏陀さんの番外編みたいな像を目撃しているので、その類かなぁとか思ってたら、

20190329121203ff5.jpeg 


プラ・アップカットさんという高僧さんだそうです。仏陀さん入滅後200年(?)だかなんだかに生を受けた方だそうで。

タイ北部で厚く信仰されている方なのだそうですが、ネットで調べてもあまり情報が見つからずです。もうちょっと解説ちゃんと読んどけば良かったなー。

こんな超小型アップカットさんも。

20190329121205013.jpeg 


仏陀先生じゃなくなった途端にいじりたい放題ですね。


ランナー人のテキスタイル。

20190329121207657.jpeg 



201903291212097e4.jpeg 



201903291212106e0.jpeg 



20190329121212d10.jpeg 



2019032912121325b.jpeg 



照明の問題ですが、全体的に重厚感。
そして、暑そう。。



その他展示(すんません雑で)

20190329121214b56.jpeg 



2019032912121623b.jpeg 



20190329121218ed0.jpeg 


お疲れ様でした。

20190329121219166.jpeg 

冷房ガンガンに効いた博物館から一歩出た瞬間に暑さで倒れそうになったので目の前のカフェに避難しました。
そしたらスイカシェイクが75バーツもしてもっかい倒れそうになりました。
(路上の売店だと25-30バーツ)


本日最後のお寺です。

20190329121221461.jpeg 



20190329121222f4b.jpeg 


また裏口から入っちゃったみたいです。

正面に回り直して、、
はい、こちらワット・チェンマンです。

20190329121224eff.jpeg 


タイル使いが鮮やかです。

20190329121225a80.jpeg 



内部。

20190329121227a5d.jpeg 



20190329121250249.jpeg 



2019032912125132a.jpeg 



20190329121252d3a.jpeg 



2019032912125377d.jpeg 



20190329121256f7f.jpeg 

こちらも内装や壁画、各種装飾が非常に壮麗で美しい世界でした。

三枚目の写真、レリーフにウサギがいますね。お寺でウサギを見るのは初めてな気がします。
Wikipediaさんの話を見るに、
これおそらく、いわゆる月のウサギだと思われます。月の影の形から「月にウサギがいるんじゃないか疑惑」はアジアに広く信仰されている考えらしく、ミャンマーやタイでは仏教絵画にも、太陽の中の孔雀と月の中の兎、は度々描かれるのだそうで。
(違ってたらごめんなさい)

絵画の中にはキメラもいます。

2019032912125540b.jpeg 



もうちょっと良いデザイン案はなかったのでしょうか。


お堂がもう一つ。

201903291212587f9.jpeg 



中には水晶仏さんがいらっしゃいました。

20190329121259e08.jpeg 



2019032912130124e.jpeg 

雨乞い信仰だったかなんだか。

こちらの堂内は仏陀先生伝説の壁画で埋め尽くされてました。

これあれですね、ラオスの寺院で見かけて「?」だった、女神メートラニーさんです。


20190329121302008.jpeg 


瞑想中の仏陀先生を邪魔しようと現れた魔物たちを濡れた髪の毛から水を絞り出して洪水を引き起こし仏陀先生を守った、というとんでもない伝説をお持ちのメートラニーさんです。
もうちょっと効率的な撃退方法は無かったのでしょうか。


仏塔。

保存状態が良く、象が仏塔を支える様子がしっかりと分かります。

20190329121304064.jpeg 



そんなワット・チェンマンでした。

見応えGoodですが入場料ありませんでした。

いや、集金係が昼寝してただけかもですけども。




休憩。

20190329121305baf.jpeg 

いやもうセブンイレブンなかったら死んでました。この先タイを南下していくわけですが、私大丈夫だろうか。


その後は旧市街を東へ。

日当たりを狙いすぎて取り返しがつかなくなった典型。

20190329121307336.jpeg 



そこら中にあるお寺がやっぱりカッコいい。

2019032912130992c.jpeg 



20190329121310859.jpeg 


旧市街の東側の門、ターぺ門です。

201903291213113df.jpeg 


歩行者向けに冷水ミストが撒かれてましたが、ミストというかややシャワーでした。
普通に濡れました。



てくてく歩いてやって来たのは市場エリアです。

20190329121313ea9.jpeg 



景色が良い感じにゴタゴタしてきました。

ここはタイの山岳民族、モン族の市場。

20190329121316528.jpeg 



2019032912131858a.jpeg 



201903291213389c0.jpeg 



201903291213390a5.jpeg 



20190329121340932.jpeg 



2019032912134216a.jpeg 



2019032912134330f.jpeg 



ベトナムのサパで黒モン族や花モン族など色々なモン族の方々を拝見しましたが、タイのモン族の服は黒(藍?)をベースに色々な色を足し合わせる感じなんでしょうかね。

こちらはワロロット市場。
チェンマイで最も古い市場だそうです。

201903291213466fb.jpeg 



2019032912134833b.jpeg 



20190329121349ede.jpeg 



201903291213513aa.jpeg 



20190329121352447.jpeg 

でかいです。3階建。


2019032912135485d.jpeg 

↑ぶらぶらしてたら二階の空中通路で道路を渡って隣の建物に進んでしまい、これまたでかい。

20190329121355ff7.jpeg 



20190329121357262.jpeg 


てか、迷子。

201903291213583c3.jpeg 


しばし右往左往の後、無事生還。

201903291214007ca.jpeg 




屋台で謎のミニパンを食べて本日の観光業務を終了としました。

20190329121401e68.jpeg 



2019032912140342b.jpeg 


まだまだ寺や市場はたくさんありそうですが、もう体力限界なのでそろそろ帰ります。
覚えたてのVIABUSアプリで宿までの道を調べてみたら、

201903291214044dd.jpeg 



見事R3というバスで一本で帰れそうです。


バス停。

20190329121426fc5.jpeg 


30分ほど待ってようやくバスが来ました。

20190329121416010.jpeg 



バス内にあった時刻表。

20190329121418595.jpeg 



20190329121417465.jpeg 

たくさん路線がありますが、概ね30分に一本のようです。

頻度少ないなぁ。


その後宿で一休憩し、
やってきましたは宿近くのショッピングモールの中のフードコート。

201903291214208d5.jpeg 


先日ベトナムのハノイでお会いしたTさんがチェンマイにいらっしゃるということでご飯をご一緒に。Tさん一年のうち半分をチェンマイで過ごしているツワモノなのですが、コスパでいうとこのフードコートが最強のようです。

ということで

201903291214233f7.jpeg 


カオマンガイ。
が確かに美味でした。安定感ある味。
これで40バーツは確かにお手頃。

その後はTさんにチェンマイのいろはを教えていただきました。
Tさん、ありがとうございました!!


さて、
明日はチェンマイ郊外をぶらっとしに行きますよ。
レンタルバイクが出来るのかどうか不明で、できない場合は行くかどうか考えます。


ちょっと行きあたりばったりです。
ひとまずお疲れ様でした。
コップンカップ!でした。


↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01