FC2ブログ

記事一覧

#530-2 森に沈む遺跡ベンメリア。inカンボジア(3) 2019.5.26



アンコール・トム、
ピレア・カン、
バンテアイ・スレイ、

と大物遺跡を見学したこの日、
そのままベンメリア遺跡へとバイクを走らせました。


ラピュタ感やばしと噂のベンメリア。
楽しみです。



――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:アンコール遺跡群
・手段:レンタルバイク
・料金:10ドル
・時間:ー



↓アンコール遺跡群地図マップ
(二行目はMapsme表記)


<広域>
20190527162239b64.jpeg


・チケットセンター
      Angkor Wat Ticket Office



<シェムリアップ市内>
20190527162240ec8.jpeg

・青:宿 ドミ一泊2ドル
      Naga Angkor Hotel
・右上の赤い十字ラインおよび赤ピン:パブストリート
      Pub Street
・その下の赤:オールドマーケット
      Old market
・その下の赤:アートセンターナイトマーケット
      Night market
・左の緑たち:Sok San通りの安飯屋たち
      Lady Khmer Kitchen
      Two Sister Café & Restaurant
      ↑はMapsmeの場所の道路の反対側
      Taste For Life



<アンコール遺跡群>

20190527162241989.jpeg


(通称、小周りコース)
1.アンコール・ワット
    Angkor Wat
2.アンコール・トム
    Angkor Thom
3.プノン・バケン
     Phnom Bakheng
4.ヴィクトリーゲート
     victory gate
5.チャウ・サイ・デボーダ
     Chau Say Tevoda
6.トマノン
     Thommanon
7.タケオ
     Ta Keo
8.タ・プローム
     Ta Prohm
9.バンテアイ・クデイ
     Banteay Kdei
10.プラサット・クラバン
     Kravan Temple


(通称、大回りコース)

11.プリア・カン
     Preah Khan
12.ニャック・ポアン
     Neak Pean
13.タ・ソム
     Ta Som
14.イースト・メボン
     East Mebon
15.プレ・ループ
     Pre Rup
16.スラ・スラン
     Srah Srang



――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――
 


現在時点はバンテアイスレイ。


ここからグググっと遠くのベンメリア遺跡を目指します。



移動図

20190527163642940.jpeg



距離63km。

現在時刻14:00。

まあ、
なんとかなるっしょ!



出発ー。

20190527163643760.jpeg



とはいえ時間があまりないので、久しぶりにスピードぶっ放します。

残念なことにこのバイク、スピーメーターぶっ壊れてるので速度不明ですが、まあ80kmくらいでしょう。

もっとかっ飛ばしたいところですが結構風が強くてこれ以上出すと身体が浮きそうなのです。


そしてこのルート、

20190527163645a60.jpeg



この黒矢印は舗装された幹線道路なのですが、Mapsme先生の提示した青ルートは図のようにショートカットをご提案しており、私もそれに準じたのですが

20190527163646d27.jpeg



やはり未舗装路でした。

最初のうちこそ上記の通り比較的整ったオフロードでしたが、

201905271636489ae.jpeg


徐々に水たまりが増え始め、
後半はもはや写真もないですが泥道でした。
しかもそこを村人たちがバイクや車でぐじゃぐじゃと行きかう。

幸い事故はしませんでしたが2回ほど黄色い泥だまりに足を突っ込みました。


この舗装路に生還した時の安堵感たら。

20190527163650811.jpeg



結局バンテアイスレイからベンメリアまで1時間45分もかかりました。

遠回りしてでも幹線道路を進んだ方が正解でした。



さてこのベンメリア遺跡。
入り口ではチケットを売っておらず、

ちょっと手前の建物で販売してます。

201905271636512de.jpeg



20190528004230e1e.jpeg




アンコール遺跡群と言いここといい、
まったくもってどうしてそういうことをするんでしょうか。

なお入場料は5ドル。
17:30まで営業中だそうです。


では参りましょうかね。

201905271636525fc.jpeg



2019052716365495f.jpeg



遺跡に入るとまずは参道が続きます。

2019052716365594d.jpeg



そしていきなり目の前に

20190527163657592.jpeg



これでもか!

ってほどに崩れ散らかした遺跡が現れます。


ここは東のアンコールワットとも言われる寺院ですが、現在もまだ修復が追いついておらず、むしろその崩壊感がイイよね、って事で大勢の観光客を集めるスポットになってるのだそうです。


全容が明らかになったらアンコールワットより大規模なのではとも言われている、ロマンポテンシャル高めの遺跡です。



ひとまず遺跡の周辺をぐるっと行ってみましょうかね。

201905271636585ef.jpeg



20190527163901a6a.jpeg



2019052716390202b.jpeg



201905271639030e6.jpeg



2019052716390435f.jpeg



2019052716390677b.jpeg



20190527163908606.jpeg



201905271639093dc.jpeg



20190527163910851.jpeg




バルス!!



