記事一覧

#151 洞窟住居マテーラの街② inイタリア(14) 2018.5.13


昨日の日記に記載の通り、このマテーラは一時期衛生環境が激悪化した際に「イタリアの恥部」と呼ばれていたらしいです。

イタリアの恥部は現在進行形で街中のトイレです。

速やかに対策を講じて下さい。ピザ焼いてる場合じゃないよ。



―――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:マテーラ市内
・手段:徒歩
・料金:ー
・時間:ー


↓マテーラぶらりマップ 大枠

・左のオレンジ:長距離バスターミナル

・中央オレンジ:鉄道マテーラ駅

・右のピンだらけ:洞窟住居エリア

2018051404144170c.jpeg 



↓詳細地図

・青:宿 オステル デイ サッシ  平日一泊17€

・ピンク:ドゥオモ 

このドゥオモが小高い丘になっており、この北西方面と、南方面がすり鉢状の谷になっており、洞窟住居が広がっている。

・オレンジ:大広場の教会 

      Chiesa di San Francesco d'Assisi

・緑:マテーラで有名なレストラン le botteghe

・紫:洞窟教会

   下  サンタ・ルチア・アッレ・マルヴェ教会

      Santa Lucia alle Malve

   中  サンタ・マリア・デ・イドリス教会

      Santa Maria di Idris

   上  サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会

      Chiesa dei Santi Pietro e Paolo

・茶色:各種絶景ポイント


20180514041442361.jpeg 


―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――


唐突ですが、本日の朝日。





昨日この場所を訪れた時に、この谷が東側にあることを認識したので、ワンチャンス朝日行けるんじゃないかと思ったらビンゴでした。

ついついオシャンにタイムラプスなぞ使うてみました。


折角なのでもう片方の携帯でパシパシ撮影した方も残しておきます。

20180514040318426.jpeg 



2018051404031801c.jpeg 



201805140403201e9.jpeg 



20180514040321f17.jpeg 



2018051404032402c.jpeg 



20180514040325d46.jpeg 



20180514040326b86.jpeg 



さて、本日は1日マテーラです。


時間を持て余すことは完全に理解していますが、次の交通手段が2日に一回しかなく、ならば宿が高いバーリよりもこのマテーラでのんびりしようという判断です。


ということで宿に一旦戻り、またも山盛りパスタを平らげていざマテーラ昼の部。


20180514040328612.jpeg 



ド快晴です。
むしろ昨日晴れて欲しかったのだよ、もう。


私ご用達の見晴らしの丘。※朝日見た場所。

20180514040329edc.jpeg 



20180514040331c7f.jpeg 



20180514040332dfb.jpeg 



20180514040334b36.jpeg 




本日は時間が有り余っているので、思い切ってあの谷の向こう側に行ってみます。

20180514040335172.jpeg


 
こうして拡大してみると、谷ぎわに人が沢山いるのです。きっと行けます。

201805140403388a1.jpeg 




ひとまずは手前側の崖っぷちの教会に行ってみたいと思います。

20180514040339426.jpeg 


やって来ました。
サンタ・マリア・デ・イドラス教会と言うそうです。


イドラスとは水と言う意味だそうです。

近くで撮るとただの岩ですね。


マテーラにはこうした洞窟教会が多数あるようですが、特に有名な3つの教会は入場券セット売りされてて、個別にみる場合は1つ3€、3つみる場合はセット券6€という感じです。


内部。フレスコ画はかなり崩れてしまっていますが、ここが信仰の場だったことは十分感じ取れます。

20180514040413796.jpeg 



2018051404041469a.jpeg

 

そしてこの教会の人に教えてもらい、教会三点セットのもう一つに来ました。


Mapsmeの地図を頼った結果、民家の上を土足で歩いたり、民家の軒先をくぐったり、と絶対公式ではないルートでした。


サンタ・ルチア・アッレ・マルヴェ教会。

20180514040419701.jpeg


 20180514040418706.jpeg 



聖女ルチアを祀った教会で、こちらもフレスコ画だらけです。

20180514040421005.jpeg 



20180514040422840.jpeg 



20180514040424145.jpeg 



20180514040425f31.jpeg 



ここから先ほどの教会に戻る道中にあった、かつての洞窟住居の生活を再現したミュージアム「カーサ・グロッタ」。


入場料3€。


20180514040426a08.jpeg

 

