FC2ブログ

記事一覧

#529 遂に憧れのアンコールワットへ。inカンボジア(2) 2019.5.25




アンコールワット。


誰しも聞いたことがあるであろう世界屈指の遺跡でございます。


先生、久々に出番ですよ。

アンコール・ワットクメール語: អង្គរវត្ត, 英語: Angkor Wat)は、カンボジア北西部に位置するユネスコ世界遺産文化遺産)であるアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表する寺院。12世紀前半にヒンドゥー教寺院として作られたが、16世紀後半に仏教寺院に改修され、現在も上座部仏教寺院となっている。
サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻を特徴としクメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗
の中央にも同国の象徴として描かれている。



遂に私もアンコールワット。
実に感慨深いです。


ガイア幻想紀。
このブログを見ている方でその名を知る人は限りなくゼロに等しいと思いますが、世界旅行など全く興味がなかった私が実際に世界旅行を始めてみて気づいた、私の中に眠っていた世界遺産への好奇心を形成したものの一つです。


マチュピチュ、ナスカ、万里の長城、ピラミッド。

同作品に登場する実在の場所は出来る限り巡ってきました。


そして最後がここ、
アンコールワットなのです。


ああペギー。。


そんな中二病の私の私による私のためのアンコールワット巡りですどうぞ宜しくお願い申し上げ!


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:シェムリアップ市内→アンコール遺跡群
・手段:レンタサイクル
・料金:2.8ドル ※もっと安いのあり
・時間:ー


↓アンコール遺跡群地図マップ
(二行目はMapsme表記)

<広域>
20190526230157a07.jpeg


・チケットセンター
      Angkor Wat Ticket Office


<シェムリアップ市内>
20190526230157e83.jpeg


・青:宿 ドミ一泊2ドル
      Naga Angkor Hotel
・右上の赤い十字ラインおよび赤ピン:パブストリート
      Pub Street
・その下の赤:オールドマーケット
      Old market
・その下の赤:アートセンターナイトマーケット
      Night market
・左の緑たち:Sok San通りの安飯屋たち
      Lady Khmer Kitchen
      Two Sister Café & Restaurant
      ↑はMapsmeの場所の道路の反対側
      Taste For Life



<アンコール遺跡群>
20190526230157e29.jpeg


(通称、小周りコース)
1.アンコール・ワット
    Angkor Wat
2.アンコール・トム
    Angkor Thom
3.プノン・バケン
     Phnom Bakheng
4.ヴィクトリーゲート
     victory gate
5.チャウ・サイ・デボーダ
     Chau Say Tevoda
6.トマノン
     Thommanon
7.タケオ
     Ta Keo
8.タ・プローム
     Ta Prohm
9.バンテアイ・クデイ
     Banteay Kdei
10.プラサット・クラバン
     Kravan Temple


(通称、大回りコース)
11.プリア・カン
     Preah Khan
12.ニャック・ポアン
     Neak Pean
13.タ・ソム
     Ta Som
14.イースト・メボン
     East Mebon
15.プレ・ループ
     Pre Rup
16.スラ・スラン
     Srah Srang


――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 


アンコールワットと言えば朝陽です。

鬱蒼と茂る密林に佇むアンコールワット越しに昇る朝陽。

そんな神々しい姿を拝むべく昨夜にレンタサイクルをレンタルしておき万全の状態で臨んだ今日のこの日、

さあ参りませうアンコールワットォ!!!



201905262301582d6.jpeg



寝坊しました。


いや、
正確に言うと、
4:00に一度起きたのですが、

ま、今日じゃなくてもいっか。ってまた寝た次第です。


まぁまだアンコールワットの右の左も分かりませんし、

今日はとりまでゆっくり行きましょうよ。

とはいえ現在時刻朝7:30です。
二度寝してもこの早起き。


私は逞しい朝型ですよ>まだみぬどこかの人事の皆様。



朝飯。

20190526230200210.jpeg



適当な店でバゲット食べてみました。

ここカンボジアもベトナムとラオス引っくるめてフランスさんに統治されていた経緯があり、その影響かバゲットサンドが定番メニューなのだそうです。

って事で店の前にバゲット屋台がありかつローカルピーポーが多々入ってたこの店にしたんですけども、

2019052623020485f.jpeg


これ2.5ドル嘘でしょう。
ベトナムのバゲットサンドは100円しないのに。

やはりシェムリアップは地元民も潤っているんでしょうね。


と思ってましたが実際にはこの写真は半切れでして、もう半切れ食べる頃には満腹でした。
結果良しとします。



さて、
まず目指すはチケットオフィスです。


アンコールワットって、
アンコールワットだけでなく多数の遺跡が点在しておりその規模感は莫大です。東京ドーム何個分かは知りませんが東京ドーム何個分かで測りたい人だけググってください。

つまりは遺跡の数が多すぎるので遺跡群ひっくるめてチケッティングしちゃおうぜと言う、ミャンマーでよくあった入域料的な感じのようです。
ただそのチケットオフィスが遠すぎる!

