FC2ブログ

記事一覧

#285 五度目のデリーは遺跡へ。inインド(54) 2018.9.24



地獄のローカルバス夜行から一夜明け、デリーに戻ってきました。

デリーとかもはや五度目です。
マジでお呼びでねーから。
てめーは木目でも数えてろ。

――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:デリー周辺


↓デリー地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)


20180925130317b0b.jpeg 

※枠線内は後述

・青矢印左の紫:ラクシュミー・ナーラーヤン寺院

      Lakshmi Narayan Temple

・ニューデリーの文字の右の赤:インド国立博物館

     National Museum

・その左の赤:インド門

      India gate

・その右下の紫:フマユーン廟

      Humayun's Tomb

・その右上の紫:アークシャルダーム寺院

      Swaminarayan's Akshardham Temple

・右下の紫:ロータステンプル 

     Lotus Bahai Temple

・下の緑:イケてるショッピングモール

     Select Citywalk Mall

・左下の赤:クトゥブミナール

    Qutub Minar



↓枠線内


20180925130318d2d.jpeg 


・左下のオレンジ:ニューデリー駅

・右上のオレンジ:オールドデリー駅

・さらに上のオレンジ:カシミアゲート バスターミナル

     Kashmiri Gate ISBT

・右上の赤:レッドフォート

     Red fort

・その左の紫:シク教寺院

     Gurdwara Sis Ganj Sahib

・その下の紫:ジャーマー・マスジット

      Jama Masjid

・下のピンク:コンノート・プレイス

     Connaught Place

・下の赤:階段井戸 アグレセン・キ・バオリ

      Agrasen ki Baoli



――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓  
(別ウインドウで開くよう変更しました)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」と書かれたボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
※クリックすると世界一周ブログランキングのページに飛びます。
――――――――――――――――――


いやー。


体調
ぜっっっっふちょうです。
これ本旅で一番辛いかも。


いえね、途中までは平気だったんです、昨夜のバス。

で、ちょっとが痛くなったなー

思ったら

あれちょっとも痛くなったなー

思いはじめ

やべ、ちょっと肛門様が唸り始めとる

からの

うーん、なんか、吐くかも


てな具合です。
デリーに近づけば近づくほど悪化しました。



これなんでしょうか。
インスタント麺をボリボリ食ったのが胃の中で水分吸収しすぎて脱水症状でしょうか。
それとも一昨日の笑顔が素敵な御夫婦の食堂で食べた大地の味がする米でしょうか。
ないしは標高2000mのマナリと標高200mのデリーを一日置きで往復したことによる高山病的なやつでしょうか。
はたまた心の底からデリーが憎いのでしょうか。



まあ、全てでしょうね。

いずれにせよこれちょっとキツい。。。
目眩してます。


って事で、不本意ながらインド人が転がるバスターミナルのベンチで休憩中です。


あと奥歯がめっちゃ痛い。
ぬるい水飲んでもキーンなります。


こりゃもうアレですね。
体調が不良ですね。

おそるべしローカル夜行バス。



1時間ほど休憩したらだいぶ良くなったので、
いつも通り騒がしいメインバザールへ赴き、

20180925043058104.jpeg 


投宿。

20180925043121ba4.jpeg 


前々回と同じBackpacer's hostelです。

24時間エアコン効いてるのが堪らん。
ちょっとここで今日は療養です。


。。と!
思っていたのですが、

なんだか体調が回復してきたので、

20180925043115cd1.jpeg 


ALOO GHOBIをいただきます。
ALOOは芋、GHOBIは私大好きカリフラワーです。

ニューバザールは飯選びに困らないから良いですね。


ここは宿から3秒のレストランです。
リキシャの往来次第で10秒掛かることもあります。



そして、
地球の歩き方先生と対話してたら街外れの遺跡の存在をご教示頂いたので行ってみようと思います。


いや、以前から知ってはいたのですが、あまり興味なくて。

とはいえ流石に「食って寝て終わり」はブログ的にもアレなので、まあ行ってみましょう。ブログ的にな。仕方なくな。


もう一つ、
行ってみようと思ったきっかけ。

20180925043120835.jpeg 


ここにメトロ駅あったんですね!(マップ左下)

