FC2ブログ

記事一覧

#217 ブルーシティ ジョードプル inインド(3) 2018.7.18



ちょっと急ぎ足ですが、
本日は朝6:00発の列車でジョードプルという街に行きます。
デリー駅で詐欺師に嵌められかけた我々。


大丈夫です。もうインド人
誰も信じねーから。

※インド人にも良い人は沢山いますよ。


――――――――――――――――――
▼徘徊メモ
・行き先:ジャイプール→ジョードプル
・手段:列車
・料金:500ルピー≒800円
・時間:5時間  6:00発、10:50


↓移動図

201807190229481f0.jpeg 


↓ジョードプル地図マップ
(英表記はMaps.me上の表記)

20180719022946729.jpeg 


・オレンジ:ジョードプル駅

・中央の赤:サダルマーケット中心の時計塔

       Clock tower

・その右上の赤:階段井戸  

       Mahila bag ka 

・青:宿 Royal heritge Jodhpur  

      ツイン一泊1600円

・左の赤:メヘラーンガル砦 

      Mehrangarh

・上の赤:ジャスワント・タダ墓廟

      Jaswanth Thada


――――――――――――――――――

↓ブログランキングに登録してみました↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされましたらぜひ上記の「世界一周」ボタンを1クリック頂けると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
現在15-20位あたり。
――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。
――――――――――――――――――

朝5:15。


デリー駅での反省を生かし1時間前の朝5:00には駅についてるようにしよう、とか言っておいて起きたの5:00。
なかなかの速度で宿を出れたなと自負してます。

ジャイプール駅。


20180719021440f1e.jpeg 



20180719021439cd7.jpeg 


ありました。この22478というのが乗りたい列車です。4番線。


朝の構内。

201807190214411fa.jpeg 

列車が早いだけあってインド人もすでにわさわさです。


無事4番線に列車発見。

20180719021444250.jpeg


 


席はなんとテーブル席。
向かいのインド人ご家族とナマステです。


20180719021445a08.jpeg 


泣き叫ぶ子供がドラえもんオープニングソングの動画(ヒンドゥー語)で即座に沈黙。
世界のドラえもんです。不思議なポッケで泣く子も黙らせます。



ああダメでした。
ドラえもん効果も虚しく十分後にはこの様子。

20180719021451e41.jpeg 



暴れる子ども、悲しむお母さん(右)、諌める祖母(左)、物資を退避させる我々(手前)。



今回の列車は無料で色々振舞われるということはなく、スナックとチャイ屋が何度も「スナックスナック〜」「チャイチャイチャイ〜」と右往左往する感じでした。


チャイにトライ。
おっさんが前に抱えたポットにジョバーつってチャイを入れてくれます。

20180719021446def.jpeg 



記念すべきインド初チャイ。

20180719021448c19.jpeg 



インド初チャイだなんて今更ながらの話ですが、ちょっと街中のチャイスタンドにまだトライする覚悟ができなきて。衛生的に。



外の景色は一面緑だったのが徐々にサバンナのような荒涼感出てきました。

湖なんかも見えてきました。おばちゃんも爆睡中。

20180719021449747.jpeg 


そして昨夜に続き今日も、
定刻通りでジョードプル駅着です。

こんな定刻通りで大丈夫ですか。貴国のアイデンティティはどこ行ったんですか。

20180719021452a42.jpeg 


ジョードプル駅はなかなか凝った駅です。

201807190214568d6.jpeg 



201807190214546dc.jpeg

 

そして駅前の景色。
見てくださいあの黄色×緑のリキシャの大群。

この街も騒がしそうです。

20180719021457fb3.jpeg 



さて。
駅から宿がちょと距離があるので、もうこの時点で明日の列車の切符を買いたいと思います。


我々、もうこのインドで切符を予約するときはReservation counterに行くべしということを学びました。


ので、それっぽいところに並ぶのではなく、暇そうにしてる駅員に「明日のほにゃらら行きのチケットを買いたい。Reservationオフィスはどこだい?」と聞いて見みました。