ここ

201905262302109a1.jpeg



左下が市街地、
上がアンコール遺跡群なのですが、
なぜそんな場所にチケットオフィス作ったんでしょうか。
所長の自宅の近くにでもしたんでしょうか。


いやこれ、
アンコール遺跡群を旅行される「普通の」皆様はバスなりタクシーなりトゥクトゥクなりをチャーターして遺跡群を巡るんですって。
その流れでこのチケットオフィス行くんですって。
なので市街地からアンコール遺跡群に行く道から多少外れてても支障はないんでしょうね。

問題は広大なアンコール遺跡群にチャリで行こうとするようなバジェットトラベラーです。身近な言葉で言うと私のような土民匹夫な貧乏人です。

炎天下の中チケットオフィスに行くためだけに日陰のない道を淡々と走る。

201905262302045db.jpeg



はい着きましたよ。

201905262302054aa.jpeg


敷地には無駄にお堀見たいのがあって建物目の前に見えてるのに遠回りさせてくるあたりギギギです。


はいお値段62ドルゥ!!!

201905262302085ba.jpeg



ちゃんと申しますとチケットは3種類あり、

1日券37ドル
3日券62ドル
7日券70ドル

こんな感じです。
料金幅の設定に恣意を感じざるを得ません。


で、
私は1日券じゃ足りないけど3日はちょっと多いかなぁ、って感情だったので、3日券にしました。たった8ドルの差なら7日券でよくない?と言うほどの懐事情ではございませんで。



その場で写真撮影する顔写真付きですよ。

20190526230218705.jpeg


パスポート提示とか不要でした。



にしても
やはりペトラ遺跡の入場料は圧倒的に高いですね。。(約7,700円)



チケットも無事買えたのでアンコール遺跡群へ参りましょう。

20190526230222e15.jpeg



途中、

なんかCHECK POINTとか書かれた場所があったので無視して素通りしてみました。

201905262302497ee.jpeg




そしたらあえなく御用です。

20190526230247951.jpeg



チケットに穴を開けてチェック完了です。

いやCHECKPOINT入り口に誰もいなかったし

実際どうなんだろうとテストしてみただけですよ。

現にチケット持ってるし。



WELCOME TO ANGKOR!

20190526230249bf1.jpeg


ってほど歓迎してくれてる感はないですが、もう間も無く到着しそうです。



さて、
ちょっとここで遺跡群の地図を。

20190526230157e29.jpeg



この①がかの有名なアンコール・ワット、

そしてそれよりもはるかに巨大な②がアンコール・トムです。


そしてそして、

①〜⑩と、①〜③&11〜16が、
環状に連続してるんです実は。


で①〜⑩の方を小周り、

11〜16の方を大周りと言うんですって。
ツアーの定番コースになっているそうです。



と言うことをこの時まったく知らなかった私ですが、ひとまずアンコールワットに来たんだからまずはアンコールワットでしょう、とアンコールワット目指してます。


どっかのサイトで「アンコールワットには午後から行くべきだ!」と書いてました。理由は忘れました。
てかアンコールワットに来てアンコールワット後回しとかどうかしてませんか。



到着です。
チケットオフィスからここまで40分でした。


20190526230338279.jpeg



入り口となる西口前にはお店が並んでおり、

2019052623033602a.jpeg


ひとまずジュース。
2ドルくらいするかなと思いきや1ドルでした。30バーツ。うん、高いけど思ったほどではない。


はい、
遂にやってきましたよ、アンコールワットです。ど、ドキドキしる。。

お堀を渡る橋の手前でチケットチェック(要る?)してさあ遠目に目に飛び込んでくるはアンコールワットの遠景ぃぃ!!!

