FC2ブログ

記事一覧

#498 常軌を逸する信仰心、モンユワ。inミャンマー(8)



先日の日記にて、チリタビさんとご一緒した件はご報告の通りですが、今度はチリタビさんがその日の日記をUpされてました。
1日目2日目

ふふ、なんだか楽しいですねこの相思相愛感。
ブログ書いてる者同士ならではの楽しさです。


そしてチリタビさん大変にお気遣いなさる方でございまして、


2019042514093644a.jpeg


 
ありがとうございますぅ!!!


私は帰国後このキャプチャを履歴書にはっつけて再就職活動に勤しみます。



ところで私5/1-3あたりにたぶんまたバンコク戻るので、こんな面倒な私ですが、誰か!!飲み!ま!!




さて、
昨日の体調不良が程よく回復してきたので、今日は近郊の町への遠足を決行します。

ちょっと面白そうな町があるのです。
その名はモンユワ。

場所ここ。

20190425140745d18.jpeg 



いや、当初計画ではバガンからモンユワ にいこうと思ってました。その方が近いから。

ただ街中の旅行会社で「モンユワ 」と書かれてるお店もみんなバスチケットを扱ってなく、致し方なくマンダレーから日帰りです。


なおモンユワへはマンダレーバスターミナルからバスがあると聞きました。バスターミナルはマンダレー郊外です。

なので、
・朝一でマンダレーバスターミナルへ移動
・そこからモンユワ へ
・モンユワからマンダレーバスターミナルへ
・マンダレーバスターミナルから夜行バスで次の街へ
と言う100点満点の計画を立案済みです。

ふふ、
今日も計画的な旅をしている私です。


という計画が朝イチから崩れ去った今日です。

事の顛末は以下の通りです。



――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:マンダレー→モンユワ Monywa
・手段:バス
・料金:2,000チャット≒140円
・時間:約3.5時間  9:00発、12:30


↓バスターミナル場所(郊外のバスターミナルでは無い)
名称:Thiri Mandalar Bus Terminal
20190425140746d1d.jpeg 


※モンユワ モンユワ 言うてたらそのバス会社に連れてってもらえるはず
1時間に一本出てる模様


↓モンユワ 地図マップ
(二行目はMapsme表記)
20190425140748113.jpeg 


・左上オレンジ:モンユワ駅
      Monywa
・その下のオレンジ:モンユワバスターミナル
      Monywa Bus Station
・中央の赤:タウンボッデー寺院
      Thanboddhay Paya
・右の赤:ボディタタウン
      ひとまずStanding Buddha


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 

ということで、
まずはバスターミナルを目指します。

マンダレーも他の街と同様にバスターミナルは遠く、タクシーで行かねばなりません。

けども!

2019042514075038d.jpeg 


私はGrab。
バイタク大好きな私はあえて通勤ラッシュの時間を狙ってGrabを発動させました久々のバイタクヒャッホーウ!

201904251407503ec.jpeg 





なのですが、
上記の動画の通り、思ったほど交通量は少なかったです。みんなまだ寝てるのかしら。


それよりも

20190425140752c6f.jpeg 



201904251407538b7.jpeg 

このバイク、
右ミラーは仮死状態、左ミラーはもげ落ちてます。

ただふと周囲を見ると、ミラーがあるバイクなんて一台もありませんでした。
え、みんなどうしたの。ミラー外しちゃうのがオシャレなの?


はいバスターミナルです。
宿からここまで2,800チャット≒196円


ドライバ「どこのバス会社だい?(英語できる)」
私「モンユワ に行きたいんです」
ドライバ「オー。。モンユワはここじゃ無いぜ。。」

ふぁ!?

ドライバー曰く、モンユワ行きのバスは別のバスターミナルらしい。

そしてそのバスターミナルはここらしい

201904251407570b9.jpeg 


あ、
えっと、、
宿から歩ける距離ですね。

え、
うそん、ほんと?

てかこのバスターミナル発着じゃ無いと、モンユワから帰還からの次の街へGo計画が白紙になるんですけども!



