FC2ブログ

記事一覧

【2018/3/12】#90 アイスランド(6) 灯台・登山・川の温泉・硫黄・ブルーラグーン・レンタカー揉める


アイスランド一周ももはや後半ですが、
いまだに現金を1円も使っていない上、
アイスランド語も一言も発していません。

TAK!=ありがとう

せっかく覚えたのに。


観光立国のアイスランドは英語が普通に通じてしまうのです。
(すくなくとも観光地は)

すごい先進国だと思います。

一方で教育過程における英語教育は外していただいて構わないので
その分のコストを物価に反映させてほしい次第です。



――――――――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:
宿@エイイルス スタジル(Egilsstaðir)宿@エイイルス スタジル(Egilsstaðir)宿@ボルガルビッグズ(
ボルガルビッグズ(Borgarbyggð)
     →1.
アークラネース(Akranes)
     →2.クヴェラゲルジ(Hveragerði)
     →3.ブルーラグーン(Bláa Lónið)
     →4.
宿@レイキャビク(Reykjavík)
・手段:レンタカー
・料金:6日間で42000円+ガソリン代1日5000円程度

▼移動図
IMG_3167★


――――――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、
少しでも心動かされたましたらぜひ1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
――――――――――――――――――――――――

 

朝ごはん。

IMG_1155_2018031401443579a.jpg


ここ最近、夕飯のつまみを豪勢になっており、 結果大量の食材があまり、 朝食にすべて使い回し、 食べきれず余る、 というサイクルが出来上がっています。  要因はすべて先代です。


アイスランドに来て5kgは太った気がします。

だって勿体無いじゃないですか。



本日はレンタカーを返却する実質のアイスランド最終日。


早速出発です。

1.アークラネース(Akranes)

こちら「世界一美しい灯台」と言われているそうです。
もう世界一が多すぎてよくわかりません。
どうなっているんですかこの世界一界隈は。

確かに美しい灯台なのですが、
アイスランド一と言い間違えたないしは聞き間違えたないしは
誰かの邪悪な意志が働いているとしか思えない、
ごくごく普通に美しい灯台でした。

IMG_3211.jpg


その後クルマは

2.クヴェラゲルジ(Hveragerði)
という、
地熱大豊作の街へ向かいました。

IMG_1157_2018031401443966a.jpg


IMG_1158_20180314014431542.jpg


ここにはなんと山の中の川がそのまま温泉になっちゃってるんだそうです。
ぜひ行ってみたいと私が先代へご提案し、受理された次第です。


ただしその川まで、山道を一時間ほどトレッキングせねばなりません。

耳がちぎれんばかりの極寒の中、
山登り開始。


この荒涼としたアイスランドではじめてこのような青々しい緑を目にした気がします。
いや、ヨーロッパに来て初めてかもしれない。

IMG_1162_20180314014432a97.jpg


その後、山道は容赦なく上り勾配の様相を見せ、
歩幅がどんどん縮んでいきます。
ただでさえ小さいのに。

IMG_1163_20180314014433a53.jpg


と思ったら唐突にそこらじゅうにぼっこぼこ温泉が湧き出しています。

IMG_1164_20180314014435799.jpg


IMG_1165.jpg



ただこのあたりは温度が熱すぎる+
吹出口が底なし沼のようにドロドロなので入れないようです。

川温泉にトライしたい人はまだまだ歩かねばなりません。




振り返ると下界の美しい景色。

IMG_1167_2018031401443342a.jpg


山道つづくよどこまでも。

IMG_1168.jpg


 山道つづくよどこまでも②

IMG_1171_20180314014435536.jpg


 山道つづくよどこまでも③

IMG_1169_201803140144319b1.jpg


 山道つづくよどこまでも④

IMG_1170_20180314014433f9d.jpg


 山道つづくよどこまでも⑤

IMG_1174_20180314014436ea9.jpg


 山道つづくよどこま早くしてください

IMG_1181_20180314014434f8b.jpg


ちょっと飽きたので、崖っぷちで気取ってみました。

IMG_2932.jpg

 
これ崖と崖が重なってわかりづらいですが、
いま私、断崖絶壁で今日も元気に頑張っております。

恐怖と戦いながら頑張った割にはそういった絵に見えなかった残念な構図です。

 
 
  山道つづくよどこまでも⑦
 
IMG_1182_20180314014437e8e.jpg


山道つづくよどこまでも⑧
こことか道幅50cmくらいしかないのにそこが凍結してるってどういうこと。
そして右側に滑り出せばあっという間にどんぐりころころあの世行きです。