20190526230337881.jpeg



あ、、、
逆光でした。

そう言うことだったんですね午後に来るべしというのは。
いや入り口が西側と言われた時点でアイヤーと思ってましたがまさか現実とは。



この橋は仮設のやや柔らか橋でして、

201905262303432dd.jpeg



20190526230352d8d.jpeg


本来はあちらのレンガ橋なんだそうです。

20190526230343a90.jpeg


ふふ、
逆光で何も見えますまい。



橋を渡りきると寺院の外壁、西大門がそびえアンコールワット本殿が姿を消します。そして周囲はアンコールモンキーがウロウロしてます。

20190526230354a24.jpeg



ひぃ!

201905262303554f4.jpeg



201905262303492cb.jpeg


私の2.3ドルのパンが早速狙われました。

昨夜スーパーで買っておいたちょっと上質なゴマ入りフランスパンです。
なんとか死守しました。これは絶対やらんぞ。バーツにしたら70バーツやぞ。パッタイ2杯分なんだから。

って、
これ朝陽を待つ間ように買ったやつなんですよね。

すっかり忘れて朝飯バゲットなんぞ食ってしまいました。
ひとまず今日のお昼はこの高級フランスパンです。小麦祭り。


西大門。

201905262303414d1.jpeg



ここを抜けると

20190526230343e5a.jpeg



20190526230343e2d.jpeg


見えてきてる見えてきてる。
ちょっとアンコールワット選手が垣間見得てきちゃってるよ!


さあ歩みを進めましょう、
古の寺院、アンコールワットへ

20190526230349075.jpeg



20190526230352bca.jpeg




20190526230347fed.jpeg




と、トリハダ。。。!!!



改めまして、アンコールワットです。


20190526230347fed.jpeg


この三本の大きなシカラ。
これぞ私の中のアンコールワットのイメージです。

逆光じゃなかったら失禁していたかもしれません。
積極的に逆光を肯定していきます。



この中庭には二つの殿があり

20190526230355c12.jpeg



20190526230355a07.jpeg


本殿への参道には4体のシンハ(獅子)が。

201905262303554ad.jpeg




それらを横目にいざアンコールワットへ。

201905262304558e5.jpeg




第一回廊という回廊。
本殿の外周を囲う回廊のようです。


201905262306348ce.jpeg



え、

201905262306351b2.jpeg



なにこれ。
まさかレリーフですか。


左端に回廊の端っこが見えてますが、分かりますかこの規模感。

201905262306351b2.jpeg



私いま回廊の一辺の真ん中にいるので同じ景色が反対側にもある、つまり回廊のレリーフはこの写真の規模の二倍あります。


レリーフ

201905262306374d6.jpeg



20190526230638a0b.jpeg


戦い、、?
っぽいレリーフが延々と続いてます。

クメール王朝はヒンドゥー文化が色濃い王朝なのですが、これは安心と信頼の定番クロニクル、インド叙情詩ラーマーヤナの情景でしょうか。



カーリーさん級の剣聖さんのような方も大暴れしてます。

20190526230639299.jpeg




周囲が大戦争している中で、どうみても大豊穣中のお二人。

201905262306406d6.jpeg



しかもここだけみんな触っていくのでしょう。レリーフはツヤが出ちゃってました。もう。好きねぇ。




これが歩いてきた回廊。

20190526230642f1a.jpeg



こちらが突き当たりを曲がった次の一辺の回廊。

201905262306437e6.jpeg



201905262306465eb.jpeg


永遠か。

一瞬、

豊穣探しをしようかとも思いましたが我に帰り本来のアンコールワット見学に戻ります。

なお今いろいろネット見てたらやはりこの長大な壁画レリーフは全て別のシーンを描いたもので、ラーマーヤナはもちろん、私あまりよく知らない同じインドの叙情詩マハーバーラタや「天国と地獄」「歴史回廊」など様々なテーマの壁画だったのだそうです。
みんなが思い思いに好き勝手彫ったんじゃないんですね。



第一回廊を越えて先に進みます。

20190526230646335.jpeg



その先の中庭には十字に回廊が設けられ、その周囲四角が沐浴池跡になってました。

20190526230648d36.jpeg



その先には一段上に登る階段。

2019052623064968d.jpeg




登った先は祠堂を中心とした層でした。

201905262306511bb.jpeg



その周囲を囲う第二回廊。

20190526230652e93.jpeg


第二回廊はレリーフは特になく、やや寂しげ。

ただし見上げる祠堂は圧巻です。

20190526230654792.jpeg



お、

なにやら行列を発見。

20190526230746c01.jpeg


この上の祠堂には入場制限(一度に100名?)があるようで、その入場待ちでした。
15分くらいで入れるそうです。

服装制限。

20190526230657ac0.jpeg


やはり聖地・オブ・聖地だけあって厳しいです。女性の方はノースリーブ+ストールはNGと言われてました。Tシャツじゃないとダメみたいです。もちろんTシャツのレンタルはなく、列から離脱させられてました。