するとなんと、

「外を出て右に曲がって500m行ったところよ。」
遠くないですか。

念のため三人の駅員に聞いても同じ回答でした。


、、マジか。

じゃあひとまず行ってみましょうか。。。


駅出てすぐ右に行くとPERSONAL TRAINING CENTERと書かれた建物が見えてきます。


2018071902145952d.jpeg 


もうこの時点で駅の敷地から出ちゃってる感がすごいです。


近くにいた兵士に「リザベーションチケット?」と聞くと、そっちそっち、と進行方向を指されます。


やはり合ってるっぽい。


こんな不安げな道を抜け

20180719021500b19.jpeg 


ようやく

20180719021501cb6.jpeg 



20180719021503713.jpeg 



RESERVATION OFFICEと書かれた建物に着きました。なにこの遠さ。

場所ここです。
Maps.meでは建物名として「Railway reservation」という建物があります。

20180719021535ddb.jpeg 



外国人専用窓口も発見。

20180719021505ae6.jpeg 



いつも通り書面に記入する手続きを経て、

20180719021558317.jpeg 

無事購入完了。
おし。


ここから宿まではリキシャ。
150ルピー提示を80で、と押したら拒否されました。


結構拒否るもんだなぁ。

その後のリキシャ各位もみな150150言うので、ある程度のラインがあるのかも。

と思ったら最初に交渉したおっさんが舞い戻ってきて、80で成立しました。


不機嫌なリキシャのおっさん。

20180719021537f6b.jpeg 



時計塔のある広場の門に入り、

20180719021539256.jpeg 



さらにその北にあるここ、

201807190215384ab.jpeg 


Royal Heritageが本日の宿です。


この宿、凄いのが、テラスからの景色!

201807190215390cb.jpeg 





ジョードプルを見下ろすメヘラーンガル砦が君臨しております。
素晴らしいロケーションです。


ひとまず荷物を置き、昼寝!をし、15:00、再出発です。
いかん。寝すぎた。

宿の近くにリキシャの溜まり場みたいのがあるので来てみたら

20180719021541b8e.jpeg 


リキシャはあれどおっさんがおらず、結局流しのリキシャに乗りました。
150提示でしたが結果100で成立。


10分ぐらいリキシャ走ると見えてきました、メヘラーンガル砦

20180719021542076.jpeg


 20180719021543f6f.jpeg 


でけーなー!!
早速行ってみましょうか。

201807190215455bf.jpeg 



20180719021549f76.jpeg 



201807190215480a4.jpeg

 
チケット窓口。
入場料600ルピーでした。


なお今回感心したのは、インド人はカウンターが別になっており、これまでのインド観光地のように、観光客価格とインド人価格が併記されていてその価格差に見みんなが「インド滅べ」と唱える、そんなことがありませんのです。


まあインド人カウンター行けば価格差は分かっちゃうんですが。
インド人は100ルピーでした。6倍。滅べ。

チケット

20180719021549896.jpeg 


下から見上げるこの迫力。

2018071902155371d.jpeg 


ラッシー売ってる店があったので入りました。結局なんの果物か分かりませんが、今はこれしかないそうです。

20180719021554089.jpeg 



ここは砦なので、何度も門をくぐって城塞中心部へ進んでいきます。

20180719021556dc2.jpeg


 20180719021557b44.jpeg 



門の天井。
この黒いの全部コウモリ。

2018071902160045d.jpeg 


こっちは蜂の巣。
蜂がざわっと動くと波が立つように見えます。
ゾッとする。

20180719021601931.jpeg 


この後にミュージアムの入り口がありました。


この砦はこのミュージアムで当時の美術や文化についての展示をしているようです。
そしてその入場券が600ルピーなのだそうです。
※これ、後述しますがここに入らなくてもジョードプルの景色は楽しめますよ。