ただ周辺は例に違わずオーバーカオスなバスターミナルです英語も通じないので、大人しくドライバーさんのいうことを信じて

私はGrab(2)


往路はちょっと交通量増えましたが、皆さんちゃんと安全運転してて面白みに欠けました。残念。



バスターミナル着。

20190425140759db8.jpeg 


MapsmeではThiri Mandalar Bus Terminalという名称でした。
ドライバーさんはモンユワ行きバス会社のとこまで連れてきてくれましたが、バス会社はいくつかありそうな雰囲気です。


モンユワ行きバス。2,000チャット≒140円。
さっきのバイタクより安い。

20190425140801222.jpeg 



2019042514080263c.jpeg


※バスの写真失敗。
 



バス車内に驚愕の乗客。

201904251408046d0.jpeg 


むしろどうやってこんな最奥まで詰め込めたのでしょうか。

そして私の席は

20190425140805d6e.jpeg 


窓枠の鉄がめくれており大変危険です。



バスは1時間に一本ペースであるようで、私のバスは9:00出発。
道中でどんどん乗客を乗せてちんたら進んでいきます。

出発して直ぐに川沿いのマーケット周辺を通るのですがそこではインド級の勢いで物売りの皆様がバス周辺を取り囲んできます。

20190425140806a35.jpeg 


みんなぶどうを売り込んできます。
ほんとね、どうしてみんな同じもの売るんだろうね。

そんな中で

201904251408088cb.jpeg 


水を売る売り子さん登場。
これですよこれ。
こういうのをマーケティングというのです。
欲しいものを欲しがる場所で売れば高くても人は買うのです。


賄賂の現場。※真相不明

20190425140809dd2.jpeg 




道中の風景。

20190425140812110.jpeg


 20190425140813773.jpeg 



20190425140841043.jpeg 



20190425140910f08.jpeg 


無限ループに突入したのかと思うほど同じようなスイカ屋が続き、

線路を越え、

201904251410496dc.jpeg 


エーヤワディー川を渡る橋へ。

20190425140950cbd.jpeg 



にしても凄いですね、
川沿いの山はもはやパゴダだらけです。

20190425140946fff.jpeg 



201904251411243c1.jpeg 

というあたりで寝落ち。


気がつけばモンユワバスターミナルに到着してました。

20190425141125628.jpeg 

さてこのモンユワ、
見どころは限られているのですがそこまでの交通手段はタクシーチャーターしかありません。※朝イチには鉄道があるそうな。



そして今回のバスで唯一の観光客だった私はとんでもない数のタクシードライバー客引きに囲まれました(写真撮ればよかった)。

面白いので考えてるふりしながら歩き出すとみんな着いてくるのが楽しい。

で、
実際問題このひとたちと折衝せねばならぬのですが、Can you speak English?と聞くと大多数の人が悔しそうに立ち去りました。

素晴らしい。
インドだったら全員が「Yes! Hello! Nicetomeetyou!!」とか言って勢いづくものですが。

で最終的に私の周囲は5人くらいまでに減りました。みな「あわよくば俺が!」と私の取り合いに必死です。


そしてここで要のワード、How much? と問うとここで急に顔を見合わせる5名。そして目配せ後にウンウンとうなづいて「15000チャット!」。
これを談合と言います。


チッ、そうきたか。
ひとまず私が「観光後はマンダレーに帰りたいのだけどマンダレー行きのバス会社はどれ?」と聞いたら

201904251411265a1.jpeg 



20190425141128709.jpeg 

この2名が案内してくれました。


で、
ひとまずそこで17:00マンダレー戻りのバスチケットを買い、リュックを預けて先ほどの場所に戻る頃には

2019042514112983c.jpeg 


ドライバーは彼一人になってました。
ここでHow much?と問うと10,000チャットという事前調べ通りの値段で着地しました。


ということで
本日のバイタク(3)

