FC2ブログ

記事一覧

#496 天空の寺院、聖地ポッパ山へ。inミャンマー(6) 2019.4.22



本日はバガンの街からから南東50kmくらいの場所にあるポッパ山という場所に行ってみます。


これがなかなかな天空感らしくて。
天空というワードに目が無い私はもちろん馳せ参じました。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:バガン⇄ポッパ山 Mount Popa
・手段:シェアタクシー往復
・料金:10,000チャット≒350円
・時間:片道約1時間強  9:00発、14:00過ぎ戻り
※ポッパ山へのシェアタクシーは街中の宿や旅行会社で募集している

↓ポッパ山の場所
2019042310083296f.jpeg 



↓ポッパ山地図マップ
(二行目はMapsme表記)

201904231008322f1.jpeg 


・寺院:Taung Kalat



――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 
 
ヒャッホーウ!!

20190423100834222.jpeg 



2019042310083656f.jpeg 

宿の朝飯がパン以外にレタスとトマトと卵がついててちょっと高まった私です。誠に有難うございます。


本日のポッパ山行きシェアタクシー。


2019042310083618d.jpeg 


乗客は私含めて4人でした。
昨日熱気球が現在やっていない問題で認識しましたが、いまバガンはオフシーズンなんですかねぇ。雨季ではないから雨は降らないけど暑過ぎるからオフシーズンという。



で、
車は途中で唐突に停まりました。

どうやらこのヤシ砂糖工房を見学するらしい。まあよくあるよね、こういうの。

木に登ってヤシの蜜を回収するお兄さん。

20190423100838823.jpeg


 20190423100840ff1.jpeg 


あんな高いとこにホイホイ登っちゃうなんてさすがだよね、なんて思ってたら

20190423100841256.jpeg 


ハシゴ付きでした。

回収された蜜。

20190423100842a84.jpeg 


壺を木の上に設置してじっくりコトコト回収するようです。


牛車使ってペーストにしたり、

20190423101918dfe.jpeg 


煮たり

20190423100844713.jpeg 


おいといたり

2019042310084545f.jpeg 


まあなんか色々やってました。
あいまいなのは我々の付いたタイミングは別の団体さんがいてこちらまで声が聞こえてこなかったからです。

私はひとまずこのヤシ砂糖菓子の試食をガジガジやってます。

20190423100848126.jpeg 



20190423100850ef5.jpeg 


ヤシのジュースと蒸留酒もありました。

20190423100851760.jpeg 



20190423100853f7a.jpeg 

欧米人ファミリーのお子がジュース飲んでギャン泣きしてました。まあ、そんなお味です。蒸留酒の方がインパクト大でした。いや、中毒性ある味だとは思いますです。

同乗していたフランス老夫婦が籠と蒸留酒をお買上げしていたので私は何も買わずに退散。
なおこの蒸留酒、帰りの車内で暑さで膨張して破裂するという大惨事を引き起こしました。試飲して思わずお買い上げになる方はご注意を。




その後車はポッパ山目指して南進。

道中、不思議な光景を目にしました。

2019042310085418d.jpeg


 20190423100924837.jpeg


 20190423100924e33.jpeg


 20190423100925652.jpeg


 20190423100927029.jpeg


 
道行く人がみんな我々に手を振るのです。

凄い。観光客対応が行き届いてる!


と思ったらドライバーさん曰くこれヒッチハイクだそうです。

バスはないのでしょうね。

にしてもここは街でもなんでもない荒野です。こんなところに生活できるのでしょうか。そして生活していたとすると相当厳しい生活をしているはずなのですが。経済成長著しいミャンマーの光と陰です。

にしても総勢30人くらいは手をあげてましたよ。バス運行してあげたら良いのに、、とはいかない事情があるのでしょうね。


なお道端には

20190423100928fb4.jpeg 


こんな感じのかまくらのような簡易な日除けがあり、みんなその陰でのんびりしてました。


その後バスはグイグイと山道を登り、

20190423100930370.jpeg 



やってきましたよ、ポッパ山の麓です。

20190423100932191.jpeg 


現在10:45。
12:45までにこの場所に戻ってきてねーだそうです。


というわけで、
ご覧くださいポッパ山の雄姿!