って感じです。


ヤベえです。
崩壊してないところがないです。

ここまで来ると廃墟好きのために崩壊してないところもぶっ壊したんじゃねえか疑惑を思わずにはいられません。



お、
ここから中に入れそうです。

20190527163933550.jpeg



かの国人民ツアー集団もいますし、きっと入って良い場所なのでしょう。

てかあれです。
この遺跡、あまりに崩壊してるんですけど、故にどこからでも建物内部に入れてしまいそうで、でも入ってイイのかな?という雰囲気もあり、一人でくるよりツアー利用した方がいいかもです。シェムリアップ市内から大体27ドル前後のようです。



ここを登って入っていくようです。

201905271639332e4.jpeg




うおー。
マジでここいくの。

20190527163934c18.jpeg



20190527163941e71.jpeg




すんごいアドベンチャー感。




行ってみました。

20190527163948b52.jpeg



もはや暗闇です。


ただ向こう側から人が次々ときているのできっとオッケーなのでしょう。


てか私、これきっと順路逆走している。



闇回廊からの外の景色。

20190527164011fdb.jpeg




順路は寺院の本殿へ。


てかものすんごい整備されてます。

20190527164031c30.jpeg



すでに行かれた事ある皆さま、皆さまの頃はこんなウッドデッキありましたか?


私が先人各位のブログを拝読するに、昔はこんな順路などなく、みんな好きなところから入ってきゃっきゃしてたのじゃないでしょうか。


随所にて、立ち入りできなそうな場所に通行止めの板があったり、椅子っぽい切り株があったりするあたり、そんな印象を受けます。



ひとまず今回は順路上から観れる範囲を楽しみましょう。

20190527164034b6f.jpeg



201905271640318cf.jpeg



20190527164033aa0.jpeg



20190527164034064.jpeg



20190527164034352.jpeg



20190527164034479.jpeg



20190527164034381.jpeg



20190527164034fe3.jpeg



2019052716403555f.jpeg



20190527164035956.jpeg



20190527164126626.jpeg



20190527164213c9c.jpeg



201905271642147d4.jpeg



201905271642142b1.jpeg



20190527164216158.jpeg



20190527164218e43.jpeg



2019052716421958a.jpeg



201905271642204fd.jpeg



20190527164222916.jpeg



20190527164225b0a.jpeg



20190527164226f36.jpeg



201905271642287a5.jpeg



20190527164229a24.jpeg



20190527164231cee.jpeg



20190527164233dbe.jpeg



20190527164234da6.jpeg




しゅんごい。



しゅんごいしゅぎてこちらの思考がバルスしそう。


こんな巨大な遺跡が森の中に隠れたままというのがまたすごいです。


人々が百年以上かけて築きそして使用してきた文明が生命力みなぎる樹々に飲み込まれている様子はもう中二病患者のありとあらゆるシナプスを接続させてきます。






まさしく森に沈む廃墟、ベンメリア遺跡でした。

ラピュタのモデルになった説が立ち上がるのも分かります。




帰り道。


2019052800423182d.jpeg




61kmです。
ここからは幹線道路をひた進みます。

絶対道中にポリスいるだろうな。

と思い、カバンを中にしまい、フルフェイスメットで現地人を装って爆走。肌の色だけなら現地人に負けてませんが、いかんせん白Tが目立ちまくります。白Tきてる現地人なんて皆無ですから。


結果、

20190527164236f51.jpeg


無事生還。

やった。

ここまで1時間15分でした。



と!
いうことで!


U!


20190527164237d77.jpeg


TA!!


20190527164238de9.jpeg



GE!!

20190527164340054.jpeg



UTAGEの時間ですよ!

20190527164340a73.jpeg



今日は一昨日と同じ店、

Two sistersでロクラックとクメールスープです。

ロクラックは確実にLady Khmer Kitchenより美味いです。

超美味。

クメールスープはかなりあっさり味で野菜の美味さを感じられるヘルシーテイストでした。



以上です。
いや、ちょっとあっさりしてますが、もうアンコール遺跡群の内容が濃すぎてもう日記書くの疲れました。。。

ちょっと本日はこれにてご容赦です。
明日はカンボジアの首都、プノンペンに行きます。


オークン!でしたー。



↓一日一回応援クリックをお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※会社のパソコンからだとIP重複でカウントされない場合があるのでお手数ですがスマホかご自宅パソコンからお願いしますmm
ーーー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#Ep3 最後に。 2019/06/06
#Ep2 持ち物、予算とか 2019/06/04
#Ep1 旅のきっかけ、旅程など 2019/06/02
#534 えっと、、帰国、しました。in帰国(1) 2019.5.30 2019/06/01
#533 虐殺博物館そして次の国へフライト。inカンボジア(6) 2019.5.29 2019/06/01