2019042514113101a.jpeg 


例に違わずミラーはありません。
 20190425141134cb6.jpeg 



モンユワの街は村というよりは発展しております。地方町という感じ。

20190425141132f24.jpeg 



目指すは町の東の寺院。


途中幹線道路を外れると景色はさらにのどかに。

2019042514113526e.jpeg 



20190425141137fc1.jpeg 



徐々に見えてきました。

2019042514113895f.jpeg 



わかりますか、この違和感。

20190425141140151.jpeg 




ということでまずご覧に入れまするは、

ボディタタウンの涅槃仏さまです。

20190425141141f44.jpeg 



20190425141143593.jpeg 

いやこれね、比較対象入れ忘れたからイマイチ伝わらないのですが、クソでかいんです。
もはや数km手前からその存在が認識できるほどです。

あの鼻の穴、ニンゲン3,4人が平気で吸い込まれそうなほどなんです。

2019042514114403b.jpeg 


でかすぎて袈裟の谷間に鳩が住めるほどです。

2019042514114501b.jpeg 



すんごー!!

201904251411475a4.jpeg 


って、

いってるそばからこれです。

20190425141215248.jpeg 


またなにかすごいのがいますね。
こちらの方についてはまた後ほど。

20190425141216312.jpeg 


気になるでしょうけども。


涅槃仏さんの御足。

2019042514121696b.jpeg 



20190425141218b37.jpeg 



涅槃仏さんの御尻。

20190425141219485.jpeg 



背中のあたりから中に入れるようです。

20190425141221393.jpeg 




涅槃仏さんの中身。

20190425141222f78.jpeg 



小さな仏様が並ぶ中に、祭壇と、仏教説話のシーン再現がいくつか並んでました。

20190425141224827.jpeg 



20190425141225a36.jpeg 



20190425141227d98.jpeg 


ちょっと床がキチャナイです。
腸内環境もうちょっと整えておいてください。


2019042514122836e.jpeg 



涅槃仏さんの頭部。

2019042514122967c.jpeg 



2019042514123184a.jpeg 

頭部にぽっかり開いた穴から脳汁滴るんじゃないかと心配になります。


そこから参道を進んでいくと、

20190425141233060.jpeg 



現れるのが先ほどのお方。

 201904251412363f0.jpeg 

これもですね、とんでもなく大きいのです。
お名前をレーチョン・サチャー・ムニ立像といい、どうやら高さ129.2mもあるそうです。ビルでいうと33階。33階!?


にしても

201904251412379bb.jpeg 


ちょっと栄養が足りてないんじゃないでしょうか。

御顔色が悪いです。


接近。

2019042514123974a.jpeg 



201904251412407e0.jpeg 


身体中に散弾銃浴びたような穴が空いてますが、あの内部を登れるらしく、通気孔か展望窓みたいなもんだと思います。信仰心どこ行った。


足元の祭壇。

20190425141242178.jpeg 




立像さんの中身を見学。

20190425141302311.jpeg 



201904251413084f3.jpeg 


これまた仏像が数多く並んでいます。
仏像in仏像です。


そして

20190425141302655.jpeg 


天井上からドタンバタンと激しい音がします。おそらく上の階で子供が走ってるんだと思うのですが、立像さんの体内老朽化が心配されます。


階段。

201904251413036df.jpeg 



上の階へ進んでいくと、沢山の説画が。

2019042514130585c.jpeg 



20190425141306fae.jpeg 



2019042514130922c.jpeg 



20190425141310ee6.jpeg 



201904251413124f5.jpeg 


地獄絵図。
立像さん、結構なを抱えているんですね。

通りで顔色悪いわけです。



悪いことしたらバチが当たるよシリーズ。

20190425141314be3.jpeg



 20190425141315fc0.jpeg



 201904251413177ee.jpeg



 20190425141318f93.jpeg 

お坊さんも例外なしだそうです。


5階あたりでなんだかご利益ありそうな美しい絵に出会えたのでもうここで登るのやめました。

20190425141320de3.jpeg 


マジで33階まで登れるらしいです。
そして登っても展望スペースはないらしいです。そりゃまあ立像さんですからね。

ただ

2019042514132150e.jpeg 


エレベーターが建設中でした。
これ完成したらあの立像さんの頭頂部が展望スペースになっちゃうのでしょうか。
マジンガーZのパイルダーのように。



ということで、
この立像さんと涅槃仏さんとを遠景から眺めるとこうなります。※借り物画像です。

20190425141323c9b.jpeg 


信仰心が常軌を逸している。



いや、
そのくせ涅槃仏さんには脳汁穴開けちゃうし中身掃除しないし立像さんは散弾銃痕かのごとく窓開けちゃうしエレベーターぶち抜いちゃうしでもはや信仰心なのかどうかよく分かりませんけども。