20190423100943e62.jpeg 


しゅんごーー!!

なるほど確かにこりゃ天空感あるわ。
ちょと思ってたより山が低いけども。


参道入り口。

20190423100947a9c.jpeg 


入場料は無いそうです。

頂上の寺院まではひたすら階段を登っていきます。

201904231010302b9.jpeg 


777段あるそうです。


さてこのポッパ山、
ミャンマーの土着信仰のナッ信仰の総本山だそうです。

ナッとは精霊、魔神、死霊、祖霊などを表す言葉だそうです。

ナッ信仰の神さまはひとまず相当な数いるそうで、その中でも37の神さまが重要視されているらしい。その神さまたちがここポッパ山の参道の随所にいらっしゃると聞いていたのですが、

2019042310094903f.jpeg 



201904231009533ab.jpeg



 20190423101014125.jpeg 

なんだかもうアタマの中のハテナが膨張しております。

これが、、神さま??
(そもそも神さまという表現は正しいのか?)

私調べによると、37神に入っているのはほとんどが王朝に関係がありなおかつ非業の死を遂げた元人間だそうです。日本で、時の政権によって死に追いやられた平将門や菅原道真を神として祀る様になったのと似ているとも書かれてました。

なるほど、
通りで人間味ある神様が多いのですね。

あ、じゃあさっきの象は違うのか?ええいややこしい。


山頂への道はシンプルですが随所に登りと下りで順路が分けられてます。なんて書いてあるかわからない矢印をひとまず信じて進みます。

201904231010152b9.jpeg 



いぬ

201904231010152f1.jpeg 


さる

20190423101017ce8.jpeg 


いぬ

20190423101018913.jpeg 



ちょくちょく見覚えある仏様も登場します。なんだか安心します。

20190423101020ee6.jpeg 


そしてちょくちょく見覚えない神さまかもしれない方が仏様の並びに混じってます。なんだかそわそわします。

20190423101022cad.jpeg 



え、ねえ

20190423101027c05.jpeg 



20190423101029454.jpeg 

ちょっと神様が奔放すぎます。


ここからは裸足のようです。

20190423101030f05.jpeg 



201904231010307cd.jpeg 

下駄箱もあるのですが、靴の預かり料が掛かると聞き

20190423101030975.jpeg 



S字フック持ってきました。カバンにサンダルぶら下げて登頂を目指します。


なお裸足エリア初っ端から猿の餌やりエリアと化しており、そこら中に食べかすや包みのゴミが散らかっています。

20190423101032d4e.jpeg 



201904231010339d9.jpeg

 
事前情報では猿糞に気をつけるべしとありましたがさすがに糞はありませんでした。

なお道中は

20190423101035945.jpeg 


このように大勢の方がお掃除しています。
にも関わらずこの散らかりようって相当だと思うんです。


美味そうにトウモロコシ?かなんかが入った包みをほうばる猿。

201904231010565a1.jpeg 


ただ他の人がバナナをちらつかせると

20190423101056a1d.jpeg 


包みを放り捨ててバナナへ飛びつきます。
飽食の時代です。


水を器用に飲む猿。

201904231010578b3.jpeg 

私ジブラルタルでコロコロキャリーケースのチャックを開けられて中にあったパンを食われましたからね。こいつらの器用さは理解してます。キイ。

階段がひたすら続きます。

20190423101058df9.jpeg 



20190423101059cbc.jpeg 


あまり休憩どころがありません。
そんな混んではないのでいくらでも休憩はできますが、これハイシーズンはなかなか大変だろうと思います。



道中の神さまたち②


20190423101101eea.jpeg 


こちらの神様はファミリーのようです。