内部の様子。

20180514040428f6e.jpeg 



一見ちゃんとしてますが、

20180514040734274.jpeg 


換気窓はこの一つのみ。
ややカビ臭さを感じます。



キッチン。


20180514040429ee0.jpeg 


馬車を呼ぶやつかと思ったら容器でした。

20180514040734052.jpeg 


井戸。

20180514040431b2a.jpeg 


といっても湧き水などなく、雨水をここに流し込んで水貯めしていたそうです。


ベッドは上げ底。
湿気を防ぐため&ベッドの下で養鶏していたそうな。

20180514040433063.jpeg 



トイレ。いわゆる壺トイレ。

201805140404346ba.jpeg 



部屋の奥には家畜用の部屋。

201805140407327fb.jpeg 



家畜と同居!?と思いますがこの街ガケ沿いですから家畜を放牧するスペース無いですもんね。


20180514040737d2f.jpeg 


流石にこの調度品は盛ってるのではないかと。



隣の洞窟ではマテーラの歴史などを映像で紹介してました。

20180514040740bcc.jpeg 



その隣の洞窟は洞窟教会と書いてましたが、ただの穴ぐらでした。
洞窟教会跡なのかな。

201805140407408ef.jpeg 




三点セット洞窟教会とは別の、普通の教会@崖ぎわに来ました。


サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会です。


20180514040743384.jpeg 



この際感。

20180514040744d79.jpeg 



内部は至って普通です。

20180514040743e06.jpeg


 201805140407459a5.jpeg 



むしろおっさんが神父さんにピアノを教わってました。崖っぷちなのに微笑ましい光景です。


天井画が木製天井で綺麗でした。

20180514040745228.jpeg 



20180514040749fa9.jpeg 



さあ、ここからは対岸を目指して歩け歩け大会です。



最初はMapsmeを見て、この谷をぶった斬るこの道、


20180514043924c63.jpeg 


を発見し、余裕ぶっこいてましたが、

20180514043923bcb.jpeg 



まさかの閉鎖中だったので、結果こうなりました。

20180514043924c90.jpeg 


っっっっっっっっっっそ遠回りです。



でも良いのです。

時間はあるので。
いざ。


20180514040753de5.jpeg 



まだ歩き始めて10分の景色です。
谷の手前側です。この谷を越えてあの丘に行きたいのです。


振り返るとドゥオモ。

20180514040754259.jpeg 


この街はすり鉢状のサッシ地区がドゥオモの南東と北西の二箇所あり、いま北西のすり鉢の北側の丘の上にいます。


そしてもう名前も分からぬ教会。


2018051404075787e.jpeg



 2018051404075684c.jpeg 



今日は日曜なので限りなくどこの店もシャッターが降りてますが、

しばらく歩いたあたりで賑やかな界隈に来ました。

みんなお花を売っている。ミサで使うのかな。。??


20180514040803790.jpeg 



2018051404080360f.jpeg 

朝顔久々に見た。




殺風景な街並みが続きます。

なんというか、ダレます。


201805140408275d1.jpeg 



いよいよ荒野感出てきました。


20180514040825fc8.jpeg 



、、、、日陰がない!!


当たり前なのですが、当たり前だと思ってませんでしたナメてましたすみません。



道は大きな通りに合流し、谷を超える橋まで来ました。

ここまでで45分くらい。。


2018051404082845f.jpeg



から道をそれてあぜ道を上っていきます。

 20180514040830c61.jpeg



途中、巨大な採石場跡?を通りました。

写真じゃ分かりづらいですが、これ高さ20mはあります。

落ちたら即死です。

 20180514040831325.jpeg




長閑。

 20180514040833d68.jpeg



懐かしい風景。

昔我が実家の前は山でして、こんな草むらが沢山ありました。

今ではその山は立派な新興住宅地として我が家はすっかり見下ろされています。

 