なお遠方には

20190425141324610.jpeg 



201904251413252da.jpeg 

坐像さん準備中。
先人ブロガーさんの写真と比べると着々と進んでいるようです。来年くらいには入れるんじゃないでしょうか。


きっとエレベーターで頭上に躍り出ることができお賽銭はQRコードで支払いフリーWifiが飛び頭上のレストランで食べれるのはsこの辺でやめておきましょう。バチが当たりそうです。


なおあの坐像は近くまで行くことすらできないそうです。完成したら道路が作られるのだそうで。




おやつ。

20190425141327184.jpeg 


巨大スイカ半玉分ほどで35円でした。
ただやはりあのウイグルで食べた激甘スイカと比べると東南アジアのスイカは甘さに欠けます。ウイグルのフルーツは本当に美味しかったんだなぁと。


なおこれかなりの大盛りサイズですが、ドライバーへの賄賂も兼ねております。もりもり食べていただきました。



なおこのボディタタウンは二大像以外にも巨像に満ち満ちております。

後ろ姿のみの坐像withN(ナーガさん)

20190425141329b3a.jpeg 



ありそうでなかった気がする象の上の坐像さん

20190425141354ccd.jpeg 



そして

20190425141355898.jpeg 



201904251413566df.jpeg 

ちょw
これ、え?



階段があったので登ってみる

201904251413589de.jpeg 



20190425141359f30.jpeg 

ああもう何が何だかわからないw

ひとまずここが仰向けの仏陀先生の腹の上ということはわかります。



あのお顔の上の屋根は日よけでしょうか。

20190425141401b85.jpeg 


ちょっと狭苦しそうじゃないですか。


首から顎にかけてハシゴかけられてます。
むず痒そうです。

201904251414020a0.jpeg 



なお顔上の屋根裏にはハトたちが大量に生息しており、仏陀先生の顔面に糞を散らかすというあんまりな光景でした。

20190425141404c0b.jpeg 




この仰向け像さん、
先人ブロガーさんのブログでは見たことなかったので皆さん見逃しているか見なかったふりしてるのかいずれかだと思うのですが、場所この辺です。

20190425141405fe6.jpeg 



一見ただの工事現場にしか見えませんが、あの顔と屋根は通りから見えます。



そしてこんな場所も。

20190425141407b46.jpeg 



すんごい数のなにかが見えます。


まあきっと、

20190425141409c29.jpeg 



20190425141410531.jpeg 



2019042514141140c.jpeg 



20190425141413ac3.jpeg 

ですよねー。

傍らにはメンバーに入れていない二軍(ごめんなさい)も。

2019042514471089c.jpeg 




よくみると各土台に名前が彫られてます。
寄進された方のお名前ですかね?

2019042514141619b.jpeg 



近くの林にも大量の先生。

20190425141417e34.jpeg


 
こちらは皆さんポーズが異なっていました。



ふと振り返ると

201904251414533e2.jpeg 


あのお二人がジトッと見つめていました。
ここでは悪いことできません。


そんなボディタタウンでした。
タウンって英語でしょうかね?
なんとなく、信仰の場でありながらもちょっとしたテーマパークのような雰囲気です。


※タタウン=1000と言う意味だそうです。千の菩提。


続いてやってきたのがこちら。

20190425141453054.jpeg 


タウンボッデー寺院です。
ボディタタウンへの道中にあります。


この風貌。

2019042514145525a.jpeg 



201904251414566aa.jpeg 



20190425141458d8d.jpeg 

奇天烈とはまさにこのことを言う。


入ってみましょう。

201904251414591d5.jpeg 


どうやらここは有料のようで、3ドルないしは3,000チャット≒210円でした。一時期の両替レートを使い続けているのであろう価格差です。


内部。

20190425141501353.jpeg 


「よくわかんないけどなんかすごい感」がすごいです。


で、
お気づきになりましたでしょうか。

20190425141502985.jpeg 



この写真に何体の仏陀先生いらっしゃると思います?