メトロ乗るときいつもゴミゴミしたニューバザール通りを抜けてリキシャと詐欺師だらけのニューデリー鉄道駅を超えてニューデリーメトロ駅に行くのが面倒だったんですよね。

ただ今の宿は安宿街の西側なのでこのメトロ駅使えばあのニューデリー鉄道駅に関わらずに街へ出れる、コレは素晴らしい。


てことで

20180925043117a5c.jpeg 


くだんのなんたら駅。
名前長いので覚えません。
それにしてもこんな街中にして地上駅です。


では向かいまーす。

2018092504311887b.jpeg 


えー、
いま目指してるのはクトゥブミナールという遺跡です。


メトロのイエローラインにクトゥブミナール駅があり、まあ取り敢えずそこ行きゃなんとかなるでしょ、ってんでやって来ました。


そして改札を出るなり20人くらいのリキシャがワラワラと近づいてきました。

クトゥブミナール?
クトゥブミナール?
クトゥブミナール?
クトゥブミナール?


10ルピー!OK?

10ルピー!OK?
10ルピー!OK?
50ルピー!OK?


一人頭悪い奴がいますが、まあ概ね相場は5ルピーなんでしょうかね。
つまりは超近そうじゃん、と思い、リキシャの群れを無視。


リキシャマン各位が右から左から顔を覗き込んで来ます。私はスタスタ歩いているので次々インド人の顔が出現します。

No?  Why!?
   貴方が嫌いだからです(心の中で)
No?  Why!?
   貴方方が嫌いだからです(心の中で)
No?  Why!?
   インド人が嫌いだからです(心の中で)
No?  Why!?
あーもうお前らが◼️▲●✖️!!(声を!大に!して!)

なんでこいつらは同じことしか言わないんだ。


そして

20180925043145f36.jpeg 


意外に歩く。
15分は歩く。
これ大人しくリキシャ乗った方がいいですよ。



意外と混んでるチケット窓口。

20180925043150728.jpeg 



と思ったらこれ全部インド人で、

外国人窓口は右にこっそり佇んでました。



20180925131420516.jpeg 



安定の600ルピーです。ですよね〜。


並ぶインド人。

20180925043152d38.jpeg 


右の奴らは次は俺だ次は俺だと前方へ食い気味。
左の奴らはいま左のほうで起きている口論を野次馬。


いざ入場ー。



おお!!


201809250431526c1.jpeg 

 
早速クトゥブミナールがお目見えです。

クトゥブミナールとは、インド最初のイスラム王朝、奴隷王朝(すげぇ名前ですね)の王様クトゥブッディーン・アイバク氏が、ヒンドゥー教徒に対する勝利を記念して建てたものだそうです。


ヒンドゥー教徒が戦うイメージってまったく湧かないですがどう戦うんでしょうか。

シヴァ神ないしはいカーリー神の降臨をただひたすらに祈る?
まあもし降臨したら世界が崩壊しますけれども。

※カーリー神さま

201809251318042fe.jpeg 



クトゥブミナール、
良いですねカッコいいです。


もっと近くから、、

20180925043220f5a.jpeg 

曇天&逆光。
後回しにしましょうかね。。


格子窓越しに超決めまくってる香具師いるなと思ったら

20180925043154749.jpeg


 20180925043156bba.jpeg

 
かの国の方々でした。
ヤメれ。アジア人の品格下げるな。


どなたかのお墓。

20180925043156510.jpeg 



宮殿のエントランス?