内部へ。

20180719021641df8.jpeg 


ものすごい建築美。。。

なんて写真撮ってたら

2018071902164284e.jpeg 

窓からインド人がナマステしてきやがります。

もうこの国はどうやってもインド人がフレームインしてきます。



ミュージアムの番人が爆睡中。

20180719021643110.jpeg 


象に乗る時に象の背中に乗せる荷台。

201807190216432d7.jpeg


 20180719021645ed7.jpeg

 

お神輿みたいな昔の乗り物。これなんちゅうんでしたっけ。
こんなん。


2018071902164618b.jpeg


 20180719021648bf4.jpeg 



201807190216498da.jpeg 



王宮の品々。

201807190216511b7.jpeg 



20180719021652cf0.jpeg 


インド絵画もありました。

201807190216581b3.jpeg 



インドらしい、という表現が正しいか分かりませんが、とてもカオスです。


以下はこの絵の一部拡大写真。


20180719021654969.jpeg 



20180719021655ea7.jpeg 



こちらもなかなかインド。
「マハラジャの行進」的なタイトルだったかと。

2018071902173783b.jpeg 


こちらがマハラジャさんですね。

20180719021739fa6.jpeg 


この辺とかマジ現代のインドです。
駅の乗車券購入待ちの列とかまさにこんな感じです。

201807190217385ba.jpeg 


なおマハラジャとは王を指す言葉です。

「天皇」「大名」とかと違うのはこの文字が名前にも入れられるところでしょうか。なのでいろんなとこにいろんなマハラジャさんがいるんだと理解してますが、どうでしょうか、違ってたら教えてください。



王宮貴族たちの遊びでしょうか。
日本でいう蹴鞠的な?

2018071902173914a.jpeg 


すげえ強そうな神さま。

2018071902174056e.jpeg 




やはりどの絵も「数で物言わす」あたりがインドですね。

。。と、私の中の貴国への偏見が申しております。



ここは舞踏室だとか隣のツアー団体のガイドが言ってました。多分。

良いですね、マハラジャ感出てますよ。



 20180719021747512.jpeg 



20180719021746262.jpeg 



2018071902174408e.jpeg 



201807190217493b7.jpeg 



20180719021743bb5.jpeg 


ステンドグラスが美しい部屋。

2018071902175851e.jpeg 


同部屋の壁が素敵でした。

20180719223625c03.jpeg 



天井がこれまた。

2018071902180022e.jpeg 


その先のテラスからの景色。

2018071902180092c.jpeg



 20180719021829510.jpeg

 

この姿こそがブルーシティ、ジョードプルです。
昨日のジャイプールに引き続き、カラーリングが好きですね。ゴレンジャー的な要素あったりするんでしょうか。


なおジャイプールのピンクカラーはイギリス王室のVIPを迎え入れるために街塗ったった!というインドらしい理由
でしたが、
こちらのジョードプルのブルーカラーは害虫駆除のため化学塗料を塗ったところ青色に変色したのだそうな。

インドですね。
てかマジ体に悪そうですけど大丈夫ですか。






北側の景色。
いい感じに荒涼としてます。

2018071902183478c.jpeg 


とある部屋でターバンたちが会合してました。

20180719021832729.jpeg 


なんだろうと思ったらテレビカメラの撮影が始まりました。演出だったんですね。


城の中庭から荘厳な城の表情をいくつか。

201807190218346ed.jpeg 



201807190218351c9.jpeg 



鮮烈なエメラルドグリーンの鳥。

20180719021838259.jpeg 



姉がインドで人気。

2018071922401733c.jpeg 


お城はこの後お土産屋ラッシュが続き、退場となりました。
せっかくなのでこのまま城壁内のさらに上に登れそうなので道を進みます。


のんびり。




2mはある鉄のお椀みたいなもの。
閉じ込められたら終わりです。試しにいまそこにいるセルフィーセルフィーうるさいインド人を捕獲したい。


2018071902183751e.jpeg 



高台に出ました。

201807190218392dc.jpeg

 