このお母様が中心にいますがこの方が主なのでしょうか。

2019042310110443a.jpeg 


ちょっと紅白に出てきそうなラスボス感ありますけども。


その他神さま方

20190423101105389.jpeg 



2019042310110759c.jpeg 



20190423101108cdb.jpeg 

皆さん物騒なものを構えてますが、何を殺るつもりでしょうか。

あとこのブランコもお祈りの対象になってましたがこちらも神さまなのでしょうか。

20190423101110161.jpeg 



なお写真以外にもあまたの神様たちが所狭しといらっしゃいますが、その随所に

20190423101111ad5.jpeg 


どうみても必要以上の巨大な賽銭箱があります。そしてどの賽銭箱にもがっつりお賽銭が入っているのが凄いです。


えさ待ちのいぬ。

20190423101113f67.jpeg 



ところでここで気づきましたが、

20190423101115964.jpeg 


お掃除係さんが札束握ってブツブツ呟いてます。参拝客からお金を受け取っているお掃除係もいました。
これはチップでしょうか。それともこれもお賽銭?


屋根が続く参道を別の角度から眺めると結構素敵。

20190423101116383.jpeg 



だいぶ登ってきました。

20190423101117616.jpeg 


おそらくここが山頂の「タウン・カラット」という場所だと思います。
標高737mですって。


2019042310112157a.jpeg 




さっそく凄い神様が現れました。

20190423101122d0a.jpeg 



201904231011238af.jpeg

 
悪そうなやつらは大体うちの組みたいな顔してます。どう見てもカタギの方ではございません。


こちらはボ-ミンガウンという神様で、1952年に亡くなった実在の人物だそうです。


彼は、脱線した列車をひとひねりでどかしたり、首をはねられた鶏を生き返らせたりと、数々の超能力エピソードを残しており、死後60年ほどしかたっていないのに、今やたいていのパゴダでひとつは彼の像を見かけるほど、広く信仰を集めているのだそうです。

ちなみにこの後ろにある写真が生前の写真だそうです。

20190423101142661.jpeg 



ミャンマー、すげぇ。


ボーミンガウンさんに祈りを捧げる人たち。

201904231011429bc.jpeg 


ボーミンガウンさんは大人気でして、

20190423101143fe3.jpeg 


お賽銭に埋もれてます。
まるでVシネの世界です。



そして御釈迦様と思われる像も多々ありますがもはやナッ神さまたちの幅が広すぎていまいち確信を持てません。

20190423101147fe5.jpeg


 20190423101149d25.jpeg



 20190423101151eee.jpeg



20190423101152d9d.jpeg

 


パゴダ。

20190423101154021.jpeg 



201904231011541a7.jpeg 


景色。

20190423101154b30.jpeg


 

ぬこ。

20190423101157370.jpeg 


その奥にもぬこ。

20190423101159600.jpeg

 


こちらの

2019042310120091c.jpeg 



201904231012025bb.jpeg 

ゆばあばのような方もきっと神様です。

なお撮影は禁止でしたが、先ほどのボーミンガウンさんに似た方がタバコくわえている像もありました。タバコ吸ってる神様、かなりいかしてます。



パゴダや建物の麓にこんな表示が。

201904231012044a4.jpeg 


「ビルマ スーパースター レストラン」とか書いてあります。こんなところで宣伝でしょうか。

いや、これきっと寄付ですね。

20190423101205f2e.jpeg 


日本人の名前もいくつか掲示されてました。
寄付額3000円とかです。3000円でナッ神さまの聖地に名を残せるだなんて素敵ですね。ねえ?