201809250431578a3.jpeg


 20180925043159884.jpeg


 2018092504320167d.jpeg 

構造美はイスラムっぽいですが、細部への追求はヒンドゥー感ありますね。


それもそのはず
この建物はヒンドゥー教徒に作らせたそうです。

アイバクさんからしたら驚いたでしょうね。
ちょ!おま!何オレ流にしてくれちゃってんの!って。
(追記:建物名はアラーイー・ダルワザ。かつてのこの建築群の正門だったそうです)


クトゥブミナールの説明。
読める人だけどうぞ。私ギブです。

20180925043223a1b.jpeg 



建物の遺跡たち。


201809250432016e5.jpeg 



ミライ・ミナール。の作り途中。

201809250432026af.jpeg


 20180925043203d9b.jpeg

 
めちゃクソでかいです。
一緒に写り込んでる人と大きさを見比べていただければと。


アイバクさんの後の王朝であるハルジー朝のアラウッディーンさんが、クトゥブミナールよりでかいの作ろうとしたものの途中で暗殺されて建設は頓挫しちゃったんですって。

ん。なんか聞いたことあるぞこのパティーン。


イール・トゥミッシュ廟。

20180925043211035.jpeg


 20180925043221c28.jpeg

 
なんたらかんたらした人です。
白大理石の立派なお墓です。
(追記:奴隷王朝の二代目国王)


アショーカ王の鉄柱。

201809250432208ff.jpeg 


あれ?
アショーカ王って紀元前3世紀の人じゃなかったっけ?て思いますよね?ね?


あ、私だけですかね。なんだか私アショーカ王の足跡に触れる気合が多くてつい覚えてしまった。



で、
これアショーカ王が建てたのではなく、その後の紀元4世紀、グプタ朝が建てたものらしいです。


だとしてもグプタ朝ってヒンドゥー教絶世期な時代な訳で、よくアイバクさんに壊されずに残ってましたねコレ。



なおこの鉄柱にはもう一つの謎があり、建設から1600年経った今もまったく錆びていないんですって。
スゴい。それはスゴいよアショーカさん。が作ったわけじゃないらしいけど。

20180925043223f15.jpeg


 20180925043258d15.jpeg 

錆びとるやないかッ


ちょっとせめてサビに見えないように工夫するとかしてよね。浪漫が緩慢ですよ。


ただこれ色々調べてたら、
昔は周囲の柵がなく自由にベタベタ触れたそうで、「後ろ向きに手を回して手がついたら幸せになれる」という花とゆめコミックスみたいな言い伝えがあったんだと。
それで手を回すインド人が急増し、柵が設けられたとか。

後ろに手を回すくらいでサビないと思うのですが、まあここはインドですからね。
誰かガンジス川の汚水聖水でもぶっかけたのでしょう。良かれと思って。
鉄柱からしたら逃げ場なしですからね、強制的に沐浴ですよ。悲劇です。そらサビるわ。知らんけど。


なおこの鉄柱は鉄純度99.72%で、「だから錆びにくい」んですって。
あの、文系にも分かるように説明してください。



なお鉄柱には文字が刻まれていました。
なんて書いてあるか知らんけど。

201809250433000c0.jpeg 


(追記:サンスクリット語で「偉大なるチャンドラを記念する柱」と書いてあるとか。チャンドラとは当時の王様の名前らしいです。)


周囲は元モスクの跡がモリモリです。

20180925043303601.jpeg


 20180925043303bf7.jpeg


 20180925043304eb3.jpeg

 

レリーフ凄いなぁと思いきや、これアイバクさがヒンドゥー寺院とジャイナ教寺院をぶち壊してそれを石材にしてるんですよね。その名残でしょうか。
確かにレリーフあるのは中途半端にごく一部なんですよね。



さあ、満を持して、クトゥブミナールですよ。
世界最大のミナレット(本当かな?)よ、その姿を見せ給えー!

201809250433035bf.jpeg 


わー!わー!


もっとお近づきしてみました。



201809250433050d5.jpeg 

迫力すごー!
高さ72.5mですって。


ヒンドゥー教徒集めて

「イスラム帝国バンザーイ!はい、Say!!」
をする為に建てたのでしょうね。



レリーフも美しいですよ。

201809250433066a0.jpeg 


これコーランの語句なんですって。


そしてこれ、
眺めながらWiki見てて気づきました(歩き方先生の同行を失念)。

20180925043308824.jpeg


 20180925043309e9c.jpeg 

下層は円柱&三角柱、
中層は円柱、
上層は三角柱

なんですねー!小技効かせるよねー。


内部には378段の階段があり上に登れたそうですが、転落死事故が発生して以来、内部は見学不可となってます。
どこぞのインド人がセルフィーしようとして足を滑らせたのでしょう。