20180719021840532.jpeg 


良い景色!
なのですがブルーシティな方面ではありません。

遠くに見えているのはウメイド・バワン宮殿でしょうか。

行くかどうか検討して結局遠すぎるからやめたのですが、現在のマハラジャが居住する宮殿で半分は今ホテルになっているんだそうです。
その宮殿じゃないかもですが。



ここでも姉が人気です。
気をつけなさいなインド人よ。

その人仙人だから。いずれ霞食いだすから。

2018071922401773a.jpeg 


気がつけば城壁の上を歩いてます。

201807190218452fa.jpeg 



マジ卍。

20180719021847335.jpeg 


卍、調べてみたらこんな記述を発見しました。


このシンボルはドイツのナチスが使用したことから世界の場所によっては負のイメージを持っているところもありますが、実は卍は運と幸福の象徴です。この種類の十字は古代ヒンドゥー教で見られ、誠実、真実、純 粋、安定などを表しています。四つのポイントは四方向あるいはヴェーダを表しています。

https://www.ancient-symbols.com/japanese/hindu-symbols.html



マジ卍とは、マジAgeってことで良いですか。


城壁の先には祠。。?がありました。

20180719021849879.jpeg 


ここの城壁には穴が空いており、そこからの景色が最高です。

20180719021850591.jpeg


 2018071902185659e.jpeg 



20180719021853d61.jpeg 


ここでも先ほど姉とはしゃいでいたインド人一家が欧米人と大騒ぎしてました。
被写体がイケメン欧米人になると急に絵になる。

2018071902194573e.jpeg 


なおこの祠のあるあたりは靴を脱ぐのですが、足元に

20180719021946c22.jpeg 


こんな巨大なアリがもぞもぞしてるので気が気じゃないです。


そんなメヘラーンガル砦でした!

ブルーシティがそこまでブルーじゃなかったのは残念ですが、城壁が圧巻だったので満足です。

そして入場料を払ってミュージアムに行かずとも奥の祠の穴から覗くブルーシティは十分綺麗でした


ただ私は思った以上にインド美術が面白いと感じたので、ミュージアムに行ってよかったです。


帰りは徒歩。
この城塞、階段を使うと街から一直線で来れるのですが、オートリキシャ(道路)だとめっちゃ遠回りになるのです。


ということを知らずに150と提示してきたリキシャのおっさんに「50」とぶっ込んでみたら「そんなに言うなら歩きなよ(呆れ顔)」と説明されたルートです。なんかごめん。



徒歩ルートの景色。

20180719021947ad2.jpeg 


見上げる城壁。

201807190219470b8.jpeg 



そして青い家々。

20180719021948923.jpeg


 20180719021949b93.jpeg

 

この青い家と赤いバイクのコントラストが良い。

20180719021951c4a.jpeg 



インド初。野犬ではない犬。
めっちゃ吠える。野犬の方が可愛いぜ。

2018071902195218c.jpeg 



良い野犬の代表例。くぅ。かわゆす。

20180719021957c4f.jpeg 


 街の中心、サダルマーケットに来ました。

20180719022000dcc.jpeg 



その中心には時計塔。
イギリスからの寄贈だそうです。

201807190220017e6.jpeg 



マーケット。

20180719022028c55.jpeg 



豊富な野菜たち。
ちょっと食欲はアレですが。

20180719022006a9b.jpeg 



20180719022007f96.jpeg 



201807190220049bc.jpeg 



こ広場の北の門を北側に出た両脇に有名なオムレツ屋が2軒あると聞いて来ました。


門を出て左、


20180719022009e69.jpeg 


これかな?
オムレツ、看板には書いてますが、売ってませんでした。時間限定なのかな。


門を出て右がこっち。

20180719022010099.jpeg 


日本語も。

20180719022024e10.jpeg 



こちらではオムレツ焼いてたので、ひとつだけ注文しました。



ひとつだけにしたのは、

この厨房の青空っぷりと、

20180719022025a8b.jpeg 




20180719022027fdf.jpeg 





20180719022026d41.jpeg 



を見て怖気付いたからです。


なにしろインドに来てこれが初の屋台飯。

でもせっかくなので、一個テイクアウトです。


本日のヤギ。

20180719021954407.jpeg 


本日の野犬。

201807190219556c5.jpeg 



本日のウシ。

2018071902200380d.jpeg 



本日のリス。

2018071902183906b.jpeg 

動物だらけです。


つまりこの街、
めっちゃきったないのです。

歩いてて茶色い物体がそこら中にあるのですが、


うんこ?