なんてフラフラ歩いてたら

201904231012061fe.jpeg 


強制的に下山ルートとなりました。



下山途中のお土産コーナー。

キョーレツなミャンマーだるまはもちろん、

2019042310120864c.jpeg 


例の方もお土産になってました。

2019042310120938b.jpeg 


隣の招き猫が不釣り合いすぎます。


はいお疲れ様でした。

20190423101305531.jpeg 

10:45解散、12:45集合ですが、まだ今11:30です。もっとナッ神さま探しすればよかったなー。




あまりに暇なのでひとまず昼飯。

20190423101305975.jpeg 


おっちゃんが並んでるカレーたちから選ばせてくれたので、チキンとベジタブルを頼んだら色々出てきてヒャッホーウ系な飯屋です。

これマンゴーサラダ。
青いマンゴーをサラダにしたやつ。


20190423101306470.jpeg 


多分ラオスやタイにもあったと思うのですが食べたことありませんでした。
お味はマンゴー味ではなく、刻んだキャベツみたいな食感。味は酸味強めのマヨドレッシングって感じです。この酸味が正常な酸味であることを願います。


シェアタクシーまで帰ってきました。

20190423101308b03.jpeg 




帰り道、
ドライバーさんがなんたらかんたら〜言うて

2019042310362133c.jpeg 


この花を分けてくれました。
ポッパ山のお花だそうです。

なんとポッパとは「お花」と言う意味なんですって。ステキな名前ですね。

なおドライバーさんが何を言っておるのかよく聞き取れず、かといってこんな花びらを持って帰らせるはずなかろう、つまりこれはたべもので食べてみなということだな!


と一口食べたら死ぬかと思うほどまずかったです。食べ物ではないらしい。


え、これなんのためにくれたの?




はい無事にバガンの宿に戻り、今度は次の街に行きますよ。

バスチケットを宿で手配したら

20190423101309ad6.jpeg 


バスターミナルへの送迎付きでした。助かるー。


本日のバス@バスターミナル。

20190423101312223.jpeg

 
9,000チャット≒630円のバスはクーラー付きで快適でした。が、
思ってたより道が良くなくバスはなかなか揺れまくり、あまり寝れずでした。


約4.5時間で次の街マンダレーです。

201904231013148b1.jpeg 

これまた市街地から7kmくらい離れた場所です。

いつも通りバスの出口にてタクシー運転手たちがわーきゃーしてますが、なんとその奥にクールに待ち構えていた乗合トラックを発見。

20190423101315afa.jpeg 


乗客全員こちらへライドオン。
タクシーの運転手共はすごすご退散していきました。ざまーみろばーかばーか。



なおこの乗合トラック、無料でした。


最初値段聞いたら「?」みたいな顔され、でも乗合トラックだからタクシーよりは安かろうとエイヤで乗り込み、乗車中ずっと「いくらだろう」と悶々してたのですが、本当に無料でした。
バス会社のサービスでしょうか。
であれば最初からそう言ってくれ。



宿。
 20190423101318fea.jpeg 

ドミ一泊」8,750チャット≒612円のKAUNG HOSTELです。
これまたBookong.com最安宿ですが、エアコンあるし朝ごはん付いてるし宿の構造がなんだかおシャンだし、と驚いております。


さて、

ここマンダレーはミャンマー第二の都市。
先日のヤンゴンではあまり食べ歩ききれなかったのでここマンダレーでは飯情報色々調べてあります。

さっそく宿の近くの青空屋台へ繰り出してみたら22:00時点では屋台なぞ一つもなく、野犬3匹に襲われかけたのでおとなしく宿で腹を鳴らしながら布団を被りました。キイ悔チイ。


ということで本日は以上です。
明日はマンダレーをぶらっとしますよ。
チェズーティンバーデー!でした。
 


↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#528 次に目指すはカンボジアです。inカンボジア(1) 2019.5.24 2019/05/26
#527 ついにバンコク最終日。inタイ(45) 2019.5.23 2019/05/25
#526 ホアヒンを特に何もせず通過。inタイ(44) 2019.5.22 2019/05/24
#525 パンガン島小探検、からの移動日。inタイ(43) 2019.5.21 2019/05/23
#524 パンガン島をのんびり探検。inタイ(42) 2019.5.20 2019/05/22