あと数々のアーチたちも、

2018092504331176d.jpeg 


いわゆるヨーロッパによく見る様式(なんていうんでしたっけ、あの石と石が支えあうように組み上げるやつ)ではなく、純粋に石の積み上げなんですよね。


ふむー。
凄いですねぇ。。。



何がって、

20180925043314aa7.jpeg


 20180925043316b1a.jpeg


 201809250433170ee.jpeg

 
リスね。
あと一歩で膝に乗ってくるんじゃないかって。ポテチ持って来れば良かったなー。


なお遺跡は意外と広く、それでも色々なところからクトゥブミナールさんを見上げられるのが楽しいです。
 20180925043318b88.jpeg


 201809250433244e0.jpeg


 20180925043329690.jpeg


 20180925043312ff4.jpeg


 20180925043343ab6.jpeg

 

満足です。


いえね、実際問題、650ルピーは高いと思うんです。あとは好みの問題かと。


デリーの有料スポット小分けにしてぼちぼち巡って来ましたけど、私の好み的にはこんな感じでしょうか。


1.ジャーマー・モスジット 300ルピー

2.レッドフォート 600ルピー(入場せず外観だけで)
3.国立博物館 650ルピー(細密画らぶ)
4.クトゥブミナール 650ルピー
5.ジャンタルマンタル ?ルピー忘れた
6.フマユーン廟 600ルピー

あ、私の好みとかどうでも良いですよね。
すみません出すぎたマネをして。

ただもう5度目ですんでね。
「もう来ねえぞ!!」
という誓いでした。
実際もう来ないと思います。思いたい。



最後は

2018092504334332d.jpeg 

チョウメンで〆。
いわゆる焼きそばです。インドではCHINESE FOODカテゴリ扱いです。

てかこれね、
CLUB INDIA CAFEという、ニューバザールの真ん中の広いとこにあるレストランで、地球の歩き方14-15年度版には『日本食が美味しい』と書いてあるんです、が、いつ来ても
「今日はカツ丼と親子丼しかないよ」とか言われるんです。

私はメニューにあるそばかうどんを食べたいのに。毎回「フィニッシュ」とか言われる。
てか蕎麦うどんが無いってどういう事?
毎日粉から打ってんの!?

と疑心暗鬼の私の心を読み取ったのか、店員は「昼ならアルヨ」と教えて来れました。
まあもう来ないけどな。



さ!
今日はここまでです。
デリーをこれで最後にして次に向かうは、
は、
行けたら更新しますー。
どぞお楽しみに。



ひとまず、大変な下痢です。
インド初下痢です。
エジプトで激しい下痢を嗜んでからと言うものの私の胃もある程度はタフガイになってくれていたものと思ってました。

が、
ここへ来てまさかの。
マナリの大地の味の米が原因ではないかと推測しています。ごめんなさいね食堂のお父さんお母さん。


激下痢で脱水症状気味→水飲む→すぐ下痢→トイレを出る→すぐトイレへ入る、
そんな感じです。

出すのは簡単なので良いのですが、尻を拭きすぎて私の黄門様がそろそろ痛い言うてます。


トイレットペーパー勿体無いし。

インドくそ高いんですよ。




私の尻に話などどうでも良いですね。


ダンニャバードでした〜mm
  
 
――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひこの「にほんブログ村」のテキストを1クリック頂けると幸甚です mm
直近一週間のクリック数でランキングが上下します。クリックは1日1回までです。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#303 チベット亡命政府の街、ダラムサラ。inインド(71) 2018.10.12 2018/10/16
#302 アムリトサル大虐殺。inインド(71) 2018.10.11 2018/10/15
#301 黄金寺院-シク教聖地へ。inインド(70) 2018.10.10 2018/10/14
#300 インドを誇りに思わされる。inインド(69) 2018.10.9 2018/10/13
#299 下山の道は険しく。inインド(68) 2018.10.8 2018/10/12