と警戒してよく見ると
あ、なんだハエの集団か、
と思ってその横を通ろうとすると
そのハエが一斉に飛び去り中からホクホクのうんこが登場したりします。


そこに甘ったるい売店のラッシーの匂いや揚げ物の匂い、

浮浪者の小便の匂い、下水の匂い、足元は謎のぬかるみ、
常にひっきりなしに轢きかけてくるリキシャたち。


そんなインドにやられたでしょうか。


姉が完全に様子がおかしいです。

夕飯は宿の屋上レストランで先ほどのオムレツサンドとともに頂いたのですが、もう野菜スープを一口食べるなりそのまま寝落ちする姉。

症状を聞くと、ただただ眠いのだそうです。

、、、あんた昨晩もガッツリ寝てるしジョードプルに来る列車内もずっと寝てたやんか。

仙人の必要睡眠時間はダテじゃないです。
(この後すぐ寝た姉は翌朝回復済み)


テラスからの景色。

今日は宿の屋上レストランで夕食とします。

20180719230344d23.jpeg 



先ほどのオムレツサンド。
味は普通。多分私の方が美味しく作れる。

2018071923034313d.jpeg 




マンゴーラッシー。
もはやヨーグルトです。食べる感じ。

20180719022029129.jpeg 


KAJUカレーなるもの。中身はカシューナッツでした。

うん、美味いぞ。

20180719022030deb.jpeg 



メヘラーンガル砦の夜遊びバージョン。

20180719022032d8a.jpeg 


その後唐突にスコール。
ライトアップは気がつけば終了しておりました。

20180719022035970.jpeg 


そんなジョードプルでした。


今これ書いてて気づいたのですが、ジョードプルにも階段井戸があり、そしてなかなかデカいタイプだったのを見逃しました。。。残念。



先ほどの時計塔とかワンピースのモデルになってるとかなってないとかなのですが、私ワンピース10巻くらいまでしか読んでなくて全然ピンとこないんですよねー。
全巻ちゃんと読破したいのですが、どっかインドの日本人宿でないですかね。ワンピース全巻あるとこ。


明日は砂漠の街、ジャイサルメール へ行きまーす!
もうジャイプールだのジョードプルだのジャイサルメール だのややこしい。

明日もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
―――――――――――――――――――
↓ブログランキングに登録してみました↓ 
にほんブログ村 

記事が参考になった、ちょっと笑えた等々、 
少しでも心動かされたましたらぜひこの青い
テキストを1クリックいただけると幸甚です mm
クリック数でランキングが上下します。
―――――――――――――――――――
※コメントは非公開形式での投稿も可能です。お気軽にコメントください。ycuku0
―――――――――――――――――― 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

MAEDAKプロフィール

Maedak

Author:Maedak
ろくに英語もできないまま地球を東方面へ徘徊しはじめた158cmです。
なにを目指したブログかいまいち模索中ですが、関係各位への生存報告を兼ねて日々更新していきます。

記事中の情報はあくまで英語力不十分な私が個人的に体験した限りのことを記載しているまでですので、あくまでご参考程度によろしくお願いいたします。

また大変恐縮ながら不躾かつ不勉強な部分も多く、見当違いな記述もあるかもしれません。なにかございましたらメッセージ欄よりお申し付けくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

最近の投稿記事

#248 地球の歩き方の歩き方。inインド(28) 2018.8.18 2018/08/20
#247 ああここはインドだった。inインド(27) 2018.8.17 2018/08/19
#246 終日スリーパー列車。inインド(26) 2018.8.16 2018/08/18
#245 インデペンデンス・デイ inインド(24) 2018.8.15 2018/08/17
#244 私、原始に還る。inインド(23) 2018.8.14 2018/08/16