なのに私の半パンはオッケーでした。 



本堂への階段。
めっちゃ急です。

20190526230658416.jpeg



この階段が作られる前は寺院元来の階段を登っていたそうですが転落死者続発につきこのような階段を設けたそうです。


アンコールワット、

最上層となる第三回廊です。

20190526230700153.jpeg



20190526230746b02.jpeg



20190526230747ce7.jpeg



20190526230748b09.jpeg



20190526230750850.jpeg



20190526230751f1c.jpeg



20190526230753739.jpeg



20190526230754bb6.jpeg



201905262307565c9.jpeg



20190526230757ff2.jpeg



20190526230800b58.jpeg




20190526230802719.jpeg



2019052623080378c.jpeg201905262308054c0.jpeg




感無量です。


写真だけみるといち遺跡の断片でしかなく「言うほどか?」と言う感じですよね。


実際私も日記書きながら「あれ、こんなだったっけ?」って今思いました。


ただ、
街中から小一時間かけて森の中を進むといきなり現れるこの謎の巨大寺院、そしてこのカンボジアと言う地でヒンドゥーと仏教が織り混ざる世界観、徐々に階段を登り高まっていく視座、その先にそびえる圧倒の本堂、その本堂に足を踏み入れているいまこの瞬間。

この高まりはこの場に来た人にしか分かるまい。


ただこの心境は、
私の旅が佳境を迎えている現実の再実感に対する感慨だったのかもしれません。




この中央祠堂は須弥山(古代インドの世界観における「世界の中心」)を模しているそうです。


そして中央祠堂にはかつてシヴァ神が祀られていたそうですが、今はなんと壁の中に埋められているそうで、現在は四方に四体の仏像が置かれていました。

シヴァ神を壁の中に埋めるだなんて。。
カーリーさんに八つ裂きにされますよ。

参考画像)カーリーさん ※シヴァ神様の嫁
2019052623084715d.jpeg





ありがとうございました。
大変に崇高な時間でした。

そしてアンコールワットで私のSIMは電波入りませんでしたがこの第三回廊だけは電波入ったのでちょっと休憩がてらネットサーフィンしてました。すみません。崇高とか言いつつ。クソ暑くて。

しばらくすると係員さんに、外に出てくださいー、と言われたのto私ではないと思い引き続きネットの世界にディープダイブしてたのですが、どうやらここ一人当たり15分の滞在時間制限があったようです。
すみません1時間ほどのんびりしてました。


階段上からの景色。

20190526230808ad4.jpeg



ちょっとそんな風には見えてませんが(そんな写真ばっかりですみませんが)、寺院の周囲は密林です。
アンコールワットはクメール王朝がシャム(現在のタイ)に攻め滅ぼされて以降にプノンペンへ遷都して以来400年、歴史の表舞台に出ることなく密林の中で眠っていたそうです。
今でこそ大観光地として周囲は整備されてますが、再発見当初はどんな感じだったんでしょうか。



第三回廊の外壁。

20190526230825389.jpeg



美しい女神像が並んでます。



地球の歩き方先生曰く「なんでやねーん」の像

2019052623082553a.jpeg



校閲の方、しっかりしてください。



再びの第三階層の勇姿。

20190526230826b89.jpeg



改めてのアンコールワット。

20190526230827aad.jpeg




ありがとうございました。

とうとう私はアンコールワットを見終えてしまいました。
逆光でしたけども。


まああと三日間、いつでも入れますからね。
あと空いてたし!


逆光も悪いことばかりじゃないんですよ。



休憩タイム。

2019052623082852c.jpeg



20190526230830ae9.jpeg


アンコールワット向かいのレストランでシェイクタイムです。

当然にお値段お高く1.5ドルですが、
プーケットのビーチのシェイクが500円だったことを考えると全然安いじゃんと思ってしまう私はやっぱりプーケットなんて行かなきゃよかったかしら。


さて、
ここから次の遺跡に向かいますよ!!


というところで一旦日記を区切ります。
アンコール遺跡群は見応え的にも日記的にも盛りだくさんなので刻んでいきますよ。


オークンー!
でした。

 
↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01