IMG_1183_20180314014438792.jpg


・・!!
温泉感出てきましたよ。

ここは100度だそうです。

IMG_1184_201803140145317b6.jpg

念の為ですが、ここに入っている人はいませんでした。


もうそこらじゅう、誰も入っていない温泉だらけ。

IMG_1185_201803140145289b2.jpg


IMG_1186_20180314014532f44.jpg


お、看板です。

なんだか川の両サイドに歩道が設けられ、
ちょっと秘境感に欠ける様相が垣間見えます。

IMG_1214_20180314014544ac8.jpg

 

見えてきました・・・!!
あるき続けること1時間弱。ようやくです。

IMG_1190_2018031401453341d.jpg


早速欧米人達が自由形温泉タイムを繰り広げております。

 
IMG_2863.jpg 

こちらの方、一瞬、火山ガスであちら側に行かれているのかと思いビビりました。




早速この欧米人エリアに手を突っ込んでみる。。。。も、
なんだかぬるいです。

そうです。欧米人の風呂は温度がぬるいのでした。
先日の温泉で身をもって体感したのでした。



そこで、川の上流のほうが温度が高いという話を思い出し、
思い切って上流の方へ行ってそこで足をバシャーンと突っ込んでゅわぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあああああつい!!!


大変に死ぬが近いホットリミットハイプレッシャーレベルフォーでした。



よく見たら



こんなんぼっこぼっこ湧き上がってました。
こういった湧きたてはおそらく100度近いです。


ということで位置を微調整して。。。



イン!

IMG_1200.jpg


ヤバイです。

神です。


ときおり川底から尻を突き刺すような熱湯が襲いかかってくるため
油断なりませんが、定位置を調整することで快適な温度に保つことができ最高です。


そりゃ卵やりますわ。

IMG_1204.jpg
※卵を湯に入れる時にせっかちしてそのまま入れたら殻が割れてややクリーチャー気味。



先代はとなりでビールやってます。
マジで運転する気ないなこの人。





こんなところで着替えていました↓。

ただ、
インする前は靴→ビーサンだったので気が付きませんでしたが、
川中でビーサンを川岸に放り投げていたので
素足でこの川岸に上陸したのですが足が溶けるんじゃないかぐらい灼熱地獄でした。

IMG_1207.jpg

 
凄いです。
私、いますごく火山を感じてます。

火山感、ヤバイです。


道中みつけた温水組み上げパイプっぽいもの。

組み上げた先の管が途中で終わってて何も流れ出ていませんが
この蒸気はいったいもんだいなにをどうしているのでしょうか。


IMG_1219.jpg
 



すっかり湯上がり良い気分です。

1時間弱の帰り道を歩いてもこの高揚感が収まりません。


もうこのまま寝込みたいのですが、
先代がすでにビール効果で爆睡かましているため、
私が引き続き運転です。


次はアイスランドきっての観光地、
ブルーラグーンに向かいます。

道中はアイスランド南海岸を突っ走ったのですが、
久々の晴天+奇岩ロードにテンションあがり、
先代寝てるのを良いことにV系ガンガンかましていきます
気がつけば時速180kmです。

IMG_1226_201803140145464fa.jpg

IMG_1245.jpg

いま思うからなのですが、
時速180kmで片手運転で写メ撮ってるって、もうアレですね。
アイスランド温泉の湯上がり気分高揚の効果は凄いです。

IMG_1252.jpg



IMG_1230_20180314014547ef1.jpg

IMG_1258.jpg


IMG_1262.jpg



IMG_1272_20180314014554942.jpg


さて、このへんにブルーラグーンがあるはずなのですが・・・。

IMG_1275_20180314014557c71.jpg


ありました。
黒い奇岩の影に隠れていましたこの広大な青い湖。

IMG_1300_2018031401463722a.jpg


よく見てみると、青っぽい乳白色です。

IMG_1301_20180314014638387.jpg


こちらがブルーラグーン。

IMG_1278_201803140146284ca.jpg


そう、この湖、温泉なのです。

世界一おおきい温泉がこのブルーラグーンなのです。



IMG_1279_20180314014623bea.jpg

IMG_1302_2018031401462158b.jpg


そしておそらく、世界一高い温泉です。

いくらだと思います?


8100円ヒャッハーアポーンヒデブー!