って
数えだすと気づく震撼する事実。


これ、

20190425141506971.jpeg 


全部先生です。

201904251415075bb.jpeg 



201904251415073c0.jpeg 



20190425141508711.jpeg 



20190425141510bc7.jpeg 



20190425141511b79.jpeg 

もはや隙間なく散りばめられた仏陀先生。
Lonely Planetによると、5,823,631体もあるのだそうです。よく数えましたね。


なおちょっと目を凝らすと、

2019042514151342c.jpeg 


ときおり一枠にお二人が仲良く並んでたり、お二人ともお出かけ中だったり、なにがあったのかお一人しか留まってなかったり、と、統計を取るのがすんごい大変そうです。
ちょっとそそっかし過ぎですよ先生方。

なお寺院入り口モニターには寺院中を張り巡らせているであろうカメラの映像が。

20190425141514dab.jpeg 


もしや先ほどの仏陀先生のそそっかしっぷりは誘拐でしょうか。


奥では大勢の方がお祈りされてました。

201904251415168a5.jpeg 



20190425141517db7.jpeg 


寺院の周囲。


20190425141545cb8.jpeg 

未だに名前がわからないよく見る神さま。

2019042514154563a.jpeg 


このカラーリングといい、シカラっぽい造形といい、インドの影響を感じます。

20190425141546739.jpeg 



20190425141547e90.jpeg 



20190425141549e86.jpeg 


タウンボッデー寺院の周辺。

2019042514155013d.jpeg 



20190425141552a95.jpeg 

この塔、
登れたそうです(女人禁制)。
登ればよかったな。


そして中国広東省でよく見たスタイルの建物も。

20190425141553542.jpeg 



20190425141555af7.jpeg 



201904251415568ff.jpeg 


てな感じでバスターミナルに帰ってきました。

20190425141558702.jpeg 




現在15:20。
12:40に出発したのでだいたい2時間半でしょうか。

バスチケットが17:00なのですが、

20190425141559c9c.jpeg 


バス会社のおばちゃんが16:00のチケットに変更してくれました。優しす(*´ω`*)



時間潰しに、近くの屋台で隣の人が飲んでたピンク色のチェーを指差して「これください」と言ったらレモネードが出てきた図。
 20190425141602251.jpeg 

氷は袋に入れて棒でかち割るというエコ仕様です。

20190425141601f0c.jpeg 



本日の往路バス。

20190425141604bb6.jpeg 


さて、
ここからの計画ですが、
このバスがマンダレーの南のバスターミナルに到着したら、夜行バスで次の街へ。


ではなく出発時と同様に宿近くのバスターミナルに着いたらマンダレーでもう一泊です。


結果、

20190425141607d7d.jpeg 

宿近くのバスターミナルに着きました。
嗚呼。

でも良かったかもしれません。
というのも実はまだ体調が万全ではなく、なんだかまだ頭がふらふらりなのです。

熱中症か、ミャンマー料理に胃がやられたか、原因不明ですが、

20190425141610d82.jpeg

 
夕飯は通りかかったローカル飯屋で久々にシャンヌードル食べました。
五臓六腑に染み渡る。



宿はこれまでと同じとこです。
受付の人に「?」と言う顔されました。

ふふふ。ですよね。


そんな一日でした。


明日は思い切ってあの日にしようと思います。
乞うご期待。


チェズーティンバーデー!でした。


 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#527 ついにバンコク最終日。inタイ(45) 2019.5.23 2019/05/25
#526 ホアヒンを特に何もせず通過。inタイ(44) 2019.5.22 2019/05/24
#525 パンガン島小探検、からの移動日。inタイ(43) 2019.5.21 2019/05/23
#524 パンガン島をのんびり探検。inタイ(42) 2019.5.20 2019/05/22
#523 世界三大レイブ、パンガン島フルムーンパリーへ。inタイ(41) 2019.5.19 2019/05/21