20180514040835c8b.jpeg  



徐々にマテーラの街が見えてきました。

あの尖ってるの多分ドゥオモです。


20180514040835670.jpeg 



20180514040844fdb.jpeg 




もうだいぶ近くまで来ましたよ。

ここまでで1.5時間です。

私乙。



201805140408495d4.jpeg 



良いですよ。


周りに誰もいません。

さっきから第九を爆音でかましてますが、誰にも気を使う事なくトランスしてます。


20180514040849da4.jpeg 



20180514040850e14.jpeg 



20180514040851b65.jpeg 



2018051404085260e.jpeg 




2018051404085234f.jpeg 



落ちたら即死の崖っぷちで、小さな赤い虫にまとわりつかれながらトランス中。



途中雲が太陽に掛かり、景色の一部が暗転し、


2018051404085318c.jpeg 



そしてまた晴れるというスペクタクル。



201805140408515f9.jpeg




動画撮ったタイミングでちょうど雲により暗転かつBGMのヴェートーベン第七が最高潮を迎えた。




 

20180514040853c4b.jpeg 



20180514040854f65.jpeg 



20180514040922004.jpeg 



良いです。



Mapsme曰くこの崖の下に教会があるようなのですが、どうしろと言うのでしょうか。Mapsmeが指す道はもはや道をなしていないのでこれ以上は諦めます。



なお朝日を見た丘の対岸にもいきたいのですが、この谷が遮っており、向こうまでは行けなそうです。



201805140409234bc.jpeg 



ウロウロしてたら十字架発見。

遠くのドゥオモとコラボさせてみる。


20180514040934837.jpeg



と思ったら、


20180514040929e53.jpeg 



面はちゃんとした教会でした。

 

教会の上に土足で立ってたんですね私。

すみません。



近くにはきっとここにも人が住んでいたのであろう洞穴。


20180514040931a30.jpeg 



2018051404093265f.jpeg 




ふう。


もう溶けそうなので切り上げます。



帰りも大自然を戴きながらのんびり参りました。


201805140409350d5.jpeg 



2018051404093752d.jpeg 



途中、綿毛のボスみたいのがいました。

後ろの花とサイズ感を比べてみていただければと。


201805140409383aa.jpeg 



マテーラ街が近づいてきました。


ところで熱射病でしょうか。

歩いた時間は3-4時間程度なのですが、かなり疲労感が来ておりとにかく休みたいもののどこもシャッター降りてる中で、唯一空いていたお店。


おっさんにジェラートを注文。


2018051404094002b.jpeg 



男ジェラート。


201805140409415ca.jpeg 


 

そしてようやく宿近くの観光地エリアに来るともはや日曜だったんじゃないのと言うくらい普通に各店営業していたので、とにかく座りたくてのピッツァ。


201805140409461e2.jpeg 



ドゥオモというピッツァにしたらズッキーニ入りのマリゲリータでした。

どこまでもマルゲリータなのね南イタリアは。


20180514040943d3e.jpeg 




体力回復したので、せっかくなので名前も分からないこの大広場の教会も覗いておきます。

てか日曜なのにミサしないのかな。


20180514040947ec8.jpeg 



201805140409490de.jpeg 



20180514041052ce8.jpeg 



ドゥオモも。


201805140410531bd.jpeg 



2018051404105454f.jpeg



20180514041055821.jpeg 



201805140410566a8.jpeg 


ドゥオモはなかなか煌びやかな内装でした。



そんなマテーラ2日目でした。


宿には16:00頃戻ったのですが、

ここから先の旅程をだいぶしっかりめに組みたかったのです。



次はギリシャに行きますが、もうアルファベットじゃなくなるんですねギリシャって。それだけで情報収集に時間かかります。



どんどん旅の難易度上がっていきます。

ヨーロッパが終わろうとしています。


そしてそろそろ5ヶ月です。日本を出て。

まだ5ヶ月かー!&もう5ヶ月かー!



なんて書き出したら寝れなくなるのでこの辺で。



明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



あ、明日はアルベロベッロ という街に立ち寄ってからイタリアを出ます!


 
―――――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――――

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#214 世界一のスタバ。inアラブ首長国連邦(5) 2018.7.15 2018/07/17
#212 世界一のタワー!inアラブ首長国連邦(4) 2018.7.14 2018/07/16
#212 世界一の人工島。inアラブ首長国連邦(3) 2018.7.13 2018/07/15
#211 世界一の速度。inアラブ首長国連邦(2) 2018.7.12 2018/07/14
#210 世界一の総工費。inアラブ首長国連邦(1) 2018.7.11 2018/07/13