IMG_1281_20180314014628dcd.jpg

しかも事前予約必須で私達がそれを知った3/9時点ではすでに予約で一杯!!
基地外施設に基地外が寄ってたかって奇怪カイカイです。

IMG_1280.jpg

 


IMG_1282_201803140146337cf.jpg

 
ただ高い料金なだけあって、中は大変にラグジュアリーでした。

すみません放送禁止用語連発して。
これがセレブの世界なのですね。



こちらがブルーラグーン。
世界のセレブリティ達が優雅に楽しんでいます。


IMG_1292_20180314014635237.jpg 

セレブリティ達がお酒を愉しまれています。
上記写真の右下にあるのが売店で、
温泉に入ったままその場でビールが買えてしまう奇跡が現実としてそこにあります。

IMG_1285_201803140146314c3.jpg



白塗りの集団が出現しました。
最初MALICEコスかと思いましたが、
どうやらこちらはブルーラグーン定番の泥パックだそうです。
 
IMG_1289_20180314014634c72.jpg
 

もうとにかく広いのなんの。
そりゃうら若きアベックも開放的になります(写真下)。

IMG_1295_20180314014635010.jpg



あれ、我々予約も取れず8100円払う財力もないのにどうやってこの写真をって?


大量の人混みに巻き込まれてどさくさで中に入れてしまったので
そのままラウンジから撮影したのです。




セレブリティが集まるレストラン発見。

IMG_1296.jpg

 
メニュー表。
セレブリティプライスすぎて値段がよくわかりませんでした。

IMG_1291_201803140146349af.jpg


そんなセレブリティを相手にしたビジネスも盛んで
ブルーラグーンの泥をベースにしたスキンケアアイテムが販売されていました。

4万円の商品が1万円引きで3万円!買わない理由がどこにある?
的なノリで販売員が接客に励んでいました。

IMG_1298_20180314014637da6.jpg





ということでもうアイスランド悔い無しにつき、
レンタカー返却です。

ブルーラグーンで思った以上に長居してしまい、
返却予定時刻18時の10分前にギリギリ返却となりました。


IMG_1304_2018031401463072b.jpg


だがしかしここでなんと!!!

フロントガラスに石が当たった傷が残っているとのこと。
このままだとフロントガラス交換で8-10万はするだろうだそうです。

とんでもないことが起こりました。

先代は
・ノー!
・ウィードントアクセプト!
とノーロジックな主張で体当たりをかましましたが、
あの手この手で遮られ、あえなく敗退となりました。

正確な金額は数日後にメカニックの見積もりの上で返答が来るそうです。
もしかしたらもっと掛かるかもしれないですし、
0円かもしれないですし。


アイスランドはとーにかく風が強いのですが、
地方に行くと路面が砂利道になっており、
強風時にはガンガン小石がクルマに突っ込んできます。

そのための保険も存在しているのですが、
無知な我々は数千円の保険を割愛してしまったのですよね。

もうそんなんだったら数千円をデフォルトでインクルードしてほしいです。




もう気持ち切り替えて最後のアイスランドの夜を前向きに過ごします。

レイキャヴィークの街のメイン通りにて。

まずはお土産屋。

IMG_1307.jpg


IMG_1306.jpg
 

私はこの旅で各都市1ピンバッジorマグネットを収集しているのですが、
ここアイスランドでも購入。

そしてあまりに景色がキレイな国だったので、
本旅で初めてポストカードを買ってしまいました。15枚も。

なぜそこまで踏み込めたかというと、
先代に日本まで持ってってもらうからです。


レイキャヴィークのメイン通り。
スマートなお店がズラッとならんでいます。
ゴミゴミしてなく、いい雰囲気です。

IMG_1308.jpg

 
最後の最後にアイスランディックスープを食べようという話になり、
こちらのお店に。

IMG_1311_20180314034601a9c.jpg 

サンフランシスコのクラムチャウダーのように、
大きなパンにスープが入って出てきました。

お値段1890円。
うん、美味しい。美味しいが、、、、高い。。

IMG_1314_201803140345502af.jpg


アイスランド最後の夕陽を受けるレイキャヴィーク大聖堂。

IMG_1315_2018031403454981a.jpg


我々が拝むアイスランド最後の夕陽。
IMG_1318_20180314034551f18.jpg



本日の炭水化物。
IMG_1320.jpg

本日のつまみ。
IMG_1319.jpg

本日のつまみオールスター。
IMG_1321.jpg

 


最後の最後にMAEDAKオンザロードもできたので満足です。

IMG_3206★



さて、いよいよ明日はアイスランド出国です。

明日もどうぞよろしくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、
少しでも心動かされたましたらぜひ1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
――――――――――――――――――――――――


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#310 ご乱心のホワイトシティ、ウダイプル。inインド(79) 2018.10.19 2018/10/23
#309 三度目のジャイプル。inインド(78) 2018.10.18 2018/10/22
#308 なにしにリシケシ。inインド(77) 2018.10.17 2018/10/21
#307 美しく青きガンジス。inインド(76) 2018.10.16 2018/10/20
#306 計画都市チャンディーガル。inインド(75) 2018.10.15 2018/10/19